DESERT DOMINATOR

KTM 450 RALLY

KTM 450 RALLY 2020

KTM has dominated the Dakar Rally since 2001. To keep the edge, a new factory race bike was unveiled at the 2018 Dakar Rally. Since then, the same overall design, layout and features have been available to non-factory riders with serious Dakar, rally raid and cross-country rally ambitions.
  • PHO_BIKE_90_RE_450rally-2019-90-re_#SALL_#AEPI_#V1.png
KTM has dominated the Dakar Rally since 2001. To keep the edge, a new factory race bike was unveiled at the 2018 Dakar Rally. Since then, the same overall design, layout and features have been available to non-factory riders with serious Dakar, rally raid and cross-country rally ambitions.
  1. エンジンとエグゾースト
  2. シャシー
  3. 人間工学と快適性
  4. ボディワークとグラフィクス

01. エンジンとエグゾースト

シリンダーヘッド

新たに設計されたシングルオーバーヘッドカムシャフト(SOHC)ヘッドは、高級品質素材を使用し、正確な構造と精密性で製造されており、トップレベルのパフォーマンスを長期にわたって提供します。

トランスミッション

改良されたトランスミッションは以前のモデルと同じレシオですが、シフト切り替え機構が改善され、常に滑らかな切り替えができるようになりました。高品質なスチールで製造され、特別な塗料で仕上げられているため、長距離ラリーに必須となる高い耐久性と信頼性が保証されています。

エンジンマネジメントシステム

最先端 のKeihin製エンジンマネジメントシステム(EMS)は新型の44 mmスロットルボディを装備し、ユニークなインジェクション位置により、瞬時のレスポンスと一定したパフォーマンスを両立しています。新たなエアボックスとシリンダーヘッドにECUマップが適用され、マップセンサーの密封性が改善されました。各種マップは、ギアセンサーが受信した情報に従って各ギアに最適なパワーを確実に供給します。スロットルケーブルの装着が改良されたため、ケーブル配線がスムースになり、アクセスが容易になりました。

本格的なfactoryのサウンドトラック
本格的なfactoryのサウンドトラック

エグゾースト

新たなAkrapovič製マフラーは、新たなエンジンとエアボックスと完璧に連動するように調整されています。前のモデルと比較して、より短く、座席位置が低くなったため、重量の集中化が向上し、さらにハンドル操作が改善されました。

最大のエアフロー
最大のエアフロー

エアボックス

全面的に改良されたエアボックスは、エンジン上部に装備され、エンジンへのエアフローが改善し、理想的なパフォーマンスと瞬間的なスロットルレスポンスを実現しています。大型のTWIN AIRフィルターは、泥や埃から吸気を効率的に保護します。さらに、新たな設計では、バッテリーなどの電子コンポーネントのスペースが広くなり、ステアリングヘッドとエアボックスの間の中央部分に配置されたため、重量の集中化が向上しました。

シリンダーヘッド

新たに設計されたシングルオーバーヘッドカムシャフト(SOHC)ヘッドは、高級品質素材を使用し、正確な構造と精密性で製造されており、トップレベルのパフォーマンスを長期にわたって提供します。

トランスミッション

改良されたトランスミッションは以前のモデルと同じレシオですが、シフト切り替え機構が改善され、常に滑らかな切り替えができるようになりました。高品質なスチールで製造され、特別な塗料で仕上げられているため、長距離ラリーに必須となる高い耐久性と信頼性が保証されています。

エンジンマネジメントシステム

最先端 のKeihin製エンジンマネジメントシステム(EMS)は新型の44 mmスロットルボディを装備し、ユニークなインジェクション位置により、瞬時のレスポンスと一定したパフォーマンスを両立しています。新たなエアボックスとシリンダーヘッドにECUマップが適用され、マップセンサーの密封性が改善されました。各種マップは、ギアセンサーが受信した情報に従って各ギアに最適なパワーを確実に供給します。スロットルケーブルの装着が改良されたため、ケーブル配線がスムースになり、アクセスが容易になりました。

本格的なfactoryのサウンドトラック
本格的なfactoryのサウンドトラック

エグゾースト

新たなAkrapovič製マフラーは、新たなエンジンとエアボックスと完璧に連動するように調整されています。前のモデルと比較して、より短く、座席位置が低くなったため、重量の集中化が向上し、さらにハンドル操作が改善されました。

本格的なfactoryのサウンドトラック
最大のエアフロー
最大のエアフロー

エアボックス

全面的に改良されたエアボックスは、エンジン上部に装備され、エンジンへのエアフローが改善し、理想的なパフォーマンスと瞬間的なスロットルレスポンスを実現しています。大型のTWIN AIRフィルターは、泥や埃から吸気を効率的に保護します。さらに、新たな設計では、バッテリーなどの電子コンポーネントのスペースが広くなり、ステアリングヘッドとエアボックスの間の中央部分に配置されたため、重量の集中化が向上しました。

最大のエアフロー

02. シャシー

滑らかでパワフル
滑らかでパワフル

フレーム

KTM 450 RALLY REPLICAには、新しいクロムモリブデン鋼製のハイテクかつ軽量トレリスフレームが装備されています。この新たなフレーム設計により、最適な剛性が保証され、ライダーにより優れたフィードバックを提供すると同時に、操作性が向上し、直線での優れた安定性が実現されました。後部の自立式燃料タンクの容量も16 リットルとサブフレームの2倍になりました。

スイングアーム

新しいモデルにはより軽量な鋳造アルミニウム製のスイングアームが装備され、正確に調整された屈曲挙動がサスペンションの動作をサポートします。改良されたリンケージシステムは上昇率が変更され、力を新しいショックアブソーバーに伝えます。そのため、ライダーのフィーリング、トラクション、およびボトミング耐性がすべて向上し、全力で戦うレースで優れた安定性と安全性が得られるようになりました。

高速のパフォーマンス
高速のパフォーマンス

リアショック

新し450 RALLY REPLICAには最新のWP製のプロ仕様コンポーネントが装備されています。フロントの48 mmクローズドカートリッチXACT PROフォークには、洗練されたコーンバルブ技術が搭載され、リアの新しいWP XACT PROショックと組み合わせて全体的なダンピングの向上、バランスの取れたレスポンス、より高いボトミング耐性を実現し、レースの走行中に安定性を維持します。これらの完全に調整可能なコンポーネントはライダーや地形に合わせて正確に微調整できます。

滑らかでパワフル
滑らかでパワフル

フレーム

KTM 450 RALLY REPLICAには、新しいクロムモリブデン鋼製のハイテクかつ軽量トレリスフレームが装備されています。この新たなフレーム設計により、最適な剛性が保証され、ライダーにより優れたフィードバックを提供すると同時に、操作性が向上し、直線での優れた安定性が実現されました。後部の自立式燃料タンクの容量も16 リットルとサブフレームの2倍になりました。

滑らかでパワフル

スイングアーム

新しいモデルにはより軽量な鋳造アルミニウム製のスイングアームが装備され、正確に調整された屈曲挙動がサスペンションの動作をサポートします。改良されたリンケージシステムは上昇率が変更され、力を新しいショックアブソーバーに伝えます。そのため、ライダーのフィーリング、トラクション、およびボトミング耐性がすべて向上し、全力で戦うレースで優れた安定性と安全性が得られるようになりました。

高速のパフォーマンス
高速のパフォーマンス

リアショック

新し450 RALLY REPLICAには最新のWP製のプロ仕様コンポーネントが装備されています。フロントの48 mmクローズドカートリッチXACT PROフォークには、洗練されたコーンバルブ技術が搭載され、リアの新しいWP XACT PROショックと組み合わせて全体的なダンピングの向上、バランスの取れたレスポンス、より高いボトミング耐性を実現し、レースの走行中に安定性を維持します。これらの完全に調整可能なコンポーネントはライダーや地形に合わせて正確に微調整できます。

高速のパフォーマンス

03. 人間工学と快適性

アクションの中心
アクションの中心

シート

ライダーとレースバイクの間にあるのは形状を新たにしたシートです。人間工学に基づいた形状が改善され、グリップが向上し、制御性が強化された一方、長距離のレースでもシートが快適になりました。

アクションの中心
アクションの中心

シート

ライダーとレースバイクの間にあるのは形状を新たにしたシートです。人間工学に基づいた形状が改善され、グリップが向上し、制御性が強化された一方、長距離のレースでもシートが快適になりました。

アクションの中心

04. ボディワークとグラフィクス

スリム化した威圧的な外観
スリム化した威圧的な外観

ボディワーク

KTMのfactoryレーサーからの意見を直接取り入れ、新しいボディワークはバイクが可能な限りスリムになるように設計および形成されました。目指したのは、ライダーにパーフェクトな人間工学的形状と接触点、そしてより自由な動きでした。新たに開発されたナビゲーションタワーは超軽量カーボンファイバー製で、新たなフェアリングの裏でしっかりと保護されているため、空気力学が著しく向上し、乗車位置でのライダーの頭部周辺に流れる風力を大幅に減らすため、ストレスと疲労を緩和します。

スリム化した威圧的な外観
スリム化した威圧的な外観

ボディワーク

KTMのfactoryレーサーからの意見を直接取り入れ、新しいボディワークはバイクが可能な限りスリムになるように設計および形成されました。目指したのは、ライダーにパーフェクトな人間工学的形状と接触点、そしてより自由な動きでした。新たに開発されたナビゲーションタワーは超軽量カーボンファイバー製で、新たなフェアリングの裏でしっかりと保護されているため、空気力学が著しく向上し、乗車位置でのライダーの頭部周辺に流れる風力を大幅に減らすため、ストレスと疲労を緩和します。

スリム化した威圧的な外観

Technical Details

Engine

  • トランスミッション 6速
  • 冷却 水冷
  • ストローク 63.4 mm
  • ボア 95 mm
  • クラッチ 湿式多板クラッチ、油圧操作式
  • CO2排出量(バイク) 83 g/km
  • 排気量 449.3 cm³
  • デザイン 単気筒、4ストロークエンジン
  • 潤滑 2ポンプ式オイル圧送潤滑

Chassis

  • フロントブレーキディスク径 300 mm
  • リアブレーキディスク径 240 mm
  • チェーン 5/8 x 1/4
  • 乾燥重量 139 kg
  • フレームデザイン クロモリ鋼管製スペースフレーム。パウダーコート塗装
  • シート高 960 mm
  • キャスター角 62.5 °
  • サスペンションストローク (フロント) 305 mm
  • サスペンションストローク (リア) 300 mm