THE ORIGINAL SCALPEL

2023 KTM 790 Duke

2023 KTM 790 Duke

  • 色を選択
  • メーカー希望小売価格: 1,190,000 JPY*

  • メーカー希望小売価格: 1,190,000 JPY*

KTM 790 DUKEはそのニックネームが示す通り、サージカルなバイクです。シングルに期待する俊敏性がツインエンジンのパンチの効いたパワーと合わさり、KTM 790 DUKEはピンポイントの精度で道路を走行することができます。KTM 790 DUKEでは、このクラスで最もコンパクトな799 LC8cパラレルツインエンジンが最軽量のフレームの1つに格納されており、どこでも常に高速な走行が可能で、特にコーナーでその実力が発揮されます。
  • PHO_BIKE_90_RE_ktm-790-duke-my23-90-right_#SALL_#AEPI_#V1.png
    PHO_BIKE_PERS_LIVO_ktm-790-duke-orange-my22-45-front-left_#SALL_#AEPI_#V1.png
    PHO_BIKE_PERS_REVO_ktm-790-duke-my22-orange-45-front-right_#SALL_#AEPI_#V1.png
    PHO_BIKE_PERS_REHI_ktm-790-duke-my22-oarnge-rear-right_#SALL_#AEPI_#V1.png
    PHO_BIKE_90_LI_ktm-790-duke-my23-90-left_#SALL_#AEPI_#V1.png
  • PHO_BIKE_90_RE_790-duke-my22-90-right_#SALL_#AEPI_#V1.png
    PHO_BIKE_90_LI_790-duke-my22-90-left_#SALL_#AEPI_#V1.png
    PHO_BIKE_PERS_LIVO_790-duke-my22-front-left_#SALL_#AEPI_#V1.png
    PHO_BIKE_PERS_REVO_790-duke-my22-45-front-right_#SALL_#AEPI_#V1.png
    PHO_BIKE_PERS_REHI_790-duke-my22-rear-right_#SALL_#AEPI_#V1.png
KTM 790 DUKEはそのニックネームが示す通り、サージカルなバイクです。シングルに期待する俊敏性がツインエンジンのパンチの効いたパワーと合わさり、KTM 790 DUKEはピンポイントの精度で道路を走行することができます。KTM 790 DUKEでは、このクラスで最もコンパクトな799 LC8cパラレルツインエンジンが最軽量のフレームの1つに格納されており、どこでも常に高速な走行が可能で、特にコーナーでその実力が発揮されます。
  1. エンジンとエグゾースト
  2. シャシー
  3. 人間工学と快適性
  4. ボディワークとグラフィクス
  5. ソフトウェアと電子機器

01. エンジンとエグゾースト

エンジン

この水冷8バルブユニットはトルクフルな走りを実現するために製作され、77 kW(105 hp)および87 Nmという十分なパワーを提供する一方。

シリンダーヘッド

8バルブDOHCシリンダーヘッドには、ツインチェーン駆動のカムシャフトと、各シリンダーごとに1つのスパークプラグが含まれています。さらにKTM 790 DUKEのカムシャフトは組み立てられているため、鍛造タイプのカムシャフトより軽量です。シリンダーヘッドは、ダイヤモンド・ライク・カーボンのロッカーアーム、スチール製バルブおよび油圧チェーンテンショナで構成されています。

カウンターバランサーシャフト

不快な振動が好きな人などいません。そのため、KTM 790 DUKEではクランクシャフトの前部に1つとシリンダーヘッドに1つ配置された2つのカウンターバランサーシャフトを使って非常にスムースなパワー供給と最小限の振動を実現しています。

シリンダー

Nikasilめっきのアルミニウムシリンダーは、この799 ccパラレルツインのスリーブレスエンジンキャスティング設計の重要な部分です。このオープンデッキシリンダー構造により、最適な冷却が実現され、製造のばらつきと信頼性が改善されています。

ピストン

3つのピストンリングの付いた鍛造ピストンと、DLC(ダイヤモンド・ライク・カーボン)ピストンピンを組み合わせることにより、ピストン構造の軽量化が実現されています。これにより、往復重量が最低限に抑えられ、回転質量が低減し、エンジンの全体的な制御性が向上して回転が最大化されます。

クランクケース

KTM 790 DUKEには水平に分列したクランクケースが装備され、これは高圧力鋳造アルミ製であるため、壁厚が削減され、軽量化に成功しています。

PASCクラッチ

アンチホッピングクラッチを使うと、ライダーは急激な減速またはダウンシフトを行うときに、リアホイールをロックすることなく、自信を持ってコーナリングに望め、さらにクラッチの指にかかる負担は羽根のように軽いままです。

オイル循環

エンジンにはコンパクトなセミドライサンプシステムが採用され、オイルはクランクケース、クラッチハウジング、およびトランスミッションからアクティブに送り出されます。これにより、エンジンからの不要なオイルのフローを防ぎ、摩擦によるパワーロスを低減します。オイルを冷却するために、エンジンにはより大型のLC8エンジンと同等のオイルクーラーが装備されています。

ライドバイワイヤー

ケーブルでコントロールされる電子制御式インジェクションシステムのスロットルバルブに代えて、ライドバイワイヤーでは電子センサーによってスロットルグリップの動きを検出し、それに応じてサーボモーターがスロットルバルブを作動させます。しかしながら、当社のKTM 790 DUKEのライドバイワイヤーはさらに進んでいます。それは電子的にライダーのスロットル操作を読み取り、スロットルバルブの位置を現在の走行状況に合わせて最適化します。息つきや振動、意図しないウイリーは過去のものとなりました。意図的に行うものも、将来的には容易になるかもしれません。

エグゾースト

ステンレス鋼の美学。中間ダンパーは重量を集中化し、比較的小型のマフラーでもドラマチックなサウンドトラックを奏でられます。何百回ものベンチテストと複雑なシミュレーションにより、新しい排気バルブを使ったエグゾーストシステムが、扱いやすいトルクカーブおよび優れたエミッション性能に大きく貢献することを保証します。

エアボックス

エアボックスはサブフレームの内面にぴったりと装着されています。サブフレームの両側にはエアーインテークが装備され、エンジンを全快にしてもバイクの冷却機能が機能します。

エンジン

この水冷8バルブユニットはトルクフルな走りを実現するために製作され、77 kW(105 hp)および87 Nmという十分なパワーを提供する一方。

シリンダーヘッド

8バルブDOHCシリンダーヘッドには、ツインチェーン駆動のカムシャフトと、各シリンダーごとに1つのスパークプラグが含まれています。さらにKTM 790 DUKEのカムシャフトは組み立てられているため、鍛造タイプのカムシャフトより軽量です。シリンダーヘッドは、ダイヤモンド・ライク・カーボンのロッカーアーム、スチール製バルブおよび油圧チェーンテンショナで構成されています。

カウンターバランサーシャフト

不快な振動が好きな人などいません。そのため、KTM 790 DUKEではクランクシャフトの前部に1つとシリンダーヘッドに1つ配置された2つのカウンターバランサーシャフトを使って非常にスムースなパワー供給と最小限の振動を実現しています。

シリンダー

Nikasilめっきのアルミニウムシリンダーは、この799 ccパラレルツインのスリーブレスエンジンキャスティング設計の重要な部分です。このオープンデッキシリンダー構造により、最適な冷却が実現され、製造のばらつきと信頼性が改善されています。

ピストン

3つのピストンリングの付いた鍛造ピストンと、DLC(ダイヤモンド・ライク・カーボン)ピストンピンを組み合わせることにより、ピストン構造の軽量化が実現されています。これにより、往復重量が最低限に抑えられ、回転質量が低減し、エンジンの全体的な制御性が向上して回転が最大化されます。

クランクケース

KTM 790 DUKEには水平に分列したクランクケースが装備され、これは高圧力鋳造アルミ製であるため、壁厚が削減され、軽量化に成功しています。

PASCクラッチ

アンチホッピングクラッチを使うと、ライダーは急激な減速またはダウンシフトを行うときに、リアホイールをロックすることなく、自信を持ってコーナリングに望め、さらにクラッチの指にかかる負担は羽根のように軽いままです。

オイル循環

エンジンにはコンパクトなセミドライサンプシステムが採用され、オイルはクランクケース、クラッチハウジング、およびトランスミッションからアクティブに送り出されます。これにより、エンジンからの不要なオイルのフローを防ぎ、摩擦によるパワーロスを低減します。オイルを冷却するために、エンジンにはより大型のLC8エンジンと同等のオイルクーラーが装備されています。

ライドバイワイヤー

ケーブルでコントロールされる電子制御式インジェクションシステムのスロットルバルブに代えて、ライドバイワイヤーでは電子センサーによってスロットルグリップの動きを検出し、それに応じてサーボモーターがスロットルバルブを作動させます。しかしながら、当社のKTM 790 DUKEのライドバイワイヤーはさらに進んでいます。それは電子的にライダーのスロットル操作を読み取り、スロットルバルブの位置を現在の走行状況に合わせて最適化します。息つきや振動、意図しないウイリーは過去のものとなりました。意図的に行うものも、将来的には容易になるかもしれません。

エグゾースト

ステンレス鋼の美学。中間ダンパーは重量を集中化し、比較的小型のマフラーでもドラマチックなサウンドトラックを奏でられます。何百回ものベンチテストと複雑なシミュレーションにより、新しい排気バルブを使ったエグゾーストシステムが、扱いやすいトルクカーブおよび優れたエミッション性能に大きく貢献することを保証します。

エアボックス

エアボックスはサブフレームの内面にぴったりと装着されています。サブフレームの両側にはエアーインテークが装備され、エンジンを全快にしてもバイクの冷却機能が機能します。

02. シャシー

フレーム

KTM 790 DUKEの驚くべき操作特性は、鋼管シャシーのダイナミックかつ耐荷重性デザインに見ることができます。エンジニアたちには1つの目的がありました。それは、よりシャープなターンと大きな傾斜角を実現するため、シャシーを高剛性かつコンパクトに維持し、究極のレスポンスでターンに食い込むということでした。

サブフレーム

サブフレームは鋳造アルミニウム製で、エアボックスを備えています。プラスチックカバーや余分なブラケットはありません。すべては2つの接続されたピースに収められており、複雑性と重量を低減させています。サブフレームの三角形は、強力かつシンプルな構造を実現できるため、KTMの格子のサブフレームの影響を受けています。

スイングアーム

ダイキャストオープンラティススイングアームは慎重に製造されており、エンジン型式は剛性と安定性に最適化しながらも、優れた柔軟性を提供します。ショックアブソーバーの直リンクを使用することで、簡素化され、パーツ数が抑えられています。

ホイール

KTM 790 DUKEには、低圧鋳造製法によって作られた超軽量合金製ホイールが装着されています。その軽量のホイールは、バイク全体を軽量化するだけでなく、バネ下重量と慣性モーメントを最小限に抑え、ハンドリングと運動性能に好影響を与えます。

タイヤ

KTM 790 DUKE専用に特別に開発されたMAXXIS Supermaxx STタイヤが装備されています。特別な素材のため、このタイヤは、ウェットとドライの両方においてグリップ力に優れ、スポーツ感と日々の乗りやすさの完璧なバランスを確立しており、安定したライディングと優れたタイヤ摩耗を提供しています。

リアショック

特別に開発されたWP APEXサスペンションは、フロントとリアの両方のホイールで機能します。これは、KTM 790 DUKEのハンドル特性において非常に重要です。さらに上位クラスのバイクでしか見られないサスペンションコンポーネントの比類ない品質とパフォーマンスも備えています。

フロントフォーク

WPサスペンションの43 mmのオープンカートリッジ倒立フロントフォークは、スプリットファンクションテクノロジーにより、フロントホイールのあらゆるアーティキュレーションに対応します。つまり、コンプレッションおよびリバウンドダンピングが個別のフォークレッグで発生し、フォークの挙動のより優れたチューニングが可能になります。フォークスプリングは前進的なため、フォークストローク全体を通してスムーズな駆動が可能になります。イニシャルストロークはソフトで、ストロークのはるか下では、よりハードになり、ボトミングアウトを防止します。

ショックアブソーバー

加速したときにリアホイールの挙動を確実にするのは、高品質なガスアシストWP APEXショックアブソーバーで、プログレッシブなスプリングとプリロードの調整を可能にします。これにより、KTM 790 DUKEはスポーティな乗車品質を維持しつつ、長時間の旅行にも十分な快適性を確保しています。

ステアリングダンパー

この信頼性が高く、高感度のWPステアリングダンパーは、ライダーにハンドルバーを通して究極のフィードバックを与える一方、起伏のあるタールマカダムでもフロントホイールを妥協することなく維持します。コーナーの中心から、やや複雑な道にさしかかるまで、この存在に気づきもしないでしょう。

トリプルクランプ

鋳造アルミニウムトリプルクランプの固さは、フォークの屈曲性に合わせてチューニングされており、スポーティなハンドリングと優れたフィードバックに貢献しています。トリプルクランプおよびハンドルバークランプのスマートな設計により、完璧な乗車位置を求めてハンドルバーの位置を4か所から選択できます。

ブレーキ

KTM 790 DUKEのフロントホイールは、2つのラジアルマウント4ピストン固定キャリパーと2つの300 ㎜ディスクにより、最大限の減速を確実に行います。ブレーキレバーとハンドルバーとの間隔は調整可能です。そのため、すべてのライダーの手が容易にレバーに届きます。フロントブレーキは、リアホイールのディスクブレーキから効率的なサポートを受けます。このディスクブレーキには、1ポットフローティングブレーキキャリパーが装備されており、シングルディスクを締め付けます。この停止パワーは、KTMのコーナリングABSによってサポートされています。

燃料タンク

KTM 790 DUKEには14.3Lの燃料タンクが装備されているため、長い山道を攻めることも可能です。さらに燃費は4,4 L / 100 kmと優れているため、山頂を目指して何時間も走行することができます。

フレーム

KTM 790 DUKEの驚くべき操作特性は、鋼管シャシーのダイナミックかつ耐荷重性デザインに見ることができます。エンジニアたちには1つの目的がありました。それは、よりシャープなターンと大きな傾斜角を実現するため、シャシーを高剛性かつコンパクトに維持し、究極のレスポンスでターンに食い込むということでした。

サブフレーム

サブフレームは鋳造アルミニウム製で、エアボックスを備えています。プラスチックカバーや余分なブラケットはありません。すべては2つの接続されたピースに収められており、複雑性と重量を低減させています。サブフレームの三角形は、強力かつシンプルな構造を実現できるため、KTMの格子のサブフレームの影響を受けています。

スイングアーム

ダイキャストオープンラティススイングアームは慎重に製造されており、エンジン型式は剛性と安定性に最適化しながらも、優れた柔軟性を提供します。ショックアブソーバーの直リンクを使用することで、簡素化され、パーツ数が抑えられています。

ホイール

KTM 790 DUKEには、低圧鋳造製法によって作られた超軽量合金製ホイールが装着されています。その軽量のホイールは、バイク全体を軽量化するだけでなく、バネ下重量と慣性モーメントを最小限に抑え、ハンドリングと運動性能に好影響を与えます。

タイヤ

KTM 790 DUKE専用に特別に開発されたMAXXIS Supermaxx STタイヤが装備されています。特別な素材のため、このタイヤは、ウェットとドライの両方においてグリップ力に優れ、スポーツ感と日々の乗りやすさの完璧なバランスを確立しており、安定したライディングと優れたタイヤ摩耗を提供しています。

リアショック

特別に開発されたWP APEXサスペンションは、フロントとリアの両方のホイールで機能します。これは、KTM 790 DUKEのハンドル特性において非常に重要です。さらに上位クラスのバイクでしか見られないサスペンションコンポーネントの比類ない品質とパフォーマンスも備えています。

フロントフォーク

WPサスペンションの43 mmのオープンカートリッジ倒立フロントフォークは、スプリットファンクションテクノロジーにより、フロントホイールのあらゆるアーティキュレーションに対応します。つまり、コンプレッションおよびリバウンドダンピングが個別のフォークレッグで発生し、フォークの挙動のより優れたチューニングが可能になります。フォークスプリングは前進的なため、フォークストローク全体を通してスムーズな駆動が可能になります。イニシャルストロークはソフトで、ストロークのはるか下では、よりハードになり、ボトミングアウトを防止します。

ショックアブソーバー

加速したときにリアホイールの挙動を確実にするのは、高品質なガスアシストWP APEXショックアブソーバーで、プログレッシブなスプリングとプリロードの調整を可能にします。これにより、KTM 790 DUKEはスポーティな乗車品質を維持しつつ、長時間の旅行にも十分な快適性を確保しています。

ステアリングダンパー

この信頼性が高く、高感度のWPステアリングダンパーは、ライダーにハンドルバーを通して究極のフィードバックを与える一方、起伏のあるタールマカダムでもフロントホイールを妥協することなく維持します。コーナーの中心から、やや複雑な道にさしかかるまで、この存在に気づきもしないでしょう。

トリプルクランプ

鋳造アルミニウムトリプルクランプの固さは、フォークの屈曲性に合わせてチューニングされており、スポーティなハンドリングと優れたフィードバックに貢献しています。トリプルクランプおよびハンドルバークランプのスマートな設計により、完璧な乗車位置を求めてハンドルバーの位置を4か所から選択できます。

ブレーキ

KTM 790 DUKEのフロントホイールは、2つのラジアルマウント4ピストン固定キャリパーと2つの300 ㎜ディスクにより、最大限の減速を確実に行います。ブレーキレバーとハンドルバーとの間隔は調整可能です。そのため、すべてのライダーの手が容易にレバーに届きます。フロントブレーキは、リアホイールのディスクブレーキから効率的なサポートを受けます。このディスクブレーキには、1ポットフローティングブレーキキャリパーが装備されており、シングルディスクを締め付けます。この停止パワーは、KTMのコーナリングABSによってサポートされています。

燃料タンク

KTM 790 DUKEには14.3Lの燃料タンクが装備されているため、長い山道を攻めることも可能です。さらに燃費は4,4 L / 100 kmと優れているため、山頂を目指して何時間も走行することができます。

03. 人間工学と快適性

ハンドルバー

テーパーアルミニウムの幅810 mmのハンドルバーで完全な制御が可能になります。完璧なライドポジションを実現するため、トリプルクランプ上で4つの位置から調整でき、さらに3つの位置で回転できます。

ハンドレバー

スパン調整レバーにより、フロントブレーキを握るのも、クラッチを使うのもさらに容易になりました。

フットペグ

KTM 790 DUKEには、アルミニウムから鋳造されたフットペグが装着されており、快適なライディングポジションが実現されています。また、最大限の地上高を生み出すことで、驚くべき傾斜角度が可能になります。追加パーツなしで、リバース(レース)シフティングが可能です。調整可能なペグもまた、全開で走りたいライダーのためのKTM PowerPartsオプションとして利用できます。

シート

825mmのシート高は、ライダーの身長にかかわらず、全力でバイクを楽しむことができ、日常利用での視界も損なわれません。シートカバーは、非常に高いグリップ力があるものの、ライダーはバイク回りを容易に動作できます。幅広い範囲のライダーや乗車スタイルに合うように、織物やレザーで使えるように開発されています。パッセンジャーシートカバーは、同じ素材を使用し、パッセンジャーの快適さに加え、スタイリッシュな外観を演出しています。オプションのKTM PowerPartsシートを使うと、シート高を805 mmまで低下させることができます。

ハンドルバー

テーパーアルミニウムの幅810 mmのハンドルバーで完全な制御が可能になります。完璧なライドポジションを実現するため、トリプルクランプ上で4つの位置から調整でき、さらに3つの位置で回転できます。

ハンドレバー

スパン調整レバーにより、フロントブレーキを握るのも、クラッチを使うのもさらに容易になりました。

フットペグ

KTM 790 DUKEには、アルミニウムから鋳造されたフットペグが装着されており、快適なライディングポジションが実現されています。また、最大限の地上高を生み出すことで、驚くべき傾斜角度が可能になります。追加パーツなしで、リバース(レース)シフティングが可能です。調整可能なペグもまた、全開で走りたいライダーのためのKTM PowerPartsオプションとして利用できます。

シート

825mmのシート高は、ライダーの身長にかかわらず、全力でバイクを楽しむことができ、日常利用での視界も損なわれません。シートカバーは、非常に高いグリップ力があるものの、ライダーはバイク回りを容易に動作できます。幅広い範囲のライダーや乗車スタイルに合うように、織物やレザーで使えるように開発されています。パッセンジャーシートカバーは、同じ素材を使用し、パッセンジャーの快適さに加え、スタイリッシュな外観を演出しています。オプションのKTM PowerPartsシートを使うと、シート高を805 mmまで低下させることができます。

04. ボディワークとグラフィクス

TFT多機能コックピット

関連情報のマルチカラーコンビネーションは、分かりやすい表示になっています。エンジンの回転数を上げるとディスプレイバーの色が変わり、さらに回転数を上げるように促すか、エンジンがまだ冷えていることを警告します。ディスプレイは、環境光に合わせて自動的に輝度を変更し、オプションのTRACK MODEを選択する際に独自性が得られます。

LEDライト

瞬時に認識可能な100% DUKEのKTM 790 DUKEには、独自のLEDヘッドライトとLEDテールライトが装備され、暗闇での走行を確実にしています。これは、KTM 1290 SUPER DUKE Rで始まったデザインの流れを継承しています。高性能なLEDヘッドライトの両側には2つのLEDストリップが配置され、日中の走行灯として機能し、最大の輝度と瞬時にストリートクレドが得られます。

TFT多機能コックピット

関連情報のマルチカラーコンビネーションは、分かりやすい表示になっています。エンジンの回転数を上げるとディスプレイバーの色が変わり、さらに回転数を上げるように促すか、エンジンがまだ冷えていることを警告します。ディスプレイは、環境光に合わせて自動的に輝度を変更し、オプションのTRACK MODEを選択する際に独自性が得られます。

LEDライト

瞬時に認識可能な100% DUKEのKTM 790 DUKEには、独自のLEDヘッドライトとLEDテールライトが装備され、暗闇での走行を確実にしています。これは、KTM 1290 SUPER DUKE Rで始まったデザインの流れを継承しています。高性能なLEDヘッドライトの両側には2つのLEDストリップが配置され、日中の走行灯として機能し、最大の輝度と瞬時にストリートクレドが得られます。

05. ソフトウェアと電子機器

ライダーエイド

KTM 790 DUKEでは、このクラスのバイクでは、高性能な電子ライダーエイドが搭載されており、電子機器パッケージは、KTM 1290 SUPER DUKE Rと同じものが使用されています。秘訣は、ライダー体験に対する最小限の干渉にあります。つまり、すべての電子機能はナチュラルに感じられ、性能、パワー供給を向上し、そして最も重要なことに安全が強化されています。

トラックモード

サーキット走行向けの、TRACK MODEもオプションで装備することが可能です。TRACK MODEには、トラクションコントロールスリップアジャスター、アンチウィリーモードオフ、ローンチコントロール、スロットルレスポンスの3段階調整など、サーキットで使用できる様々な調整機能が備わっています。

モーターサイクルトラクションコントロール(MTC)

モーターサイクルトラクションコントロール(MTC)は長い名称ですが、KTM 790 DUKEの重要な部分です。MTCは傾斜感知型トラクションコントロールシステムであり、極めてスムーズに、ほとんど認識できないレベルでエンジン出力を低下させます。MTC介入は、選択されたライドモードに応じて介入し、リアホイールのトラクションスリップを複数の異なるレベルに調整できます。これだけではありません。大胆にもオフスイッチが搭載されています。

クイックシフター +

KTM 790 DUKEにはレース派生のクイックシフター+をオプションで装備することが可能です。シフトアップ、ダウン時にクラッチを使わずにギアを切り替えることができるため、シフト時間の短縮や精度の向上、そしてリアホイールのトラクション改善などのメリットがあります。

モータースリップレギュレーション(MSR)

また、KTM 790 DUKEにはオプションでMSR(Motor Slip Regulation)を装備することが可能です。MSRは、MTCとは逆の方向で機能し、シフトダウンや急激なスロットルオフのとき、誤ってリアホイールがロックすることはありません。MSRはフルトラクションを維持し、アンチホッピングクラッチを補完します。これはグリップ力の低い状況で特に効果を発揮します。

スーパーモトモード

経験豊富な熱狂的ライダーは、SUPERMOTO MODEを使うとリアホイールをロックすることができます。このモードでは、故意にスライドを発生させ、スーパーモトらしい走りを約束します。ABSはリアホイールでは無効になっていますが、フロントホイールのABS機能は維持されています。

コーナリングABS搭載MSC(モーターサイクルスタビリティコントロール)

傾斜角感知型コーナリングABSは、包括的なBOSCH製MSCアシスタンスパッケージの重要な要素です。簡単に言うと、ライダーは極限の傾斜角で、自信をもって強くブレーキをかけることができます。

ライドモード

ライダーはオプション装備も含め、4つのライドモードから選択できます。より積極的な走行のためのSPORT MODE、街中での快適なライディング向けのSTREET MODE、滑りやすい路面向けのRAIN MODE、そしてオプション装備のサーキット向けTRACK MODEがあります。TRACK MODEでは、トラクションコントロールの介入度合い調整、スロットルレスポンスの変更、リアホイールのアンチウイリーオフが可能になります。

ライダーエイド

KTM 790 DUKEでは、このクラスのバイクでは、高性能な電子ライダーエイドが搭載されており、電子機器パッケージは、KTM 1290 SUPER DUKE Rと同じものが使用されています。秘訣は、ライダー体験に対する最小限の干渉にあります。つまり、すべての電子機能はナチュラルに感じられ、性能、パワー供給を向上し、そして最も重要なことに安全が強化されています。

トラックモード

サーキット走行向けの、TRACK MODEもオプションで装備することが可能です。TRACK MODEには、トラクションコントロールスリップアジャスター、アンチウィリーモードオフ、ローンチコントロール、スロットルレスポンスの3段階調整など、サーキットで使用できる様々な調整機能が備わっています。

モーターサイクルトラクションコントロール(MTC)

モーターサイクルトラクションコントロール(MTC)は長い名称ですが、KTM 790 DUKEの重要な部分です。MTCは傾斜感知型トラクションコントロールシステムであり、極めてスムーズに、ほとんど認識できないレベルでエンジン出力を低下させます。MTC介入は、選択されたライドモードに応じて介入し、リアホイールのトラクションスリップを複数の異なるレベルに調整できます。これだけではありません。大胆にもオフスイッチが搭載されています。

クイックシフター +

KTM 790 DUKEにはレース派生のクイックシフター+をオプションで装備することが可能です。シフトアップ、ダウン時にクラッチを使わずにギアを切り替えることができるため、シフト時間の短縮や精度の向上、そしてリアホイールのトラクション改善などのメリットがあります。

モータースリップレギュレーション(MSR)

また、KTM 790 DUKEにはオプションでMSR(Motor Slip Regulation)を装備することが可能です。MSRは、MTCとは逆の方向で機能し、シフトダウンや急激なスロットルオフのとき、誤ってリアホイールがロックすることはありません。MSRはフルトラクションを維持し、アンチホッピングクラッチを補完します。これはグリップ力の低い状況で特に効果を発揮します。

スーパーモトモード

経験豊富な熱狂的ライダーは、SUPERMOTO MODEを使うとリアホイールをロックすることができます。このモードでは、故意にスライドを発生させ、スーパーモトらしい走りを約束します。ABSはリアホイールでは無効になっていますが、フロントホイールのABS機能は維持されています。

コーナリングABS搭載MSC(モーターサイクルスタビリティコントロール)

傾斜角感知型コーナリングABSは、包括的なBOSCH製MSCアシスタンスパッケージの重要な要素です。簡単に言うと、ライダーは極限の傾斜角で、自信をもって強くブレーキをかけることができます。

ライドモード

ライダーはオプション装備も含め、4つのライドモードから選択できます。より積極的な走行のためのSPORT MODE、街中での快適なライディング向けのSTREET MODE、滑りやすい路面向けのRAIN MODE、そしてオプション装備のサーキット向けTRACK MODEがあります。TRACK MODEでは、トラクションコントロールの介入度合い調整、スロットルレスポンスの変更、リアホイールのアンチウイリーオフが可能になります。

技術仕様

エンジン

  • トルク 87 Nm
  • トランスミッション 6速
  • バッテリー容量 10 Ah
  • 冷却 水/油冷式熱交換器
  • Kw出力 77 kW
  • スターター セルスターター
  • ストローク 65.7 mm
  • ボア 88 mm
  • クラッチ PASC™ アンチホッピングクラッチ、機械操作式
  • CO2 emissions 108 g/km
  • 排気量 799 cm³
  • EMS Bosch製 EMS ライドバイワイヤー
  • デザイン 2シリンダー、4ストローク、並列二気筒
  • 消費燃料 4.6 l/100 km
  • 潤滑 2ポンプ式オイル圧送潤滑

シャシー

  • 重量 (燃料なし) 174 kg
  • 燃料タンク容量 (約) 14 l
  • フロントブレーキディスク径 300 mm
  • リアブレーキディスク径 240 mm
  • フロントブレーキ 2x ラジアルマウント4ピストンキャリパー
  • リアブレーキ 2ピストンキャリパー、ブレーキディスク
  • チェーン 520 X-Ring
  • 乾燥重量 174 kg
  • フレームデザイン 圧縮パーツであるエンジンを用いたクロムモリブデン鋼製フレーム、パウダーコーティング
  • フロントサスペンション WP APEX 43
  • 最低地上高 186 mm
  • リアサスペンション WP APEX - Monoshock
  • シート高 825 mm
  • キャスター角 66 °
  • サスペンションストローク (フロント) 140 mm
  • サスペンションストローク (リア) 150 mm