THE WORLD JUST GOT SMALLER

KTM 1290 SUPER ADVENTURE S

基本価格: 2,440,000 JPY*

KTM 1290 SUPER ADVENTURE Sは、快適に大地を走破するために作られました。先進のACC(アダプティブクルーズコントロール)とセミアクティブサスペンション、そして考え抜かれたエルゴノミクスとテクノロジーを駆使し、俊敏性と長距離走行の快適性をまったく新しい次元に引き上げました。KTM 1290 SUPER ADVENTURE Sが、アドベンチャーバイクの新たなベンチマークです。
  • PHO_BIKE_90_RE_1290-sadv-s-or-21-90re_#SALL_#AEPI_#V2.png
    PHO_BIKE_90_LI_1290-sadv-s-or-21-90li_#SALL_#AEPI_#V1.jpg
    PHO_BIKE_PERS_LIVO_1290-sadv-s-or-21-livo_#SALL_#AEPI_#V2.png
    PHO_BIKE_PERS_REVO_1290-sadv-s-or-21-revo_#SALL_#AEPI_#V2.png
KTM 1290 SUPER ADVENTURE Sは、快適に大地を走破するために作られました。先進のACC(アダプティブクルーズコントロール)とセミアクティブサスペンション、そして考え抜かれたエルゴノミクスとテクノロジーを駆使し、俊敏性と長距離走行の快適性をまったく新しい次元に引き上げました。KTM 1290 SUPER ADVENTURE Sが、アドベンチャーバイクの新たなベンチマークです。
  1. エンジンとエグゾースト
  2. シャシー
  3. 人間工学と快適性
  4. ボディワークとグラフィクス
  5. ソフトウェアと電子機器

01. エンジンとエグゾースト

エンジン

最高出力160 PS、最大トルク138 Nmを発揮するLC8エンジンは、このセグメントで最もコンパクト、最も軽量、そして最も高性能なエンジンとして、再び賞賛を浴びることになりました。また、EURO5規制に適合しています。

トランスミッション

KTM 1290 SUPER ADVENTURE Sのシフトチェンジには、PANKL製6速トランスミッションが採用され、軽量化された新型アルミシフティングドラムと最適な軌道により、より速く、よりスムーズなギアチェンジを実現しています。また、シフトフォークは銅でコーティングされ、摩耗や損傷を軽減しています。これにより、クイックシフター+はより素早く噛み合い、超高速で滑らかなギアチェンジを実現します。

パワーアシストスリッパークラッチ

スリッパークラッチは、エンジンのバックトルクが過大になった時に作動するだけでなく、スロットルを開ける時にも支援します。前者は、急激なブレーキングや減速時にリアホイールがハネ回って不安定になるのを防ぎます。後者は、ギアチェンジに必要なレバーの力を減少させ、指一本でクラッチが操作できるようにし、走行時の労力を減らします。

シリンダーヘッド

75°Vツインのスムーズなパワーデリバリーの要となるのが、各シリンダーに搭載された最新鋭の4バルブDOHCシリンダーヘッドである。ツインプラグ点火、最適化されたポート、低フリクションのバルブ駆動系、DLCコーティングされたカムフォロワーによるツインオーバーヘッドカムシャフトを組み合わせています。

ダイヤモンド・ライク・カーボン

ダイヤモンドライクカーボン(DLC)とは、カムフォロアなど多くのエンジン部品に使用される非常に硬く、耐久性のあるコーティングで、摺動運動を補助するために使用されます。エンジン性能を向上させ、KTMのエンジンに欠かせないものとなっています。

ツインイグニション

ツインプラグイグニッションシステムは、それぞれ独立して各シリンダーヘッドの2本の異なるサイズのスパークプラグをコントロールします。それより、改善された燃焼と、滑らかで、最適に制御された燃焼を継続することができます。つまり、コントロール性を高めながら、これまで以上の低燃費と排気量の削減を果たしています。

ピストン

KTM 1290 SUPER ADVENTURE Sの鍛造ピストンはF1の技術を活用しています。そのため、非常に短く軽量な設計にもかかわらず、高い負荷耐久性を生み出しました。ピストンスカートには最新のグラファル仕上げが施されています。更に摩擦を減らし、耐摩耗性も備えています。

クランクシャフト

クランクシャフトの往復重量が非常に低いため、エンジンのレスポンスと伸びやかな回転フィーリングが強化されました。クランクウェブ形状は流れが最適化され、クランクドライブの運動ロス低減がさらに強化されました。

オーバードライブ

6番目のギアはKTM 1290 SUPER ADVENTURE Sに好適に配置されたトランスミッションでロングオーバードライブとして動作します。これは燃料を節約し、クルージングの快適性をさらに増します。

ライドバイワイヤー

KTM 1290 SUPER ADVENTURE Sのライドバイワイヤーシステムが魅力的な理由は、スロットルケーブルから解放されるだけではなく、スムースなスロットルレスポンスが得られるからです。容易な操作性と豊富なトルクの完璧な供給を実現し、一方でライダーのスロットルコマンドをスロットルバルブ位置に電子的に転換するため、さまざまなライディング条件に合わせて適切に調整されます。

長いメンテナンス間隔

15,000 kmのサービス間隔を持ち、アドベンチャーライダーは安心して荒野を走ることができます。これは完全に開発され、実績のある、信頼性の高いエンジンと、独自の最高品質コンポーネントを組み合わせた結果です。

パワーウエイトレシオ

KTM 1290 SUPER ADVENTURE Sは、軽量なシャシーとコンパクトでパワフルなエンジンの組み合わせにより、パワーウェイトレシオとライドダイナミクスにおいてクラストップレベルに到達しました。その結果、このセグメントで最も軽量かつ高性能なアドベンチャーモーターサイクルのひとつとなりました。

エグゾースト

素晴らしいエンジン音を轟かせるKTM 1290 SUPER ADVENTURE Sは完全に再設計されたエグゾーストシステムが特徴的です。新しい2つのヘッダーが、排気ガスを2つの触媒コンバーターが搭載されたハイドロフォームコレクターチャンバーに導きます。これらを3つのラムダセンサーと組み合わせると、排出を最新のEURO 5規制内に維持することができです。一方で、先端部では、新たに設計されたステンレス鋼製マフラーが、典型的なVツインサウンドを提供します。

エアフィルター

再設計されたエアボックスによって、ライダーは4本のネジを外して、燃料タンクキャップの前の収納コンパートメントを取り外すだけで、エアフィルターに簡単にアクセスできるようになりました。また、フィルター自体は水平ではなく、垂直リブとなりました。これによって、フィルタースラットに吸い込まれることなく、ホコリや砂をエアボックスの底部に向けることに役立ちます。全体として、ハードコアアドベンチャーのために設計されています。

冷却

KTM 1290 SUPER ADVENTURE Sは現在、一体型ユニットではなく、2つの独立したラジエーターが備わっています。その結果、優れた熱放散となり、総合的な冷却性能が向上しています。巧妙に設計されたエアダクトは、エンジンに冷たい空気を取り込み、バイクだけでなく、ライダーの脚も涼しく保ちます。

エンジン

最高出力160 PS、最大トルク138 Nmを発揮するLC8エンジンは、このセグメントで最もコンパクト、最も軽量、そして最も高性能なエンジンとして、再び賞賛を浴びることになりました。また、EURO5規制に適合しています。

トランスミッション

KTM 1290 SUPER ADVENTURE Sのシフトチェンジには、PANKL製6速トランスミッションが採用され、軽量化された新型アルミシフティングドラムと最適な軌道により、より速く、よりスムーズなギアチェンジを実現しています。また、シフトフォークは銅でコーティングされ、摩耗や損傷を軽減しています。これにより、クイックシフター+はより素早く噛み合い、超高速で滑らかなギアチェンジを実現します。

パワーアシストスリッパークラッチ

スリッパークラッチは、エンジンのバックトルクが過大になった時に作動するだけでなく、スロットルを開ける時にも支援します。前者は、急激なブレーキングや減速時にリアホイールがハネ回って不安定になるのを防ぎます。後者は、ギアチェンジに必要なレバーの力を減少させ、指一本でクラッチが操作できるようにし、走行時の労力を減らします。

シリンダーヘッド

75°Vツインのスムーズなパワーデリバリーの要となるのが、各シリンダーに搭載された最新鋭の4バルブDOHCシリンダーヘッドである。ツインプラグ点火、最適化されたポート、低フリクションのバルブ駆動系、DLCコーティングされたカムフォロワーによるツインオーバーヘッドカムシャフトを組み合わせています。

ダイヤモンド・ライク・カーボン

ダイヤモンドライクカーボン(DLC)とは、カムフォロアなど多くのエンジン部品に使用される非常に硬く、耐久性のあるコーティングで、摺動運動を補助するために使用されます。エンジン性能を向上させ、KTMのエンジンに欠かせないものとなっています。

ツインイグニション

ツインプラグイグニッションシステムは、それぞれ独立して各シリンダーヘッドの2本の異なるサイズのスパークプラグをコントロールします。それより、改善された燃焼と、滑らかで、最適に制御された燃焼を継続することができます。つまり、コントロール性を高めながら、これまで以上の低燃費と排気量の削減を果たしています。

ピストン

KTM 1290 SUPER ADVENTURE Sの鍛造ピストンはF1の技術を活用しています。そのため、非常に短く軽量な設計にもかかわらず、高い負荷耐久性を生み出しました。ピストンスカートには最新のグラファル仕上げが施されています。更に摩擦を減らし、耐摩耗性も備えています。

クランクシャフト

クランクシャフトの往復重量が非常に低いため、エンジンのレスポンスと伸びやかな回転フィーリングが強化されました。クランクウェブ形状は流れが最適化され、クランクドライブの運動ロス低減がさらに強化されました。

オーバードライブ

6番目のギアはKTM 1290 SUPER ADVENTURE Sに好適に配置されたトランスミッションでロングオーバードライブとして動作します。これは燃料を節約し、クルージングの快適性をさらに増します。

ライドバイワイヤー

KTM 1290 SUPER ADVENTURE Sのライドバイワイヤーシステムが魅力的な理由は、スロットルケーブルから解放されるだけではなく、スムースなスロットルレスポンスが得られるからです。容易な操作性と豊富なトルクの完璧な供給を実現し、一方でライダーのスロットルコマンドをスロットルバルブ位置に電子的に転換するため、さまざまなライディング条件に合わせて適切に調整されます。

長いメンテナンス間隔

15,000 kmのサービス間隔を持ち、アドベンチャーライダーは安心して荒野を走ることができます。これは完全に開発され、実績のある、信頼性の高いエンジンと、独自の最高品質コンポーネントを組み合わせた結果です。

パワーウエイトレシオ

KTM 1290 SUPER ADVENTURE Sは、軽量なシャシーとコンパクトでパワフルなエンジンの組み合わせにより、パワーウェイトレシオとライドダイナミクスにおいてクラストップレベルに到達しました。その結果、このセグメントで最も軽量かつ高性能なアドベンチャーモーターサイクルのひとつとなりました。

エグゾースト

素晴らしいエンジン音を轟かせるKTM 1290 SUPER ADVENTURE Sは完全に再設計されたエグゾーストシステムが特徴的です。新しい2つのヘッダーが、排気ガスを2つの触媒コンバーターが搭載されたハイドロフォームコレクターチャンバーに導きます。これらを3つのラムダセンサーと組み合わせると、排出を最新のEURO 5規制内に維持することができです。一方で、先端部では、新たに設計されたステンレス鋼製マフラーが、典型的なVツインサウンドを提供します。

エアフィルター

再設計されたエアボックスによって、ライダーは4本のネジを外して、燃料タンクキャップの前の収納コンパートメントを取り外すだけで、エアフィルターに簡単にアクセスできるようになりました。また、フィルター自体は水平ではなく、垂直リブとなりました。これによって、フィルタースラットに吸い込まれることなく、ホコリや砂をエアボックスの底部に向けることに役立ちます。全体として、ハードコアアドベンチャーのために設計されています。

冷却

KTM 1290 SUPER ADVENTURE Sは現在、一体型ユニットではなく、2つの独立したラジエーターが備わっています。その結果、優れた熱放散となり、総合的な冷却性能が向上しています。巧妙に設計されたエアダクトは、エンジンに冷たい空気を取り込み、バイクだけでなく、ライダーの脚も涼しく保ちます。

02. シャシー

フレーム

KTM 1290 SUPER ADVENTURE Sは、レーザーカットされたチューブを持つ軽量なクロムモリブデン鋼のトレリスフレームと、鍛造部品を組み合わせた超強力なコンポーネントを新たに開発し、改良を加えました。ステアリングヘッドを15mm後方に移動し、フレームを短くすることでコーナリング時の挙動を改善。また、フロントエンジンマウントを2度前方に回転させ、ハードな加速時にフロントエンドをしっかりと地面に接地させることができます。また、新設計の軽量・高強度アルミ製サイドスタンドを採用しました。

スイングアーム

短くなったフレームと組み合わせて、トラッキングの安定性を最適化するために15 mm延長されたダイキャスト製のオープン格子スイングアームは軽量性とピンポイントの製造を維持し、オフロード走行時に剛性と妥協のないコントロール性を提供します。

リアショック

KTM 1290 SUPER ADVENTURE Sは、市場で最も先進的なサスペンションシステムを搭載しています。新世代の革新的なWPセミアクティブ・サスペンション・テクノロジー(SAT)を採用し、電子制御の磁気バルブによる可変ダンピングで、最高の快適性と安全性を実現するために幅広い調整機能を備えています。さらに、サスペンションのすべての設定と調整はダッシュボードから行うことができ、TFTスクリーンに表示されるのが最大の特徴です。さらに、オプションのサスペンションPROパッケージでは、リアショックのプリロードを自動設定したり、ショックやフォークを個別に調整することが可能です。

ステアリングダンパー

舗装路を離れると、かなり荒れた道に出くわすことがしばしばあります。しかしWPステアリングダンパーは標準装備されており、フレームとトリプルクランプの間を繋ぐステアリングダンパーが、オフロードでの安定性を提供します。

ホイールとタイヤ

新しいKTM 1290 SUPER ADVENTURE S用に特別に開発された特注のMITAS Terra Force-Rタイヤによる、優れたグリップ性、ハンドリング動作、最適な高速安定性を提供します。

ブレーキ

フロントには、ラジアルマウントされた直径320mmのツインディスクと、4ピストン固定キャリパーがあります。リアは、267mm径のディスクが余分なスピードを抑制します。

燃料タンク

完全に設計し直された約23Lの3分割燃料タンク。これはフレームの両側にある、2つの大きな燃料容器で構成されており、上部の中央にある容器から側面のユニットに燃料を供給します。タンクキャップも新しくなり、電子制御されています。最も優れている点は?象徴的なKTM 990 ADVENTUREを彷彿とさせる収納コンパートメントが新しいデザインに含まれており、USBソケット付きで、スマートフォン、サングラス、財布などを収容するのに十分な大きさです。 

フレーム

KTM 1290 SUPER ADVENTURE Sは、レーザーカットされたチューブを持つ軽量なクロムモリブデン鋼のトレリスフレームと、鍛造部品を組み合わせた超強力なコンポーネントを新たに開発し、改良を加えました。ステアリングヘッドを15mm後方に移動し、フレームを短くすることでコーナリング時の挙動を改善。また、フロントエンジンマウントを2度前方に回転させ、ハードな加速時にフロントエンドをしっかりと地面に接地させることができます。また、新設計の軽量・高強度アルミ製サイドスタンドを採用しました。

スイングアーム

短くなったフレームと組み合わせて、トラッキングの安定性を最適化するために15 mm延長されたダイキャスト製のオープン格子スイングアームは軽量性とピンポイントの製造を維持し、オフロード走行時に剛性と妥協のないコントロール性を提供します。

リアショック

KTM 1290 SUPER ADVENTURE Sは、市場で最も先進的なサスペンションシステムを搭載しています。新世代の革新的なWPセミアクティブ・サスペンション・テクノロジー(SAT)を採用し、電子制御の磁気バルブによる可変ダンピングで、最高の快適性と安全性を実現するために幅広い調整機能を備えています。さらに、サスペンションのすべての設定と調整はダッシュボードから行うことができ、TFTスクリーンに表示されるのが最大の特徴です。さらに、オプションのサスペンションPROパッケージでは、リアショックのプリロードを自動設定したり、ショックやフォークを個別に調整することが可能です。

ステアリングダンパー

舗装路を離れると、かなり荒れた道に出くわすことがしばしばあります。しかしWPステアリングダンパーは標準装備されており、フレームとトリプルクランプの間を繋ぐステアリングダンパーが、オフロードでの安定性を提供します。

ホイールとタイヤ

新しいKTM 1290 SUPER ADVENTURE S用に特別に開発された特注のMITAS Terra Force-Rタイヤによる、優れたグリップ性、ハンドリング動作、最適な高速安定性を提供します。

ブレーキ

フロントには、ラジアルマウントされた直径320mmのツインディスクと、4ピストン固定キャリパーがあります。リアは、267mm径のディスクが余分なスピードを抑制します。

燃料タンク

完全に設計し直された約23Lの3分割燃料タンク。これはフレームの両側にある、2つの大きな燃料容器で構成されており、上部の中央にある容器から側面のユニットに燃料を供給します。タンクキャップも新しくなり、電子制御されています。最も優れている点は?象徴的なKTM 990 ADVENTUREを彷彿とさせる収納コンパートメントが新しいデザインに含まれており、USBソケット付きで、スマートフォン、サングラス、財布などを収容するのに十分な大きさです。 

03. 人間工学と快適性

ハンドルバー

ワイドで調整可能、長時間のサドルに対応する高強度テーパーアルミニウムハンドルバーは、ライダーがより高いコントロール性と妥協のない快適性を得られるよう設計されています。また、新開発の堅牢なハンドガードは、高速走行時の安定性を高めるために最適なエアロダイナミクス性能を発揮するように設計されています。

点灯メニュースイッチ

光るスイッチはカッコいいだけでなく、暗い場所でも、一瞬にして重要なボタンを見つけるのに役立ちます。

フットペグ

フットペグはストックまたは10 mm前後(対角線上)の2つの位置から選択でき、ライダーは、自身の身長や乗車スタイルに合わせて快適さを設定でき、これは長距離のアドベンチャー走行で非常に重要となります。

シート高

ライダーがほとんどの時間を過ごす、新しいKTM 1290 SUPER ADVENTURE Sのシートは、ライダーと同乗者用に個別のシートが備わっており、ライダー用シートは849 mm~869 mmの2段階で調節ができます。ボタンを押すだけでシートラッチが解除され、シート下エリアにも簡単にアクセスできます。

ウィンドシールド

高速走行時の風圧を防ぐように設計された風防は、風洞実験で最適化されており、ライダーは長時間、高速走行を快適に行えるようになっています。左右に取り付けられたハンドホイールが55mmのスクリーン高さを調整できます。

ハンドルバー

ワイドで調整可能、長時間のサドルに対応する高強度テーパーアルミニウムハンドルバーは、ライダーがより高いコントロール性と妥協のない快適性を得られるよう設計されています。また、新開発の堅牢なハンドガードは、高速走行時の安定性を高めるために最適なエアロダイナミクス性能を発揮するように設計されています。

点灯メニュースイッチ

光るスイッチはカッコいいだけでなく、暗い場所でも、一瞬にして重要なボタンを見つけるのに役立ちます。

フットペグ

フットペグはストックまたは10 mm前後(対角線上)の2つの位置から選択でき、ライダーは、自身の身長や乗車スタイルに合わせて快適さを設定でき、これは長距離のアドベンチャー走行で非常に重要となります。

シート高

ライダーがほとんどの時間を過ごす、新しいKTM 1290 SUPER ADVENTURE Sのシートは、ライダーと同乗者用に個別のシートが備わっており、ライダー用シートは849 mm~869 mmの2段階で調節ができます。ボタンを押すだけでシートラッチが解除され、シート下エリアにも簡単にアクセスできます。

ウィンドシールド

高速走行時の風圧を防ぐように設計された風防は、風洞実験で最適化されており、ライダーは長時間、高速走行を快適に行えるようになっています。左右に取り付けられたハンドホイールが55mmのスクリーン高さを調整できます。

04. ボディワークとグラフィクス

LEDヘッドライト

暗闇を明るく照らす新しいコーナリング内蔵LEDヘッドライトは、KTM 1290 SUPER ADVENTURE Sのフロントレーダーセンサーに統合され、その両側にはコーナリングライトとポジションライトが配置されています。これにより、KTMは特有のスッキリとした外観を持ち、広いビームパターンで前方を明るく照らします。

LEDヘッドライト

暗闇を明るく照らす新しいコーナリング内蔵LEDヘッドライトは、KTM 1290 SUPER ADVENTURE Sのフロントレーダーセンサーに統合され、その両側にはコーナリングライトとポジションライトが配置されています。これにより、KTMは特有のスッキリとした外観を持ち、広いビームパターンで前方を明るく照らします。

05. ソフトウェアと電子機器

多機能コックピット

1290 SUPER ADVENTURE Sには先進の7インチTFTディスプレイ搭載されています。グラフィックスと可読性の点で優れており、ライダーは複雑なメニューを操作することなく、走行中に迅速かつ簡単に情報にアクセスし、バイクのセミアクティブリアショックやその他機能の調整することができます。KTM MY RIDEによる接続性も考慮されており、Bluetoothを介して音楽再生、着信応答用に接続されています。

USB電話ポケット

前方のポケットに便利なポケットがあり、スマートフォンを収納することができます。また内蔵USBソケットで充電可能。KTM MY RIDEを使用したオプションの着信通話やオーディオ機能はBluetooth経由でスマートフォンからTFTにリンクされます。

ACC(アダプティブクルーズコントロール)

KTM 1290 SUPER ADVENTURE Sは、ミリ波レーダーを使った画期的なアダプティブクルーズコントロールを搭載しています。ACCは先行車両をロックオンし、自動的に速度調整を行い、常に安全な車間距離を保ちます。その結果、高速道路をリラックスして走れるようになります。 ACCは5つの車間距離、そして2つのライドモードから選択が可能です。

KTM Race On

KTM 1290 SUPER ADVENTURE Sにはアンチリレーアタック(ARA)システムによる最先端のキーレースゴーシステムが搭載されており、キーフォブの一回タッチだけで、イグニッションがオンになるのを防止し、キーレスシステム誤使用のリスクを削減します。これが複雑過ぎると思う場合は、ダッシュボードメニューを使ってARAシステムを完全に解除することも可能です。

ライダーエイド

ライダーの電子的補助機能により、あらゆる条件下でライダーの制御性およびパフォーマンスが向上し、より楽しいライディングが可能となります。最新のABSとMTC(モーターサイクル・トラクション・コントロール)テクノロジーは、ライダーがより快適にライディングできるよう設計されています。さまざまなライディングモードが用意され、ライダーエイドの機能をさまざまなライディングコンディションに合わせて簡単に調整することができます。これらの機能を簡単に調整できることで、より幅広い地形でパワフルなVツインの革新的技術と装備を最大限に活用することができます。

コンバインドABS搭載MSC

トラクションの制御は、パワーダウン時だけでなく、スロットルを戻したり、ブレーキを掛ける時にも関係します。BOSCHが開発した最先端のモーターサイクル用スタビリティコントロール(MSC)によって、ライダーは確信を持って走行できます。リーンセンシティブコーナリングABSモードは、MSCシステムと連動して、リーン角度、安定性、路面状況に合わせて、ライダーに最大のブレーキ力を常に提供します。ユニークなオフロードABS機能により、ABSが作動する前に、より強く推進することが可能です。

TPMS

アドベンチャーライディングでは、タイヤ空気圧が特に重要になります。KTM 1290 SUPER ADVENTURE Sにはタイヤ空気圧モニターシステム(TPMS)が搭載されており、前後のタイヤ空気圧をモニターし、簡単にTFTディスプレイで確認できます。圧力減少時には、ディスプレイに警告が表示されます。

MTC

リーン角度センシティブなモーターサイクルトラクションコントロール(MTC)は、リアホイールの不均衡なスリップに反応します。これは2つの個別のコントローラーがホイールスリップとピッチを個別に読み取り、ミリ秒単位で計算と調整を行うことで行われます。その結果?前輪がデッキから浮き上がった場合でも、直線加速やコーナリング効率が妨げられることなく、急激なパワーダウンが抑えられます。ハードなオフロード走行時には、モーターサイクルトラクションコントロール(MTC)をオフにすることが可能です。

ATIR

作動させて10秒後または150 m走行すると、ウインカーが自動的に停止します。インターセクションの長い待ち時間の間にボタンをもう一度押すと、再びゼロからカウントします。ウインカーを戻し忘れることがななり安全面の大きな改善が図られました。

オフロードライドモード

真のアドベンチャーは、舗装道路が終わった時から始まります。私たちはOFFROAD MODEを用意しました。ライドバイワイヤを作動させると、スロットルレスポンスが滑らかになり、ピーク出力が制限されるため、オフロードのコンディションに最適化されます。オフロード走行に必要なリアブレーキによる後輪のロックや、意図的なスライド、コーナーでのホイールスピンを可能にし、さらに前輪を持ち上げての障害物乗り越えも可能にしました。また、オフロードABSを作動させることで、オフロード走行時の安全性を確保しながら、最適なコントロールが可能になります。

オフロードトラクションコントロール

OFFROAD TRACTION CONTROLは、後輪に一定のスリップを発生させることができます。これは、コントロールされたドリフトをマスターするために、不要な干渉を受けずに、完全にコントロールしたいときのためのものです。

オフロードABS

このモードでは、後輪のABS機能は停止するが前輪のABS機能はある程度維持され、後輪のリフトアップディテクターは無効になり、コーナリングABSは無効になる。これらはすべて、ライダーが安心してオフロードを完全にコントロールできることを意味します。上級ライダーにとっては、ABSの干渉を受ける前に、よりハードにプッシュすることが可能になる。

多機能コックピット

1290 SUPER ADVENTURE Sには先進の7インチTFTディスプレイ搭載されています。グラフィックスと可読性の点で優れており、ライダーは複雑なメニューを操作することなく、走行中に迅速かつ簡単に情報にアクセスし、バイクのセミアクティブリアショックやその他機能の調整することができます。KTM MY RIDEによる接続性も考慮されており、Bluetoothを介して音楽再生、着信応答用に接続されています。

USB電話ポケット

前方のポケットに便利なポケットがあり、スマートフォンを収納することができます。また内蔵USBソケットで充電可能。KTM MY RIDEを使用したオプションの着信通話やオーディオ機能はBluetooth経由でスマートフォンからTFTにリンクされます。

ACC(アダプティブクルーズコントロール)

KTM 1290 SUPER ADVENTURE Sは、ミリ波レーダーを使った画期的なアダプティブクルーズコントロールを搭載しています。ACCは先行車両をロックオンし、自動的に速度調整を行い、常に安全な車間距離を保ちます。その結果、高速道路をリラックスして走れるようになります。 ACCは5つの車間距離、そして2つのライドモードから選択が可能です。

KTM Race On

KTM 1290 SUPER ADVENTURE Sにはアンチリレーアタック(ARA)システムによる最先端のキーレースゴーシステムが搭載されており、キーフォブの一回タッチだけで、イグニッションがオンになるのを防止し、キーレスシステム誤使用のリスクを削減します。これが複雑過ぎると思う場合は、ダッシュボードメニューを使ってARAシステムを完全に解除することも可能です。

ライダーエイド

ライダーの電子的補助機能により、あらゆる条件下でライダーの制御性およびパフォーマンスが向上し、より楽しいライディングが可能となります。最新のABSとMTC(モーターサイクル・トラクション・コントロール)テクノロジーは、ライダーがより快適にライディングできるよう設計されています。さまざまなライディングモードが用意され、ライダーエイドの機能をさまざまなライディングコンディションに合わせて簡単に調整することができます。これらの機能を簡単に調整できることで、より幅広い地形でパワフルなVツインの革新的技術と装備を最大限に活用することができます。

コンバインドABS搭載MSC

トラクションの制御は、パワーダウン時だけでなく、スロットルを戻したり、ブレーキを掛ける時にも関係します。BOSCHが開発した最先端のモーターサイクル用スタビリティコントロール(MSC)によって、ライダーは確信を持って走行できます。リーンセンシティブコーナリングABSモードは、MSCシステムと連動して、リーン角度、安定性、路面状況に合わせて、ライダーに最大のブレーキ力を常に提供します。ユニークなオフロードABS機能により、ABSが作動する前に、より強く推進することが可能です。

TPMS

アドベンチャーライディングでは、タイヤ空気圧が特に重要になります。KTM 1290 SUPER ADVENTURE Sにはタイヤ空気圧モニターシステム(TPMS)が搭載されており、前後のタイヤ空気圧をモニターし、簡単にTFTディスプレイで確認できます。圧力減少時には、ディスプレイに警告が表示されます。

MTC

リーン角度センシティブなモーターサイクルトラクションコントロール(MTC)は、リアホイールの不均衡なスリップに反応します。これは2つの個別のコントローラーがホイールスリップとピッチを個別に読み取り、ミリ秒単位で計算と調整を行うことで行われます。その結果?前輪がデッキから浮き上がった場合でも、直線加速やコーナリング効率が妨げられることなく、急激なパワーダウンが抑えられます。ハードなオフロード走行時には、モーターサイクルトラクションコントロール(MTC)をオフにすることが可能です。

ATIR

作動させて10秒後または150 m走行すると、ウインカーが自動的に停止します。インターセクションの長い待ち時間の間にボタンをもう一度押すと、再びゼロからカウントします。ウインカーを戻し忘れることがななり安全面の大きな改善が図られました。

オフロードライドモード

真のアドベンチャーは、舗装道路が終わった時から始まります。私たちはOFFROAD MODEを用意しました。ライドバイワイヤを作動させると、スロットルレスポンスが滑らかになり、ピーク出力が制限されるため、オフロードのコンディションに最適化されます。オフロード走行に必要なリアブレーキによる後輪のロックや、意図的なスライド、コーナーでのホイールスピンを可能にし、さらに前輪を持ち上げての障害物乗り越えも可能にしました。また、オフロードABSを作動させることで、オフロード走行時の安全性を確保しながら、最適なコントロールが可能になります。

オフロードトラクションコントロール

OFFROAD TRACTION CONTROLは、後輪に一定のスリップを発生させることができます。これは、コントロールされたドリフトをマスターするために、不要な干渉を受けずに、完全にコントロールしたいときのためのものです。

オフロードABS

このモードでは、後輪のABS機能は停止するが前輪のABS機能はある程度維持され、後輪のリフトアップディテクターは無効になり、コーナリングABSは無効になる。これらはすべて、ライダーが安心してオフロードを完全にコントロールできることを意味します。上級ライダーにとっては、ABSの干渉を受ける前に、よりハードにプッシュすることが可能になる。

技術仕様

エンジン

  • トルク 138 Nm
  • トランスミッション 6速
  • 冷却 水冷
  • Kw出力 118 kW
  • スターター セルスターター
  • ストローク 71 mm
  • ボア 108 mm
  • クラッチ PASC(TM) スリッパークラッチ、油圧操作式
  • CO2 emissions 134 g/km
  • 排気量 1301 cm³
  • EMS Keihin製 EMS ライドバイワイヤーおよびクルーズコントロール付き、ダブルイグニッション
  • デザイン 2気筒、4ストローク、75°V型
  • 消費燃料 5.7 l/100 km
  • 潤滑 3ポンプ式オイル圧送潤滑

シャシー

  • 燃料タンク容量 (約) 23 l
  • ABS Bosch 10.3ME Combined-ABS (incl. Cornering-ABS and offroad mode)
  • フロントブレーキディスク径 320 mm
  • リアブレーキディスク径 267 mm
  • チェーン 525 X-Ring
  • 乾燥重量 220 kg
  • フレームデザイン クロモリ鋼管製スペースフレーム。パウダーコート塗装
  • フロントサスペンション WP SAT (semi-active technology) Upside-Down Ø 48 mm
  • 最低地上高 223 mm
  • リアサスペンション WP SAT (semi-active technology) shock absorber
  • シート高 849 mm
  • キャスター角 65.3 °
  • サスペンションストローク (フロント) 200 mm
  • サスペンションストローク (リア) 200 mm