KTMJapanが2020年上半期に前年比13%増の販売を達成

342289_1290 SUPER DUKE R 2020

KTM Japan株式会社(所在地: 東京都江東区有明、代表取締役社長: オリバー・ゴーリング)は、2020年上半期の販売台数が前年実績に対し13%増を達成したことについてご案内いたします。

338685_KTM_390_ADVENTURE Action _21_

246803_LFA3441 wotr B flat

KTM Japanは2020年1-6月の小型二輪車(250cc超)市場全体が、前年比マイナス6.1%と厳しい状況の中、前年比13.0%増を達成し、販売台数も780台と上半期では2014年に次ぐ過去2番目の記録となりました。また6月単月としては過去最高記録を達成いたしました。

 

主な要因は以下の4点です。

ü 2020年4月に市場投入した新型1290 SUPER DUKE Rの販売が好調であった

ü 2020年4月に新規市場投入した390 ADVENTUREが新たなユーザー層の取り込みに成功し、販売増に寄与した

ü 第一四半期と第二四半期に実施した販売キャンペーンが既存モデルの販売を支えるとともに、KTMのフラッグシップエンジン1301cc LC8を搭載した1290 SUPER ADVENTURE S / R、1290 SUPER DUKE R / GTの販売増に寄与した

ü 2020年5月に香川県初の正規ディーラーを新規オープンし、販売の上乗せに貢献した

244675_1290 SUPER DUKE GT 2019

これらの素晴らしい結果は、各KTM正規ディーラーが取り組んだたゆまぬ努力と、各メディア様のご協力による新型モデルおよびブランド認知の向上、そしてKTMをご愛用いただいている多くのKTMファンの皆様のおかげであると心より感謝しております。

2020年下半期も引き続き新型車の投入、販売キャンペーンの実施、正規ディーラーネットワークの拡充に注力し、より多くのお客様にご満足いただける商品とサービスをご提供できるよう努力を重ねてまいります。