AN UNSTOPPABLE FORCE

KTM 250 XC-F

KTM 250 XC-F 2022

基本価格: 1,235,000 JPY*

4ストローク250ccバイクのレースは、競争の激しい世界です。しかし、最先端のエンジン管理システム、ピットレーンで最強の4ストローク250ccエンジン、レース用に開発された高性能シャーシセットアップを誇るKTM 250 XC-Fは、長年にわたりスピードと敏捷性で圧倒してきました。
  • PHO_BIKE_90_RE_250-xcf-22-90re_#SALL_#AEPI_#V1.png
    PHO_BIKE_PERS_LIVO_250-xcf-22-livo_#SALL_#AEPI_#V1.png
    PHO_BIKE_PERS_REHI_250-xcf-22-rehi_#SALL_#AEPI_#V1.png
4ストローク250ccバイクのレースは、競争の激しい世界です。しかし、最先端のエンジン管理システム、ピットレーンで最強の4ストローク250ccエンジン、レース用に開発された高性能シャーシセットアップを誇るKTM 250 XC-Fは、長年にわたりスピードと敏捷性で圧倒してきました。
  1. エンジンとエグゾースト
  2. シャシー
  3. 人間工学と快適性
  4. ボディワークとグラフィクス
  5. ソフトウェアと電子機器

01. エンジンとエグゾースト

エンジン

KTM 250 XC-Fエンジンは250 ccの4ストローククラスで最強のエンジンとして知られています。14,000rpmの高回転型でありながら低回転域でも十分なトルクを発揮し、妥協のない完璧な汎用性を備えています。更に、コンパクトなアーキテクチャー、優れたマス集中化、わずか47.6ポンドの低重量などが高く評価されています。

シリンダーヘッド

コンパクトなDOHC(ダブルオーバーヘッドカムシャフト)エンジンで重要な役割を果たしているのは、最新式シリンダーヘッドです。2つのオーバーヘッドカムシャフトを装備し、高硬度DLCコーティングを施された超軽量カムフォロワーにより、チタン製バルブを有効化します。これにより、低回転域での力強さはそのままに、このエンジンの特徴である回転数の高さを実現しています。

クランクシャフト

KTM 250 XC-Fのクランクシャフトはコンロッドが短くなり、エンジンの軽量コンパクト化とハイレスポンスな出力特性をもたらします。プレーンビッグ(底部)エンドベアリングは、2つのベアリングシェルを有し、クランクピン上をダイレクトに移動します。このベアリングに必要なオイルは、エンジンの圧力潤滑によって供給されます。クランクシャフトのサービス間隔は、プレーンベアリングを採用したことで長期化できるようになりました。これはこの設計における最大の利点です。このため一日中使うことができます。

クランクケースとエンジンカバー

エンジンケースの軽量設計によりシャフトの配置を集中させ、効率的なマス集中化を実現しました。更にエンジンカバーはライダーのブーツによる摩耗を低減するスマートな表面構造となっており、出荷時のフレッシュな外観を維持します。クラッチカバーとエンジンガードの補強により、エンジンケースは更に頑丈になりました。

トランスミッション

KTM 250 XC-Fには、クロスレシオに近い超高性能な6速PANKLトランスミッションが搭載されています。高度な「防泥」ギアシフトレバー設計により、泥や砂がレバーのジョイントを塞がずに、トラブルのないシフティングが可能になります。また、トランスミッションシャフトには、オーバーラップを大きくしたC4ベアリングを採用し、過酷な使用環境下でも信頼性を確保しています。すべてのKTM XC-Fモデルには、ギア位置センサーが装備されており、各ギアに合わせて異なるエンジン特性を設定できます。

エンジン・マネージメント・システム

最新のKeihin製エンジンマネジメントシステムは電子燃料噴射式で、新型の44 mmスロットルボディにコールドスタートとアイドル調整用の個別のシステムが搭載されています。また、スロットルケーブル装着によるケーブルへのアクセスの簡易化とスムーズな配線により、毎回迅速なスロットルレスポンスが得られます。

シリンダーとピストン

口径78 mmのショートシリンダーには、信頼性の高いCP製のボックスタイプピストンがあります。そのクラウン形状は、新しい高圧燃焼室に最適化されており、軽量かつ極めて高硬度な構造となっています。

カウンターバランサーシャフト

KTM 250 XC-Fでは、ウォーターポンプの駆動、タイミングチェーンの駆動という3つの役割を担う横取り付け式のバランスシャフトを採用しています。

クラッチ

KTM 250 XC-Fは、KTMが開発した非常に耐久性に優れたDSクラッチ(減衰ダイヤフラムプレート)を搭載しています。また、耐摩耗性の高いスチール製ハウジングと、耐熱性の高いクラッチプレートを採用しています。この設計は、通常のコイルスプリングの代わりにダイヤフラムスプリングを採用しており、非常に容易にクラッチを作動させることができます。さらにBrembo製油圧式クラッチシステムにより、あらゆる動作温度で容易かつ正確な調整が可能です。

セルスターター

KTM 250 XC-Fに標準搭載されているセルスターターは、実証済みのスタータードライブとMitsuba製の強力なスターターエンジンを使用します。長年にわたって実証されてきたとおり、迅速で信頼性の高い始動を可能とし、最も必要なときに貴重な時間と電力を節約します。

冷却

重心近くに設置された2つのラジエータが、過酷な状況でもエンジンの冷却を維持します。これらは、CFD技術(計算流体力学)と巧みな冷媒回路の配線により、あらゆる状況下で最高のパフォーマンスを発揮するための最適なエンジン温度を実現しています。中でも、三角形のフレームに格納されたデルタ分配器には、冷却水の流れを効率化する大型のセンターチューブが搭載されています。

エグゾースト

すべての4ストロークモデルに搭載されたエグゾーストシステムは、パワー供給とパフォーマンスにおいて重要な役割を担い、他に負けない威力があります。モデル独自のヘッダーパイプには、FDH(フローデザインヘッダー)と呼ばれる高度なリゾネーター、つまりパイプ周りの小型チャンバーが装着されています。このデザインにより、ショックアブソーバーを取り外さなくても、エグゾーストシステムを解体してショックに簡単にアクセスできるようになりました。アルミニウム製のスリーブ、エンドキャップおよびマフラーの内部設計により、よりスリムな人間工学的形状となり、騒音規制を遵守した上で細いバイクの車体感覚が得られています。

エンジン

KTM 250 XC-Fエンジンは250 ccの4ストローククラスで最強のエンジンとして知られています。14,000rpmの高回転型でありながら低回転域でも十分なトルクを発揮し、妥協のない完璧な汎用性を備えています。更に、コンパクトなアーキテクチャー、優れたマス集中化、わずか47.6ポンドの低重量などが高く評価されています。

シリンダーヘッド

コンパクトなDOHC(ダブルオーバーヘッドカムシャフト)エンジンで重要な役割を果たしているのは、最新式シリンダーヘッドです。2つのオーバーヘッドカムシャフトを装備し、高硬度DLCコーティングを施された超軽量カムフォロワーにより、チタン製バルブを有効化します。これにより、低回転域での力強さはそのままに、このエンジンの特徴である回転数の高さを実現しています。

クランクシャフト

KTM 250 XC-Fのクランクシャフトはコンロッドが短くなり、エンジンの軽量コンパクト化とハイレスポンスな出力特性をもたらします。プレーンビッグ(底部)エンドベアリングは、2つのベアリングシェルを有し、クランクピン上をダイレクトに移動します。このベアリングに必要なオイルは、エンジンの圧力潤滑によって供給されます。クランクシャフトのサービス間隔は、プレーンベアリングを採用したことで長期化できるようになりました。これはこの設計における最大の利点です。このため一日中使うことができます。

クランクケースとエンジンカバー

エンジンケースの軽量設計によりシャフトの配置を集中させ、効率的なマス集中化を実現しました。更にエンジンカバーはライダーのブーツによる摩耗を低減するスマートな表面構造となっており、出荷時のフレッシュな外観を維持します。クラッチカバーとエンジンガードの補強により、エンジンケースは更に頑丈になりました。

トランスミッション

KTM 250 XC-Fには、クロスレシオに近い超高性能な6速PANKLトランスミッションが搭載されています。高度な「防泥」ギアシフトレバー設計により、泥や砂がレバーのジョイントを塞がずに、トラブルのないシフティングが可能になります。また、トランスミッションシャフトには、オーバーラップを大きくしたC4ベアリングを採用し、過酷な使用環境下でも信頼性を確保しています。すべてのKTM XC-Fモデルには、ギア位置センサーが装備されており、各ギアに合わせて異なるエンジン特性を設定できます。

エンジン・マネージメント・システム

最新のKeihin製エンジンマネジメントシステムは電子燃料噴射式で、新型の44 mmスロットルボディにコールドスタートとアイドル調整用の個別のシステムが搭載されています。また、スロットルケーブル装着によるケーブルへのアクセスの簡易化とスムーズな配線により、毎回迅速なスロットルレスポンスが得られます。

シリンダーとピストン

口径78 mmのショートシリンダーには、信頼性の高いCP製のボックスタイプピストンがあります。そのクラウン形状は、新しい高圧燃焼室に最適化されており、軽量かつ極めて高硬度な構造となっています。

カウンターバランサーシャフト

KTM 250 XC-Fでは、ウォーターポンプの駆動、タイミングチェーンの駆動という3つの役割を担う横取り付け式のバランスシャフトを採用しています。

クラッチ

KTM 250 XC-Fは、KTMが開発した非常に耐久性に優れたDSクラッチ(減衰ダイヤフラムプレート)を搭載しています。また、耐摩耗性の高いスチール製ハウジングと、耐熱性の高いクラッチプレートを採用しています。この設計は、通常のコイルスプリングの代わりにダイヤフラムスプリングを採用しており、非常に容易にクラッチを作動させることができます。さらにBrembo製油圧式クラッチシステムにより、あらゆる動作温度で容易かつ正確な調整が可能です。

セルスターター

KTM 250 XC-Fに標準搭載されているセルスターターは、実証済みのスタータードライブとMitsuba製の強力なスターターエンジンを使用します。長年にわたって実証されてきたとおり、迅速で信頼性の高い始動を可能とし、最も必要なときに貴重な時間と電力を節約します。

冷却

重心近くに設置された2つのラジエータが、過酷な状況でもエンジンの冷却を維持します。これらは、CFD技術(計算流体力学)と巧みな冷媒回路の配線により、あらゆる状況下で最高のパフォーマンスを発揮するための最適なエンジン温度を実現しています。中でも、三角形のフレームに格納されたデルタ分配器には、冷却水の流れを効率化する大型のセンターチューブが搭載されています。

エグゾースト

すべての4ストロークモデルに搭載されたエグゾーストシステムは、パワー供給とパフォーマンスにおいて重要な役割を担い、他に負けない威力があります。モデル独自のヘッダーパイプには、FDH(フローデザインヘッダー)と呼ばれる高度なリゾネーター、つまりパイプ周りの小型チャンバーが装着されています。このデザインにより、ショックアブソーバーを取り外さなくても、エグゾーストシステムを解体してショックに簡単にアクセスできるようになりました。アルミニウム製のスリーブ、エンドキャップおよびマフラーの内部設計により、よりスリムな人間工学的形状となり、騒音規制を遵守した上で細いバイクの車体感覚が得られています。

02. シャシー

フレーム

KTM 250 XC-Fはハイテクで軽量なChromoly鋼製フレームを採用し、業界トップクラスの操縦性、走行性、精度、安定性を実現しています。フレーム自体がフロントとリアのサスペンションのショックアブソーバーの役割を果たし、あらゆるジャンプや揺れを吸収するように設計されています。また、アルミ製の超軽量サブフレームを採用することで、2ポンド以下の軽量化を実現し、スピードを維持しています。

スイングアーム

アルミ鋳造のスイングアーム設計により軽量化と完璧な屈曲動作を実現し、フレームを完璧に補佐します。また、鋳造処理が単一成分で行われることにより、溶接による不整合や固有の弱点を排除し、より強く見栄えの良い製品となっています。

ホイール

KTM 250 XC-Fには、CNC加工されたハブ、GIANT製のリム、アルミ製ニップル付きのブラックスポークで構成された軽量な高性能ホイールが装着されています。Dunlop Geomax AT81を装着することで、軽量かつ最大限のグリップ力、トラクション、安定性を実現しています。

フロントサスペンション

KTM XCシリーズではAERテクノロジーを採用した、選手権で優勝したモトクロスバイクに搭載されているフォークと同じ48 mm USDのエアスプラングWP XACTフロントフォークを採用しています。左右のスプリットフォークは、それぞれ個別に機能します。右側がダンピング機能を果たすのに対し、左側がエアスプリングになっています。左レッグにはカプセル化されたエアカートリッジのある2チャンバーシステムが搭載され、カートリッジ内の気圧減少を防ぎます。このエアスプリングは、シングルエアバルブと標準的なフォークエアポンプにより、あらゆるライダーの体重に合わせて容易に調整可能です。特別な工具は不要です。バイクにはフォークエアーポンプが付属しています。右フォークレッグは、あらゆるダンピング要件にカスタム化できるダンピングカートリッジを内蔵しています。ダイヤルを回すだけで、コースの状態やライダーの嗜好に合わせて調整できます。

リアサスペンション

WP XACTショックアブソーバーは、リンケージシステムやWP XACTフロントフォークなど、フレームやスイングアームの構造全体を考慮して開発されているため、大きな隆起にも対応できます。また、機械加工やアルマイト処理が施されており、見た目も迫力があります。

トリプルクランプ

高品質なCNC加工のトリプルクランプは、減衰ゴム付きの固定具でハンドルをしっかりと固定します。2段階の調整が可能で、時間計が付いているので、手入れが必要な時期を特定できます。

ブレーキ

停止時には、高性能のBrembo製ブレーキキャリパーと軽量のWAVEブレーキディスクいい仕事をしてくれます。また、長年にわたるレーシング競技を考慮した理想的なパッド密度とスチール品質により、長寿命で安定した使用感を実現しています。

燃料タンク

すべてのXC-Fモデルには燃料ポンプシステムが内蔵され、容量2.25ガロンの軽量シースルーポリエチレンタンクが装備されています。クイックリリース式のフィラーキャップにより、簡単かつ確実に閉じることができます。前述の通りクリアタンクを採用しているので、常に燃料レベルを確認できるので、燃料が少なくなってきても心配ありません。

エアボックス

KTM 250 XC-Fのエアボックスには簡単にアクセスでき、専用設計のインテークシュノーケルにより最適な流動力学を確保します。これにより、モーターに空気が強制的に送り込まれ、パワーとスロットルレスポンスの絶妙なバランスを実現しています。空気をきれいに保つために、大型のTwin-Airエアフィルターが最適な位置に配置された頑丈なケージに取り付けられています。

フレーム

KTM 250 XC-Fはハイテクで軽量なChromoly鋼製フレームを採用し、業界トップクラスの操縦性、走行性、精度、安定性を実現しています。フレーム自体がフロントとリアのサスペンションのショックアブソーバーの役割を果たし、あらゆるジャンプや揺れを吸収するように設計されています。また、アルミ製の超軽量サブフレームを採用することで、2ポンド以下の軽量化を実現し、スピードを維持しています。

スイングアーム

アルミ鋳造のスイングアーム設計により軽量化と完璧な屈曲動作を実現し、フレームを完璧に補佐します。また、鋳造処理が単一成分で行われることにより、溶接による不整合や固有の弱点を排除し、より強く見栄えの良い製品となっています。

ホイール

KTM 250 XC-Fには、CNC加工されたハブ、GIANT製のリム、アルミ製ニップル付きのブラックスポークで構成された軽量な高性能ホイールが装着されています。Dunlop Geomax AT81を装着することで、軽量かつ最大限のグリップ力、トラクション、安定性を実現しています。

フロントサスペンション

KTM XCシリーズではAERテクノロジーを採用した、選手権で優勝したモトクロスバイクに搭載されているフォークと同じ48 mm USDのエアスプラングWP XACTフロントフォークを採用しています。左右のスプリットフォークは、それぞれ個別に機能します。右側がダンピング機能を果たすのに対し、左側がエアスプリングになっています。左レッグにはカプセル化されたエアカートリッジのある2チャンバーシステムが搭載され、カートリッジ内の気圧減少を防ぎます。このエアスプリングは、シングルエアバルブと標準的なフォークエアポンプにより、あらゆるライダーの体重に合わせて容易に調整可能です。特別な工具は不要です。バイクにはフォークエアーポンプが付属しています。右フォークレッグは、あらゆるダンピング要件にカスタム化できるダンピングカートリッジを内蔵しています。ダイヤルを回すだけで、コースの状態やライダーの嗜好に合わせて調整できます。

リアサスペンション

WP XACTショックアブソーバーは、リンケージシステムやWP XACTフロントフォークなど、フレームやスイングアームの構造全体を考慮して開発されているため、大きな隆起にも対応できます。また、機械加工やアルマイト処理が施されており、見た目も迫力があります。

トリプルクランプ

高品質なCNC加工のトリプルクランプは、減衰ゴム付きの固定具でハンドルをしっかりと固定します。2段階の調整が可能で、時間計が付いているので、手入れが必要な時期を特定できます。

ブレーキ

停止時には、高性能のBrembo製ブレーキキャリパーと軽量のWAVEブレーキディスクいい仕事をしてくれます。また、長年にわたるレーシング競技を考慮した理想的なパッド密度とスチール品質により、長寿命で安定した使用感を実現しています。

燃料タンク

すべてのXC-Fモデルには燃料ポンプシステムが内蔵され、容量2.25ガロンの軽量シースルーポリエチレンタンクが装備されています。クイックリリース式のフィラーキャップにより、簡単かつ確実に閉じることができます。前述の通りクリアタンクを採用しているので、常に燃料レベルを確認できるので、燃料が少なくなってきても心配ありません。

エアボックス

KTM 250 XC-Fのエアボックスには簡単にアクセスでき、専用設計のインテークシュノーケルにより最適な流動力学を確保します。これにより、モーターに空気が強制的に送り込まれ、パワーとスロットルレスポンスの絶妙なバランスを実現しています。空気をきれいに保つために、大型のTwin-Airエアフィルターが最適な位置に配置された頑丈なケージに取り付けられています。

03. 人間工学と快適性

ハンドルバー

すべてのKTM XC-Fモデルには、NEKEN製の調節式高強度アルミ製テーパーハンドルバーが装備されています。このハンドルバーは、4つの異なる位置に取り付けられます。右側にはODI加硫処理グリップ、左側には快適なODIロックオングリップが標準装備されているので、ぶら下がって取れることのないように注意するだけです。

フットペグ

洗練された「防泥」フットペグは、深いわだちの走行中でも旋回軸の詰まりを防ぎます。高いライディング位置をお求めですか? EXCモデルのフットペグを装着すると、XCバージョンより6 mm高くなりました。

シート

ライダーとの一体感を高めるグリップリブを施した、スリムでfactory感のあるブルーシートは、快適性とコントロール性を両立させています。

ハンドルバー

すべてのKTM XC-Fモデルには、NEKEN製の調節式高強度アルミ製テーパーハンドルバーが装備されています。このハンドルバーは、4つの異なる位置に取り付けられます。右側にはODI加硫処理グリップ、左側には快適なODIロックオングリップが標準装備されているので、ぶら下がって取れることのないように注意するだけです。

フットペグ

洗練された「防泥」フットペグは、深いわだちの走行中でも旋回軸の詰まりを防ぎます。高いライディング位置をお求めですか? EXCモデルのフットペグを装着すると、XCバージョンより6 mm高くなりました。

シート

ライダーとの一体感を高めるグリップリブを施した、スリムでfactory感のあるブルーシートは、快適性とコントロール性を両立させています。

04. ボディワークとグラフィクス

デカル

2022年モデルのKTM XCシリーズは、ブルーのシートやモータースポーツらしいオレンジのフレームなどを採用し、レッドブルKTMファクトリーレーシングのイメージに近づけて、外観を一新しました。

デカル

2022年モデルのKTM XCシリーズは、ブルーのシートやモータースポーツらしいオレンジのフレームなどを採用し、レッドブルKTMファクトリーレーシングのイメージに近づけて、外観を一新しました。

05. ソフトウェアと電子機器

バッテリーとワイヤーハーネス

KTM 250 XC-Fでは、超軽量の2 Ahリチウムイオンスターターバッテリーで作動する電気システムを採用しています。ワイヤーハーネスでは、電気部品の大半をシート下の共通部分に集中させたため、簡単にアクセスできるようになりました。

トラクションコントロール

優れた走破性を発揮することと、一体感を味わうことは、また別の体験です。トラクションコントロールは、濡れた路面や滑りやすい砂利道路でアクセルを踏む時に効率的なトラクションと優れたバイクの制御性を保証する非常に便利な機能です。ハンドルバーの[Map]スイッチでオンとオフを切り替えることができます。

ハンドルバーのマップセレクトスイッチ

ライダーは、[Map]スイッチにワンタッチするだけで標準的なマップ設定と、ローム質のグリップの高い泥の条件に対応するアグレッシブな設定から選択できます。この機能は、コースの状態変化やオフラインからの素早い発進、または一息ついてバイクに走行を任せたい時に特に便利です。

バッテリーとワイヤーハーネス

KTM 250 XC-Fでは、超軽量の2 Ahリチウムイオンスターターバッテリーで作動する電気システムを採用しています。ワイヤーハーネスでは、電気部品の大半をシート下の共通部分に集中させたため、簡単にアクセスできるようになりました。

トラクションコントロール

優れた走破性を発揮することと、一体感を味わうことは、また別の体験です。トラクションコントロールは、濡れた路面や滑りやすい砂利道路でアクセルを踏む時に効率的なトラクションと優れたバイクの制御性を保証する非常に便利な機能です。ハンドルバーの[Map]スイッチでオンとオフを切り替えることができます。

ハンドルバーのマップセレクトスイッチ

ライダーは、[Map]スイッチにワンタッチするだけで標準的なマップ設定と、ローム質のグリップの高い泥の条件に対応するアグレッシブな設定から選択できます。この機能は、コースの状態変化やオフラインからの素早い発進、または一息ついてバイクに走行を任せたい時に特に便利です。

技術仕様

エンジン

  • トランスミッション 6速
  • スターター セルスターター
  • ストローク 52.3 mm
  • ボア 78 mm
  • クラッチ Wet multi-disc DS clutch, Brembo hydraulics
  • 排気量 249.9 cm³
  • EMS Keihin製 EMS
  • デザイン 単気筒、4ストロークエンジン

シャシー

  • 重量 (燃料なし) 100 kg
  • 燃料タンク容量 (約) 8.5 l
  • フロントブレーキディスク径 260 mm
  • リアブレーキディスク径 220 mm
  • フロントブレーキ ディスクブレーキ
  • リアブレーキ ディスクブレーキ
  • チェーン 5/8 x 1/4
  • フレームデザイン セントラルダブルクレードルタイプ 25CrMo4 スチール
  • フロントサスペンション WP XACT-USD、Ø 48 mm
  • 最低地上高 370 mm
  • リアサスペンション WP XACT リンケージを伴うモノショック
  • シート高 950 mm
  • キャスター角 63.9 °
  • サスペンションストローク (フロント) 310 mm
  • サスペンションストローク (リア) 300 mm