KTM FAN PACKAGE 2017

Read more
  1. Racing

    MXGP第15戦:スイス ハーリングスが総合優勝 カイローリも総合3位表彰台を獲得

    『2017モトクロス世界選手権/第15戦:スイス』。Red Bull KTM ファクトリーレーシングチームからMXGPクラス(2st 250cc以下、4st 450cc以下)に参戦した#84 Jeffrey Herlings(ジェフリー・ハーリングス)は6-1の総合優勝、#222 Antonio Cairoli(アントニオ・カイローリ)は3-4の総合3位、#259 Glenn Coldenhoff(グレン・コールデンホフ)は15-9の総合13位でレースを終えました。またMX2クラス(2st 125cc以下、4st 250cc以下)に参戦した#41 Pauls Jonass(パウルス・ヨナッス)は3-3の総合3位、#61 Jorge Prado(ホルヘ・プラド)は4-4の総合5位でレースを終えました。

    記事を読む
  2. Racing

    MotoGP第11戦:レッドブルリング カリオがMotoGPクラスで 再びトップ10内フィニッシュ達成 Red Bullルーキーズカップでは、 眞崎一輝が今シーズン初勝利を獲得。

    『2017 MotoGP/第11戦:レッドブルリング(オーストリア)』。Red Bull KTM Factory Racing TeamからMotoGPクラスに参戦した#36 Mika KALLIO(ミカ・カリオ)が10位、#38 Bradley Smith(ブラッドリー・スミス)は18位でフィニッシュ。#44 Pol Espargaro(ポル・エスパルガロ)はリタイヤしました。Moto2クラスはRed Bull KTM Ajo Teamから参戦した#41 Brad Binder(ブラッド・ビンダー)は7位でフィニッシュ。#44 Miguel Oliveira(ミゲル・オリベイラ)は終盤に転倒しリタイヤしました。同チームからMoto3クラスに参戦した#64 Bo Bendsneyder(ボー・ベンシュナイダー)と#23 Niccolò Antonelli(ニッコロ・アントネッリ)は転倒によりリタイヤしました。

    記事を読む
  3. Racing

    MXGP第14戦:ベルギー MXGPとMX2の両クラスで KTMが表彰台を独占

    『2017モトクロス世界選手権/第14戦:ベルギー』。Red Bull KTM ファクトリーレーシングチームからMXGPクラス(2st 250cc以下、4st 450cc以下)に参戦した#84 Jeffrey Herlings(ジェフリー・ハーリングス)は1-1の総合優勝、#222 Antonio Cairoli(アントニオ・カイローリ)は2-2の総合2位、#259 Glenn Coldenhoff(グレン・コールデンホフ)は3-4の総合3位でレースを終えました。またMX2クラス(2st 125cc以下、4st 250cc以下)に参戦した#61 Jorge Prado(ホルヘ・プラド)は2-1の総合優勝、#41 Pauls Jonass(パウルス・ヨナッス)は1-5の総合2位、また同じくKTMを駆るLRT KTM Teamの#33 Julien Lieber(ジュリアン・リーバー)が5-2の総合3位でレースを終えました。

    記事を読む
  4. Racing

    MotoGP第10戦:ブルノ エスパルガロがMotoGPクラス 初の9位/シングルフィニッシュ

    『2017 MotoGP/第10戦:ブルノ(チェコ)』。Red Bull KTM Factory Racing TeamからMotoGPクラスに参戦した#44 Pol Espargaro(ポル・エスパルガロ)はKTMとして初のシングルフィニッシュとなる9位でチェッカー、#38 Bradley Smith(ブラッドリー・スミス)はリタイヤしました。Moto2クラスはRed Bull KTM Ajo Teamから参戦した#44 Miguel Oliveira(ミゲル・オリベイラ)が今季5度目の表彰台獲得となる3位でフィニッシュ、#41 Brad Binder(ブラッド・ビンダー)は12位でレースを終えました。同チームからMoto3クラスに参戦した#64 Bo Bendsneyder(ボー・ベンシュナイダー)は4位でフィニッシュ。#23 Niccolò Antonelli(ニッコロ・アントネッリ)は24位でレースを終えました。

    記事を読む
  5. Racing

    EnduroGP第6戦:ポルトガル EnduroGPのワトソンは初日に優勝 Enduro2にガルシアは両日2位

    『2017エンデューロ世界選手権/第6戦:ポルトガル』。今シーズンは2ストローク・4ストロークのエンジン形式を問わず、排気量250cc以上の『EnduroGPクラス』と、排気量250cc未満の『Enduro2クラス』が開催されています。Red Bull KTM Factory Racing TeamからEnduroGPクラスに参戦した#91 Nathan Watson (ネイサン・ワトソン)は初日:優勝/2日目:10位、#7 Christophe Nambotin (クリストフ・ナンボタン)は初日:10位/2日目:DNFでレースを終えました。Enduro2クラスに参戦した#26 Josep Garcia (ホセ・ガルシア)は両日ともに2位、#11 Daniel Sanders (ダニエル・サンダース)は両日ともに13位でレースを終えました。

    記事を読む