EICMA 2017: NEW POWER GENERATION FOR KTM

Read article

JOSEP GARCIA AND KTM WIN 2017 ENDURO2 WORLD CHAMPIONSHIP TITLE

Read more
  1. KTM モデルハイライト 「EICMA 2017」(ミラノショー)

    KTMは以前から世界で最も成長の早いモーターサイクルメーカーの一つです。2016 年は6 年連続で記録を更新しました。成功の要因としては、幅広く継続的な研究開発活動をするだけでなく、レースの重要性も強調している点が挙げられます。しかし、極めて重要な成功要因としては、これらの活動がすべて関連しているということです。我々の全ての努力は長期目標に沿って慎重に検討されたグローバルな商品戦略に注がれています。

    記事を読む
  2. Racing

    KTM 450SX-Fを駆る星野優位選手、全日本モトクロス選手権 第9戦SUGO大会IA1での優勝おめでとうございます。

    『2017 全日本モトクロス選手権/第9 戦:SUGO 大会』KTM うず 潮レーシング福山(KTM 福山)からKTM 450 SX-F で全日本モトク ロス選手権のIA1 クラスに参戦した#166 星野優位選手が、決勝ヒ ート2 で悲願の優勝を獲得しました。IA1 は全日本モトクロス選手 権の最高峰のクラスであり、国内4 大メーカーのファクトリーチ ームのワークスマシンがしのぎを削っているため、市販車での IA1 クラス優勝は歴史的快挙であると言えます。本当におめでとう ございます。

    記事を読む
  3. Racing

    MotoGP第15戦:ツインリンクもてぎ Red Bull KTM ファクトリーレーシングがもてぎでMotoGPでの着実なポイントMoto3での表彰台確保

    『2017MotoGP第15戦-ツインリンクもてぎ(日本)』。KTMにとって過去最高の公式予選を出した昨日に続き、ここ数年のレースで最悪なコンディションだと言われる天候にも関わらず、#44 Pol Espargaro(ポル・エスパルガロ)がデビューイヤーRed Bull KTM ファクトリーレーシングチームにポイントをもたらした。また、#23 Niccolò Antonelli(ニッコロ・アントネッリ)は、シーズン中盤に追った怪我から見事に復帰し、KTM Moto3 RC250 GPを駆り、フロントローからの素晴らしいスタートをし、2位表彰台を獲得。レーサーとしてのプライドとコミットメントを印象付ける走りをみせた。Moto2においても、スリル満点のレースで、#44 Miguel Oliveira(ミゲル・オリベイラ)がKTM Moto2バイクで、表彰台まで3.5秒差で7位でレースを終えた。次の2017年 MotoGP世界選手権は、フィリップアイランド(オーストラリア)で来週開催される。

    記事を読む
  4. Racing

    MotoGP第15戦:ツインリンクもてぎ KTMが海外レースのキックオフとなるもてぎのMotoGP予選でベストリザルト

    『2017 MOTOGP第15戦予選-ツインリンクもてぎ(日本)』。Red Bull KTMファクトリーレーシングは、日本のもてぎサーキットにてKTM RC16のマシンで#38 Bradley Smith(ブラッドリー・スミス)が7位、#44 Pol Espargar(ポル・エスパルガロ)が8位を達成するという素晴らしい1日を過ごした。MotoGPプロジェクトのグランプリレースで二人のライダーがQ1からQ2に進んだという最良の1日であり-KTM MotoGPにとって大変に重要な日となった。昨日までRC16は日本のサーキットで走行した無かったことを踏まえると、結果はより一層感慨深い。KTMはまた輝かしいMoto3のポールポジションを#8 Nicolo Bulega (ニコロ・ブレガ)が、セカンドポジションをRed Bull Ajoの #23 Niccolo Antonelliニッコロ・アントネッリが獲得し、オーストリアのマニュファクチュラーが1位と2位になった。Moto2では #44 Miguel Oliveira (ミゲル・オリベイラ)がフリー走行の間に着実にタイムを上げ、最終的に明日の決勝の5番グリッドを獲得、それはKTM Moto2マシンが昨日の金曜日までツインリンクもてぎを走ったことが無いことを踏まえると、なおのこと素晴らしい。

    記事を読む