RACE-BRED PERFORMANCE

KTM RC 390

2022 KTM RC 390は、そのルートをレーストラックにしっかりと根付かせた高性能スーパースポーツバイクです。優れた技術パッケージ、レース由来のスタイル、ハンドル特性、そしてくせになるハイパワーから、KTM RC 390は疑う余地のない血統を持つ真のレースバイクです。 
  • PHO_BIKE_90_RE_rc390-22-blue-90re_#SALL_#AEPI_#V1.png
    PHO_BIKE_90_LI_rc390-22-blue-90li_#SALL_#AEPI_#V1.png
    PHO_BIKE_PERS_LIVO_rc390-22-blue-livo_#SALL_#AEPI_#V1.png
    PHO_BIKE_PERS_REVO_rc390-22-blue-revo_#SALL_#AEPI_#V1.png
  • PHO_BIKE_90_RE_rc390-22-orange-90re_#SALL_#AEPI_#V1.png
    PHO_BIKE_90_LI_rc390-22-orange-90li_#SALL_#AEPI_#V1.png
    PHO_BIKE_PERS_LIVO_rc390-22-orange-livo_#SALL_#AEPI_#V1.png
    PHO_BIKE_PERS_REVO_rc390-22-orange-revo_#SALL_#AEPI_#V1.png
2022 KTM RC 390は、そのルートをレーストラックにしっかりと根付かせた高性能スーパースポーツバイクです。優れた技術パッケージ、レース由来のスタイル、ハンドル特性、そしてくせになるハイパワーから、KTM RC 390は疑う余地のない血統を持つ真のレースバイクです。 
  1. エンジンとエグゾースト
  2. シャシー
  3. 人間工学
  4. ボディワークとグラフィクス
  5. ソフトウェアと電子機器

01. エンジンとエグゾースト

エンジン

2022 KTM RC 390は実証済みの373 cc 液冷式、単シリンダー4ストロークエンジンを最大限活用します。エンジンマッピング改良、トルク値の向上、よりスムーズでパンチの効いたパワー供給により、この最先端のエンジンは比類ないパフォーマンスを発揮します。

パフォーマンス

大型のエアボックス、トルクの向上、非常に滑らかなスロットルレスポンスにより、KTM RC 390はロケットスタートを切り、ポールポジションを確保します。新しいライドバイワイヤーシステムもまた、より正確なエンジンマッピング、トラクションコントロールを実現し、オプションのクイックシフター+を使うと利便性が追加されます。

シリンダーヘッド

4つのバルブ、ダブルオーバーヘッドカム、超硬カーボンコートロッカーアームにより、KTM RC 390のシリンダーヘッドはさらなるパワーを生成しつつも、その伝説的な信頼性に揺らぎはありません。 

エグゾーストシステム

KTM RC 390のエグゾーストシステムは、MotoGP™ RC16からヒントを得たデザインとなっており、ステンレス鋼ヘッダーにアルミニウム製マフラーを装備し、その見た目だけではなくKTM RC 390は、ギアを上げ、レッドラインへと向かうとき、際立ったハスキー音を響かせます。

アンチホッピングクラッチ

アンチホッピングクラッチは、急激な減速時にリアホイールがロックするのを防止し、エンジンのバックトルクが過大になったときに開くだけでなく、スロットルを開けたときには、クラッチスプリングの力によって閉じます。これによりリアホイールのがたつきを防止し、最大限の制御性を保証します。一方、ほとんど圧力をかけずにクラッチレバーを駆動できます。 

冷却

エンジン全体でのエアフローが改善されたことにより、KTM RC 390は低温を維持して走行でき、コーナーを攻めるときに必要な最適なパフォーマンス温度を実現します。

エンジン

2022 KTM RC 390は実証済みの373 cc 液冷式、単シリンダー4ストロークエンジンを最大限活用します。エンジンマッピング改良、トルク値の向上、よりスムーズでパンチの効いたパワー供給により、この最先端のエンジンは比類ないパフォーマンスを発揮します。

パフォーマンス

大型のエアボックス、トルクの向上、非常に滑らかなスロットルレスポンスにより、KTM RC 390はロケットスタートを切り、ポールポジションを確保します。新しいライドバイワイヤーシステムもまた、より正確なエンジンマッピング、トラクションコントロールを実現し、オプションのクイックシフター+を使うと利便性が追加されます。

シリンダーヘッド

4つのバルブ、ダブルオーバーヘッドカム、超硬カーボンコートロッカーアームにより、KTM RC 390のシリンダーヘッドはさらなるパワーを生成しつつも、その伝説的な信頼性に揺らぎはありません。 

エグゾーストシステム

KTM RC 390のエグゾーストシステムは、MotoGP™ RC16からヒントを得たデザインとなっており、ステンレス鋼ヘッダーにアルミニウム製マフラーを装備し、その見た目だけではなくKTM RC 390は、ギアを上げ、レッドラインへと向かうとき、際立ったハスキー音を響かせます。

アンチホッピングクラッチ

アンチホッピングクラッチは、急激な減速時にリアホイールがロックするのを防止し、エンジンのバックトルクが過大になったときに開くだけでなく、スロットルを開けたときには、クラッチスプリングの力によって閉じます。これによりリアホイールのがたつきを防止し、最大限の制御性を保証します。一方、ほとんど圧力をかけずにクラッチレバーを駆動できます。 

冷却

エンジン全体でのエアフローが改善されたことにより、KTM RC 390は低温を維持して走行でき、コーナーを攻めるときに必要な最適なパフォーマンス温度を実現します。

02. シャシー

フレーム

新たな超軽量フレームワークにより、前モデルよりも1.5 kg軽量化し、格子状フレームとボルトオンサブフレームを活用することで、2022 KTM RC 390の高速での安定性とライダーの感覚が向上します。その結果?ラップタイムの向上。 

サスペンション

2022 KTM RC 390は、一新されたサスペンションのセットアップを活用し、400 cc以下のスーパースポーツセグメントで真のレースバイクの信頼性と比類ないサスペンションの仕様を可能にします。

フロントフォーク

43 mm WP APEXオープンカートリッジ、調整可能な倒立フォークフロントフォーク(コンプレッション設定30クリック、リバウンド設定30クリック)を装備したKTM RC 390は、大型バイクの優れたスポーツバイク技術を共有するだけではなく、それらと同じように機能します。新たなフロントフォークボトムエンドおよびホローアクスルも前方の重量削減に貢献しています。 

リアショックアブソーバー

新たなリバウンドおよびプリロード調整可能スプリットピストンWP APEXショックアブソーバーがリアをしっかり支えるため、KTM RC 390は完璧なトラックバイクにするのは容易です。 

ブレーキ

圧倒的なパワーを誇るKTM RC 390には、放射状に装着された4ピストン固定キャリパーBYBRE(フロントの320 mmブレーキディスク)と1ピストン固定キャリパー(リアホイールの230 mmディスクブレーキセットアップ)が装備されています。これらは最適な減速を実現するだけではなく、重量を960 g削減し、最先端のABS技術により有効に活用されます。さらに調整可能なフロントブレーキレバーも装備されています。 

ホイール

一新されたバイオニクスホイールの設計では、スポークとオープンハブの数が減り、ハンドル特性を大幅に向上させただけではなく、回転ばね下重量を3.4 kgも削減しました。これにより、トラックでの折り返しをスピードアップすると同時にストリートでの耐久性も向上し、KTM RC 390は完全なコーナリングマスターバイクとなっています。

フレーム

新たな超軽量フレームワークにより、前モデルよりも1.5 kg軽量化し、格子状フレームとボルトオンサブフレームを活用することで、2022 KTM RC 390の高速での安定性とライダーの感覚が向上します。その結果?ラップタイムの向上。 

サスペンション

2022 KTM RC 390は、一新されたサスペンションのセットアップを活用し、400 cc以下のスーパースポーツセグメントで真のレースバイクの信頼性と比類ないサスペンションの仕様を可能にします。

フロントフォーク

43 mm WP APEXオープンカートリッジ、調整可能な倒立フォークフロントフォーク(コンプレッション設定30クリック、リバウンド設定30クリック)を装備したKTM RC 390は、大型バイクの優れたスポーツバイク技術を共有するだけではなく、それらと同じように機能します。新たなフロントフォークボトムエンドおよびホローアクスルも前方の重量削減に貢献しています。 

リアショックアブソーバー

新たなリバウンドおよびプリロード調整可能スプリットピストンWP APEXショックアブソーバーがリアをしっかり支えるため、KTM RC 390は完璧なトラックバイクにするのは容易です。 

ブレーキ

圧倒的なパワーを誇るKTM RC 390には、放射状に装着された4ピストン固定キャリパーBYBRE(フロントの320 mmブレーキディスク)と1ピストン固定キャリパー(リアホイールの230 mmディスクブレーキセットアップ)が装備されています。これらは最適な減速を実現するだけではなく、重量を960 g削減し、最先端のABS技術により有効に活用されます。さらに調整可能なフロントブレーキレバーも装備されています。 

ホイール

一新されたバイオニクスホイールの設計では、スポークとオープンハブの数が減り、ハンドル特性を大幅に向上させただけではなく、回転ばね下重量を3.4 kgも削減しました。これにより、トラックでの折り返しをスピードアップすると同時にストリートでの耐久性も向上し、KTM RC 390は完全なコーナリングマスターバイクとなっています。

03. 人間工学

ハンドルバー

これらのクリップオンハンドルバーは、トラックでのラップタイムの向上とライダーに完璧なセットアップを提供することを念頭に設計され、10 mmの高さ調整が可能なため、レースが終了すると、日々のライドに適したよりリラックスした高さに上げることができます。

シート

一新されたKTM RC 390のシートはプロファイルが改良され、ライダーはシームレスで制限のない動きが可能となります。また厚みが増した人間工学的形状のフォームから、より快適なライドを実現しています。滑りにくく、耐久性の高い外部素材を追加したことで、あらゆる天候条件でグリップを改善しています。 

ライダーコンタクト

KTM RC 390はライダーを中心に考えたレイアウトとなっており、ライダーはバイクと最大限接触できるものの、その動きが制限されないように設計されています。膝の領域は、接触部分を最大限にしつつも、できるだけ細くなるように人間工学を考慮して設計されているため、エッジで最適な制御性を発揮します。 

フットペグ

新たな軽量フットペグは、クランクを回転させ、コーナーを深く攻めるときに、しっかりと密着できるように最適な形状となっています。

フットレバー

折り畳み式のフットレバーは、転倒時の破損を防止する設計となっており、また大きな傾斜角出ペグが擦れても、バイクをライン上に維持し、わずらわしさを排除します。 

ハンドルバー

これらのクリップオンハンドルバーは、トラックでのラップタイムの向上とライダーに完璧なセットアップを提供することを念頭に設計され、10 mmの高さ調整が可能なため、レースが終了すると、日々のライドに適したよりリラックスした高さに上げることができます。

シート

一新されたKTM RC 390のシートはプロファイルが改良され、ライダーはシームレスで制限のない動きが可能となります。また厚みが増した人間工学的形状のフォームから、より快適なライドを実現しています。滑りにくく、耐久性の高い外部素材を追加したことで、あらゆる天候条件でグリップを改善しています。 <br />

ライダーコンタクト

KTM RC 390はライダーを中心に考えたレイアウトとなっており、ライダーはバイクと最大限接触できるものの、その動きが制限されないように設計されています。膝の領域は、接触部分を最大限にしつつも、できるだけ細くなるように人間工学を考慮して設計されているため、エッジで最適な制御性を発揮します。 

フットペグ

新たな軽量フットペグは、クランクを回転させ、コーナーを深く攻めるときに、しっかりと密着できるように最適な形状となっています。

フットレバー

折り畳み式のフットレバーは、転倒時の破損を防止する設計となっており、また大きな傾斜角出ペグが擦れても、バイクをライン上に維持し、わずらわしさを排除します。 

04. ボディワークとグラフィクス

MotoGP™からのインスピレーション

2輪車のレースの頂点からリードを奪うKTM RC 390は、そのスタイル、人間工学的形状とFactoryレーシングからインスピレーションを得た色使いなど、KTM RC16レーサーのデザインを引き継いでいます。 

ボディワーク

設計が一新されたレース仕様のボディワークは、CFD(数値流体力学)シミュレーションで作成された最適な空気力学により、トップクラスの防風機能とさらに高速のトップスピードを実現しています。 

スクリーン&LEDヘッドライト

KTM RC 390は、間違いなくKTM Supersportsの「顔」であり、空気力学に基づいたスクリーンが究極の防風機能を提供します。これは、LED日中走行用ランプ(DRL)と一体化したインジケーターと共に一新されたLEDヘッドライトにほぼ組み込まれており、最適な視認性を実現しています。 

燃料タンク

新たな大型の13.7L燃料タンクは、KTM Moto3レースバイクからインスピレーションを得て設計され、クラス最高の燃料タンク容量を提供します。さらにKTM RC 390は低燃費なため、より遠くまで速く、そして長時間走行できます。

ミラー

新たな折り畳み式のミラーは幅が広くなり、視界が広く効率的となっている一方、よりシャープなデザインのため、空気力学が向上しています。また、タイトなエリアの走行時や駐車時には折り畳んで細い形状にできるため、実用的でもあります。

MotoGP™からのインスピレーション

2輪車のレースの頂点からリードを奪うKTM RC 390は、そのスタイル、人間工学的形状とFactoryレーシングからインスピレーションを得た色使いなど、KTM RC16レーサーのデザインを引き継いでいます。 

ボディワーク

設計が一新されたレース仕様のボディワークは、CFD(数値流体力学)シミュレーションで作成された最適な空気力学により、トップクラスの防風機能とさらに高速のトップスピードを実現しています。 

スクリーン&LEDヘッドライト

KTM RC 390は、間違いなくKTM Supersportsの「顔」であり、空気力学に基づいたスクリーンが究極の防風機能を提供します。これは、LED日中走行用ランプ(DRL)と一体化したインジケーターと共に一新されたLEDヘッドライトにほぼ組み込まれており、最適な視認性を実現しています。 

燃料タンク

新たな大型の13.7L燃料タンクは、KTM Moto3レースバイクからインスピレーションを得て設計され、クラス最高の燃料タンク容量を提供します。さらにKTM RC 390は低燃費なため、より遠くまで速く、そして長時間走行できます。

ミラー

新たな折り畳み式のミラーは幅が広くなり、視界が広く効率的となっている一方、よりシャープなデザインのため、空気力学が向上しています。また、タイトなエリアの走行時や駐車時には折り畳んで細い形状にできるため、実用的でもあります。

05. ソフトウェアと電子機器

TFTディスプレイ&スイッチギア

一新されたTFT多機能コックピットでは、重要な情報を一目ですべて把握でき、直感的なスイッチギアで確認したい内容をカスタマイズできます。環境光適応センサーにより、表示板は変化する光条件に応じて自動的に調整するため、昼も夜も完璧な視認性を維持できます。

MTC

モーターサイクルトラクションコントロールは、リアホイールの回転速度が運転状況と不釣り合いになった場合、1000分の1秒単位で反応するため、あらゆる角度で自信を持てます。MTCは、極めてスムーズに、ほとんど認識できないレベルでスロットルバルブに介入してエンジン出力を抑制し、最適な割合になるまでスリップ量を低減します。つまり、トラックでも、ロードでも、あらゆる状況下でKTM RC 390のフルパワーをお楽しみいただくことができます。

コーナリングABS

KTM RC 390にはコーナリングABSが装備され、あらゆる状況下で最大のブレーキ性能を発揮します。これにより、ライダーはモーターサイクルの傾斜角を考慮しつつ、コーナーを攻めるときにBYBRE製ブレーキのフルパワーを活用し、ホイールがミッドコーナーでロックアップする可能性を低減します。

Supermoto ABSモード

Supermoto ABSを使用すると、KTM RC 390の自由な走行が可能になります。このモードを使うと、ライダーは強いブレーキをかけるときにより自由度が得られますが、安全性に妥協はありません。リアホイールのABS機能を無効にすることで、ライダーはリアをコーナーへとスライドさせることができます。同時にリアホイールのリフトアップ検出も無効になり、リアホイールの持ち上げが可能になりますが、過剰なフロントホイールのスリップが検出される(この時点でABSが介入)までフロントのブレーキ圧が維持されます。つまり、ライダーはコーナリングまたはテールブレーキング中により強いブレーキ圧をかけることができます。

クイックシフター+(オプション)

KTMのクイックシフター+を搭載したKTM RC 390では、クラッチレバーを使わずにギアの上下が可能なため、プロのようにシフト切り替えが行えます。つまり、シフト時間が早く、リアホイールトラクションが改善され、加速が滑らかになり、際立ったレーストラック音を奏でます。これは、シフトレバーを上下するときのイグニッションを削減し、トランスミッションをアンロードすることで、スロットルを閉じずにギアを一段階上げるようにしています。

KTM MY RIDE

KTM RC 390は、全く新しいTFTディスプレイのおかげで、KTM MY RIDEに接続することができます。KTM MY RIDEアプリでスマートフォンを接続することで、ライダーはグリップから手を離すことなく、音楽ライブラリや着信にアクセスすることができます。 

LEDライト

一新されたLEDヘッドライトは、KTM RC 390の前方を照らします。非常に広角のビームと日中走行用ライトにより、最適な視認性が保証され、その際立った見た目はKTMモデルラインナップにぴったりです。さらにシャープなLEDテールライトも装備されています。

TFTディスプレイ&スイッチギア

一新されたTFT多機能コックピットでは、重要な情報を一目ですべて把握でき、直感的なスイッチギアで確認したい内容をカスタマイズできます。環境光適応センサーにより、表示板は変化する光条件に応じて自動的に調整するため、昼も夜も完璧な視認性を維持できます。

MTC

モーターサイクルトラクションコントロールは、リアホイールの回転速度が運転状況と不釣り合いになった場合、1000分の1秒単位で反応するため、あらゆる角度で自信を持てます。MTCは、極めてスムーズに、ほとんど認識できないレベルでスロットルバルブに介入してエンジン出力を抑制し、最適な割合になるまでスリップ量を低減します。つまり、トラックでも、ロードでも、あらゆる状況下でKTM RC 390のフルパワーをお楽しみいただくことができます。

コーナリングABS

KTM RC 390にはコーナリングABSが装備され、あらゆる状況下で最大のブレーキ性能を発揮します。これにより、ライダーはモーターサイクルの傾斜角を考慮しつつ、コーナーを攻めるときにBYBRE製ブレーキのフルパワーを活用し、ホイールがミッドコーナーでロックアップする可能性を低減します。

Supermoto ABSモード

Supermoto ABSを使用すると、KTM RC 390の自由な走行が可能になります。このモードを使うと、ライダーは強いブレーキをかけるときにより自由度が得られますが、安全性に妥協はありません。リアホイールのABS機能を無効にすることで、ライダーはリアをコーナーへとスライドさせることができます。同時にリアホイールのリフトアップ検出も無効になり、リアホイールの持ち上げが可能になりますが、過剰なフロントホイールのスリップが検出される(この時点でABSが介入)までフロントのブレーキ圧が維持されます。つまり、ライダーはコーナリングまたはテールブレーキング中により強いブレーキ圧をかけることができます。

クイックシフター+(オプション)

KTMのクイックシフター+を搭載したKTM RC 390では、クラッチレバーを使わずにギアの上下が可能なため、プロのようにシフト切り替えが行えます。つまり、シフト時間が早く、リアホイールトラクションが改善され、加速が滑らかになり、際立ったレーストラック音を奏でます。これは、シフトレバーを上下するときのイグニッションを削減し、トランスミッションをアンロードすることで、スロットルを閉じずにギアを一段階上げるようにしています。

KTM MY RIDE

KTM RC 390は、全く新しいTFTディスプレイのおかげで、KTM MY RIDEに接続することができます。KTM MY RIDEアプリでスマートフォンを接続することで、ライダーはグリップから手を離すことなく、音楽ライブラリや着信にアクセスすることができます。 

LEDライト

一新されたLEDヘッドライトは、KTM RC 390の前方を照らします。非常に広角のビームと日中走行用ライトにより、最適な視認性が保証され、その際立った見た目はKTMモデルラインナップにぴったりです。さらにシャープなLEDテールライトも装備されています。

技術仕様

エンジン

  • トルク 37 Nm
  • トランスミッション 6速
  • 冷却 水冷
  • Kw出力 32 kW
  • スターター セルスターター
  • ストローク 60 mm
  • ボア 89 mm
  • クラッチ PASC™ アンチホッピングクラッチ、機械操作式
  • CO2 emissions 81 g/km
  • 排気量 373 cm³
  • EMS Bosch製 EMS ライドバイワイヤー
  • デザイン 単気筒、4ストロークエンジン
  • 消費燃料 3.46 l/100 km
  • 潤滑 ウェットサンプ

シャシー

  • 重量 (燃料なし) 155 kg
  • 燃料タンク容量 (約) 13.7 l
  • ABS Bosch 9.1MP Two Channel ABS (Supermoto ABS)
  • フロントブレーキディスク径 320 mm
  • リアブレーキディスク径 230 mm
  • フロントブレーキ 4ピストンラジアルマウント固定式キャリパー
  • リアブレーキ 1ピストンフローティングキャリパー
  • チェーン 520 X-Ring
  • フレームデザイン スチール製トレリスフレーム。パウダーコート塗装
  • フロントサスペンション WP APEX 43
  • 最低地上高 158 mm
  • リアサスペンション WP APEX - Monoshock
  • シート高 824 mm
  • キャスター角 66.5 °
  • サスペンションストローク (フロント) 120 mm
  • サスペンションストローク (リア) 150 mm