MAKE LIFE A DARING ADVENTURE

2024 KTM 390 ADVENTURE SW

2024 KTM 390 ADVENTURE SW

  • 色を選択
AからBまで行くといった時代はもう終わりです。2024 KTM 390 ADVENTUREでは、日々の通勤に必要なことに、新たな概念を生み出しています。あらゆる路上での汎用性と実証済みの信頼性と実世界でのパフォーマンス、言うまでもなくアドベンチャーに対応のスポークホイール、実績ある373 ccエンジン、そしてトップクラスのシャシーを融合させたKTM 390 ADVENTUREは、新たなアドベンチャーを模索するだけのバイクではありません。このバイクに走れない道はないのです。
  • PHO_BIKE_90_HI_390-ADVENTURE-SPOKED-WHEELS-EU-MY23-Rear-On-EU--Global_#SALL_#AEPI_#V1.png
    PHO_BIKE_PERS_LIHI_390-ADVENTURE-SPOKED-WHEELS-EU-MY23-Rear-Left-EU--Global_#SALL_#AEPI_#V1.png
    PHO_BIKE_90_LI_390-ADVENTURE-SPOKED-WHEELS-EU-MY23-90-Left-EU--Global_#SALL_#AEPI_#V1.png
    PHO_BIKE_90_LIVO_390-ADVENTURE-SPOKED-WHEELS-EU-MY23-Front-Left-EU--Global_#SALL_#AEPI_#V1.png
    PHO_BIKE_90_REVO_390-ADVENTURE-SPOKED-WHEELS-EU-MY23-Front-Right-EU--Global_#SALL_#AEPI_#V1.png
    PHO_BIKE_90_VO_390-ADVENTURE-SPOKED-WHEELS-EU-MY23-Top-EU--Global_#SALL_#AEPI_#V1.png
AからBまで行くといった時代はもう終わりです。2024 KTM 390 ADVENTUREでは、日々の通勤に必要なことに、新たな概念を生み出しています。あらゆる路上での汎用性と実証済みの信頼性と実世界でのパフォーマンス、言うまでもなくアドベンチャーに対応のスポークホイール、実績ある373 ccエンジン、そしてトップクラスのシャシーを融合させたKTM 390 ADVENTUREは、新たなアドベンチャーを模索するだけのバイクではありません。このバイクに走れない道はないのです。
  1. 路上での自信
  2. ハードトラックの攻めろ
  3. 卓越したコントロール
  4. 総合的な快適性
路上での自信

01. 路上での自信

エンジン

KTM 390 ADVENTUREは小型バイクに思えるかもしれませんが、スロットルを回すと、44馬力のパワーが覚醒し、地平線に向けてパワフルに走行します。さらに堅牢な6速シーケンシャルトランスミッション、QUICKSHIFTER+、そして慎重に調整されたギアレシオによって、KTM 390 ADVENTUREは、あらゆる地形で滑らかで制限のないパワーをすぐに提供することができます。また、まったくのアドベンチャー初心者でも使用できるように、KTM 390 ADVENTUREは、すべてのA2ライダーライセンスの要件にも対応しています。

燃料タンク

燃料が不足してはアドベンチャーには出れません。KTM 390 ADVENTUREの燃料タンク容量は14.5Lで、卓越した燃費を誇ります。つまり、遠く離れた地への400 kmの旅でも問題なく対応できます。さらに、燃料タンクはデザインおよびエンジニアリングの中心的なエレメントとなっており、その優れた人間工学的形状は、あらゆる体形のライダーに対応し、オフロードでのハンドル操作も妥協しません。

コーナリングABS

タルマックだけではなく、KTM 390 ADVENTUREは、低位置の重心、俊敏なハンドル操作、そして19インチのフロントホイールにより、山道の曲がりくねった道でも楽に走行することができます。また、高度なコーナリングABSにより、確実な自信をもってブレーキをかけることが可能です。そのため、ライダーは、バイクの現在の動的状態を継続的に監視して評価することで、ミッドコーナーでフルブレーキをかけることができるため、ブレーキ動作中の安全性と安定性が高まります。

ウィンドシールド

高速道路の走行は避けることができません。幸い、KTM 390 ADVENTUREには頑丈で効率的なウィンドシールドが装備されています。スリムな形状のため、ライダーの移動を邪魔することはありません。また、泥まみれになったときでさえ、バイク前面の視界を遮ることはありません。さらに優れた点として、KTM PowerPartsのカタログから様々なウィンドシールドが提供されているため、乗車に合わせてウィンドシールドを低位置または高位置に装着できます。

路上での自信

エンジン

KTM 390 ADVENTUREは小型バイクに思えるかもしれませんが、スロットルを回すと、44馬力のパワーが覚醒し、地平線に向けてパワフルに走行します。さらに堅牢な6速シーケンシャルトランスミッション、QUICKSHIFTER+、そして慎重に調整されたギアレシオによって、KTM 390 ADVENTUREは、あらゆる地形で滑らかで制限のないパワーをすぐに提供することができます。また、まったくのアドベンチャー初心者でも使用できるように、KTM 390 ADVENTUREは、すべてのA2ライダーライセンスの要件にも対応しています。
路上での自信

燃料タンク

燃料が不足してはアドベンチャーには出れません。KTM 390 ADVENTUREの燃料タンク容量は14.5Lで、卓越した燃費を誇ります。つまり、遠く離れた地への400 kmの旅でも問題なく対応できます。さらに、燃料タンクはデザインおよびエンジニアリングの中心的なエレメントとなっており、その優れた人間工学的形状は、あらゆる体形のライダーに対応し、オフロードでのハンドル操作も妥協しません。
路上での自信

コーナリングABS

タルマックだけではなく、KTM 390 ADVENTUREは、低位置の重心、俊敏なハンドル操作、そして19インチのフロントホイールにより、山道の曲がりくねった道でも楽に走行することができます。また、高度なコーナリングABSにより、確実な自信をもってブレーキをかけることが可能です。そのため、ライダーは、バイクの現在の動的状態を継続的に監視して評価することで、ミッドコーナーでフルブレーキをかけることができるため、ブレーキ動作中の安全性と安定性が高まります。
路上での自信

ウィンドシールド

高速道路の走行は避けることができません。幸い、KTM 390 ADVENTUREには頑丈で効率的なウィンドシールドが装備されています。スリムな形状のため、ライダーの移動を邪魔することはありません。また、泥まみれになったときでさえ、バイク前面の視界を遮ることはありません。さらに優れた点として、KTM PowerPartsのカタログから様々なウィンドシールドが提供されているため、乗車に合わせてウィンドシールドを低位置または高位置に装着できます。
ハードトラックの攻めろ

02. ハードトラックの攻めろ

ホイール

KTM 390 ADVENTUREは、ヘビーデューティ向けのスポークホイールを各エンドに装備しており、最も過酷なダートトレイルにも十分に対応できるようになっています。リムが割れたり、欠けたりする心配はもう不要です。これらのチューブタイプのスポークセットアップはオフロード用のタイヤを完璧に補完するため、荒野に向けて走り出すとき、比類ない自信を与えてくれます。

Offroad Mode

KTM 390 ADVENTUREのライダーは、舗装路が終わり、ダート路が始まったとき、OFFROAD MODEに切り替えるだけでいいのです。後輪のスリップをある程度許容するため、泥の水たまりや砂地も容易に走破することができます。さらに、OFFROAD MODEでは、OFFROAD ABSも有効になるため、クリス・バーチのようにリアホイールをロックアップして、コーナーに滑り込むことも可能になります。OFFROAD MODEでは、エンジンの失速時やバイクのスイッチが切れたときでも、その設定が維持されるため、エンジンをかけるとすぐにまた走り出すことができます。

改良サスペンション

最も過酷な地形に対応するため、長い年月をかけて開発されたKTM 390 ADVENTUREには、各ホイールにWP APEXサスペンションが装着されていなす。そのため、あらゆるアドベンチャーに対応できる最高レベルのハンドリングパッケージとなっています。それだけではなく、最先端のWP APEXショックアブゾーバーは、厳しい条件で長距離を走行するのにカスタマイズされた最適なパフォーマンスを提供します。調整可能なスプリングのプリロードとリバウンドのダンピングにより、ライダー、条件、アドベンチャーの性質に合わせて微調整が可能です。

ハードトラックの攻めろ

ホイール

KTM 390 ADVENTUREは、ヘビーデューティ向けのスポークホイールを各エンドに装備しており、最も過酷なダートトレイルにも十分に対応できるようになっています。リムが割れたり、欠けたりする心配はもう不要です。これらのチューブタイプのスポークセットアップはオフロード用のタイヤを完璧に補完するため、荒野に向けて走り出すとき、比類ない自信を与えてくれます。
ハードトラックの攻めろ

Offroad Mode

KTM 390 ADVENTUREのライダーは、舗装路が終わり、ダート路が始まったとき、OFFROAD MODEに切り替えるだけでいいのです。後輪のスリップをある程度許容するため、泥の水たまりや砂地も容易に走破することができます。さらに、OFFROAD MODEでは、OFFROAD ABSも有効になるため、クリス・バーチのようにリアホイールをロックアップして、コーナーに滑り込むことも可能になります。OFFROAD MODEでは、エンジンの失速時やバイクのスイッチが切れたときでも、その設定が維持されるため、エンジンをかけるとすぐにまた走り出すことができます。
ハードトラックの攻めろ

改良サスペンション

最も過酷な地形に対応するため、長い年月をかけて開発されたKTM 390 ADVENTUREには、各ホイールにWP APEXサスペンションが装着されていなす。そのため、あらゆるアドベンチャーに対応できる最高レベルのハンドリングパッケージとなっています。それだけではなく、最先端のWP APEXショックアブゾーバーは、厳しい条件で長距離を走行するのにカスタマイズされた最適なパフォーマンスを提供します。調整可能なスプリングのプリロードとリバウンドのダンピングにより、ライダー、条件、アドベンチャーの性質に合わせて微調整が可能です。
卓越したコントロール

03. 卓越したコントロール

ボディワーク

KTM 390 ADVENTUREは、優れたエルゴノミクスとKTMの長年にわたるラリーレースの伝統からインスピレーションを得たアグレッシブな外観を持つ、KTMスタイルの独特のボディワークとグラフィックスが特徴です。これは、ヘッドライトマスクから低位置のフロントフェンダーまで、すべてに見られます。タンクスポイラーとリアサイドパネルはシートよりわずかに広いため、ペグに立ったときに最適なコントロールが可能となります。また、燃料タンクは、技術的に難しい地形を攻めるとき、自由な動きを保証するように最適化されています。堅牢なエンジンガードもまた、タルマックを抜けてダートに入るとき、エンジンとエグゾーストシステムを保護します。

TFTディスプレイ

最先端のフルカラーTFTディスプレイがKTM 390 ADVENTUREの多機能表示板を彩ります。このトップクラスのディスプレイのインターフェースは、周囲光に合わせて自動調整されます。パワーを最大限に活用するため、シフト時には回転数カウンターが点滅します。5インチディスプレイは読みやすく、主要な情報をすぐに確認できるように配置されています。ライダーはハンドルバーの多機能メニュースイッチを使用して、画面上で必要な情報を簡単に選択することもできます。

LEDヘッドライト

アドベンチャーは長距離に及ぶこともあります。それでも、KTM 390 ADVENTUREにある超高輝度のトップレベルのLEDライトにより、問題なく自宅に戻ることができます。このLEDは、より大型のKTM ADVENTUREバイクからヒントを得た設計となっているため、優れた光量と視認性を提供するだけではなく、コンパクトなため、バイク全体のボリュームを削減しています。

MTC(モーターサイクルトラクションコントロール)

KTM 390 ADVENTUREに搭載されたMTC(モーターサイクルトラクションコントロールシステム)は、トラクションが必要なときに提供してくれます。これは、後輪の回転速度がライディング状況に不釣り合いになった時に瞬時に反応する、リーンアングル感応型システムです。簡潔に言うと、MTCはミリ秒単位で反応して滑らかにエンジン出力を低下し、スピンを止めるための滑りを減らし、安全な前進を維持します。

KTMconnect

アドベンチャーに出かけても、常につながっていたいと思うでしょう。KTMconnectシステムにより、KTM 390 ADVENTUREをスマートフォンに接続することで、TFTディスプレイを使って、電話をかけたり、音楽を聞いたり、あるいはオプションのターンバイターンナビゲーション機能を使用することもできます。

卓越したコントロール

ボディワーク

KTM 390 ADVENTUREは、優れたエルゴノミクスとKTMの長年にわたるラリーレースの伝統からインスピレーションを得たアグレッシブな外観を持つ、KTMスタイルの独特のボディワークとグラフィックスが特徴です。これは、ヘッドライトマスクから低位置のフロントフェンダーまで、すべてに見られます。タンクスポイラーとリアサイドパネルはシートよりわずかに広いため、ペグに立ったときに最適なコントロールが可能となります。また、燃料タンクは、技術的に難しい地形を攻めるとき、自由な動きを保証するように最適化されています。堅牢なエンジンガードもまた、タルマックを抜けてダートに入るとき、エンジンとエグゾーストシステムを保護します。
卓越したコントロール

TFTディスプレイ

最先端のフルカラーTFTディスプレイがKTM 390 ADVENTUREの多機能表示板を彩ります。このトップクラスのディスプレイのインターフェースは、周囲光に合わせて自動調整されます。パワーを最大限に活用するため、シフト時には回転数カウンターが点滅します。5インチディスプレイは読みやすく、主要な情報をすぐに確認できるように配置されています。ライダーはハンドルバーの多機能メニュースイッチを使用して、画面上で必要な情報を簡単に選択することもできます。
卓越したコントロール

LEDヘッドライト

アドベンチャーは長距離に及ぶこともあります。それでも、KTM 390 ADVENTUREにある超高輝度のトップレベルのLEDライトにより、問題なく自宅に戻ることができます。このLEDは、より大型のKTM ADVENTUREバイクからヒントを得た設計となっているため、優れた光量と視認性を提供するだけではなく、コンパクトなため、バイク全体のボリュームを削減しています。
卓越したコントロール

MTC(モーターサイクルトラクションコントロール)

KTM 390 ADVENTUREに搭載されたMTC(モーターサイクルトラクションコントロールシステム)は、トラクションが必要なときに提供してくれます。これは、後輪の回転速度がライディング状況に不釣り合いになった時に瞬時に反応する、リーンアングル感応型システムです。簡潔に言うと、MTCはミリ秒単位で反応して滑らかにエンジン出力を低下し、スピンを止めるための滑りを減らし、安全な前進を維持します。
卓越したコントロール

KTMconnect

アドベンチャーに出かけても、常につながっていたいと思うでしょう。KTMconnectシステムにより、KTM 390 ADVENTUREをスマートフォンに接続することで、TFTディスプレイを使って、電話をかけたり、音楽を聞いたり、あるいはオプションのターンバイターンナビゲーション機能を使用することもできます。
総合的な快適性

04. 総合的な快適性

フレーム

KTM 390 ADVENTUREでは、複数のチャンピオンシップを制したKTM 450 RALLYと同様に、超軽量でありながら非常に安定した格子状フレームが使用されています。これはKTM 390 ADVENTUREのバックボーンであり、その俊敏なハンドル操作を実現する主要なエレメントとなっており、屈曲性と硬度の最適なバランスを可能にしています。さらに1430 mmのホイールベースと63.5度のキャスター角により、大自然の泥だらけのトレールにも対応できるバイクとなっています。

人間工学

はっきりと言いましょう。KTM 390 ADVENTUREは過酷な地形を攻めるためのバイクです。そのラリースタイルのウィンドスクリーンからオフロード向けのフットペグに至るまで、アドベンチャーバイクとして開発されています。1日中快適な乗車、卓越したオフロードでの俊敏性、比類ないライダーの操作性により、KTM 390 ADVENTUREは、ほとんど走行されたことがない路上を走るとき、完璧なコントロールを提供するトップレベルのバイクです。

シート

KTM 390 ADVENTUREは、比類ない快適性とライダーコントロールを提供する2分割式のシートを採用しています。リアよりもフロントが細くなっているため、背の低いライダーでもアクセスが簡単なだけではなく、困難な地形でも優れたコントロールが可能です。このシートは、簡単に取り外すことができるため、エアボックスやその下の小さなコンパートメントへのアクセスが容易です。また、KTM PowerPartsのチームと共に特別に開発された様々なシートから、快適性や乗車スタイルに合わせて個々のお客様のニーズに対応したものを選ぶことができます。

フットペグ

KTMオフロードモデルから直接継承された幅広の丈夫なフットペグは、KTM 390 ADVENTUREの乗車をさらに楽しくすることでしょう。立っていても座っていても1日中快適な乗車を可能にするために開発されたこのフットペグは、ストリート用ブーツにもオフロード用ブーツにも完璧にマッチし、非常に過酷な地形を走行するときには、ゴム製のインサートを簡単に取り外すことができます。

総合的な快適性

フレーム

KTM 390 ADVENTUREでは、複数のチャンピオンシップを制したKTM 450 RALLYと同様に、超軽量でありながら非常に安定した格子状フレームが使用されています。これはKTM 390 ADVENTUREのバックボーンであり、その俊敏なハンドル操作を実現する主要なエレメントとなっており、屈曲性と硬度の最適なバランスを可能にしています。さらに1430 mmのホイールベースと63.5度のキャスター角により、大自然の泥だらけのトレールにも対応できるバイクとなっています。
総合的な快適性

人間工学

はっきりと言いましょう。KTM 390 ADVENTUREは過酷な地形を攻めるためのバイクです。そのラリースタイルのウィンドスクリーンからオフロード向けのフットペグに至るまで、アドベンチャーバイクとして開発されています。1日中快適な乗車、卓越したオフロードでの俊敏性、比類ないライダーの操作性により、KTM 390 ADVENTUREは、ほとんど走行されたことがない路上を走るとき、完璧なコントロールを提供するトップレベルのバイクです。
総合的な快適性

シート

KTM 390 ADVENTUREは、比類ない快適性とライダーコントロールを提供する2分割式のシートを採用しています。リアよりもフロントが細くなっているため、背の低いライダーでもアクセスが簡単なだけではなく、困難な地形でも優れたコントロールが可能です。このシートは、簡単に取り外すことができるため、エアボックスやその下の小さなコンパートメントへのアクセスが容易です。また、KTM PowerPartsのチームと共に特別に開発された様々なシートから、快適性や乗車スタイルに合わせて個々のお客様のニーズに対応したものを選ぶことができます。
総合的な快適性

フットペグ

KTMオフロードモデルから直接継承された幅広の丈夫なフットペグは、KTM 390 ADVENTUREの乗車をさらに楽しくすることでしょう。立っていても座っていても1日中快適な乗車を可能にするために開発されたこのフットペグは、ストリート用ブーツにもオフロード用ブーツにも完璧にマッチし、非常に過酷な地形を走行するときには、ゴム製のインサートを簡単に取り外すことができます。

技術仕様

エンジン

  • トルク 37 Nm
  • トランスミッション 6速
  • 冷却 水冷
  • Kw出力 32 kW
  • スターター セルスターター
  • ストローク 60 mm
  • ボア 89 mm
  • クラッチ PASC™ アンチホッピングクラッチ、機械操作式
  • CO2 emissions 78 g/km
  • 排気量 373.2 cm³
  • EMS Bosch製 EMS ライドバイワイヤー
  • デザイン 単気筒、4ストロークエンジン
  • 消費燃料 3.37 l/100 km
  • 潤滑 ウェットサンプ

シャシー

  • 燃料タンク容量 (約) 14.5 l
  • ABS Bosch 9.1 MP (コーナリングABSとオフロードモードを含む、作動解除可能)
  • フロントブレーキディスク径 320 mm
  • リアブレーキディスク径 230 mm
  • フロントブレーキ 4ピストンラジアルマウント固定式キャリパー
  • リアブレーキ 1ピストンフローティングキャリパー、ブレーキディスク
  • チェーン 520 X-Ring
  • 乾燥重量 161 kg
  • フレームデザイン スチール製トレリスフレーム。パウダーコート塗装
  • フロントサスペンション WP APEX 43
  • 最低地上高 200 mm
  • リアサスペンション WP APEX - Monoshock
  • シート高 855/830 mm
  • キャスター角 63.5 °
  • サスペンションストローク (フロント) 170 mm
  • サスペンションストローク (リア) 177 mm