ADVENTURE UNCHARTED

KTM 890 Adventure R

基本価格: 1,689,000 JPY*

最高の場所に到達するのは非常に困難な時、KTM 890 ADVENTURE Rはそれを実現する最適なバイクです。容量が向上し、性能が改善された新たなエンジンを装備したこのバイクは、本格的なトラベル向けのオフロードバイクであり、未踏の地を巡る究極のエスケープに準備は万全です。KTMはその幅広いレースの知識と経験により、アドベンチャーに出かける時、その限界まで探検したいライダーにリアルワールドの体験を提供します。
  • PHO_BIKE_90_RE_890-adv-r-21-90re_#SALL_#AEPI_#V2.png
    PHO_BIKE_90_LI_890-adv-r-21-90li_#SALL_#AEPI_#V1.jpg
    PHO_BIKE_PERS_LIHI_890-adv-r-21-hili_#SALL_#AEPI_#V1.jpg
    PHO_BIKE_PERS_REVO_890-adv-r-21-vore_#SALL_#AEPI_#V1.jpg
最高の場所に到達するのは非常に困難な時、KTM 890 ADVENTURE Rはそれを実現する最適なバイクです。容量が向上し、性能が改善された新たなエンジンを装備したこのバイクは、本格的なトラベル向けのオフロードバイクであり、未踏の地を巡る究極のエスケープに準備は万全です。KTMはその幅広いレースの知識と経験により、アドベンチャーに出かける時、その限界まで探検したいライダーにリアルワールドの体験を提供します。
  1. エンジンとエグゾースト
  2. シャシー
  3. 人間工学と快適性
  4. ボディワークとグラフィクス
  5. ソフトウェアと電子機器

01. エンジンとエグゾースト

エンジン

旧モデルからの最も顕著なアップグレードはエンジンです。驚くべきパワーを提供するKTM 890 ADVENTURE製品ラインのエンジンは、多くのアップグレードが行われましたが、最も顕著なのはパワーとトルクの大幅は向上です。電子機器とプリマフラーも改善されたため、厳格な排気規制を確実に満たします。さらに15,000 kmというサービス間隔と低燃費により、長距離への対応が万全です。

シリンダーヘッド

DOHCシリンダーヘッドには、ツインチェーン駆動のカムシャフトと、2つのスパークプラグ(各シリンダーに1つ)が含まれています。カムシャフトは組み立てられており、鍛造タイプのカムシャフトより軽量となっている一方、カム形状は特にトルクの高いエンジンを作成するように開発されています。1 mm大きくなったインテークおよびエグゾーストバルブ、さらに空気流を最大化するために流量最適化されたポートはピークパフォーマンスの提供をサポートします。カムシャフト間に位置するシリンダーヘッドのバランサーシャフトは新しくなり、向上したRPMと回転マスに匹敵する一方、ノッキング燃焼を検知し、より低いオクタン価を可能にするノックセンサーが装着されたため、世界中を旅する最適なバイクとなっています。

ピストン

プレーンコンロッドベアリングで接続された3つのピストンリングの付いた鍛造ボックスピストンはより軽くなり、ダイヤモンド・ライク・カーボン(DLC)ピストンピンを組み合わせることにより、ピストンの軽量化が実現され、往復重量を抑えられました。以前は1つのピストンに1つのジェットでしたが、現在ではそれが2つのジェットになり、ピストン冷却が充実しました。クランクシャフトの回転マスが20%向上したため、一定速度でのエンジン挙動が改善されました。さらに俊敏な乗車感覚を失うことなく安定したコーナリングが可能となっています。

ライドバイワイヤー

KTMのライドバイワイヤーシステムは電子的にライダーのスロットル操作を読み取り、スロットルバルブの位置を特定の走行状況に合わせて最適化します。

トランスミッション

6速のシーケンシャルトランスミッションは、シフトレバーの移動の短縮、スプリング動作の軽量化、Quickshifter+技術の迅速化によりシフト切り替えが速くなり、第4、第5、第6ギアの歯はガラスビーズ製のため信頼性が向上しました。Quickshifter+ はKTM 890 ADVENTURE Rのオプションであり、回転域全体でクラッチレスのアップダウンシフトが可能です。

PASCクラッチ

KTM 890 ADVENTURE R のパワーアシストクラッチ(PASC)には新たな摩擦プレートと冷却力の向上により、パワーとトルクが改善し、二重の役割を果たします。急激な減速時にリアホイールのハネ周りを防止するアンチホッピングクラッチは、ギアチェンジに必要な握力も減少させるため、指1本でクラッチを駆動でき、走行時の労力を減らします。

オイル循環

オイル循環は、コンパクトなセミドライサンプシステムを採用し、摩擦によるロスを最小気にしています。オイルはクランクケース、クラッチ筐体およびトランスミッションからアクティブに送り出されることで、オイルがエンジンに不要に流入しないようにしています。オイルサンプは、2つのポンプ(1つは排油、もう1つは圧力)および圧力制御バルブと共にクランクケースに統合されています。オイルを冷却するために、エンジンにはより大型のオイルクーラーが装備されています。

クランクケース

新たな水平スプリットクランクケースは、エンジンはボア径の拡大を可能としつつも、アルミニウム製の高圧鋳型のままとなっています。これにより、壁厚が減り、重量が削減され、表面が最適化されたため、エンジン設計者はより設計の自由度が高まります。オープンデッキシリンダーはクランクケースに統合されています。

クランクシャフト

回転マスが20%向上したことにより、この鍛造ワンピースクランクシャフトは、一定速度でのエンジン挙動を向上し、遠心力による干渉を低減しています。435度の点火順序から繰り出されるサウンドは、大型のLC8エンジンと似ており、スロットルを全開にすると、KTM 890 ADVENTURE Rは、VツインADVENTURE兄弟モデルのようなフィーリングが得られます。

コンロッド

一新されたコンロッドには台形のV型トップエンドが使用され、振動マスを低下し、より高いエンジン始動特性とより高いモーターパワー出力をサポートしています。トップエンドベアリングにもダイヤモンド・ライク・カーボンのトップエンドの代わりにブロンズ製のコンロッドベアリングが装着され、製品寿命が向上しています。

バランサーシャフト

タフなオフロードステージとタールマカダム区間を繋いで、サドルに座って長い時間走る時、不快なエンジンの振動が2つのバランサーシャフト(1つはクランクシャフトの前面、もう1つは2つのカムシャフトの間のシリンダーヘッド)によって最小限に抑えられます。

シリンダー

ニカジルめっきアルミニウムシリンダーは、スリーブレスエンジンキャスティングの一体部分です。このオープンデッキシリンダー構造により、最適な冷却が実現され、製造のばらつきと信頼性が改善されており、製造時にシリンダーに反りが発生する可能性を抑えます。シリンダーのボア径は88 mmから90.7 mmに拡大されたため、排気量が増加し、ストロークが長くなりました。

エグゾースト

ステンレススチール製はアドベンチャーに最適です。KTM 890 ADVENTURE Rのエグゾーストシステムは、改良されたプリマフラーと効率的な触媒コンバーターにより、最新のEuro5排気規制を満たします。全体的な設計としては、マスの集中化を重視し、エグゾーストシステムの地上高も向上しています。

エアフィルター

KTM 890 ADVENTURE R は、ライドで隔絶された場所を走る時でも、簡単にエアフィルターにアクセスして掃除やメンテナンスを行うことができます。エアボックスはシート下に配置され、インテークはバイクの後部にあります。これはエアフィルターへのアクセスが容易なことに加え、シートとタンクを低位置に配置できたため、バイクを重要な部分であるレッグエリアで細くなるように設計できました。また、これにより電子機器の位置を改善でき、重量を集中化させることが可能になりました。

冷却

極限のオフロード走行で重要なのは、LC8cエンジンが冷却を維持した状態で高度なパワーとパフォーマンスを発揮することです。KTM 890 ADVENTURE Rの設計と高度な冷却技術により、暑い条件下で数時間通して走行することに問題ありません。

エンジン

旧モデルからの最も顕著なアップグレードはエンジンです。驚くべきパワーを提供するKTM 890 ADVENTURE製品ラインのエンジンは、多くのアップグレードが行われましたが、最も顕著なのはパワーとトルクの大幅は向上です。電子機器とプリマフラーも改善されたため、厳格な排気規制を確実に満たします。さらに15,000 kmというサービス間隔と低燃費により、長距離への対応が万全です。

シリンダーヘッド

DOHCシリンダーヘッドには、ツインチェーン駆動のカムシャフトと、2つのスパークプラグ(各シリンダーに1つ)が含まれています。カムシャフトは組み立てられており、鍛造タイプのカムシャフトより軽量となっている一方、カム形状は特にトルクの高いエンジンを作成するように開発されています。1 mm大きくなったインテークおよびエグゾーストバルブ、さらに空気流を最大化するために流量最適化されたポートはピークパフォーマンスの提供をサポートします。カムシャフト間に位置するシリンダーヘッドのバランサーシャフトは新しくなり、向上したRPMと回転マスに匹敵する一方、ノッキング燃焼を検知し、より低いオクタン価を可能にするノックセンサーが装着されたため、世界中を旅する最適なバイクとなっています。

ピストン

プレーンコンロッドベアリングで接続された3つのピストンリングの付いた鍛造ボックスピストンはより軽くなり、ダイヤモンド・ライク・カーボン(DLC)ピストンピンを組み合わせることにより、ピストンの軽量化が実現され、往復重量を抑えられました。以前は1つのピストンに1つのジェットでしたが、現在ではそれが2つのジェットになり、ピストン冷却が充実しました。クランクシャフトの回転マスが20%向上したため、一定速度でのエンジン挙動が改善されました。さらに俊敏な乗車感覚を失うことなく安定したコーナリングが可能となっています。

ライドバイワイヤー

KTMのライドバイワイヤーシステムは電子的にライダーのスロットル操作を読み取り、スロットルバルブの位置を特定の走行状況に合わせて最適化します。

トランスミッション

6速のシーケンシャルトランスミッションは、シフトレバーの移動の短縮、スプリング動作の軽量化、Quickshifter+技術の迅速化によりシフト切り替えが速くなり、第4、第5、第6ギアの歯はガラスビーズ製のため信頼性が向上しました。Quickshifter+ はKTM 890 ADVENTURE Rのオプションであり、回転域全体でクラッチレスのアップダウンシフトが可能です。

PASCクラッチ

KTM 890 ADVENTURE R のパワーアシストクラッチ(PASC)には新たな摩擦プレートと冷却力の向上により、パワーとトルクが改善し、二重の役割を果たします。急激な減速時にリアホイールのハネ周りを防止するアンチホッピングクラッチは、ギアチェンジに必要な握力も減少させるため、指1本でクラッチを駆動でき、走行時の労力を減らします。

オイル循環

オイル循環は、コンパクトなセミドライサンプシステムを採用し、摩擦によるロスを最小気にしています。オイルはクランクケース、クラッチ筐体およびトランスミッションからアクティブに送り出されることで、オイルがエンジンに不要に流入しないようにしています。オイルサンプは、2つのポンプ(1つは排油、もう1つは圧力)および圧力制御バルブと共にクランクケースに統合されています。オイルを冷却するために、エンジンにはより大型のオイルクーラーが装備されています。

クランクケース

新たな水平スプリットクランクケースは、エンジンはボア径の拡大を可能としつつも、アルミニウム製の高圧鋳型のままとなっています。これにより、壁厚が減り、重量が削減され、表面が最適化されたため、エンジン設計者はより設計の自由度が高まります。オープンデッキシリンダーはクランクケースに統合されています。

クランクシャフト

回転マスが20%向上したことにより、この鍛造ワンピースクランクシャフトは、一定速度でのエンジン挙動を向上し、遠心力による干渉を低減しています。435度の点火順序から繰り出されるサウンドは、大型のLC8エンジンと似ており、スロットルを全開にすると、KTM 890 ADVENTURE Rは、VツインADVENTURE兄弟モデルのようなフィーリングが得られます。

コンロッド

一新されたコンロッドには台形のV型トップエンドが使用され、振動マスを低下し、より高いエンジン始動特性とより高いモーターパワー出力をサポートしています。トップエンドベアリングにもダイヤモンド・ライク・カーボンのトップエンドの代わりにブロンズ製のコンロッドベアリングが装着され、製品寿命が向上しています。

バランサーシャフト

タフなオフロードステージとタールマカダム区間を繋いで、サドルに座って長い時間走る時、不快なエンジンの振動が2つのバランサーシャフト(1つはクランクシャフトの前面、もう1つは2つのカムシャフトの間のシリンダーヘッド)によって最小限に抑えられます。

シリンダー

ニカジルめっきアルミニウムシリンダーは、スリーブレスエンジンキャスティングの一体部分です。このオープンデッキシリンダー構造により、最適な冷却が実現され、製造のばらつきと信頼性が改善されており、製造時にシリンダーに反りが発生する可能性を抑えます。シリンダーのボア径は88 mmから90.7 mmに拡大されたため、排気量が増加し、ストロークが長くなりました。

エグゾースト

ステンレススチール製はアドベンチャーに最適です。KTM 890 ADVENTURE Rのエグゾーストシステムは、改良されたプリマフラーと効率的な触媒コンバーターにより、最新のEuro5排気規制を満たします。全体的な設計としては、マスの集中化を重視し、エグゾーストシステムの地上高も向上しています。

エアフィルター

KTM 890 ADVENTURE R は、ライドで隔絶された場所を走る時でも、簡単にエアフィルターにアクセスして掃除やメンテナンスを行うことができます。エアボックスはシート下に配置され、インテークはバイクの後部にあります。これはエアフィルターへのアクセスが容易なことに加え、シートとタンクを低位置に配置できたため、バイクを重要な部分であるレッグエリアで細くなるように設計できました。また、これにより電子機器の位置を改善でき、重量を集中化させることが可能になりました。

冷却

極限のオフロード走行で重要なのは、LC8cエンジンが冷却を維持した状態で高度なパワーとパフォーマンスを発揮することです。KTM 890 ADVENTURE Rの設計と高度な冷却技術により、暑い条件下で数時間通して走行することに問題ありません。

02. シャシー

フレーム

KTM 890 ADVENTURE R の全体的な形状は軽快なハンドル操作と長距離での探索を快適に楽しめるように開発され、比類ないオフロードの実力を発揮します。設計では強度を重視するため、鋼管クロームモリブデン鋼製フレームをエンジンと共に使用することで、補強部品として機能して重量および全体的なサイズを抑えています。すべてのデザインとエンジニアリングの革新がコンパクトで軽量な設計に込められています。

サブフレーム

サブフレームは以前のモデルよりもさらに軽量化され、強固な構成となったため、アドベンチャーへの準備が万端です。このバークは長期間の乗車に適した構造となっています。鋼格子状サブフレームの設計はコンパクトかつ軽量で、さらにアドベンチャーの乗車に予期される過酷な条件下でも満載の荷物とパッセンジャーを搭載できる十分な強度があります。

スイングアーム

特徴的な鋳造オープンラティススイングアームは正確に製造されており、エンジン型式は剛性と安定性に最適化しながらも、優れた柔軟性を提供します。ショックアブソーバの直リンクを使用することで、簡素化され、パーツ数が抑えられています。比較的長めのスイングアームがトラクション、安定性およびサスペンションのセットアップを補助します。

ホイールとタイヤ

KTM 890 ADVENTURE Rの21インチのフロントおよび18インチリアスポークホイールは、ハードコアオフロードの探査に対応するために特別に開発されました。Metzeler KAROO™ 3のアドベンチャータイヤを装着したホイールは、頑丈かつ軽量で新たな(パウダーコートではなく)陽極酸化ハブを採用しています。最も過酷なオフロードでの長年の経験と成功によって、ライダーは自信を持って最も遠く離れた荒野を突き進むことができます。標準のホイールはチューブレス用です(タイヤ空気圧監視システムのオプション付き)。最も過酷な走行では、オプションのKTM PowerPartsホイールが選択できます。これはわずかに狭く、エンデューロレース用ホイールに近いものであり、本格的なライダーはムースタイヤを装着することができます。

リアショック

アドベンチャーモードを使って走行するとき、バイクの操作性に影響する要因は多数存在します。ライダーの体重、余分な荷物、燃料量、乗客がいるかどうか、出発する前にこれらをすべて検討する必要があります。幸いKTM 890 ADVENTURE Rには2021向けに高品質なWP Suspensionが装備されており、設定が更新されています。さらにリアのプリロードは調整可能なため、KTM 890 ADVENTURE Rはほとんどの一般的な乗車シナリオ、条件、状況に合わせてより最適に調整できます。

ステアリングダンパー

安定性を補助するため、ステアリングダンパーが装着されており、これはタールマカダムで推し進める時や、目的地まで荒い路面を走り続ける時に必要となります。しかし本格的なオフロードの乗車でも干渉することはありません。

トリプルクランプ

高強度の鍛造アルミニウム製のトリプルクランプは、安定性に優れている一方、シャシーからのフィードバックを感じるのに程よい屈曲性があります。また、重量を減らし、全体的な強度を上げるため、アルミニウム製のステアリングステムが再設計されました。

フロントフォーク

WP XPLOR 48 mmフォークは移動距離が240 mmで、際立ったレスポンスとダンピング特性があるため、極限のオフロードでの使用に向いています。これらは両サイドにバネで装着してありますが、各フォークレッグには個別の機能を供給します。コンプレッションダンピングは左側、ホワイトリバウンドは右側にあります。そのため、フォークは上部のダイヤルを回すことで、さまざまなオフロード条件に合わせてその場で簡単に調整できます。さらにシールドハイドロストップにより優れたボトミングアウト耐性が保証されます。

ショックアブソーバー

リアエンドの制止には移動距離が240 mmのWP XPLORショックが装備され、極限のオフロード条件にも対応します。サスペンションはプリロード、(高速および低速)コンプレッションおよびリバウンドに合わせて個別に設定できます。WP XPLOR PDSショックアブソーバーはKTMのトレードマークであるプログレッシブダンピングシステムを使用し、リンケージシステムを使わなくてもプログレッシブなダンピングが可能となっています。セカンドピストンはクローズドカップと連携し、ストロークエンドに向かい、高度なショックスプリングが支持してボトミング耐性を実現しています。

ブレーキ

2012年モデル向けに改善されたKTM 890 ADVENTURE R は、直径320 mmのツインブレーキディスク、フロントのラジアルマウント4ピストンキャリパー、リアのダブルピストンフローティングキャリパーにより作動される直径260 mmのブレーキディスクによって強化され、優れたフィードバックとブレーキ力を提供します。リアの新たなステンレス製スチールブレーキホースもまた、長いダウンヒルでブレーキフェードを防止するのに役立ちます。リアブレーキ機能は、熱安定性を向上するため、キャリパーに新しい絶縁ピストンを装備し、ピストンとパッドの間に絶縁板に連動します。さらにリアキャリパーのブレーキホースの装着具は、ステンレススチール製のため、ブレーキホースの熱を低減します。

燃料タンク

また、タンクは非常に耐久性のある材料で作られており、KTM Factory Racingチームがダカールラリーの過酷なレース条件で使用に成功したものと同様のタンクコンセプトで実証されているように、非常に高い衝突耐久性を持っています。その結果、より小さなオフロードバイクのスリムなフィーリングと、オープンロードで400 km以上の優れた燃料範囲という、両方の点で最高のバイクとなっています。

フレーム

KTM 890 ADVENTURE R の全体的な形状は軽快なハンドル操作と長距離での探索を快適に楽しめるように開発され、比類ないオフロードの実力を発揮します。設計では強度を重視するため、鋼管クロームモリブデン鋼製フレームをエンジンと共に使用することで、補強部品として機能して重量および全体的なサイズを抑えています。すべてのデザインとエンジニアリングの革新がコンパクトで軽量な設計に込められています。

サブフレーム

サブフレームは以前のモデルよりもさらに軽量化され、強固な構成となったため、アドベンチャーへの準備が万端です。このバークは長期間の乗車に適した構造となっています。鋼格子状サブフレームの設計はコンパクトかつ軽量で、さらにアドベンチャーの乗車に予期される過酷な条件下でも満載の荷物とパッセンジャーを搭載できる十分な強度があります。

スイングアーム

特徴的な鋳造オープンラティススイングアームは正確に製造されており、エンジン型式は剛性と安定性に最適化しながらも、優れた柔軟性を提供します。ショックアブソーバの直リンクを使用することで、簡素化され、パーツ数が抑えられています。比較的長めのスイングアームがトラクション、安定性およびサスペンションのセットアップを補助します。

ホイールとタイヤ

KTM 890 ADVENTURE Rの21インチのフロントおよび18インチリアスポークホイールは、ハードコアオフロードの探査に対応するために特別に開発されました。Metzeler KAROO™ 3のアドベンチャータイヤを装着したホイールは、頑丈かつ軽量で新たな(パウダーコートではなく)陽極酸化ハブを採用しています。最も過酷なオフロードでの長年の経験と成功によって、ライダーは自信を持って最も遠く離れた荒野を突き進むことができます。標準のホイールはチューブレス用です(タイヤ空気圧監視システムのオプション付き)。最も過酷な走行では、オプションのKTM PowerPartsホイールが選択できます。これはわずかに狭く、エンデューロレース用ホイールに近いものであり、本格的なライダーはムースタイヤを装着することができます。

リアショック

アドベンチャーモードを使って走行するとき、バイクの操作性に影響する要因は多数存在します。ライダーの体重、余分な荷物、燃料量、乗客がいるかどうか、出発する前にこれらをすべて検討する必要があります。幸いKTM 890 ADVENTURE Rには2021向けに高品質なWP Suspensionが装備されており、設定が更新されています。さらにリアのプリロードは調整可能なため、KTM 890 ADVENTURE Rはほとんどの一般的な乗車シナリオ、条件、状況に合わせてより最適に調整できます。

ステアリングダンパー

安定性を補助するため、ステアリングダンパーが装着されており、これはタールマカダムで推し進める時や、目的地まで荒い路面を走り続ける時に必要となります。しかし本格的なオフロードの乗車でも干渉することはありません。

トリプルクランプ

高強度の鍛造アルミニウム製のトリプルクランプは、安定性に優れている一方、シャシーからのフィードバックを感じるのに程よい屈曲性があります。また、重量を減らし、全体的な強度を上げるため、アルミニウム製のステアリングステムが再設計されました。

フロントフォーク

WP XPLOR 48 mmフォークは移動距離が240 mmで、際立ったレスポンスとダンピング特性があるため、極限のオフロードでの使用に向いています。これらは両サイドにバネで装着してありますが、各フォークレッグには個別の機能を供給します。コンプレッションダンピングは左側、ホワイトリバウンドは右側にあります。そのため、フォークは上部のダイヤルを回すことで、さまざまなオフロード条件に合わせてその場で簡単に調整できます。さらにシールドハイドロストップにより優れたボトミングアウト耐性が保証されます。

ショックアブソーバー

リアエンドの制止には移動距離が240 mmのWP XPLORショックが装備され、極限のオフロード条件にも対応します。サスペンションはプリロード、(高速および低速)コンプレッションおよびリバウンドに合わせて個別に設定できます。WP XPLOR PDSショックアブソーバーはKTMのトレードマークであるプログレッシブダンピングシステムを使用し、リンケージシステムを使わなくてもプログレッシブなダンピングが可能となっています。セカンドピストンはクローズドカップと連携し、ストロークエンドに向かい、高度なショックスプリングが支持してボトミング耐性を実現しています。

ブレーキ

2012年モデル向けに改善されたKTM 890 ADVENTURE R は、直径320 mmのツインブレーキディスク、フロントのラジアルマウント4ピストンキャリパー、リアのダブルピストンフローティングキャリパーにより作動される直径260 mmのブレーキディスクによって強化され、優れたフィードバックとブレーキ力を提供します。リアの新たなステンレス製スチールブレーキホースもまた、長いダウンヒルでブレーキフェードを防止するのに役立ちます。リアブレーキ機能は、熱安定性を向上するため、キャリパーに新しい絶縁ピストンを装備し、ピストンとパッドの間に絶縁板に連動します。さらにリアキャリパーのブレーキホースの装着具は、ステンレススチール製のため、ブレーキホースの熱を低減します。

燃料タンク

また、タンクは非常に耐久性のある材料で作られており、KTM Factory Racingチームがダカールラリーの過酷なレース条件で使用に成功したものと同様のタンクコンセプトで実証されているように、非常に高い衝突耐久性を持っています。その結果、より小さなオフロードバイクのスリムなフィーリングと、オープンロードで400 km以上の優れた燃料範囲という、両方の点で最高のバイクとなっています。

03. 人間工学と快適性

ハンドルバー

アルミニウム製テーパーハンドルバーは、ライダーに快適な乗車位置を提供するものの、最大の制御性が得られます。このハンドルバーは6つの異なる位置で装着でき、調整範囲は30 mmのため、完璧なリーチを可能にします。

フットペグ

立ち上がった状態または座った状態で1日中運転する時も、KTM 890 ADVENTURE Rの耐久性に優れたフットペグは卓越した人間工学的形状合わせて開発されているため、あらゆる条件でストリート仕様のブーツもオフロードのブーツも格納できます。フットペグにはゴム製のインサートがあり、快適性が向上し、よりオフロード感覚の乗車を楽しむ時は取り外しが可能です。

シート

ワンピースのオフロードスタイルのシートは、動きの自由とグリップを最大化するように開発されていますが、サドルに何日も座る時に必要な快適性も提供します。KTM 890 ADVENTUREの2ピースシートはKTM 890 ADVENTURE Rにも使用でき、パフォーマンス寄りも快適性を重視する時に選択できます。

ウィンドシールド

KTM 890 ADVENTURE Rはロープロファイルの調整可能なウィンドシールドを装備し、ライダーはバイクをより自由に動かすことが可能になります。この滑らかなウィンドシールドは、スクリーンが泥で覆われても遮られることのない前方視界を提供します。より高いKTM 890 ADVENTUREモデルのウィンドシールドは、KTM 890 ADVENTURE R でオプション装備として使用でき、ライダーにより優れた風防機能を提供します。

ハンドルバー

アルミニウム製テーパーハンドルバーは、ライダーに快適な乗車位置を提供するものの、最大の制御性が得られます。このハンドルバーは6つの異なる位置で装着でき、調整範囲は30 mmのため、完璧なリーチを可能にします。

フットペグ

立ち上がった状態または座った状態で1日中運転する時も、KTM 890 ADVENTURE Rの耐久性に優れたフットペグは卓越した人間工学的形状合わせて開発されているため、あらゆる条件でストリート仕様のブーツもオフロードのブーツも格納できます。フットペグにはゴム製のインサートがあり、快適性が向上し、よりオフロード感覚の乗車を楽しむ時は取り外しが可能です。

シート

ワンピースのオフロードスタイルのシートは、動きの自由とグリップを最大化するように開発されていますが、サドルに何日も座る時に必要な快適性も提供します。KTM 890 ADVENTUREの2ピースシートはKTM 890 ADVENTURE Rにも使用でき、パフォーマンス寄りも快適性を重視する時に選択できます。

ウィンドシールド

KTM 890 ADVENTURE Rはロープロファイルの調整可能なウィンドシールドを装備し、ライダーはバイクをより自由に動かすことが可能になります。この滑らかなウィンドシールドは、スクリーンが泥で覆われても遮られることのない前方視界を提供します。より高いKTM 890 ADVENTUREモデルのウィンドシールドは、KTM 890 ADVENTURE R でオプション装備として使用でき、ライダーにより優れた風防機能を提供します。

04. ボディワークとグラフィクス

TFTディスプレイ

5インチ、フルカラーの最先端TFTディスプレイは、すべての重要な情報が一目でわかるように設計されており、ライダーが可能な限り路上に視線を向けられるようにします。ディスプレイの構成は一部カスタム化でき、環境光に合わせ自動的に調整されます。シフトインジケーターも含まれており、ギアを上げる時が来ると、回転数カウンターが点滅します。

LEDライト

LEDライトは、KTM 890 ADVENTURE R のメインヘッドライトおよびテールライトとして使用されています。LEDライトは優れた照明と視認性を提供します。KTM 450 RALLYバイクからインスピレーションを得たヘッドライトマスクのデザインは、視認性を向上し、オフロードを攻める時に、多機能コックピットの全体的なボリュームを減らします。

TFTディスプレイ

5インチ、フルカラーの最先端TFTディスプレイは、すべての重要な情報が一目でわかるように設計されており、ライダーが可能な限り路上に視線を向けられるようにします。ディスプレイの構成は一部カスタム化でき、環境光に合わせ自動的に調整されます。シフトインジケーターも含まれており、ギアを上げる時が来ると、回転数カウンターが点滅します。

LEDライト

LEDライトは、KTM 890 ADVENTURE R のメインヘッドライトおよびテールライトとして使用されています。LEDライトは優れた照明と視認性を提供します。KTM 450 RALLYバイクからインスピレーションを得たヘッドライトマスクのデザインは、視認性を向上し、オフロードを攻める時に、多機能コックピットの全体的なボリュームを減らします。

05. ソフトウェアと電子機器

ライダーエイド

ライダーの電子的補助機能により、あらゆる条件下でライダーの制御性およびパフォーマンスが向上し、より楽しい乗車が可能となります。最新のABSとモーターサイクルトラクションコントロール(MTC)技術は、さらにさまざまなライドモードと共にライダーの乗車を強化し、さまざまなライダーエイドを広範な乗車条件に合わせて簡単に調整できるようにカスタマイズされています。これらの機能を選択、選択解除、利用することで、技術と装置の能力をより広範な地形で最大限活かすことができます。

MTC(モーターサイクルトラクションコントロール)

KTMのモーターサイクルトラクションコントロール、またはMTCは2021モデルで改良され、リアホイールの滑りと傾斜角ピッチを測定する2つの個別のコントローラーがあらゆる地形や状況に合わせて最適なトラクション量を計算します。その結果、トラクションコントロールがより滑らかになり、スロットル本体で急激な介入が減り、ほとんど気付かない程度になっています。ただしより大胆な乗車を楽しみたい場合は、トラクションコントロールを完全にオフにすることもできます。

コーナリングABS

KTMのコーナリングABSシステムでは、ライダーはブレーキをフルパワーで使用できる一方、システムはモーターサイクルの傾斜角にマッチするブレーキ圧を調整します。そのため、広範な条件およびシナリオでより予測可能なブレーキを実行できます。また、オフロード条件でオフにするとより操作性を向上できます。

オフロードABS

最小限の操作で最大のブレーキ力。ブレーキの要求は予オフロードの地形と予測可能なアスファルトのグリップでは非常に異なります。「オフロードABS」を選択すると、リアホイールでABS機能が無効になり、フロントホイールのABS介入が減少し、傾斜角センサーデータが無視されるため、ダートで速度を維持するのに必要な直感的な乗車スタイルを可能にします。これにより、ライダーはリアホイールをロックでき、コーナーへのステアリングの操作性が向上し、フロントブレーキの圧力を規制できるため、過酷なオフロードの地形でもバランスの取れた安定したブレーキ力を提供します。

オフロードライドモード

「オフロードライドモード」は、洗練されたセンサーにより、ECUを介したパワー供給に対応し、難関な地形でパワーを低減するため、オフロードでの信頼が高まります。ピーク馬力が減少し、スロットル応答がソフトになり、スリップ量が高まるため、ゆるい路面でのよりダイナミックな乗り心地を可能にしています。このようにグリップの低い路面では、前進するのに一定量のホイールスリップが必要です。この機能によって、ライダーはかなりの程度トラクションにブレーキが可能になり、リアホイールステアリングが容易になります。このモードではアンチウイリーを使用しないため、ライダーは、フロントホイールを容易に持ち上げて障害物を回避できます。他の一部モードとは異なり、「オフロードライドモード」は傾斜角に敏感ではありません。つまり隆起、砂丘、わだちを使って、タイトなターンに入る時に、トラクションコントロールは介入しません。

ラリーモード

ラリーモードはKTM 890 ADVENTURE R RALLYにオプションで提供されており、ライダーはバイクの特性をより自由に利用することが可能です。ラリーモードはほぼ瞬時にスロットル応答を解除し、9レベルのホイールスリップコントロールが可能で、これはレインモードの9レベルに相当します。これらの設定を使って、表面の条件、ライダーのスキルレベルおよび乗車の要件に合わせてスリップ調整を正確に適合できるようになりました。スリップレベルを下げることで、遠くまでのライドや長時間のライドで、タイヤを長持ちさせることにも役立ちます。新たなモデルで更新されたラリーモードは、より広範な路面に対して最適化されており、たとえば深い砂の条件でよりホイールをスピンさせることなどが可能です。

ライダーエイド

ライダーの電子的補助機能により、あらゆる条件下でライダーの制御性およびパフォーマンスが向上し、より楽しい乗車が可能となります。最新のABSとモーターサイクルトラクションコントロール(MTC)技術は、さらにさまざまなライドモードと共にライダーの乗車を強化し、さまざまなライダーエイドを広範な乗車条件に合わせて簡単に調整できるようにカスタマイズされています。これらの機能を選択、選択解除、利用することで、技術と装置の能力をより広範な地形で最大限活かすことができます。

MTC(モーターサイクルトラクションコントロール)

KTMのモーターサイクルトラクションコントロール、またはMTCは2021モデルで改良され、リアホイールの滑りと傾斜角ピッチを測定する2つの個別のコントローラーがあらゆる地形や状況に合わせて最適なトラクション量を計算します。その結果、トラクションコントロールがより滑らかになり、スロットル本体で急激な介入が減り、ほとんど気付かない程度になっています。ただしより大胆な乗車を楽しみたい場合は、トラクションコントロールを完全にオフにすることもできます。

コーナリングABS

KTMのコーナリングABSシステムでは、ライダーはブレーキをフルパワーで使用できる一方、システムはモーターサイクルの傾斜角にマッチするブレーキ圧を調整します。そのため、広範な条件およびシナリオでより予測可能なブレーキを実行できます。また、オフロード条件でオフにするとより操作性を向上できます。

オフロードABS

最小限の操作で最大のブレーキ力。ブレーキの要求は予オフロードの地形と予測可能なアスファルトのグリップでは非常に異なります。「オフロードABS」を選択すると、リアホイールでABS機能が無効になり、フロントホイールのABS介入が減少し、傾斜角センサーデータが無視されるため、ダートで速度を維持するのに必要な直感的な乗車スタイルを可能にします。これにより、ライダーはリアホイールをロックでき、コーナーへのステアリングの操作性が向上し、フロントブレーキの圧力を規制できるため、過酷なオフロードの地形でもバランスの取れた安定したブレーキ力を提供します。

オフロードライドモード

「オフロードライドモード」は、洗練されたセンサーにより、ECUを介したパワー供給に対応し、難関な地形でパワーを低減するため、オフロードでの信頼が高まります。ピーク馬力が減少し、スロットル応答がソフトになり、スリップ量が高まるため、ゆるい路面でのよりダイナミックな乗り心地を可能にしています。このようにグリップの低い路面では、前進するのに一定量のホイールスリップが必要です。この機能によって、ライダーはかなりの程度トラクションにブレーキが可能になり、リアホイールステアリングが容易になります。このモードではアンチウイリーを使用しないため、ライダーは、フロントホイールを容易に持ち上げて障害物を回避できます。他の一部モードとは異なり、「オフロードライドモード」は傾斜角に敏感ではありません。つまり隆起、砂丘、わだちを使って、タイトなターンに入る時に、トラクションコントロールは介入しません。

ラリーモード

ラリーモードはKTM 890 ADVENTURE R RALLYにオプションで提供されており、ライダーはバイクの特性をより自由に利用することが可能です。ラリーモードはほぼ瞬時にスロットル応答を解除し、9レベルのホイールスリップコントロールが可能で、これはレインモードの9レベルに相当します。これらの設定を使って、表面の条件、ライダーのスキルレベルおよび乗車の要件に合わせてスリップ調整を正確に適合できるようになりました。スリップレベルを下げることで、遠くまでのライドや長時間のライドで、タイヤを長持ちさせることにも役立ちます。新たなモデルで更新されたラリーモードは、より広範な路面に対して最適化されており、たとえば深い砂の条件でよりホイールをスピンさせることなどが可能です。

技術仕様

エンジン

  • トルク 100 Nm
  • トランスミッション 6速
  • 冷却 水/油冷式熱交換器
  • Kw出力 77 kW
  • スターター セルスターター
  • ストローク 68.8 mm
  • ボア 90.7 mm
  • クラッチ PASC™ アンチホッピングクラッチ、機械操作式
  • CO2 emissions 105 g/km
  • 排気量 889 cm³
  • EMS Bosch製 EMS ライドバイワイヤー
  • デザイン 2シリンダー、4ストローク、並列二気筒
  • 消費燃料 4.5 l/100 km
  • 潤滑 2ポンプ式オイル圧送潤滑

シャシー

  • 燃料タンク容量 (約) 20 l
  • ABS Bosch 9.1 MP (コーナリングABSとオフロードモードを含む、作動解除可能)
  • フロントブレーキディスク径 320 mm
  • リアブレーキディスク径 260 mm
  • フロントブレーキ 4ピストンラジアルマウント固定式キャリパー、ブレーキディスク
  • リアブレーキ Brembo製 2ピストンフローティングキャリパー、ブレーキディスク
  • チェーン 520 X-Ring
  • 乾燥重量 196 kg
  • フレームデザイン 圧縮パーツであるエンジンを用いたクロムモリブデン鋼製フレーム、パウダーコーティング
  • フロントサスペンション WP XPLOR-USD, Ø 48 mm
  • 最低地上高 263 mm
  • リアサスペンション XACT WP PDS mono shock
  • シート高 880 mm
  • キャスター角 63.7 °
  • サスペンションストローク (フロント) 240 mm
  • サスペンションストローク (リア) 240 mm