THE LONG DISTANCE BEAST

KTM 1290 Super Duke GT

メーカー希望小売価格: 2,449,000 JPY*

KTM 1290 SUPER DUKE GTはグラフィックを一新するとともに、新たに7インチの大型TFTディスプレイと新型スイッチを採用することで、様々な電子制御装置を簡単で直感的に操作できるようになりました。また最大出力175 PS・最大トルク141 Nmを発揮して、県境や国境線を軽やかに駆け抜けます。
  • PHO_BIKE_90_RE_1290-sdgt-90re_#SALL_#AEPI_#V1.png
    PHO_BIKE_90_LI_1290-sdgt-90li_#SALL_#AEPI_#V1.png
    PHO_BIKE_PERS_LIVO_1290-sdgt-22-livo_#SALL_#AEPI_#V1.png
    PHO_BIKE_PERS_REHI_1290-sdgt-22-rehi_#SALL_#AEPI_#V1.png
    PHO_BIKE_PERS_REVO_1290-sdgt-22-revo_#SALL_#AEPI_#V1.png
KTM 1290 SUPER DUKE GTはグラフィックを一新するとともに、新たに7インチの大型TFTディスプレイと新型スイッチを採用することで、様々な電子制御装置を簡単で直感的に操作できるようになりました。また最大出力175 PS・最大トルク141 Nmを発揮して、県境や国境線を軽やかに駆け抜けます。
  1. エンジンとエグゾースト
  2. シャシー
  3. 人間工学と快適性
  4. ボディワークとグラフィクス
  5. ソフトウェアと電子機器

01. エンジンとエグゾースト

エンジン

KTM 1290 SUPER DUKE GTのBEAST由来のLC8 V-Twinパワープラントは、その特徴的な外見に完璧にマッチしています。EURO5規格に対応し、最大出力175 PS、最大トルク141 Nmにより、スーパーバイクのレーサーのように海岸沿いの道をクルーズ走行できます。チタン製インレットバルブなどの最高品質のコンポーネントのユニークな組み合わせにより、全体的な信頼性が向上しました。

シリンダーヘッド

1301cc 75° Vツインエンジンの優れたパフォーマンスとスムーズなレスポンスには、最新鋭の4バルブシリンダーヘッドが欠かせない。ツインプラグ、ポート、軽量チタンバルブ、レゾネーターチャンバーなどを採用し、スムーズな走りを実現しています。 

クランクシャフト

KTM 1290 SUPER DUKE GTのエンジンのレスポンスの良さと自由な回転特性は、クランクシャフトの低い往復重量に起因しています。

ピストン

KTM 1290 SUPER DUKE GTのピストンの作成には、Formula 1のテクノロジーを活かしました。鍛造ピストン構造により、高い負荷耐久性がもたらされながら、極めて短く軽量に設計されています。さらに、ピストンスカートには最先端のハードアルマイト処理が施されています。これは単に摩擦を減らすだけでなく、結果的に耐久性に好影響を与える耐摩耗性も備えています。

ツインイグニション

ツインプラグ点火システムは、より効率的な燃焼とより滑らかに、最適に制御された燃焼の継続を常に達成するよう、それぞれ独立して各シリンダーヘッドの2本の異なるサイズのスパークプラグをコントロールします。その結果、さらにパワーアップし、制御性を高めながら、これまで以上の低燃費とローエミッションを果たしています。

ライドバイワイヤー

KTM 1290 SUPER DUKE GTに搭載されたライド・バイ・ワイヤシステムは、さらなる進化を遂げました。スロットルコマンドを現在のライディング状況に最適なスロットルバルブ位置に電子的に変換し、電子センサーの助けを借りてスロットルのツイストグリップの動きを処理し、それに応じてサーボモーターでスロットルバルブを作動させる。これにより、スムーズなスロットルレスポンスが得られ、低回転域での揺れや不随意的なウイリーを低減することができます。

マッピング

タンデムで移動するとき、一番避けたいのはギクシャクしたスロットルです。KTMは、EFIマッピングとプレーンベアリング、タイミングの組み合わせにより、振動やエンジン音を抑えながらローダウンパワーを路面に伝えることに成功しました。

アンチホッピングクラッチ

スリッパークラッチは、エンジンのバックトルクが過大になったときに作動するだけでなく、スロットルを開けるときにも支援します。前者は、急激なブレーキングや減速時にリアホイールがハネ回って不安定になるのを防ぎます。後者は、クラッチが指一本で楽に操作できるようになり、ギアチェンジに必要な手の負担を減らします。

エグゾースト

KTM 1290 SUPER DUKE GTのエキゾーストシステムは、ステンレススチール製で、EURO5ホモロゲーションに適合しています。何百回ものテストベンチ走行と複雑なシミュレーションにより、エキゾーストフラップを使用したこのエキゾーストシステムは、パワフルな2気筒の極めてスムーズなトルクカーブと優れたエミッション値に決定的に貢献することが確認されました。そして低回転域では囁くように、高音域では息を呑むようなサウンドを奏でます。

エンジン

KTM 1290 SUPER DUKE GTのBEAST由来のLC8 V-Twinパワープラントは、その特徴的な外見に完璧にマッチしています。EURO5規格に対応し、最大出力175 PS、最大トルク141 Nmにより、スーパーバイクのレーサーのように海岸沿いの道をクルーズ走行できます。チタン製インレットバルブなどの最高品質のコンポーネントのユニークな組み合わせにより、全体的な信頼性が向上しました。

シリンダーヘッド

1301cc 75° Vツインエンジンの優れたパフォーマンスとスムーズなレスポンスには、最新鋭の4バルブシリンダーヘッドが欠かせない。ツインプラグ、ポート、軽量チタンバルブ、レゾネーターチャンバーなどを採用し、スムーズな走りを実現しています。 

クランクシャフト

KTM 1290 SUPER DUKE GTのエンジンのレスポンスの良さと自由な回転特性は、クランクシャフトの低い往復重量に起因しています。

ピストン

KTM 1290 SUPER DUKE GTのピストンの作成には、Formula 1のテクノロジーを活かしました。鍛造ピストン構造により、高い負荷耐久性がもたらされながら、極めて短く軽量に設計されています。さらに、ピストンスカートには最先端のハードアルマイト処理が施されています。これは単に摩擦を減らすだけでなく、結果的に耐久性に好影響を与える耐摩耗性も備えています。

ツインイグニション

ツインプラグ点火システムは、より効率的な燃焼とより滑らかに、最適に制御された燃焼の継続を常に達成するよう、それぞれ独立して各シリンダーヘッドの2本の異なるサイズのスパークプラグをコントロールします。その結果、さらにパワーアップし、制御性を高めながら、これまで以上の低燃費とローエミッションを果たしています。

ライドバイワイヤー

KTM 1290 SUPER DUKE GTに搭載されたライド・バイ・ワイヤシステムは、さらなる進化を遂げました。スロットルコマンドを現在のライディング状況に最適なスロットルバルブ位置に電子的に変換し、電子センサーの助けを借りてスロットルのツイストグリップの動きを処理し、それに応じてサーボモーターでスロットルバルブを作動させる。これにより、スムーズなスロットルレスポンスが得られ、低回転域での揺れや不随意的なウイリーを低減することができます。

マッピング

タンデムで移動するとき、一番避けたいのはギクシャクしたスロットルです。KTMは、EFIマッピングとプレーンベアリング、タイミングの組み合わせにより、振動やエンジン音を抑えながらローダウンパワーを路面に伝えることに成功しました。

アンチホッピングクラッチ

スリッパークラッチは、エンジンのバックトルクが過大になったときに作動するだけでなく、スロットルを開けるときにも支援します。前者は、急激なブレーキングや減速時にリアホイールがハネ回って不安定になるのを防ぎます。後者は、クラッチが指一本で楽に操作できるようになり、ギアチェンジに必要な手の負担を減らします。

エグゾースト

KTM 1290 SUPER DUKE GTのエキゾーストシステムは、ステンレススチール製で、EURO5ホモロゲーションに適合しています。何百回ものテストベンチ走行と複雑なシミュレーションにより、エキゾーストフラップを使用したこのエキゾーストシステムは、パワフルな2気筒の極めてスムーズなトルクカーブと優れたエミッション値に決定的に貢献することが確認されました。そして低回転域では囁くように、高音域では息を呑むようなサウンドを奏でます。

02. シャシー

フレーム

KTM 1290 SUPER DUKE GTは地上での迅速かつ快適な走行に対応するために設計されています。洗練された人間工学的形状、電子的に調整可能なサスペンションなどKTM 1290 SUPER DUKE GTは旅行の友として最適なバイクです。

サブフレーム

パッセンジャーおよびフル装備のパニアをサポートするため、KTM 1290 SUPER DUKE GTのサブフレームはツーリングで重要なポイントを多数押さえています。

スイングアーム

KTM 1290 SUPER DUKE GTの片持ち式スイングアームは、クラス最軽量であるだけでなく、細部まで丁寧に作られ、余裕のあるディメンションとなっており、長距離走行のための心強い味方となっています。

インテリジェントなサスペンション 
インテリジェントなサスペンション 

リアショック

革新的なWPセミアクティブサスペンションは、KTM 1290 SUPER DUKE GTに快適性、安全性、アジャストメントを提供します。これにより、ライダーはボタンを押すだけでサスペンションの設定を簡単に調整でき、高度なセンサー技術が細部にまで対応します。通常の「コンフォート」、「ストリート」、「スポーツ」設定の他、ライザーは、ダンピング、負荷、アンチダイブレートをリアルタイムを順応するSCU(サスペンションコントロールユニット)により、乗客の体重を加味することもできます。また、ストロークセンサーと加速度計からの情報を基にライダーの位置をモニタリングし、あらゆる条件下で最適なサスペンションのパフォーマンスを確実に実現します。

ステアリングダンパー

長時間にわたって道路を走行していると、時に荒い路面に遭遇することがあります。KTM 1290 SUPER DUKE GTには信頼性が高い、高感度のWPステアリングダンパーが装備されてるため、ハンドルバーからの不快なキックバックが大幅に減少します。

ホイール

KTM1290 SUPER DUKE GTは、CADデザインによる新設計の5本スポークホイールを搭載。見た目の美しさだけでなく、1kg近く重量を軽量化を実現しています。

タイヤ

KTM 1290 SUPER DUKE GTには、KTMの仕様に合わせて特別に開発された、Continental の新しいタイヤ、ContiRoadAttack 4が装備されています。困難な路面状況でも停止し、曲がり、そしてグリップするという、まさにグランドツーリングモーターサイクルに相応しいタイヤです。

ブレーキ

320 mmフローティングディスクを持つ2つのラジアルマウント4ピストンモノブロックキャリパーが、フロントホイールのより適切な減速を保証しています。ブレーキレバーとハンドルバーとの間隔は調整可能です。そのため、レバーはあらゆるライダーの手の届く範囲となっています。フロントブレーキは、直径240 mmディスクと2ピストンキャリパーを組み合わせた、リアホイールのディスクブレーキから効率的なサポートを受けます。ブレーキのずば抜けたポテンシャルは、スポーティに調整されたABSによってフルに活かすことができます。

燃料タンク

約23リットルのロングレンジ燃料タンクは、1301ccのツインエンジンの低燃費と相まって、荒涼とした地域のツーリングで重要な利点である、給油所を気にせず数百キロのエキサイティングなライディングを容易に可能にします。また、フューエルタンクはライダーの下半身を風や悪天候から保護し、快適なライディングを実現します。

フレーム

KTM 1290 SUPER DUKE GTは地上での迅速かつ快適な走行に対応するために設計されています。洗練された人間工学的形状、電子的に調整可能なサスペンションなどKTM 1290 SUPER DUKE GTは旅行の友として最適なバイクです。

サブフレーム

パッセンジャーおよびフル装備のパニアをサポートするため、KTM 1290 SUPER DUKE GTのサブフレームはツーリングで重要なポイントを多数押さえています。

スイングアーム

KTM 1290 SUPER DUKE GTの片持ち式スイングアームは、クラス最軽量であるだけでなく、細部まで丁寧に作られ、余裕のあるディメンションとなっており、長距離走行のための心強い味方となっています。

インテリジェントなサスペンション 
インテリジェントなサスペンション 

リアショック

革新的なWPセミアクティブサスペンションは、KTM 1290 SUPER DUKE GTに快適性、安全性、アジャストメントを提供します。これにより、ライダーはボタンを押すだけでサスペンションの設定を簡単に調整でき、高度なセンサー技術が細部にまで対応します。通常の「コンフォート」、「ストリート」、「スポーツ」設定の他、ライザーは、ダンピング、負荷、アンチダイブレートをリアルタイムを順応するSCU(サスペンションコントロールユニット)により、乗客の体重を加味することもできます。また、ストロークセンサーと加速度計からの情報を基にライダーの位置をモニタリングし、あらゆる条件下で最適なサスペンションのパフォーマンスを確実に実現します。

インテリジェントなサスペンション 

ステアリングダンパー

長時間にわたって道路を走行していると、時に荒い路面に遭遇することがあります。KTM 1290 SUPER DUKE GTには信頼性が高い、高感度のWPステアリングダンパーが装備されてるため、ハンドルバーからの不快なキックバックが大幅に減少します。

ホイール

KTM1290 SUPER DUKE GTは、CADデザインによる新設計の5本スポークホイールを搭載。見た目の美しさだけでなく、1kg近く重量を軽量化を実現しています。

タイヤ

KTM 1290 SUPER DUKE GTには、KTMの仕様に合わせて特別に開発された、Continental の新しいタイヤ、ContiRoadAttack 4が装備されています。困難な路面状況でも停止し、曲がり、そしてグリップするという、まさにグランドツーリングモーターサイクルに相応しいタイヤです。

ブレーキ

320 mmフローティングディスクを持つ2つのラジアルマウント4ピストンモノブロックキャリパーが、フロントホイールのより適切な減速を保証しています。ブレーキレバーとハンドルバーとの間隔は調整可能です。そのため、レバーはあらゆるライダーの手の届く範囲となっています。フロントブレーキは、直径240 mmディスクと2ピストンキャリパーを組み合わせた、リアホイールのディスクブレーキから効率的なサポートを受けます。ブレーキのずば抜けたポテンシャルは、スポーティに調整されたABSによってフルに活かすことができます。

燃料タンク

約23リットルのロングレンジ燃料タンクは、1301ccのツインエンジンの低燃費と相まって、荒涼とした地域のツーリングで重要な利点である、給油所を気にせず数百キロのエキサイティングなライディングを容易に可能にします。また、フューエルタンクはライダーの下半身を風や悪天候から保護し、快適なライディングを実現します。

03. 人間工学と快適性

多機能コックピット

KTM 1290 SUPER ADVENTURE Sから受け継いだ新開発のフルカラー7インチTFTダッシュボードは、KTM 1290 SUPER DUKE GTのダッシュボードを別次元に進化させました。ターンバイターンプラスナビゲーションやパフォーマンスモードなど、情報、パフォーマンス、スタイルのバランスを追求したディスプレイレイアウトです。

コマンドセンター

間違いなくKTM 1290 SUPER DUKE GTの最も重要な部分はハンドルバーであり、ステアリングに関するちょっとした入力からサスペンションやライドモードの調整まで、ボタン1つで完全に制御できます。ハンドルバー自体も22 mm以上の範囲、4つの位置で調整可能です。さらにKTM 1290 SUPER DUKE GTには、グリップヒーターが標準装備されています。

モードスイッチ

スイッチギアを一新し、KTM 1290 SUPER DUKE GTの印象的なTFT内の機能を簡単に操作できるようになりました。GTの新しいスイッチギアには多数のテストと大きな開発が行われており、パドルを介してのMTCスリップ設定からさまざまなメニューやウィジェットへのアクセスまで、ライダーはすべてを簡単に調整できるようになっています。

グリップヒーター

KTM 1290 SUPER DUKE GTはグリップヒーターを装備しています。

制御の中枢
制御の中枢

フットペグ

ライダーはブレーキとシフトレバーを3つの位置から選択できるため、各種ブーツサイズに対応できます。また単に個人のシフトやブレーキの好みに完璧にマッチした位置を見つけることもできます。

ウィンドシールド

ユニークなウィンドシールド設計は、雨風からライダーを最大限に保護し、高速時の風音を低減します。改良されたウィンドスクリーンアジャスターも開発され、ライダーはスロットルに片手を置いたまま、9つの位置で調整できます。

多機能コックピット

KTM 1290 SUPER ADVENTURE Sから受け継いだ新開発のフルカラー7インチTFTダッシュボードは、KTM 1290 SUPER DUKE GTのダッシュボードを別次元に進化させました。ターンバイターンプラスナビゲーションやパフォーマンスモードなど、情報、パフォーマンス、スタイルのバランスを追求したディスプレイレイアウトです。

コマンドセンター

間違いなくKTM 1290 SUPER DUKE GTの最も重要な部分はハンドルバーであり、ステアリングに関するちょっとした入力からサスペンションやライドモードの調整まで、ボタン1つで完全に制御できます。ハンドルバー自体も22 mm以上の範囲、4つの位置で調整可能です。さらにKTM 1290 SUPER DUKE GTには、グリップヒーターが標準装備されています。

モードスイッチ

スイッチギアを一新し、KTM 1290 SUPER DUKE GTの印象的なTFT内の機能を簡単に操作できるようになりました。GTの新しいスイッチギアには多数のテストと大きな開発が行われており、パドルを介してのMTCスリップ設定からさまざまなメニューやウィジェットへのアクセスまで、ライダーはすべてを簡単に調整できるようになっています。

グリップヒーター

KTM 1290 SUPER DUKE GTはグリップヒーターを装備しています。

制御の中枢
制御の中枢

フットペグ

ライダーはブレーキとシフトレバーを3つの位置から選択できるため、各種ブーツサイズに対応できます。また単に個人のシフトやブレーキの好みに完璧にマッチした位置を見つけることもできます。

制御の中枢

ウィンドシールド

ユニークなウィンドシールド設計は、雨風からライダーを最大限に保護し、高速時の風音を低減します。改良されたウィンドスクリーンアジャスターも開発され、ライダーはスロットルに片手を置いたまま、9つの位置で調整できます。

04. ボディワークとグラフィクス

ボディワーク

このGTツーリングコンポーネントの下にはBEASTが隠れているのです。快適性、スピード、そして長距離走行のために作られたGTは、その名前の通りGT専用のグラフィックとペイントパッケージで仕上げられています。

一体型パニアマウント

KTMパワーパーツとして提供されるハードケースパニアは、モーターサイクルのスポーティな外観とユニークなスタイルを維持しながら、モーターサイクルの統合マウントシステムに簡単に装着することができます。

ボディワーク

このGTツーリングコンポーネントの下にはBEASTが隠れているのです。快適性、スピード、そして長距離走行のために作られたGTは、その名前の通りGT専用のグラフィックとペイントパッケージで仕上げられています。

一体型パニアマウント

KTMパワーパーツとして提供されるハードケースパニアは、モーターサイクルのスポーティな外観とユニークなスタイルを維持しながら、モーターサイクルの統合マウントシステムに簡単に装着することができます。

05. ソフトウェアと電子機器

より安全なツーリング
より安全なツーリング

ライダーエイド

KTM 1290 SUPER DUKE GTには高度な電子装置が多数搭載されているため、ライダーはGTの可能性を最大限まで探求できます。

MTC(モーターサイクルトラクションコントロール)

MTC(モーターサイクルトラクションコントロール)傾斜角感知型トラクションコントロールシステムは、リアホイールの回転速度が運転状況と不釣り合いになった場合、直ちに反応します。MTCは、1000分の1秒単位で、極めてスムーズに、ほとんど認識できないレベルでスロットルバルブに介入してエンジン出力を抑制。選択されたライドモードと現在のバンク角に応じて、最適な割合になるまでスリップ量を減らします。MTCトラクションコントロールは、選択されたライディングモードに応じて、リアホイールのトラクションスリップを異なるレベルに調整します。「ストリートモード」では「レインモード」よりもいくぶん多く、「スポーツモード」でカーブを立ち上がる際にはわずかなパワースライドが許されます。これは、ライダーが自身の走りや他の交通に集中できることを意味しており、最大のパフォーマンスと究極の走る喜びを約束し、アクティブセーフティに大きく貢献します。一切の電子制御アシストを持たない、KTM 1290 SUPER DUKE GTの息を呑むような加速を楽しみたい意欲的なライダーは、トラクションコントロールのスイッチをオフにすることもできます。

MSC(モーターサイクル・スタビリティ・コントロール)とC-ABS

BOSCH MSCの総合的なアシスタンス・パッケージのコンポーネントのひとつが、傾斜角感知式コーナリングABSです。高品質の9MEモジュレーターをベースに、フロントとリヤのホイールブレーキを組み合わせた才能と、電光石火の速さで効率的な圧力モジュレーションを、高品質のBREMBOハードウェアと統合し、市場で最も先進的なブレーキシステムを作り上げ、このマシンに搭載されました。

パフォーマンスモード

オプションのパフォーマンスモードは、トラクションコントロールとスロットルレスポンスの介入レベルを調整し、アンチウィリーをオフにし、ローンチコントロールを設定することで、KTM 1290 SUPER DUKE GTを野生のツアラーから頂点を制するサーキットユースバイクへと変貌させます。

スーパーモトモード

GTは今でもDUKEファミリーの一員です。このことを念頭に、スーパーモトモードを引き継ぎ、アグレッシブなライダーがフロントホイールのABSをアクティブにしたままリアホイールをロックできるようにしています。

モータースリップレギュレーション(MSR)

オプションで用意されているMSR(モータースリップ制御)は、モーターサイクルトラクションコントロールと逆方向に作用します。急激なシフトダウンやスロットルオフによって、エンジンに過大なバックトルクが発生した場合、ライドバイワイヤシステムがスロットルを必要なだけ正確に開き、リアホイールの横滑りを防ぎます。MSCの助けにより、このシステムはバンク角も感知します。安全が第一ですが、KTMではそこからもたらされる楽しさを二番目に重視しています。

LEDコーナリングライト

KTM 1290 SUPER DUKE GTの燃料タンクには、LEDコーナリングライトが内蔵されています。燃料タンクの左右にあるコーナリングライトは、MSCシステムのリーンアングルセンサーを利用し、3つのLEDセグメントで構成されています。リーンアングルに応じて、KTMコーナリングライトは最大で3つのセグメントを使用することができ、ライダーは常に進行方向を完璧に把握することができます。コーナリングライトと一体化したLEDインジケーターは、ユニークで高級感のある外観を実現しています。このようなバイクにふさわしいものです。

ヒルホールドコントロール(HHC)

オプションのHHC(ヒルホールドコントロール)は、バイクが不意に後ろに下がってしまうのを防ぎます。 それはKTM 1290 Super Duke GTがスロープ上で静止しているかどうかで確認されます。 ライダーがブレーキを放した後、バイクが前方に動くまで、本機能は自動的にブレーキを効かせた状態を保ちます。 ライダーは後退せずに発進することができ、スムーズなスタートが約束されます。

TPMS

TPMSはその名の通り、タイヤの空気圧を監視し、空気圧が低下するとライダーにTFTディスプレイでタイヤの損傷の可能性を警告します。 (日本仕様車には搭載されておりません)

クイックシフター +

KTM 1290 SUPER DUKE GTには、オプションでクイックシフター+が用意されており、クラッチを使用せずに上下にシフトできます。ライダーのライディングに応じて反応するので、シフトアクションはライダー同様の速さです。

クルーズコントロール

KTM 1290 SUPER DUKE GTに標準搭載されたクルーズコントロールを使うと、長い高速道路の旅も快適に走行できます。ハンドルバーの左側にあるスイッチとTFTフルカラーディスプレイのディスプレイで、ライダーは直感的に要求速度を設定および変更することができ、体力に余裕を持って目的地に到着できるでしょう。

TURN-BY-TURN Plus(ターンバイターン プラス)

ライダーの要望に応える。1290 SUPER DUKE GTでは、KTM史上初、TFTダッシュから直接ナビゲーションにアクセスできるようになりました。TBT+では、ライダーは走行中にGPSにアクセスすることができ、お気に入りの目的地を5つまで設定し、設定した直近の5つの目的地を追跡し、予定ルートのウェイポイントをスキップすることができます。  (日本仕様車には搭載されておりません)

ATIR(自動ターンインジケータリセット)

作動させて10秒後または150 m走行すると、ウインカーが自動的に停止します。インターセクションの長い待ち時間の間にボタンをもう一度押すと、再びゼロからカウントします。ウインカーを戻し忘れることがななり安全面の大きな改善が図られました。

より安全なツーリング
より安全なツーリング

ライダーエイド

KTM 1290 SUPER DUKE GTには高度な電子装置が多数搭載されているため、ライダーはGTの可能性を最大限まで探求できます。

より安全なツーリング

MTC(モーターサイクルトラクションコントロール)

MTC(モーターサイクルトラクションコントロール)傾斜角感知型トラクションコントロールシステムは、リアホイールの回転速度が運転状況と不釣り合いになった場合、直ちに反応します。MTCは、1000分の1秒単位で、極めてスムーズに、ほとんど認識できないレベルでスロットルバルブに介入してエンジン出力を抑制。選択されたライドモードと現在のバンク角に応じて、最適な割合になるまでスリップ量を減らします。MTCトラクションコントロールは、選択されたライディングモードに応じて、リアホイールのトラクションスリップを異なるレベルに調整します。「ストリートモード」では「レインモード」よりもいくぶん多く、「スポーツモード」でカーブを立ち上がる際にはわずかなパワースライドが許されます。これは、ライダーが自身の走りや他の交通に集中できることを意味しており、最大のパフォーマンスと究極の走る喜びを約束し、アクティブセーフティに大きく貢献します。一切の電子制御アシストを持たない、KTM 1290 SUPER DUKE GTの息を呑むような加速を楽しみたい意欲的なライダーは、トラクションコントロールのスイッチをオフにすることもできます。

MSC(モーターサイクル・スタビリティ・コントロール)とC-ABS

BOSCH MSCの総合的なアシスタンス・パッケージのコンポーネントのひとつが、傾斜角感知式コーナリングABSです。高品質の9MEモジュレーターをベースに、フロントとリヤのホイールブレーキを組み合わせた才能と、電光石火の速さで効率的な圧力モジュレーションを、高品質のBREMBOハードウェアと統合し、市場で最も先進的なブレーキシステムを作り上げ、このマシンに搭載されました。

パフォーマンスモード

オプションのパフォーマンスモードは、トラクションコントロールとスロットルレスポンスの介入レベルを調整し、アンチウィリーをオフにし、ローンチコントロールを設定することで、KTM 1290 SUPER DUKE GTを野生のツアラーから頂点を制するサーキットユースバイクへと変貌させます。

スーパーモトモード

GTは今でもDUKEファミリーの一員です。このことを念頭に、スーパーモトモードを引き継ぎ、アグレッシブなライダーがフロントホイールのABSをアクティブにしたままリアホイールをロックできるようにしています。

モータースリップレギュレーション(MSR)

オプションで用意されているMSR(モータースリップ制御)は、モーターサイクルトラクションコントロールと逆方向に作用します。急激なシフトダウンやスロットルオフによって、エンジンに過大なバックトルクが発生した場合、ライドバイワイヤシステムがスロットルを必要なだけ正確に開き、リアホイールの横滑りを防ぎます。MSCの助けにより、このシステムはバンク角も感知します。安全が第一ですが、KTMではそこからもたらされる楽しさを二番目に重視しています。

LEDコーナリングライト

KTM 1290 SUPER DUKE GTの燃料タンクには、LEDコーナリングライトが内蔵されています。燃料タンクの左右にあるコーナリングライトは、MSCシステムのリーンアングルセンサーを利用し、3つのLEDセグメントで構成されています。リーンアングルに応じて、KTMコーナリングライトは最大で3つのセグメントを使用することができ、ライダーは常に進行方向を完璧に把握することができます。コーナリングライトと一体化したLEDインジケーターは、ユニークで高級感のある外観を実現しています。このようなバイクにふさわしいものです。

ヒルホールドコントロール(HHC)

オプションのHHC(ヒルホールドコントロール)は、バイクが不意に後ろに下がってしまうのを防ぎます。 それはKTM 1290 Super Duke GTがスロープ上で静止しているかどうかで確認されます。 ライダーがブレーキを放した後、バイクが前方に動くまで、本機能は自動的にブレーキを効かせた状態を保ちます。 ライダーは後退せずに発進することができ、スムーズなスタートが約束されます。

TPMS

TPMSはその名の通り、タイヤの空気圧を監視し、空気圧が低下するとライダーにTFTディスプレイでタイヤの損傷の可能性を警告します。 (日本仕様車には搭載されておりません)

クイックシフター +

KTM 1290 SUPER DUKE GTには、オプションでクイックシフター+が用意されており、クラッチを使用せずに上下にシフトできます。ライダーのライディングに応じて反応するので、シフトアクションはライダー同様の速さです。

クルーズコントロール

KTM 1290 SUPER DUKE GTに標準搭載されたクルーズコントロールを使うと、長い高速道路の旅も快適に走行できます。ハンドルバーの左側にあるスイッチとTFTフルカラーディスプレイのディスプレイで、ライダーは直感的に要求速度を設定および変更することができ、体力に余裕を持って目的地に到着できるでしょう。

TURN-BY-TURN Plus(ターンバイターン プラス)

ライダーの要望に応える。1290 SUPER DUKE GTでは、KTM史上初、TFTダッシュから直接ナビゲーションにアクセスできるようになりました。TBT+では、ライダーは走行中にGPSにアクセスすることができ、お気に入りの目的地を5つまで設定し、設定した直近の5つの目的地を追跡し、予定ルートのウェイポイントをスキップすることができます。  (日本仕様車には搭載されておりません)

ATIR(自動ターンインジケータリセット)

作動させて10秒後または150 m走行すると、ウインカーが自動的に停止します。インターセクションの長い待ち時間の間にボタンをもう一度押すと、再びゼロからカウントします。ウインカーを戻し忘れることがななり安全面の大きな改善が図られました。

技術仕様

エンジン

  • トルク 141 Nm
  • トランスミッション 6速
  • 冷却 水冷
  • Kw出力 128.7 kW
  • スターター セルスターター
  • ストローク 71 mm
  • ボア 108 mm
  • クラッチ PASC(TM) スリッパークラッチ、油圧操作式
  • CO2 emissions 133 g/km
  • 排気量 1301 cm³
  • EMS Keihin製 EMS ライドバイワイヤーおよびクルーズコントロール付き、ダブルイグニッション
  • デザイン 2気筒、4ストローク、75°V型
  • 消費燃料 5.7 l/100 km
  • 潤滑 3ポンプ式オイル圧送潤滑

シャシー

  • 燃料タンク容量 (約) 23 l
  • ABS Bosch製 9ME コンバインドABS (コーナリングABSおよびスーパーモトモードを含む。解除可能)
  • フロントブレーキディスク径 320 mm
  • リアブレーキディスク径 240 mm
  • フロントブレーキ Brembo製 4ピストンラジアルマウント固定式キャリパー、ブレーキディスク
  • リアブレーキ Brembo製 2ピストン固定式キャリパー、ブレーキディスク
  • チェーン 525 X-Ring
  • フレームデザイン クロモリ鋼管製スペースフレーム。パウダーコート塗装
  • フロントサスペンション WP製 セミアクティブサスペンション 倒立 Ø 48 mm
  • 最低地上高 141 mm
  • リアサスペンション WP SAT (semi-active technology) shock absorber
  • シート高 835 mm
  • キャスター角 65.1 °
  • サスペンションストローク (フロント) 125 mm
  • サスペンションストローク (リア) 156 mm