THE BEAST

KTM 1290 SUPER DUKE R

KTM 1290 SUPER DUKE R 2020

Base Price: 2,179,000.00 JPY*

一皮剥けたKTM 1290 SUPER DUKE Rはよりスリムで強靭、かつてないほど迫力のあるハイパーネイキッドバイクです。まったく新しいシャシーにマウントされた有名な75度、1301 cc LC8、Vツインエンジンの最新バージョンは、THE BEASTを次のレベルに押し進めます。
  • PHO_BIKE_90_RE_1290SUPERDUKER-MY20-Orange-PHO-BIKE-90-RE_#SALL_#AEPI_#V1.png
  • PHO_BIKE_90_RE_1290SUPERDUKER-MY20-Black-PHO-BIKE-90-RE_#SALL_#AEPI_#V1.png
一皮剥けたKTM 1290 SUPER DUKE Rはよりスリムで強靭、かつてないほど迫力のあるハイパーネイキッドバイクです。まったく新しいシャシーにマウントされた有名な75度、1301 cc LC8、Vツインエンジンの最新バージョンは、THE BEASTを次のレベルに押し進めます。
  1. エンジンとエグゾースト
  2. シャシー
  3. 人間工学と快適性
  4. ボディワークとグラフィクス
  5. ソフトウェアと電子機器

01. エンジンとエグゾースト

THE BEASTの心臓部
THE BEASTの心臓部

エンジン

壊れない限り、いじらないでください。これは、汚れたままで大丈夫です!180馬力(140 Nm)を誇る1301 cc LC8、Vツインは軽微ですが、インパクトのある開発が行われました。軽量化されてもトルク特性を維持するように最適化されたこのエンジンは、Vツインの進化のベンチマークです。そして、パッケージ全体の全体構造に追加された新エンジンとリンケージマウントが文字通り、THE BEASTをまとめ上げるパーツです。

クランクケース

より薄いエンジンケースと改良された水冷およびオイルクーラーマウントにより、0.8 kgの軽量化が達成されました。軽量アルミ製オイルラインによって、オイル供給も改善され、二重壁システムが不要になりました。さらに、エンジンキャリアブラケットとリンクマウントがクランクケースに統合され、より強固な接続が可能になりました。これにより、スイングアームピボットが5 mm高くなり、安定性とアンチスクワットが改善されました。

インジェクター

新しいトップフィーダーインジェクターと56 mmスロットルボディは、高回転での空気と燃料の混合を改善します。これにより、回転域全体でトルクが増加し、燃費が向上します。

トランスミッション

大きな違いのために、常に大きな変更が必要なわけではありません。実際、PANKLトランスミッションについては、多少の小さな調整を行い、シフト時間の短縮、シフトアクションの短縮、より軽いレバー制御を実現しました。スムーズなシフト動作は、改善されたスプラインシャフトとシフトフォークの青銅コーティングによるものです。これを行う理由は?簡単に言えば、素早いシフト時間は、素早い加速と同義だからです。

ツインスパーク点火

効率的な燃料燃焼について言えば、1つよりも2つのスパークの方が優れています。ツインスパークイグニションシステムは、よりパワフルな点火コイルと各シリンダーヘッドの2つのスパークプラグを利用します。これにより最適化された点火シーケンスが実現し、より多くのパワー、優れた制御、低燃料消費、低排出が実現します。

吸気口

BEASTのようなパフォーマンスのためには、KTM 1290 SUPER DUKE RはBEASTのように呼吸する必要があります。まったく新しいヘッドライトマスクに配置されたラムエア吸気口によって、空気を燃焼室へ送り込むエアフローを最大化します。これにより空気圧が低下する可能性が低くなり、燃料燃焼速度が向上します。新しく設計されたアクセスしやすいエアボックスを追加することで、メンテナンスも容易になります。

チタン製インレットバルブ

窒化クロムPVD塗装を施した最新のマシン加工チタン製インレットバルブ - こんな驚きはあるでしょうか。フラットなデザインでスチール製のインレットバルブよりも19 g軽量です。KTM 1290 SUPER DUKE Rの小型化された燃焼室と組み合わせ、コンプレッション率は13.6:1と、究極のパワーとなっています。

シリンダーヘッド

シリンダーヘッド上の新しいレゾネーターチャンバーは、低から中rpm範囲でのトルクアウトプットを磨くように設計されており、KTM 1290 SUPER DUKE Rパワートレインは走行がより滑らかで、燃料消費が少なく、CO²排出量を約10%削減します。

PASCクラッチ

オイル圧送式PASCアンチホッピングクラッチにより、加速しながらの非常に軽いクラッチ制御が可能になり、減速の制御が非常に印象的です。高速からのアグレッシブなシフトダウン中にエンジンで極端なバックトルクが発生すると、クラッチが開いてリアホイールのロックを防ぎ、ライダーがカーブを攻めながら、完全なコントロールと完璧な入力速度を実現します。

ライドバイワイヤー

KTM 1290 SUPER DUKE Rのライドバイワイヤーの走行距離はさらに長いです。それは電子的にライダーのスロットル操作を読み取り、スロットルバルブの位置を現在の走行状況に合わせて最適化します。息つきや振動、意図しないウイリーは過去のものとなりました。意図的に行うものも、将来的には容易になるかもしれません。

ピストン

F1にインスパイアされた鍛造ピストン技術によって、極短小で軽量設計であるにもかかわらず、負荷耐久性の限界を押し上げることができます。結果的に往復重量が抑えられ、応答性が最大化されます。ピストンスカートには摩擦を最小化する最先端の硬質陽極酸化仕上げが施され、エンジンの自由回転性能が向上しています。さらに、これら部品の優れた耐摩耗性は、エンジン寿命を大幅に延ばします。

エグゾースト

このBEASTのうなり音では、「よく吠えるがめったに噛まない」は当てはまりません。ヘッダーの最大60 mmの排水管のような寸法がガス流量を最適化し、2つの触媒コンバーターがVツインエンジンの音や馬力を損なうことなく排気を制御します。

ラムエア(圧縮された取り込み空気)
ラムエア(圧縮された取り込み空気)

エアフィルター

BEASTのようなパフォーマンスのためには、KTM 1290 SUPER DUKE RはBEASTのように呼吸する必要があります。まったく新しいヘッドライトマストに配置されたラムエア吸気口によって、より小さな共鳴室を持つ新しいCFD最適化されたエアボックスへのエアフローを最適化します。この配置は燃焼室に送り込む空気の流れを最大化します。これにより空気圧が低下する可能性が低くなり、燃料燃焼速度が向上します。新しく設計されたアクセスしやすいエアボックスを追加することで、メンテナンスも容易になります。

THE BEASTの心臓部
THE BEASTの心臓部

エンジン

壊れない限り、いじらないでください。これは、汚れたままで大丈夫です!180馬力(140 Nm)を誇る1301 cc LC8、Vツインは軽微ですが、インパクトのある開発が行われました。軽量化されてもトルク特性を維持するように最適化されたこのエンジンは、Vツインの進化のベンチマークです。そして、パッケージ全体の全体構造に追加された新エンジンとリンケージマウントが文字通り、THE BEASTをまとめ上げるパーツです。

THE BEASTの心臓部

クランクケース

より薄いエンジンケースと改良された水冷およびオイルクーラーマウントにより、0.8 kgの軽量化が達成されました。軽量アルミ製オイルラインによって、オイル供給も改善され、二重壁システムが不要になりました。さらに、エンジンキャリアブラケットとリンクマウントがクランクケースに統合され、より強固な接続が可能になりました。これにより、スイングアームピボットが5 mm高くなり、安定性とアンチスクワットが改善されました。

インジェクター

新しいトップフィーダーインジェクターと56 mmスロットルボディは、高回転での空気と燃料の混合を改善します。これにより、回転域全体でトルクが増加し、燃費が向上します。

トランスミッション

大きな違いのために、常に大きな変更が必要なわけではありません。実際、PANKLトランスミッションについては、多少の小さな調整を行い、シフト時間の短縮、シフトアクションの短縮、より軽いレバー制御を実現しました。スムーズなシフト動作は、改善されたスプラインシャフトとシフトフォークの青銅コーティングによるものです。これを行う理由は?簡単に言えば、素早いシフト時間は、素早い加速と同義だからです。

ツインスパーク点火

効率的な燃料燃焼について言えば、1つよりも2つのスパークの方が優れています。ツインスパークイグニションシステムは、よりパワフルな点火コイルと各シリンダーヘッドの2つのスパークプラグを利用します。これにより最適化された点火シーケンスが実現し、より多くのパワー、優れた制御、低燃料消費、低排出が実現します。

吸気口

BEASTのようなパフォーマンスのためには、KTM 1290 SUPER DUKE RはBEASTのように呼吸する必要があります。まったく新しいヘッドライトマスクに配置されたラムエア吸気口によって、空気を燃焼室へ送り込むエアフローを最大化します。これにより空気圧が低下する可能性が低くなり、燃料燃焼速度が向上します。新しく設計されたアクセスしやすいエアボックスを追加することで、メンテナンスも容易になります。

チタン製インレットバルブ

窒化クロムPVD塗装を施した最新のマシン加工チタン製インレットバルブ - こんな驚きはあるでしょうか。フラットなデザインでスチール製のインレットバルブよりも19 g軽量です。KTM 1290 SUPER DUKE Rの小型化された燃焼室と組み合わせ、コンプレッション率は13.6:1と、究極のパワーとなっています。

シリンダーヘッド

シリンダーヘッド上の新しいレゾネーターチャンバーは、低から中rpm範囲でのトルクアウトプットを磨くように設計されており、KTM 1290 SUPER DUKE Rパワートレインは走行がより滑らかで、燃料消費が少なく、CO²排出量を約10%削減します。

PASCクラッチ

オイル圧送式PASCアンチホッピングクラッチにより、加速しながらの非常に軽いクラッチ制御が可能になり、減速の制御が非常に印象的です。高速からのアグレッシブなシフトダウン中にエンジンで極端なバックトルクが発生すると、クラッチが開いてリアホイールのロックを防ぎ、ライダーがカーブを攻めながら、完全なコントロールと完璧な入力速度を実現します。

ライドバイワイヤー

KTM 1290 SUPER DUKE Rのライドバイワイヤーの走行距離はさらに長いです。それは電子的にライダーのスロットル操作を読み取り、スロットルバルブの位置を現在の走行状況に合わせて最適化します。息つきや振動、意図しないウイリーは過去のものとなりました。意図的に行うものも、将来的には容易になるかもしれません。

ピストン

F1にインスパイアされた鍛造ピストン技術によって、極短小で軽量設計であるにもかかわらず、負荷耐久性の限界を押し上げることができます。結果的に往復重量が抑えられ、応答性が最大化されます。ピストンスカートには摩擦を最小化する最先端の硬質陽極酸化仕上げが施され、エンジンの自由回転性能が向上しています。さらに、これら部品の優れた耐摩耗性は、エンジン寿命を大幅に延ばします。

エグゾースト

このBEASTのうなり音では、「よく吠えるがめったに噛まない」は当てはまりません。ヘッダーの最大60 mmの排水管のような寸法がガス流量を最適化し、2つの触媒コンバーターがVツインエンジンの音や馬力を損なうことなく排気を制御します。

ラムエア(圧縮された取り込み空気)
ラムエア(圧縮された取り込み空気)

エアフィルター

BEASTのようなパフォーマンスのためには、KTM 1290 SUPER DUKE RはBEASTのように呼吸する必要があります。まったく新しいヘッドライトマストに配置されたラムエア吸気口によって、より小さな共鳴室を持つ新しいCFD最適化されたエアボックスへのエアフローを最適化します。この配置は燃焼室に送り込む空気の流れを最大化します。これにより空気圧が低下する可能性が低くなり、燃料燃焼速度が向上します。新しく設計されたアクセスしやすいエアボックスを追加することで、メンテナンスも容易になります。

ラムエア(圧縮された取り込み空気)

02. シャシー

THE BEASTの骨格
THE BEASTの骨格

フレーム

エンジンをねじり剛性を高める手段として使用する新しいフレームコンセプトにより、KTM 1290 SUPER DUKE Rは以前のモデルより3倍剛性が高くなりました。これにより、楽で、信頼できるライディングポジションが可能になり、最終的にはより速く走ることができます。これはシャシーとフロントタイヤからのフィードバックを最大化することで達成されます。フレームはまた、薄い壁を持つより幅広い直径の管を利用します。これはバイクを軽量化するための一番効果のある方法であり、以前のモデルと比べて2 kg軽量化しました。

サブフレーム

このBEASTのテールについて言えば、多くの巧みさが重要です。完全に新しい軽量コンポジットサブフレームは、多くの機能を組み合わせて重量を軽減し、機能性を高めています。乗客シート、ナンバープレートホルダー、テールライトは、追加のブラケットやアタッチメントなしでサブフレーム構造に直接ボルトで固定されています。

スイングアーム

フィーリングとトラクションを向上するため、より長い片側スイングアームが出力スプロケットの近くに再配置され、パワーダウン時の制御性が向上しました。これはピボットポイントが移動し、全体の形状と移動量が改善したことを意味しています。

完全な柔軟性
完全な柔軟性

リアショック

THE BEASTのサスペンションエレメントは、可能な限り最善な方法で、地面にパワーを働かせるための筋肉であると考えてください。すべてのコンポーネントは、ハンドリング、調節可能性、パフォーマンスの改善を考慮しています。

フロントフォーク

軽量で完全調節可能なWP APEXフォークは、スプリットファンクションのコンプレッションおよびリバウンド設定が特徴です。これにより、ライダーは本格的にカーブを攻めるためにフロントエンドを微調整したり、道路での長距離走行のための完璧な豪華さを達成できます。そして、それだけではカミソリのように鋭いハンドリングを見つけることができない場合、調節可能なプリロード設定が究極のフロントエンドのスタンスを見つけるのに役立ちます。

トリプルクランプ

32 mmのオフセットを備えた新しい、軽量鍛造アルミ製トリプルクランプは、さらなる軽量化のためにアルミ製ステアリングカラムに適合しています。基本的に、これはハンドルバーを保持するナットをフロントエンドに接続する部分です。

ショックアブソーバー

新たに開発されたWP APEXリアショックアブソーバーは、独立したガスおよびオイルリザーバーが特徴で、従来モデルよりも軽量でコンパクトです。これはまた個別の高速および低速アジャスターと「ツール不要」手動プリロードダイヤルで完全調整が可能で、究極のリアショックセットアップを実現します。

リンク

レバレッジのパワーで、リアの新しいリンケージシステムは悪路を滑らかに走ることに役立ちますが、それでも全力のトラックアクションが損なわれることはありません。漸進的なダンピング特性はまた、最適化されたダンピングとボトムアウト抵抗を保証します。

ローリングサンダー
ローリングサンダー

ホイール

これらのホイールは、デザイナーの設計だけでは実現しませんでした。これらは強度と軽量の観点から、最適の形状を決定するために、洗練されたCADシステムによって生まれました。つまり、これらのホイールは細部までエンジニアリングされており、以前よりも軽量かつ見た目も美しくなっています。

タイヤ

最新のブリジストンS22タイヤ(フロント120/70/17とリア200/55/17)はKTM 1290 SUPER DUKE R用に特別に開発されました。微粒子シリカコンパウンドを含有させたことで、雨天時のグリップを大幅に向上させ、路面での優れた特性を発揮し、路面での驚異的なハンドリングも実現します。

錨を降ろす
錨を降ろす

ブレーキ

THE BEASTの支配は、フロントの320 mmフローティングディスクをクランプする4ピストンのBREMBO Stylemaモノブロックキャリパーと、リアの240 mmディスクに食い付くツインピストンフローティングキャリパーで実現します。

THE BEASTの骨格
THE BEASTの骨格

フレーム

エンジンをねじり剛性を高める手段として使用する新しいフレームコンセプトにより、KTM 1290 SUPER DUKE Rは以前のモデルより3倍剛性が高くなりました。これにより、楽で、信頼できるライディングポジションが可能になり、最終的にはより速く走ることができます。これはシャシーとフロントタイヤからのフィードバックを最大化することで達成されます。フレームはまた、薄い壁を持つより幅広い直径の管を利用します。これはバイクを軽量化するための一番効果のある方法であり、以前のモデルと比べて2 kg軽量化しました。

THE BEASTの骨格

サブフレーム

このBEASTのテールについて言えば、多くの巧みさが重要です。完全に新しい軽量コンポジットサブフレームは、多くの機能を組み合わせて重量を軽減し、機能性を高めています。乗客シート、ナンバープレートホルダー、テールライトは、追加のブラケットやアタッチメントなしでサブフレーム構造に直接ボルトで固定されています。

スイングアーム

フィーリングとトラクションを向上するため、より長い片側スイングアームが出力スプロケットの近くに再配置され、パワーダウン時の制御性が向上しました。これはピボットポイントが移動し、全体の形状と移動量が改善したことを意味しています。

完全な柔軟性
完全な柔軟性

リアショック

THE BEASTのサスペンションエレメントは、可能な限り最善な方法で、地面にパワーを働かせるための筋肉であると考えてください。すべてのコンポーネントは、ハンドリング、調節可能性、パフォーマンスの改善を考慮しています。

完全な柔軟性

フロントフォーク

軽量で完全調節可能なWP APEXフォークは、スプリットファンクションのコンプレッションおよびリバウンド設定が特徴です。これにより、ライダーは本格的にカーブを攻めるためにフロントエンドを微調整したり、道路での長距離走行のための完璧な豪華さを達成できます。そして、それだけではカミソリのように鋭いハンドリングを見つけることができない場合、調節可能なプリロード設定が究極のフロントエンドのスタンスを見つけるのに役立ちます。

トリプルクランプ

32 mmのオフセットを備えた新しい、軽量鍛造アルミ製トリプルクランプは、さらなる軽量化のためにアルミ製ステアリングカラムに適合しています。基本的に、これはハンドルバーを保持するナットをフロントエンドに接続する部分です。

ショックアブソーバー

新たに開発されたWP APEXリアショックアブソーバーは、独立したガスおよびオイルリザーバーが特徴で、従来モデルよりも軽量でコンパクトです。これはまた個別の高速および低速アジャスターと「ツール不要」手動プリロードダイヤルで完全調整が可能で、究極のリアショックセットアップを実現します。

リンク

レバレッジのパワーで、リアの新しいリンケージシステムは悪路を滑らかに走ることに役立ちますが、それでも全力のトラックアクションが損なわれることはありません。漸進的なダンピング特性はまた、最適化されたダンピングとボトムアウト抵抗を保証します。

ローリングサンダー
ローリングサンダー

ホイール

これらのホイールは、デザイナーの設計だけでは実現しませんでした。これらは強度と軽量の観点から、最適の形状を決定するために、洗練されたCADシステムによって生まれました。つまり、これらのホイールは細部までエンジニアリングされており、以前よりも軽量かつ見た目も美しくなっています。

ローリングサンダー

タイヤ

最新のブリジストンS22タイヤ(フロント120/70/17とリア200/55/17)はKTM 1290 SUPER DUKE R用に特別に開発されました。微粒子シリカコンパウンドを含有させたことで、雨天時のグリップを大幅に向上させ、路面での優れた特性を発揮し、路面での驚異的なハンドリングも実現します。

錨を降ろす
錨を降ろす

ブレーキ

THE BEASTの支配は、フロントの320 mmフローティングディスクをクランプする4ピストンのBREMBO Stylemaモノブロックキャリパーと、リアの240 mmディスクに食い付くツインピストンフローティングキャリパーで実現します。

錨を降ろす

03. 人間工学と快適性

支配する
支配する

ハンドルバー

調節可能な760 mmワイド幅のハンドルバーにより、最適なシートポジションを簡単に見つけることができます。ライダーは前後に21 mm以上の4つの位置で好みのリーチを調整でき、これにより、コーナーを攻めやすくなり、直線をぶっ飛ばすために必須です。

メニュースイッチ

KTM 1290 SUPER DUKE Rは機能が強化された新しいTFTダッシュボードを備えています。これにアクセスするために、堅牢で直感的なバイクのスイッチギアを開発するために多くのテストが行われ、偶然にすべての正しいボタンが押されます。ライダーはトラックモードの間、スイッチギアのパドルボタンを使用してホイールスリップを簡単に調整したり、2つのプログラム可能スイッチを設定して、お気に入りの機能や選択設定に素早くアクセスできます。

ハンドレバー

油圧ブレーキとクラッチレバーは、1本の指で簡単に操作できます。また、完全なリーチ調整機能により、手の届かないライダーでも簡単に握ることができます。

快適性の中のパフォーマンス
快適性の中のパフォーマンス

シート

THE BEASTの性能証明に疑いはありません。しかし、これはライダーが長距離の快適性を犠牲にする必要があることを意味しません。KTM 1290 SUPER DUKE Rが道路を走るとき、これは第一にネイキッドストリートバイクです。これは乗客の快適性が徹底的に考慮され、実際に2人乗りライディングが可能なように設計されていることを意味します。

ペグを引きずり、名を挙げる
ペグを引きずり、名を挙げる

フットペグ

フットペグのスマートな配置により大きな傾斜角が標準となり、道路での快適さも可能になります。しかし、2つのポジション(ペグを高く持ち上げる、およびよりアグレッシブなスタンスのためにさらに後方にする)を使用して、さらに微調整も可能です。そして想像するように、ギアシフトのパターンは完全なBEAST MODEトラックアタックのために5ダウン、1アップ配置に簡単に反転できます。シフトとブレーキレバーも完全に調整可能です。

支配する
支配する

ハンドルバー

調節可能な760 mmワイド幅のハンドルバーにより、最適なシートポジションを簡単に見つけることができます。ライダーは前後に21 mm以上の4つの位置で好みのリーチを調整でき、これにより、コーナーを攻めやすくなり、直線をぶっ飛ばすために必須です。

支配する

メニュースイッチ

KTM 1290 SUPER DUKE Rは機能が強化された新しいTFTダッシュボードを備えています。これにアクセスするために、堅牢で直感的なバイクのスイッチギアを開発するために多くのテストが行われ、偶然にすべての正しいボタンが押されます。ライダーはトラックモードの間、スイッチギアのパドルボタンを使用してホイールスリップを簡単に調整したり、2つのプログラム可能スイッチを設定して、お気に入りの機能や選択設定に素早くアクセスできます。

ハンドレバー

油圧ブレーキとクラッチレバーは、1本の指で簡単に操作できます。また、完全なリーチ調整機能により、手の届かないライダーでも簡単に握ることができます。

快適性の中のパフォーマンス
快適性の中のパフォーマンス

シート

THE BEASTの性能証明に疑いはありません。しかし、これはライダーが長距離の快適性を犠牲にする必要があることを意味しません。KTM 1290 SUPER DUKE Rが道路を走るとき、これは第一にネイキッドストリートバイクです。これは乗客の快適性が徹底的に考慮され、実際に2人乗りライディングが可能なように設計されていることを意味します。

快適性の中のパフォーマンス
ペグを引きずり、名を挙げる
ペグを引きずり、名を挙げる

フットペグ

フットペグのスマートな配置により大きな傾斜角が標準となり、道路での快適さも可能になります。しかし、2つのポジション(ペグを高く持ち上げる、およびよりアグレッシブなスタンスのためにさらに後方にする)を使用して、さらに微調整も可能です。そして想像するように、ギアシフトのパターンは完全なBEAST MODEトラックアタックのために5ダウン、1アップ配置に簡単に反転できます。シフトとブレーキレバーも完全に調整可能です。

ペグを引きずり、名を挙げる

04. ボディワークとグラフィクス

NAKED BY DESIGN
NAKED BY DESIGN

ボディワーク

新しいKTM 1290 SUPER DUKE Rの車体構造について、語るべきことはほとんどありません。しかし、それが私たちの好みをそのまま体現したものです!アグレッシブで迫力のある車体とパネルには、すべての観点からのエルゴノミクスと、可能な限りの軽量化という2つの目的を達成する必要がありました。そのため、すべてのパネルとプレートは最適な厚さになるように計算されており、可能な限り最小化されています。重いままなのは態度だけでした。

吸気口

カマキリのような形の新しいLEDヘッドライトはラムエア吸気口としても機能しており、ライトの間に空気が流れることで、冷却し、直接エアボックスに流れ、より効率的な燃焼を実現します。見た目の美しさに加え、二重の機能性により、よりクリーンでコンパクトなラインと、全体の軽量化が実現しています。

よりシャープなリアエンド

まったく新しい、軽量コンポジットサブフレームのおかげで、乗客シート、ナンバープレートホルダー、テールライトはシームレスにきちんとリアエンドに組み込まれ、テールからほとんど突出しません。

タンク

まったく新しい、スチール製16 L燃料タンクは、THE BEASTのハンチを嵩上げするために作られました。また、新しい形状と角度は、ライダーをストリートやトラックでサポートするように設計されています。

名を上げる
名を上げる

グラフィック

これが市販されている中で最も素敵なバイクであることは間違いありません。高品質の塗装プロセスを使用して、象徴的な「R」のグラフィックスがそのまま褪せないようにし、コントラスト色、トーン、テクスチャが、KTM 1290 SUPER DUKE Rの無骨なシワやひずみを完全に消し去ります。

NAKED BY DESIGN
NAKED BY DESIGN

ボディワーク

新しいKTM 1290 SUPER DUKE Rの車体構造について、語るべきことはほとんどありません。しかし、それが私たちの好みをそのまま体現したものです!アグレッシブで迫力のある車体とパネルには、すべての観点からのエルゴノミクスと、可能な限りの軽量化という2つの目的を達成する必要がありました。そのため、すべてのパネルとプレートは最適な厚さになるように計算されており、可能な限り最小化されています。重いままなのは態度だけでした。

NAKED BY DESIGN

吸気口

カマキリのような形の新しいLEDヘッドライトはラムエア吸気口としても機能しており、ライトの間に空気が流れることで、冷却し、直接エアボックスに流れ、より効率的な燃焼を実現します。見た目の美しさに加え、二重の機能性により、よりクリーンでコンパクトなラインと、全体の軽量化が実現しています。

よりシャープなリアエンド

まったく新しい、軽量コンポジットサブフレームのおかげで、乗客シート、ナンバープレートホルダー、テールライトはシームレスにきちんとリアエンドに組み込まれ、テールからほとんど突出しません。

タンク

まったく新しい、スチール製16 L燃料タンクは、THE BEASTのハンチを嵩上げするために作られました。また、新しい形状と角度は、ライダーをストリートやトラックでサポートするように設計されています。

名を上げる
名を上げる

グラフィック

これが市販されている中で最も素敵なバイクであることは間違いありません。高品質の塗装プロセスを使用して、象徴的な「R」のグラフィックスがそのまま褪せないようにし、コントラスト色、トーン、テクスチャが、KTM 1290 SUPER DUKE Rの無骨なシワやひずみを完全に消し去ります。

名を上げる

05. ソフトウェアと電子機器

マスクの裏側
マスクの裏側

LEDヘッドライト

まったく新しいヘッドライトマスクは吸気シュノーケルとして二重化され、付属のツインLEDヘッドライトは非常に明るく輝きます。シャープで迫力のあるラインがTHE BEASTの全体的な外観を向上させ、暗くなると十分な照明を提供します。日中のライトはライダーが視認されることを保証し、ライダーはストリートで称賛を集めるだけでなく、さらに重要なのは、他の運転者からライダーを目立たせることです。

ライダーパイロット多機能コックピット
ライダーパイロット多機能コックピット

TFTディスプレイ

新しい角度調節可能な5インチTFT画面がライダーの目の前に中心的なステージを設置し、斬新なデザインと革新的な新機能を備えています。更新されたメニュー構造によってライダーはさまざまな機能に素早くアクセスでき、好みのライディング設定をさらにカスタマイズできます。傷に強い接着ガラスディスプレイは、眩しい反射も防ぎます。

安全ネット以上
安全ネット以上

ライダーエイド

多くの伝統を好む人たちは、走る純粋さを邪魔すると言って、電子的なライダー補助を好まないことがあります。ただし、KTM 1290 SUPER DUKE Rについて言えば、すべての電子機能が更新され、エンジンからのフィードバックが増し、安全システムからの介入が少なくなりました。これはQuickshifter+設定の改良、洗練された自然で滑らかなフィードバック、より直感的なアンチウイリー機能を意味します。

ライドモード

ライダーにより多くのフィードバックと究極のコントロールを提供するために、ライドモードが完全に再設計され、新しくなりました。これにより、すべてのモードで介入の少ないトラクションコントロールとよりスムーズなアンチウイリー機能となります。

レインモード
「レインモード」は滑りやすい条件のための簡単な設定であり、最大のトラクション制御、超滑らかなスロットル応答、少ないパワーを提供し、本当に必要なときにフロントホイールをタールマカダムに保持します。

ストリートモード
その名前のとおり、「ストリートモード」は毎日の道路で日常的な走行用に作られています。フルパワー、デフォルトのスロットル応答、制限されたスリップトラクションコントロールにより、路面での制御を維持します。

スポーツモード
より活発な走りのためにダイヤルインされた「スポーツモード」はスロットルコントロールを強化し、トラクションコントロールを少し弱くして、急加速ではフロントエンドを持ち上げることができます。そしてもちろん、全馬力を解き放ちます。

トラックモード(オプション)
純粋なレース走行では、オプションの「トラックモード」を使って、ライダーはトラクションコントロールで許容されるスリップレベルなどのライディングスタイルに最適ないくつかの機能をカスタマイズでき、さらにアンチウイリーをオフにすることができます。

トラックモード

オプションの「トラックモード」では、ライダーはホイールスリップレベルとスロットル応答をカスタマイズして、自分の好みや路面状態に合わせることができます。MSCが完全に無効なときには、トラクションコントロールを9レベルで調整できます。アンチウイリーはスタート/ゴールラインを越えるときに前輪を上げたい人も、完全に無効にできます。

パフォーマンスモード

オプションの「パフォーマンスモード」は「トラックモード」の基本概念を取り入れていますが、路面に合わせて調整します。ライダーはスロットル応答、ホイールスリップ、アンチウイリー機能を引き続き調整できますが、クルーズコントロールやKTM MY RIDEなどの一般的なストリート機能を保持します。

MTC

2つの異なるコントローラーを使用して状況をチェックする、まったく新世代のモーターサイクルトラクションコントロール(MTC)を紹介します。最もはっきり分かるのは、リアホイールでトラクションのスピンとブレーキの量を調整するホイールスリップコントローラーです。ピッチ角コントローラーはフロントホイール持ち上げの急激な変化を認識し、制御します。これらの各コントローラーは個別の戦略と連携して、シームレスに「舞台裏」の安全策が常に機能するようにします。安全上の利点は明らかですが、これにより直線加速も向上します。

MTCは傾斜角がテストされたときにも機能し、リアホイールの回転速度が運転状況と不釣り合いになった場合、直ちに反応します。MTCは極めてスムーズに、ほとんど認識できないレベルでスロットルバルブに介入してエンジン出力を抑制し、選択された運転モードと現在の傾斜角に応じて、最適な割合になるまでスリップ量を低減します。モーターサイクルトラクションコントロールは、選択されたライドモードに応じて、リアホイールのトラクションスリップを異なるレベルに調整します。そしてもちろん、完全なBEASTエクスペリエンス用にMTCを完全にオフにすることもできます。

MSR

パワーが働くときに機能するMTCとは異なり、MSRはパワーが働かないときに機能します。MSR(モータースリップ制御、オプション)はアンチホッピングクラッチと連動してスロットルのバランスを調整し、リアホイールが不要にロックすることなく、過酷な条件で非常に滑らかな減速を保証します。これは「トラック」および「スーパーモトABS」モードでは無効になり、ライダーがコーナーでバイクを期待通り立て直すことができるようになります。

スーパーモトABS

ライダーが「スーパーモトABS」を選択すると、3つのことが起こります。第1に、すべてのABS機能がリアホイールで無効になっているため、ライダーはブレーキをかけ、コーナーにスライディングできます。第2に、ABSシステムはリアホイールがタールマカダムから持ち上がるときでも干渉せず、ストッピーが可能です。そして第3に、コーナリングABSが無効なため、ライダーは最大のブレーキ圧力で高速コーナーにバレルで入るときに完全にコントロールできます。
結局のところ、「スーパーモトABS」のこれらの機能を無効化すると、ライダーは極端なトラックシナリオでより多くのコントロールが可能になり、上級ライダーはカーブセッションを最高にするためにより強くブレーキをかけることができます。

クルーズコントロール

SUPER DUKE Rのクルーズコントロールシステムがあれば、長い高速道路の旅も簡単に走行できます。ハンドルバーの左側のスイッチで簡単に有効化かつ制御できるため、ライダーは40 km/時から200 km/時の間で3速、4速、5速、6速ギアの中からクルーズコントロールの設定を選べます。これはまた湾曲した道でエネルギーの節約にもなります。

TPMS

その名称からもわかるように、TPMSはタイヤの空気圧を監視し、空気圧の低下による潜在的なタイヤ破損をTFTディスプレイ上でライダーに警告します。空気のチェックにかける時間を節約し、より長い走行時間を楽しみたいときに便利な機能です。

アダプティブブレーキライト

オプションのアダプティブブレーキライトシステムは、急ブレーキをかけるときにより明るくライトを点灯することで、極限のブレーキ状況をより視認しやすくします。

ATIR

ウィンカー信号自動キャンセル機能は、安全面の大きな改善であり、ウインカーを有効にしたまま、永遠にフラッシュし続けることがなくなりました。インジケーターは10秒および150メーターでフラッシュを停止します。 

KTM RACE ONシステム

イグニッションキーや機械的にロックされたタンクキャップのことは忘れてください。KTM 1290 SUPER DUKE RにはKTM RACE ONが搭載されています。ポケットのトランスポンダーキーのみで、THE BEASTのロックを解除できます。

接続された信頼
接続された信頼

KTM MyRide

KTM MY RIDEを使用すると、ハンドル制御を失うことなく、スマートフォンを制御できます。モバイルアプリを使用。KTM MY RIDEはスマートフォンと同期し、ターンバイターンのナビゲーションを提供したり、音楽ライブラリにアクセスしたりでき、その場で電話に出たり、かけたりできます。

マスクの裏側
マスクの裏側

LEDヘッドライト

まったく新しいヘッドライトマスクは吸気シュノーケルとして二重化され、付属のツインLEDヘッドライトは非常に明るく輝きます。シャープで迫力のあるラインがTHE BEASTの全体的な外観を向上させ、暗くなると十分な照明を提供します。日中のライトはライダーが視認されることを保証し、ライダーはストリートで称賛を集めるだけでなく、さらに重要なのは、他の運転者からライダーを目立たせることです。

マスクの裏側
ライダーパイロット多機能コックピット
ライダーパイロット多機能コックピット

TFTディスプレイ

新しい角度調節可能な5インチTFT画面がライダーの目の前に中心的なステージを設置し、斬新なデザインと革新的な新機能を備えています。更新されたメニュー構造によってライダーはさまざまな機能に素早くアクセスでき、好みのライディング設定をさらにカスタマイズできます。傷に強い接着ガラスディスプレイは、眩しい反射も防ぎます。

ライダーパイロット多機能コックピット
安全ネット以上
安全ネット以上

ライダーエイド

多くの伝統を好む人たちは、走る純粋さを邪魔すると言って、電子的なライダー補助を好まないことがあります。ただし、KTM 1290 SUPER DUKE Rについて言えば、すべての電子機能が更新され、エンジンからのフィードバックが増し、安全システムからの介入が少なくなりました。これはQuickshifter+設定の改良、洗練された自然で滑らかなフィードバック、より直感的なアンチウイリー機能を意味します。

安全ネット以上

ライドモード

ライダーにより多くのフィードバックと究極のコントロールを提供するために、ライドモードが完全に再設計され、新しくなりました。これにより、すべてのモードで介入の少ないトラクションコントロールとよりスムーズなアンチウイリー機能となります。<br /><br /><strong>レインモード</strong><br />「レインモード」は滑りやすい条件のための簡単な設定であり、最大のトラクション制御、超滑らかなスロットル応答、少ないパワーを提供し、本当に必要なときにフロントホイールをタールマカダムに保持します。<br /><br /><strong>ストリートモード</strong><br />その名前のとおり、「ストリートモード」は毎日の道路で日常的な走行用に作られています。フルパワー、デフォルトのスロットル応答、制限されたスリップトラクションコントロールにより、路面での制御を維持します。<br /><br /><strong>スポーツモード</strong><br />より活発な走りのためにダイヤルインされた「スポーツモード」はスロットルコントロールを強化し、トラクションコントロールを少し弱くして、急加速ではフロントエンドを持ち上げることができます。そしてもちろん、全馬力を解き放ちます。<br /><br /><strong>トラックモード</strong>(オプション)<br />純粋なレース走行では、オプションの「トラックモード」を使って、ライダーはトラクションコントロールで許容されるスリップレベルなどのライディングスタイルに最適ないくつかの機能をカスタマイズでき、さらにアンチウイリーをオフにすることができます。<br />

トラックモード

オプションの「トラックモード」では、ライダーはホイールスリップレベルとスロットル応答をカスタマイズして、自分の好みや路面状態に合わせることができます。MSCが完全に無効なときには、トラクションコントロールを9レベルで調整できます。アンチウイリーはスタート/ゴールラインを越えるときに前輪を上げたい人も、完全に無効にできます。

パフォーマンスモード

オプションの「パフォーマンスモード」は「トラックモード」の基本概念を取り入れていますが、路面に合わせて調整します。ライダーはスロットル応答、ホイールスリップ、アンチウイリー機能を引き続き調整できますが、クルーズコントロールやKTM MY RIDEなどの一般的なストリート機能を保持します。

MTC

2つの異なるコントローラーを使用して状況をチェックする、まったく新世代のモーターサイクルトラクションコントロール(MTC)を紹介します。最もはっきり分かるのは、リアホイールでトラクションのスピンとブレーキの量を調整するホイールスリップコントローラーです。ピッチ角コントローラーはフロントホイール持ち上げの急激な変化を認識し、制御します。これらの各コントローラーは個別の戦略と連携して、シームレスに「舞台裏」の安全策が常に機能するようにします。安全上の利点は明らかですが、これにより直線加速も向上します。<br /><br />MTCは傾斜角がテストされたときにも機能し、リアホイールの回転速度が運転状況と不釣り合いになった場合、直ちに反応します。MTCは極めてスムーズに、ほとんど認識できないレベルでスロットルバルブに介入してエンジン出力を抑制し、選択された運転モードと現在の傾斜角に応じて、最適な割合になるまでスリップ量を低減します。モーターサイクルトラクションコントロールは、選択されたライドモードに応じて、リアホイールのトラクションスリップを異なるレベルに調整します。そしてもちろん、完全なBEASTエクスペリエンス用にMTCを完全にオフにすることもできます。

MSR

パワーが働くときに機能するMTCとは異なり、MSRはパワーが働かないときに機能します。MSR(モータースリップ制御、オプション)はアンチホッピングクラッチと連動してスロットルのバランスを調整し、リアホイールが不要にロックすることなく、過酷な条件で非常に滑らかな減速を保証します。これは「トラック」および「スーパーモトABS」モードでは無効になり、ライダーがコーナーでバイクを期待通り立て直すことができるようになります。

スーパーモトABS

ライダーが「スーパーモトABS」を選択すると、3つのことが起こります。第1に、すべてのABS機能がリアホイールで無効になっているため、ライダーはブレーキをかけ、コーナーにスライディングできます。第2に、ABSシステムはリアホイールがタールマカダムから持ち上がるときでも干渉せず、ストッピーが可能です。そして第3に、コーナリングABSが無効なため、ライダーは最大のブレーキ圧力で高速コーナーにバレルで入るときに完全にコントロールできます。<br />結局のところ、「スーパーモトABS」のこれらの機能を無効化すると、ライダーは極端なトラックシナリオでより多くのコントロールが可能になり、上級ライダーはカーブセッションを最高にするためにより強くブレーキをかけることができます。

クルーズコントロール

SUPER DUKE Rのクルーズコントロールシステムがあれば、長い高速道路の旅も簡単に走行できます。ハンドルバーの左側のスイッチで簡単に有効化かつ制御できるため、ライダーは40 km/時から200 km/時の間で3速、4速、5速、6速ギアの中からクルーズコントロールの設定を選べます。これはまた湾曲した道でエネルギーの節約にもなります。

TPMS

その名称からもわかるように、TPMSはタイヤの空気圧を監視し、空気圧の低下による潜在的なタイヤ破損をTFTディスプレイ上でライダーに警告します。空気のチェックにかける時間を節約し、より長い走行時間を楽しみたいときに便利な機能です。

アダプティブブレーキライト

オプションのアダプティブブレーキライトシステムは、急ブレーキをかけるときにより明るくライトを点灯することで、極限のブレーキ状況をより視認しやすくします。

ATIR

ウィンカー信号自動キャンセル機能は、安全面の大きな改善であり、ウインカーを有効にしたまま、永遠にフラッシュし続けることがなくなりました。インジケーターは10秒および150メーターでフラッシュを停止します。 

KTM RACE ONシステム

イグニッションキーや機械的にロックされたタンクキャップのことは忘れてください。KTM 1290 SUPER DUKE RにはKTM RACE ONが搭載されています。ポケットのトランスポンダーキーのみで、THE BEASTのロックを解除できます。

接続された信頼
接続された信頼

KTM MyRide

KTM MY RIDEを使用すると、ハンドル制御を失うことなく、スマートフォンを制御できます。モバイルアプリを使用。KTM MY RIDEはスマートフォンと同期し、ターンバイターンのナビゲーションを提供したり、音楽ライブラリにアクセスしたりでき、その場で電話に出たり、かけたりできます。

接続された信頼

Technical Details

Engine

  • トルク 140 Nm
  • トランスミッション 6速
  • 冷却 水冷
  • Kw出力 132 kW
  • スターター セルスターター
  • ストローク 71 mm
  • ボア 108 mm
  • クラッチ PASC(TM) スリッパークラッチ、油圧操作式
  • CO2排出量(バイク) 145 g/km
  • 排気量 1301 cm³
  • EMS Keihin製 EMS ライドバイワイヤーおよびクルーズコントロール付き、ダブルイグニッション
  • デザイン 2気筒、4ストローク、75°V型
  • 燃料消費量(バイク) 6.17 l/100 km
  • 潤滑 3ポンプ式オイル圧送潤滑

Chassis

  • 燃料タンク容量 (約) 16 l
  • ABS Bosch 9.1MP 2.0 (with cornering ABS and SUPERMOTO ABS)
  • フロントブレーキディスク径 320 mm
  • リアブレーキディスク径 240 mm
  • フロントブレーキ 2 x Brembo Stylema Monobloc four piston, radially mounted caliper
  • リアブレーキ Brembo製 2ピストン固定式キャリパー、ブレーキディスク
  • チェーン 525 X-Ring
  • 乾燥重量 189 kg
  • フレームデザイン クロモリ鋼管製スペースフレーム。パウダーコート塗装
  • フロントサスペンション WP APEX 48
  • 最低地上高 160 mm
  • リアサスペンション WP APEX - Monoshock
  • シート高 835 mm
  • キャスター角 64.8 °
  • サスペンションストローク (フロント) 125 mm
  • サスペンションストローク (リア) 140 mm