RACE TO NEW HEIGHTS

KTM 250 EXC TPI

KTM 250 EXC TPI 2021

基本価格: 1,179,000.00 JPY*

新世代のKTM 250 EXC TPIは、パワーと乗り心地の至極の融合であり、直感的な操縦、独特のスタイル、最高のパフォーマンスの実現に向けた明確なベンチマークを設定しています。この最先端のマシンは、画期的なTPI(トランスファーポートインジェクション)技術により、新たな高みに到達し続けています。これは、KTMの2ストローク開発に対する不屈のコミットメントを明確に示しています。KTM 250 EXC TPIは、優れた燃費、クリーンな排気ガス、噴射の除去という定評のある利点に加えて、ダイナミックな軽量フレームを搭載しています。これはファクトリーライダーからのフィードバックを基にして優れた性能を実現したものです。
  • PHO_BIKE_90_RE_250-EXC-TPI-MY21_#SALL_#AEPI_#V1.png
新世代のKTM 250 EXC TPIは、パワーと乗り心地の至極の融合であり、直感的な操縦、独特のスタイル、最高のパフォーマンスの実現に向けた明確なベンチマークを設定しています。この最先端のマシンは、画期的なTPI(トランスファーポートインジェクション)技術により、新たな高みに到達し続けています。これは、KTMの2ストローク開発に対する不屈のコミットメントを明確に示しています。KTM 250 EXC TPIは、優れた燃費、クリーンな排気ガス、噴射の除去という定評のある利点に加えて、ダイナミックな軽量フレームを搭載しています。これはファクトリーライダーからのフィードバックを基にして優れた性能を実現したものです。
  1. エンジンとエグゾースト
  2. シャシー
  3. 人間工学と快適性
  4. ボディワークとグラフィクス
  5. ソフトウェアと電子機器

01. エンジンとエグゾースト

軽くて強力
軽くて強力

エンジン

250ccの2ストロークエンジンは十分なパワーとトルクを供給するものの、車体は軽量なため、ライダーは困難な障害物を容易に切り抜けることができます。最先端のエンジニアリング、革新的な2ストローク設計、そして画期的なTPI燃料噴射技術により、モデルのエンジンは以前よりもさらに洗練されました。コンパクトかつ軽量の2ストロークは、非常に過酷な地形を制覇するうえで、利用可能なエンデューロのパフォーマンスを求めているオフロードライダーに最適なバイクです。Euro IV規制にも適合しており、非常に環境に優しいだけではなく、ライバルたちの顔を羨ましさで青ざめさせることでしょう。

シリンダー

KTM 250 EXC TPIシリンダーは口径66,4 mmで、洗練されたパワーバルブが装着されており、スムースかつ制御性の高いパワー特性を提供します。EFIでは、シリンダーに2つの水平ドームがあり、燃料をリア転送ポートに燃料を供給する燃料インジェクターを格納しています。下流噴射することにより、燃料と上流空気の優れた噴霧化を保証します。したがって未燃焼燃料のロスが最小化されるため、排出量の減少、より効率的な燃焼、さらに燃料消費の減少へとつながります。シリンダー裏の小さなチューブはインテーク圧力センサーに接続されており、制御ユニットに圧力データを提供します。シリンダーは、精巧なメカニズムにより水平なエグゾーストポートを実現した最先端のパワーバルブユニットを備えています。エグゾーストポートのレイアウトによりエンジン性能が向上し、エグゾーストポート上部の外形はより正確なポートタイミングとなるように加工されました。大事なことを言い忘れていましたが、このモデルでは、より広範に利用されている従来のスパークプラグの使用が可能です。

クランクケースとエンジンカバー

コンパクトなクランクケースは高圧ダイキャスト製造プロセスで製造されているため、重量を削減しつつ、強度と耐久性を維持しています。この設計により、シャフト配置を重心に近い最適な位置にすることができ、パーフェクトな重量の集中化と卓越した乗り心地を実現しました。さらにエンジンカバーは、ライダーのブーツによる摩耗を削減するスマートな表面構造となっており、EXC購入時のフレッシュな見た目を維持します。

トランスミッション

KTM 250 EXC TPIには堅牢なPANKL Racing Systems製の6速トランスミッションが装備されています。ギアはより頑丈な鍛造の原料で形成されているため、高い耐久性と信頼性を保証します。他にも250 EXC TPIのトランスミッションには防泥ギアシフターという注目すべき機能があります。フットペグのデザインと同様に、泥の堆積を防止し、条件にかかわらずいつでも次のギアに切り替えられます。

エンジンマネジメントシステム

TPIモデルのエンジンマネージメントシステム(EMS)には制御ユニットがシートの下に装備されています。ECUは、イグニッションのタイミングと噴射する燃料の量を吸気圧、スロットル位置および水温などの複数のセンサーとさらに新しく加わった周囲気圧センサーの読み取り値に基づいて決定します。緯度と温度の補正により、ライダーはジェッティングをあれこれ調整する必要はありません。ライダーがKTM PowerPartsプログラムから選択したラジエターファンを装着すると、EMSから直接制御され、サーマルスイッチを追加する必要がありません。

バランサーシャフト

もう手足に感覚がなくなることはありません。このエンジン設計は振動を最小限に抑える水平カウンターバランサーシャフトの実装が可能です。つまり、快適性を向上し、疲労を軽減し、ライダーをサポートします。

クラッチ

KTM 250 EXC TPIは、KTMが開発したDDSクラッチ(減衰ダイヤフラムプレート)を搭載。耐摩耗性の高いスチール製ハウジング、耐熱性が極めて高いクラッチプレート、そしてニトロ化スチールライナーを採用しています。この設計は、通常のコイルスプリングの代わりに、非常に容易にクラッチを作動させるダイヤフラムスプリングを採用していることが特徴です。ダイヤフラムスプリングには、ダンピングシステムをクラッチハブに内蔵するのに十分なスペースがあります。トラクションの向上が目標ですが、耐久性も妥協できません。油圧式Brembo駆動クラッチは、軽い操作とテレパシーのような制御性を標準で提供します。

オイルポンプ

KTM EXC TPIでは、2ストローク燃料を事前に混合する必要はもうありません。2ストロークの製品群には、耐久性と信頼性が大幅に改善された柔軟な装着具が装備されています。さらに、オイルポンプに泥が入るのをメッシュフィルターが防止します。オイルタンクの下に位置するオイルポンプが潤滑油を直接スロットルボディに供給し、そこで流入空気と混合され、ピストンとクランクシャフトを潤滑化します。エンジンマネジメントシステムは、エンジン速度とスロットル・ポジション・センサーのデータを使用してオイルポンプを正確に電子制御し、所定の条件に最適な量のオイルを使用するようにします。燃料タンクとステアリングヘッドの間に位置するオイルタンクのタンクキャップアセンブリは、オイルを上部フレームチューブ内のホースからオイルタンクへ供給します。燃料とオイルの平均比率は1:80のため、オイル容量約0.7 Lは少なくとも燃料タンク5杯分に十分対応できます。

スロットルボディ

TPIエンジンにはDell`Orto製の39 mmスロットルボディが装備されています。空気流は、ツインケーブルスロットルカム(ハンドルバースロットルアセンブリにより動作)で接続されたバタフライで調節されます。スロットル・ポジション・センサーは、空気流データを制御ユニットに提供します。アイドルシステムは、バイパススクリューを通してアイドル速度をより正確に設定できるようになりました。また、コールドスタートシステムは、バイパスを開いたときにより多くの空気が供給されるようになりました。電子制御のオイルポンプからオイル吸入チューブを通して供給されたオイルは、流入空気と混合され、エンジンの可動部品を潤滑化します。

TPIオルタネーター

エンジンマネジメントシステムのパワー要件に対応するため、TPIモデルにはパワフルな196 Wオルタネーターと電圧レギュレーターが装着されています。EXC-F 4ストロークモデルに装着されているものと同じです。

常に最適
常に最適

冷却

運転中に馬力を一定させるには、最適なエンジン温度を維持することが必須です。KTM 250 EXC TPIには、重心近くにラジエターが装着されています。これは、新しいシュラウドのデザインに完璧にマッチし、優れた人間工学的形状となっています。この革新的なシステムは、CFD技術(計算流体力学)とスマートな冷却回路の配線により、条件にかかわらず、最高のパフォーマンスをもたらすエンジン温度を保証します。中でも、デルタ分配器はトライアングルフレームに格納され、大型のセンターチューブを装備し、冷却液がシリンダーヘッドからラジエターまでより効率的に流れるようになりました。ラジエターにも特別なプロテクターを装着し、飛来する小石や破片から保護するだけではなく、衝撃時にラジエター周囲にエネルギーを分散するブレースとしての役割も果たします。

パフォーマンスを高めた形状
パフォーマンスを高めた形状

エグゾーストシステム

エグゾーストシステムは、パワー供給とパフォーマンスにおいて重要な役割を担い、他に負けない威力があります。250 ccと300 ccモデルには、革新的な3Dスタンピング処理により製造されたHDエグゾーストパイプ(高耐久性)が装備され、うねのある表面の仕上がりとなっています。そのため、パイプはより頑丈となり、小石に対する耐性が向上し、騒音も大幅に削減されています。マフラーはコンパクトな形状となり、エンドキャップの内部設計はモデル毎に個別に開発された一方、アルミニウム製の装着用ブラケットにより装着されています。さらに、エグゾーストシステムはスリムな人間工学に基づく形状となり、地上高が高くなった一方、有孔インナーマフラーチューブは軽量のダンピング材と連動するため、効率的で耐久性の高い騒音削減が可能となっています。

軽くて強力
軽くて強力

エンジン

250ccの2ストロークエンジンは十分なパワーとトルクを供給するものの、車体は軽量なため、ライダーは困難な障害物を容易に切り抜けることができます。最先端のエンジニアリング、革新的な2ストローク設計、そして画期的なTPI燃料噴射技術により、モデルのエンジンは以前よりもさらに洗練されました。コンパクトかつ軽量の2ストロークは、非常に過酷な地形を制覇するうえで、利用可能なエンデューロのパフォーマンスを求めているオフロードライダーに最適なバイクです。Euro IV規制にも適合しており、非常に環境に優しいだけではなく、ライバルたちの顔を羨ましさで青ざめさせることでしょう。

軽くて強力

シリンダー

KTM 250 EXC TPIシリンダーは口径66,4 mmで、洗練されたパワーバルブが装着されており、スムースかつ制御性の高いパワー特性を提供します。EFIでは、シリンダーに2つの水平ドームがあり、燃料をリア転送ポートに燃料を供給する燃料インジェクターを格納しています。下流噴射することにより、燃料と上流空気の優れた噴霧化を保証します。したがって未燃焼燃料のロスが最小化されるため、排出量の減少、より効率的な燃焼、さらに燃料消費の減少へとつながります。シリンダー裏の小さなチューブはインテーク圧力センサーに接続されており、制御ユニットに圧力データを提供します。シリンダーは、精巧なメカニズムにより水平なエグゾーストポートを実現した最先端のパワーバルブユニットを備えています。エグゾーストポートのレイアウトによりエンジン性能が向上し、エグゾーストポート上部の外形はより正確なポートタイミングとなるように加工されました。大事なことを言い忘れていましたが、このモデルでは、より広範に利用されている従来のスパークプラグの使用が可能です。

クランクケースとエンジンカバー

コンパクトなクランクケースは高圧ダイキャスト製造プロセスで製造されているため、重量を削減しつつ、強度と耐久性を維持しています。この設計により、シャフト配置を重心に近い最適な位置にすることができ、パーフェクトな重量の集中化と卓越した乗り心地を実現しました。さらにエンジンカバーは、ライダーのブーツによる摩耗を削減するスマートな表面構造となっており、EXC購入時のフレッシュな見た目を維持します。

トランスミッション

KTM 250 EXC TPIには堅牢なPANKL Racing Systems製の6速トランスミッションが装備されています。ギアはより頑丈な鍛造の原料で形成されているため、高い耐久性と信頼性を保証します。他にも250 EXC TPIのトランスミッションには防泥ギアシフターという注目すべき機能があります。フットペグのデザインと同様に、泥の堆積を防止し、条件にかかわらずいつでも次のギアに切り替えられます。

エンジンマネジメントシステム

TPIモデルのエンジンマネージメントシステム(EMS)には制御ユニットがシートの下に装備されています。ECUは、イグニッションのタイミングと噴射する燃料の量を吸気圧、スロットル位置および水温などの複数のセンサーとさらに新しく加わった周囲気圧センサーの読み取り値に基づいて決定します。緯度と温度の補正により、ライダーはジェッティングをあれこれ調整する必要はありません。ライダーがKTM PowerPartsプログラムから選択したラジエターファンを装着すると、EMSから直接制御され、サーマルスイッチを追加する必要がありません。

バランサーシャフト

もう手足に感覚がなくなることはありません。このエンジン設計は振動を最小限に抑える水平カウンターバランサーシャフトの実装が可能です。つまり、快適性を向上し、疲労を軽減し、ライダーをサポートします。

クラッチ

KTM 250 EXC TPIは、KTMが開発したDDSクラッチ(減衰ダイヤフラムプレート)を搭載。耐摩耗性の高いスチール製ハウジング、耐熱性が極めて高いクラッチプレート、そしてニトロ化スチールライナーを採用しています。この設計は、通常のコイルスプリングの代わりに、非常に容易にクラッチを作動させるダイヤフラムスプリングを採用していることが特徴です。ダイヤフラムスプリングには、ダンピングシステムをクラッチハブに内蔵するのに十分なスペースがあります。トラクションの向上が目標ですが、耐久性も妥協できません。油圧式Brembo駆動クラッチは、軽い操作とテレパシーのような制御性を標準で提供します。

オイルポンプ

KTM EXC TPIでは、2ストローク燃料を事前に混合する必要はもうありません。2ストロークの製品群には、耐久性と信頼性が大幅に改善された柔軟な装着具が装備されています。さらに、オイルポンプに泥が入るのをメッシュフィルターが防止します。オイルタンクの下に位置するオイルポンプが潤滑油を直接スロットルボディに供給し、そこで流入空気と混合され、ピストンとクランクシャフトを潤滑化します。エンジンマネジメントシステムは、エンジン速度とスロットル・ポジション・センサーのデータを使用してオイルポンプを正確に電子制御し、所定の条件に最適な量のオイルを使用するようにします。燃料タンクとステアリングヘッドの間に位置するオイルタンクのタンクキャップアセンブリは、オイルを上部フレームチューブ内のホースからオイルタンクへ供給します。燃料とオイルの平均比率は1:80のため、オイル容量約0.7 Lは少なくとも燃料タンク5杯分に十分対応できます。

スロットルボディ

TPIエンジンにはDell`Orto製の39 mmスロットルボディが装備されています。空気流は、ツインケーブルスロットルカム(ハンドルバースロットルアセンブリにより動作)で接続されたバタフライで調節されます。スロットル・ポジション・センサーは、空気流データを制御ユニットに提供します。アイドルシステムは、バイパススクリューを通してアイドル速度をより正確に設定できるようになりました。また、コールドスタートシステムは、バイパスを開いたときにより多くの空気が供給されるようになりました。電子制御のオイルポンプからオイル吸入チューブを通して供給されたオイルは、流入空気と混合され、エンジンの可動部品を潤滑化します。

TPIオルタネーター

エンジンマネジメントシステムのパワー要件に対応するため、TPIモデルにはパワフルな196 Wオルタネーターと電圧レギュレーターが装着されています。EXC-F 4ストロークモデルに装着されているものと同じです。

常に最適
常に最適

冷却

運転中に馬力を一定させるには、最適なエンジン温度を維持することが必須です。KTM 250 EXC TPIには、重心近くにラジエターが装着されています。これは、新しいシュラウドのデザインに完璧にマッチし、優れた人間工学的形状となっています。この革新的なシステムは、CFD技術(計算流体力学)とスマートな冷却回路の配線により、条件にかかわらず、最高のパフォーマンスをもたらすエンジン温度を保証します。中でも、デルタ分配器はトライアングルフレームに格納され、大型のセンターチューブを装備し、冷却液がシリンダーヘッドからラジエターまでより効率的に流れるようになりました。ラジエターにも特別なプロテクターを装着し、飛来する小石や破片から保護するだけではなく、衝撃時にラジエター周囲にエネルギーを分散するブレースとしての役割も果たします。

常に最適
パフォーマンスを高めた形状
パフォーマンスを高めた形状

エグゾーストシステム

エグゾーストシステムは、パワー供給とパフォーマンスにおいて重要な役割を担い、他に負けない威力があります。250 ccと300 ccモデルには、革新的な3Dスタンピング処理により製造されたHDエグゾーストパイプ(高耐久性)が装備され、うねのある表面の仕上がりとなっています。そのため、パイプはより頑丈となり、小石に対する耐性が向上し、騒音も大幅に削減されています。マフラーはコンパクトな形状となり、エンドキャップの内部設計はモデル毎に個別に開発された一方、アルミニウム製の装着用ブラケットにより装着されています。さらに、エグゾーストシステムはスリムな人間工学に基づく形状となり、地上高が高くなった一方、有孔インナーマフラーチューブは軽量のダンピング材と連動するため、効率的で耐久性の高い騒音削減が可能となっています。

パフォーマンスを高めた形状

02. シャシー

最適な制御性
最適な制御性

フレーム

すべてのKTM EXCモデルにはハイテク軽量クロモリ鋼フレームが採用されています。これには最先端のロボット溶接により製造されたハイドロフォーム材も含まれます。レースで実証済みの形状と最適な剛性を備えたフレームは、ライダーに優れたフィードバックを提供し、ハンドル操作性と安定性が向上しました。側面に装着されたエンジンヘッドステー(シリンダー、ヘッド、フレームの接続部)が軽量アルミニウム製になったため、振動が抑制され、正確なコーナリングが可能になっています。また、このバイクの側面フレームガードは、構造表面となっており、グリップが改善した一方、右側のマフラーに対するヒートプロテクターとしても機能します。サブフレームは超軽量の安定したアルミニウムサッシで制作されているため、重量は900 g未満となり、優れたフェンダーの安定性を提供します。

スイングアーム

新しいKTM 250 EXC TPIのワンピース構造のアルミニウム製スイングアームは、重力ダイカスト生産処理によって製造されており、卓越した強度を最小限の重量で実現します。鋳造処理が単一のコンポーネントで行われているため、軽量化と完璧な屈曲挙動が実現され、多くの形状的なソリューションへとつながりました。

ホイール

KTMは軽量のCNCハブおよびハイエンドのGIANT製リムをすべてのEnduroモデルに装備しており、最小限の重量で最大の安定性を実現することを保証します。アルミニウム製のスポークニップルは革新的な設計により、スポークを締め付ける必要のある頻度を削減できるため、便利になりました。

フロントサスペンション

すべてのEXCモデルには直径48 mmの最新のWP製XPLOR倒立フォークが装着されています。これはWPとKTMにより開発されたスプリットフォーク設計です。スプリングは各サイドに装着されているものの、ダンピング機能は独立しています。左がコンプレッションダンピング、右がリバウンドダンピングです。どちらも両アウターチューブ上にあるダイアル(各30クリックの調整)で簡単に調整できます。際立ったレスポンスとダンピング特性はすでに認知されていますが、モデルのフォークには校正済みのミッドバルブピストンが装着されており、ダンピングが安定しています。この設定では、ストロークのフロントエンドが高くなり、ボトムアウトに対する優れた抵抗力を提供します。

リアサスペンション

実証済みのPDS(プログレッシブダンピングシステム)リアサスペンションの設計においてWP製XPLORショックアブゾーバーは、鍵となる要素であり、ショックは直接スイングアームに接続され、追加のリンケージシステムを使用していません。これにより、軽量化され、小石に悩まされることが少なくなります。ストロークエンドに対してクローズドカップを使用する第2ダンピングピストンにより、エンデューロ特有のダンピングプログレッションが最適化されています。そして、これはプログレッシブショックスプリングによりサポートされています。XPLOR PDSショックの設定は優れたダンピング特性を提供し、フレームとフロントエンドのセットアップと完璧にマッチしています。高速および低速コンプレッションを含め、完全に調節可能なため、あらゆるトラック、トレイルおよびライダーの好みに合わせてショックを設定できます。

トリプルクランプ

鍛造トリプルクランプがオフセット22 mmで装備されており、フォークの着実なグリップと正確な操作を保証します。EXC TPIはハンドルバーが前後4位置で調整可能なため、お気に入りの手袋のような感覚でフットします。

優れたブレーキ感覚
優れたブレーキ感覚

ブレーキ

これらの高性能なBrembo製品と軽量のウエーブブレーキディスクを組み合わせました。オフロードでこれ以上にハードなブレーキをかけ、優れた感覚の得られるバイクは他に存在しません。

簡単かつ効果的
簡単かつ効果的

燃料タンク

EXC製品群のすべてのモデルに装備されている軽量のポリエチレン製タンクは、人間工学的形状が向上しました。¼回転バイオネットタンクキャップは容易かつ確実に閉めることが可能です。シースルーのプラスチック製のため、燃料の残量が一目でわかります。フューエルポンプシステムが内蔵されています。さらに、燃料ラインにはタンクに向けて90°コネクターが装備されているため、損傷に対してより高い保護を提供します。

簡単かつ効果的
簡単かつ効果的

エアボックス

KTM 250 EXC TPIのエアボックスは、流動力学が最適化され、吸入スノーケルと一緒に使用することで、最適なパワーとスロットルのレスポンスが得られます。パフォーマンスが強化されたことは言うまでもありませんが、このデザインは、エアフィルターを汚れから最大限保護します。大型のTwin Air製エアフィルターがスマートなデザインの強固なケージに装着されており、誤って設置するリスクを最小限になりました。従来型同様、フィルターのメンテナンスは工具不要で短時間で容易にできます。これは、KTM独自の標準機能です。

最適な制御性
最適な制御性

フレーム

すべてのKTM EXCモデルにはハイテク軽量クロモリ鋼フレームが採用されています。これには最先端のロボット溶接により製造されたハイドロフォーム材も含まれます。レースで実証済みの形状と最適な剛性を備えたフレームは、ライダーに優れたフィードバックを提供し、ハンドル操作性と安定性が向上しました。側面に装着されたエンジンヘッドステー(シリンダー、ヘッド、フレームの接続部)が軽量アルミニウム製になったため、振動が抑制され、正確なコーナリングが可能になっています。また、このバイクの側面フレームガードは、構造表面となっており、グリップが改善した一方、右側のマフラーに対するヒートプロテクターとしても機能します。サブフレームは超軽量の安定したアルミニウムサッシで制作されているため、重量は900 g未満となり、優れたフェンダーの安定性を提供します。

最適な制御性

スイングアーム

新しいKTM 250 EXC TPIのワンピース構造のアルミニウム製スイングアームは、重力ダイカスト生産処理によって製造されており、卓越した強度を最小限の重量で実現します。鋳造処理が単一のコンポーネントで行われているため、軽量化と完璧な屈曲挙動が実現され、多くの形状的なソリューションへとつながりました。

ホイール

KTMは軽量のCNCハブおよびハイエンドのGIANT製リムをすべてのEnduroモデルに装備しており、最小限の重量で最大の安定性を実現することを保証します。アルミニウム製のスポークニップルは革新的な設計により、スポークを締め付ける必要のある頻度を削減できるため、便利になりました。

フロントサスペンション

すべてのEXCモデルには直径48 mmの最新のWP製XPLOR倒立フォークが装着されています。これはWPとKTMにより開発されたスプリットフォーク設計です。スプリングは各サイドに装着されているものの、ダンピング機能は独立しています。左がコンプレッションダンピング、右がリバウンドダンピングです。どちらも両アウターチューブ上にあるダイアル(各30クリックの調整)で簡単に調整できます。際立ったレスポンスとダンピング特性はすでに認知されていますが、モデルのフォークには校正済みのミッドバルブピストンが装着されており、ダンピングが安定しています。この設定では、ストロークのフロントエンドが高くなり、ボトムアウトに対する優れた抵抗力を提供します。

リアサスペンション

実証済みのPDS(プログレッシブダンピングシステム)リアサスペンションの設計においてWP製XPLORショックアブゾーバーは、鍵となる要素であり、ショックは直接スイングアームに接続され、追加のリンケージシステムを使用していません。これにより、軽量化され、小石に悩まされることが少なくなります。ストロークエンドに対してクローズドカップを使用する第2ダンピングピストンにより、エンデューロ特有のダンピングプログレッションが最適化されています。そして、これはプログレッシブショックスプリングによりサポートされています。XPLOR PDSショックの設定は優れたダンピング特性を提供し、フレームとフロントエンドのセットアップと完璧にマッチしています。高速および低速コンプレッションを含め、完全に調節可能なため、あらゆるトラック、トレイルおよびライダーの好みに合わせてショックを設定できます。

トリプルクランプ

鍛造トリプルクランプがオフセット22 mmで装備されており、フォークの着実なグリップと正確な操作を保証します。EXC TPIはハンドルバーが前後4位置で調整可能なため、お気に入りの手袋のような感覚でフットします。

優れたブレーキ感覚
優れたブレーキ感覚

ブレーキ

これらの高性能なBrembo製品と軽量のウエーブブレーキディスクを組み合わせました。オフロードでこれ以上にハードなブレーキをかけ、優れた感覚の得られるバイクは他に存在しません。

優れたブレーキ感覚
簡単かつ効果的
簡単かつ効果的

燃料タンク

EXC製品群のすべてのモデルに装備されている軽量のポリエチレン製タンクは、人間工学的形状が向上しました。¼回転バイオネットタンクキャップは容易かつ確実に閉めることが可能です。シースルーのプラスチック製のため、燃料の残量が一目でわかります。フューエルポンプシステムが内蔵されています。さらに、燃料ラインにはタンクに向けて90°コネクターが装備されているため、損傷に対してより高い保護を提供します。

簡単かつ効果的
簡単かつ効果的
簡単かつ効果的

エアボックス

KTM 250 EXC TPIのエアボックスは、流動力学が最適化され、吸入スノーケルと一緒に使用することで、最適なパワーとスロットルのレスポンスが得られます。パフォーマンスが強化されたことは言うまでもありませんが、このデザインは、エアフィルターを汚れから最大限保護します。大型のTwin Air製エアフィルターがスマートなデザインの強固なケージに装着されており、誤って設置するリスクを最小限になりました。従来型同様、フィルターのメンテナンスは工具不要で短時間で容易にできます。これは、KTM独自の標準機能です。

簡単かつ効果的

03. 人間工学と快適性

制御機能を中央に集中
制御機能を中央に集中

ハンドルバー

すべてのKTM EXCモデルには、同じNEKEN製の高強度アルミニウムテーパーハンドルバーが使用されています。このハンドルバーは、4つの異なる位置に固定することができます。ハンドルバーの右側はODI加硫処理グリップ、左側はワイヤーやグルーなどで固定する必要のない快適なODIロックオングリップが標準で装備されています。さらにすべてのモデルにオプションでハンドルバーマップセレクトスイッチを装着でき、標準および高度な出力カーブを選択できます。

革新的なエンジニアリング
革新的なエンジニアリング

フットペグ

洗練された「防泥」フットペグは、深いわだちの走行中でもペグに泥が詰まるのを防ぎます。EnduroモデルのペグはSXモデルのペグよりも6 mm高いため、より高い地上高が得られます。ただし、ご希望に応じて交換も可能です。

制御機能を中央に集中
制御機能を中央に集中

ハンドルバー

すべてのKTM EXCモデルには、同じNEKEN製の高強度アルミニウムテーパーハンドルバーが使用されています。このハンドルバーは、4つの異なる位置に固定することができます。ハンドルバーの右側はODI加硫処理グリップ、左側はワイヤーやグルーなどで固定する必要のない快適なODIロックオングリップが標準で装備されています。さらにすべてのモデルにオプションでハンドルバーマップセレクトスイッチを装着でき、標準および高度な出力カーブを選択できます。

制御機能を中央に集中
革新的なエンジニアリング
革新的なエンジニアリング

フットペグ

洗練された「防泥」フットペグは、深いわだちの走行中でもペグに泥が詰まるのを防ぎます。EnduroモデルのペグはSXモデルのペグよりも6 mm高いため、より高い地上高が得られます。ただし、ご希望に応じて交換も可能です。

革新的なエンジニアリング

04. ボディワークとグラフィクス

アグレッシブなスタイル
アグレッシブなスタイル

デカル

耐久性の高いインモールドグラフィックスは、KTM EXCモデルラインのキャッチフレーズREADY TO RACEを示しています。

アグレッシブなスタイル
アグレッシブなスタイル

デカル

耐久性の高いインモールドグラフィックスは、KTM EXCモデルラインのキャッチフレーズREADY TO RACEを示しています。

アグレッシブなスタイル

05. ソフトウェアと電子機器

簡単な始動
簡単な始動

バッテリーとワイヤーハーネス

すべてのエンジンには実績あるセルスターターを装備しており、これはオフロードの走行で最も大きなメリットです。超軽量の2 Ahリチウムイオン電池により駆動し、安全かつ安定した始動を実現します。ワイヤーハーネスは、電気部品のほとんどをシート下の共通部分に集中させたため、より簡単にアクセスできるようになり、信頼性が向上しました。

簡単な始動
簡単な始動

バッテリーとワイヤーハーネス

すべてのエンジンには実績あるセルスターターを装備しており、これはオフロードの走行で最も大きなメリットです。超軽量の2 Ahリチウムイオン電池により駆動し、安全かつ安定した始動を実現します。ワイヤーハーネスは、電気部品のほとんどをシート下の共通部分に集中させたため、より簡単にアクセスできるようになり、信頼性が向上しました。

簡単な始動

技術仕様

エンジン

  • トランスミッション 6速
  • スターター セルスターター
  • ストローク 72 mm
  • ボア 66.4 mm
  • クラッチ 湿式、DDS多板クラッチ、Brembo製油圧式
  • CO<sub>2</sub> emissions 59 g/km
  • 排気量 249 cm³
  • EMS Continental EMS
  • 消費燃料 2.55 l/100 km

シャシー

  • 重量 (燃料なし) 103.4 kg
  • 燃料タンク容量 (約) 9 l
  • フロントブレーキディスク径 260 mm
  • リアブレーキディスク径 220 mm
  • フロントブレーキ ディスクブレーキ
  • リアブレーキ ディスクブレーキ
  • チェーン X-Ring 5/8 x 1/4"
  • フレームデザイン 25CrMo4 スチール製セントラルチューブフレーム
  • フロントサスペンション WP XPLOR-USD, Ø 48 mm
  • 最低地上高 370 mm
  • リアサスペンション WP Xplor PDS ショックアブソーバー
  • シート高 960 mm
  • キャスター角 63.5 °
  • サスペンションストローク (フロント) 300 mm
  • サスペンションストローク (リア) 310 mm