ADVENTURE TO NEW EXTREMES

KTM 790 Adventure R Rally

KTM 790 Adventure R Rally 2020

基本価格: 2,323,000.00 JPY*

KTM 790 ADVENTURE R RALLYは500台のみの生産で、ライダーと見物人の両方をきっと感動させる、限定エディションのバイクです。すでに信じがたいKTM 790 ADVENTURE RにWP PRO COMPONENTSの最高のサスペンションを追加することで、このバイクはKTMのラインナップ中で最高にオフロード性能を持つアドベンチャーバイクとなります。できるだけ出荷時のままのサスペンションと、その他いくつかの重要な乗り心地強化アドオンを備えた KTM 790 ADVENTURE R RALLYは、ハードコアなラリー機能と長距離走行機能を最適に組み合わせています。
  • PHO_BIKE_90_RE_790ADVRR-MY20-PHO-BIKE-90-RE_#SALL_#AEPI_#V1.png
KTM 790 ADVENTURE R RALLYは500台のみの生産で、ライダーと見物人の両方をきっと感動させる、限定エディションのバイクです。すでに信じがたいKTM 790 ADVENTURE RにWP PRO COMPONENTSの最高のサスペンションを追加することで、このバイクはKTMのラインナップ中で最高にオフロード性能を持つアドベンチャーバイクとなります。できるだけ出荷時のままのサスペンションと、その他いくつかの重要な乗り心地強化アドオンを備えた KTM 790 ADVENTURE R RALLYは、ハードコアなラリー機能と長距離走行機能を最適に組み合わせています。
  1. エンジンとエグゾースト
  2. シャシー
  3. 人間工学と快適性
  4. ボディワークとグラフィクス
  5. ソフトウェアと電子機器

01. エンジンとエグゾースト

コンパクトなパフォーマンス
コンパクトなパフォーマンス

エンジン

LC8cは市場で最もコンパクトな高性能エンジンです。95 hp(70 kW)という出力と最新の電子機器および6速シーケンシャルトランスミッション、さらに推定450 kmという走行距離は、究極のオフロード走行に最適な組み合わせです。長距離の移動では、2つのバランサーシャフトが振動を最小限に抑え、サービス間隔が15,000 kmと長いため、スムースな乗車が可能となり、数日間通して走行するのに心配はいりません。

シリンダーヘッド

8バルブDOHCシリンダーヘッドには、ツインチェーン駆動のカムシャフトと、2つのスパークプラグ(各シリンダーに1つ)が含まれています。カムシャフトは組み立てられており、鍛造タイプのカムシャフトより軽量となっている一方、カム形状は特にトルクの高いエンジンを作成するように開発されています。鋼バルブは、ダイヤモンド・ライク・カーボンのロッカーアームによって解放され、カムチェーンの張りには油圧チェーンテンショナが使われています。

バランサーシャフト

オフロードとタールマカダムをサドルに座って何日も長い時間走行するとき、振動は2つのバランサーシャフト(ひとつはクランクシャフトの前面、もうひとつは2つのカムシャフトの間のシリンダーヘッド)によって最小限に抑えられます。

シリンダー

ニカジルめっきアルミニウムシリンダーは、スリーブレスエンジンキャスティングの一体部分です。このオープンデッキシリンダー構造により、最適な冷却が実現され、製造のばらつきと信頼性が改善されており、製造時にシリンダーに反りが発生する可能性を抑えます。

ピストン

プレーンコンロッドベアリングで接続された3つのピストンリングの付いた鍛造ピストンと、ダイヤモンド・ライク・カーボン(DLC)ピストンピンを組み合わせることにより、ピストンの軽量化が実現され、往復重量を抑えられました。これにより、エンジンに回転が速くなり、クランクシャフトは軽量化され、回転質量が低減し、ハンドリングが向上しました。

コンロッド

高品質なピストンは、滑り軸受で作動する鍛造ピストンでクランクシャフトに接続されています。

クランクシャフト

ワンピースの鍛造クランクシャフトは、75度のオフセットでプレーンベアリングによりしっかりと固定されています。435度の点火順序から繰り出されるサウンドは、大型のLC8エンジンと似ており、スロットルを全開にすると、KTM 790 ADVENTURE R RALLYは、VツインADVENTURE兄弟モデルのようなフィーリングが得られます。

クランクケース

水平に分割されたクランクケースはアルミニウム高圧キャストです。これにより、壁厚が減り、重量が削減され、表面が最適化されたため、エンジン設計者はより自由な設計が可能となりました。オープンデッキシリンダーはクランクケースに統合されています。

オイル循環

オイル循環は、コンパクトなセミドライサンプシステムを採用し、摩擦によるロスを最小気にしています。オイルはクランクケース、クラッチ筐体およびトランスミッションからアクティブに送り出されることで、オイルがエンジンに不要に流入しないようにしています。オイルサンプは、2つのポンプ(1つは排油、もう1つは圧力)および圧力制御バルブと共にクランクケースに統合されています。オイルを冷却するために、エンジンにはより大型のLC8 Vツインエンジンと同等のオイルクーラーが装備されています。

PASCクラッチ

パワーアシストクラッチ(PASC)を操作するために、ライダーは最小限の入力で済みます。LC8cのアンチホッピングクラッチはLC8のものと同様ですが、よりコンパクトなため軽量です。これにより、急激なブレーキングや減速時にリアホイールがハネ回って不安定になるのを防ぎます。また、ギアチェンジに必要な握力を減少させ、指1本でクラッチが操作できるようにし、走行時の労力を減らします。

トランスミッション

6速シーケンシャルトランスミッションのスタック構成によりエンジンの長さが抑えられ、よりコンパクトになりました。ギアシフトは非常にスムースで、オプションのクラッチレスアップ・ダウンシフト、Quickshifter+を使うと簡単に実行できます。

ライドバイワイヤー

KTM 790 ADVENTURE R RALLYは従来のスロットルケーブルで制御する電子噴射システムのスロットルバルブの代わりに、ライドバイワイヤープロセスを採用しています。電子センサーの支援によって、スロットルグリップをねじると、サーボモーターを使用してスロットルバルブが作動します。ライドバイワイヤーシステムは、瞬時に効率的なだけでなく、さらに多くのことを実現します。これは電子的にライダーのスロットル操作を現在のライド状況に最適なスロットルバルブ位置に変換し、最もリニアなパワー供給を実現します。ライドバイワイヤーはエンジンのフィーリングを決定する多くの自由を提供し、これなしではMTC(モーターサイクルトラクションコントロール)やQuickshifter+などの機能は不可能です。

ラリー音、外観、雰囲気
ラリー音、外観、雰囲気

エグゾースト

AKRAPOVICの「スリップオンライン」チタンマフラーが取り付けられており、バイクのラリー外観と雰囲気を追加しています。ハイグレードチタン素材を使用することで、標準のマフラーと比較して重量が約30-40%軽くなり、バイクの性能を誇示する「うなり音」はもちろんアグレッシブです。

より多くの空気を取り入れる
より多くの空気を取り入れる

エアフィルター

新しいKTM 790 ADVENTURE R RALLYは、ライドで隔絶された場所を走るときでも、簡単にエアフィルターにアクセスして掃除やメンテナンスを行うことができます。エアボックスはシート下に配置され、インテークはバイクの後部にあります。これはエアフィルターへのアクセスが容易なことに加え、シートとタンクを低位置に配置できたため、バイクを重要な部分であるレッグエリアで細くなるように設計できました。また、これにより電子機器の位置を改善でき、重量を集中化させることが可能になりました。

走り続ける
走り続ける

冷却

レースが過熱する中で、重要なのはLC8cエンジンが冷却を維持した状態で高度なパワーとパフォーマンスを発揮することです。KTM 790 ADVENTURE R RALLYの設計と高度な冷却技術により、暑い条件下で長時間の連続走行が可能となりました。

コンパクトなパフォーマンス
コンパクトなパフォーマンス

エンジン

LC8cは市場で最もコンパクトな高性能エンジンです。95 hp(70 kW)という出力と最新の電子機器および6速シーケンシャルトランスミッション、さらに推定450 kmという走行距離は、究極のオフロード走行に最適な組み合わせです。長距離の移動では、2つのバランサーシャフトが振動を最小限に抑え、サービス間隔が15,000 kmと長いため、スムースな乗車が可能となり、数日間通して走行するのに心配はいりません。

コンパクトなパフォーマンス

シリンダーヘッド

8バルブDOHCシリンダーヘッドには、ツインチェーン駆動のカムシャフトと、2つのスパークプラグ(各シリンダーに1つ)が含まれています。カムシャフトは組み立てられており、鍛造タイプのカムシャフトより軽量となっている一方、カム形状は特にトルクの高いエンジンを作成するように開発されています。鋼バルブは、ダイヤモンド・ライク・カーボンのロッカーアームによって解放され、カムチェーンの張りには油圧チェーンテンショナが使われています。

バランサーシャフト

オフロードとタールマカダムをサドルに座って何日も長い時間走行するとき、振動は2つのバランサーシャフト(ひとつはクランクシャフトの前面、もうひとつは2つのカムシャフトの間のシリンダーヘッド)によって最小限に抑えられます。

シリンダー

ニカジルめっきアルミニウムシリンダーは、スリーブレスエンジンキャスティングの一体部分です。このオープンデッキシリンダー構造により、最適な冷却が実現され、製造のばらつきと信頼性が改善されており、製造時にシリンダーに反りが発生する可能性を抑えます。

ピストン

プレーンコンロッドベアリングで接続された3つのピストンリングの付いた鍛造ピストンと、ダイヤモンド・ライク・カーボン(DLC)ピストンピンを組み合わせることにより、ピストンの軽量化が実現され、往復重量を抑えられました。これにより、エンジンに回転が速くなり、クランクシャフトは軽量化され、回転質量が低減し、ハンドリングが向上しました。

コンロッド

高品質なピストンは、滑り軸受で作動する鍛造ピストンでクランクシャフトに接続されています。

クランクシャフト

ワンピースの鍛造クランクシャフトは、75度のオフセットでプレーンベアリングによりしっかりと固定されています。435度の点火順序から繰り出されるサウンドは、大型のLC8エンジンと似ており、スロットルを全開にすると、KTM 790 ADVENTURE R RALLYは、VツインADVENTURE兄弟モデルのようなフィーリングが得られます。

クランクケース

水平に分割されたクランクケースはアルミニウム高圧キャストです。これにより、壁厚が減り、重量が削減され、表面が最適化されたため、エンジン設計者はより自由な設計が可能となりました。オープンデッキシリンダーはクランクケースに統合されています。

オイル循環

オイル循環は、コンパクトなセミドライサンプシステムを採用し、摩擦によるロスを最小気にしています。オイルはクランクケース、クラッチ筐体およびトランスミッションからアクティブに送り出されることで、オイルがエンジンに不要に流入しないようにしています。オイルサンプは、2つのポンプ(1つは排油、もう1つは圧力)および圧力制御バルブと共にクランクケースに統合されています。オイルを冷却するために、エンジンにはより大型のLC8 Vツインエンジンと同等のオイルクーラーが装備されています。

PASCクラッチ

パワーアシストクラッチ(PASC)を操作するために、ライダーは最小限の入力で済みます。LC8cのアンチホッピングクラッチはLC8のものと同様ですが、よりコンパクトなため軽量です。これにより、急激なブレーキングや減速時にリアホイールがハネ回って不安定になるのを防ぎます。また、ギアチェンジに必要な握力を減少させ、指1本でクラッチが操作できるようにし、走行時の労力を減らします。

トランスミッション

6速シーケンシャルトランスミッションのスタック構成によりエンジンの長さが抑えられ、よりコンパクトになりました。ギアシフトは非常にスムースで、オプションのクラッチレスアップ・ダウンシフト、Quickshifter+を使うと簡単に実行できます。

ライドバイワイヤー

KTM 790 ADVENTURE R RALLYは従来のスロットルケーブルで制御する電子噴射システムのスロットルバルブの代わりに、ライドバイワイヤープロセスを採用しています。電子センサーの支援によって、スロットルグリップをねじると、サーボモーターを使用してスロットルバルブが作動します。ライドバイワイヤーシステムは、瞬時に効率的なだけでなく、さらに多くのことを実現します。これは電子的にライダーのスロットル操作を現在のライド状況に最適なスロットルバルブ位置に変換し、最もリニアなパワー供給を実現します。ライドバイワイヤーはエンジンのフィーリングを決定する多くの自由を提供し、これなしではMTC(モーターサイクルトラクションコントロール)やQuickshifter+などの機能は不可能です。

ラリー音、外観、雰囲気
ラリー音、外観、雰囲気

エグゾースト

AKRAPOVICの「スリップオンライン」チタンマフラーが取り付けられており、バイクのラリー外観と雰囲気を追加しています。ハイグレードチタン素材を使用することで、標準のマフラーと比較して重量が約30-40%軽くなり、バイクの性能を誇示する「うなり音」はもちろんアグレッシブです。

ラリー音、外観、雰囲気
より多くの空気を取り入れる
より多くの空気を取り入れる

エアフィルター

新しいKTM 790 ADVENTURE R RALLYは、ライドで隔絶された場所を走るときでも、簡単にエアフィルターにアクセスして掃除やメンテナンスを行うことができます。エアボックスはシート下に配置され、インテークはバイクの後部にあります。これはエアフィルターへのアクセスが容易なことに加え、シートとタンクを低位置に配置できたため、バイクを重要な部分であるレッグエリアで細くなるように設計できました。また、これにより電子機器の位置を改善でき、重量を集中化させることが可能になりました。

より多くの空気を取り入れる
走り続ける
走り続ける

冷却

レースが過熱する中で、重要なのはLC8cエンジンが冷却を維持した状態で高度なパワーとパフォーマンスを発揮することです。KTM 790 ADVENTURE R RALLYの設計と高度な冷却技術により、暑い条件下で長時間の連続走行が可能となりました。

走り続ける

02. シャシー

軽量、機敏、頑丈
軽量、機敏、頑丈

フレーム

KTM 790 ADVENTURE R RALLYの全体的な形状は、ストリートでの軽快でスポーティなハンドリング、長距離走行での快適性、驚くべきオフロード能力を実現するために開発されました。設計では強度を重視するため、鋼管CroMo鋼製フレームをエンジンと共に使用することで、補強部品として機能して重量および全体的なサイズを抑えています。すべての設計とエンジニアリングの革新が、コンパクトな寸法と軽量を確保することに集中しています。

サブフレーム

フル装備のアドベンチャーでは、バイクが厳しい挑戦に耐える必要があります。鋼格子状サブフレームの設計はコンパクトかつ軽量で、さらに通常のアドベンチャーを上回るライドに予期される過酷な条件下でも乗客と荷物を搭載できる十分な強度があります。

スイングアーム

鋳造オープンラティス構造スイングアームはKTM ADVENTUREシリーズの代表的なエレメントです。これは最適な剛性と優れた柔軟性を持つように精密に製造されています。リアショックアブソーバーはスイングアームに直接連結することで、複雑さや部品点数を減らしながら、ライダーの走行動作フィーリングを高めています。比較的長めのスイングアームがトラクション、安定性、サスペンションのセットアップを補助します。

比類なきオフロードハンドリング
比類なきオフロードハンドリング

リアショック

WP PRO COMPONENTSのサスペンションはこのモーターサイクルの特徴です。このレベルのサスペンションを装備した市販のADVENTUREバイクは他にありません。個別の生産ラインで正確な規格に対応するように製造されたフォークとショックアブソーバーは卓越した機能を提供するだけでなく、機械加工された高精度の仕上げが特徴的です。サスペンションの前後移動量は270 mmで、KTM 790 ADVENTURE Rと比較してストロークが30 mm長くなります。これにより、ライダーはより高いレベルの快適さを維持しながら、障害物をより強く、より速く越えることができます。本質的に、ライダーは高速フープからタイトでテクニカルなシングルトラックまで、さまざまな状況でより多くのコントロールが可能です。

フロントフォーク

軽量WP XPLOR PRO 7548フォークはコーンバルブテクノロジーを使用することでほぼ無限のダンピング性能を可能にする、ユニークなバルブシステムです。これは優れた快適性とボトミング耐性を兼ね備えています。ライダーは外側の調整により、通常は内部のシムスタックを変更することで達成される設定を簡単に微調整できます。コーンバルブは無限に開けることができるので、サスペンションの荒さを低減し、閉じたカートリッジ構造が摩擦を低減し、長期間の一貫した性能と応答性の向上が実現します。

トリプルクランプ

軽量合金製のトリプルクランプは強固かつ頑丈なため安定性に優れている一方、シャシーの動きを正確に感じるのに程よい屈曲性があります。また、サイズやライドスタイルに関係なく、ライダーが最適なハンドルバーポジションを出すことができるように、幅広い調整機能を提供します。

ショックアブソーバー

プロ品質のKTM 790 ADVENTURE R RALLY用WP XPLOR PRO 6746ショックアブソーバーは、ラリー競技で長年勝利してきた経験を基に開発されました。最新の低摩擦コンポーネントのおかげで、ショックアブソーバーは最高レベルのダンピング性能を提供し、ライダーの身体的負担を低減します。プログレッシブダンピングシステム(PDS)を採用し、完全に調整可能です。高速および低速コンプレッションダンピング、リバウンドダンピング、スプリングプリロードはすべて、標準ツールを使用して外部から調整できます。 

頑丈に作られています
頑丈に作られています

ホイール

かつてないほど長く、困難なアドベンチャー!KTM 790 ADVENTURE R RALLYは高強度のDID DIRT STARリムを装備しています。ホイールサイズ21 x 2.15インチと18 x 4.00インチホイール。21インチのフロントおよび18インチリアスポークホイールは、ハードコアオフロードの探査に対応するために特別に開発されました。最も過酷なオフロードでの長年の経験と成功によって、ライダーは自信を持って最も遠く離れた荒野を突き進むことができます。最も過酷なライドでは、オプションのわずかに幅の狭いKTM PowerPartsホイールがあり、ムースタイヤで走るエンデューロ競技用ホイールに近いものです。

タイヤ

KTM 790 ADVENTURE R RALLYには軽量・長寿命なMETZELER Karoo 3のアドベンチャータイヤとチューブが装着されています。チューブを使用しているため、オプションのTPMSは設置できなくなりました。

トップクラスの制動力
トップクラスの制動力

ブレーキ

KTM 790 ADVENTURE R RALLYの制動力は、直径320 mmのツインブレーキディスク、フロントのラジアルマウント4ピストンキャリパー、リアのダブルピストンフローティングキャリパーにより作動される直径260 mmのブレーキディスクによって強化されています。フロントとリアブレーキの組み合わせにより、あらゆる乗車条件で制御性と停止パワーが理想的なミックスで提供されます。

さらに遠くへ
さらに遠くへ

燃料タンク

このバイクの革新的な設計の中心となっているのは、20リットルの低位置に配置された燃料タンクです。タンクの主な容量をできるだけ低位置にすることで、重心を下げ、操作性を向上しました。また、オフロードでの乗車の制御性を高めるため、立ち上がった状態での膝の部分を細く保っています。スペースが追加されたことで、より直線的で低いシートを使用でき、自由な動きが可能になり、アクセス性が向上しました。その上で、一般道では約450 kmの優れた燃料範囲や、軽量で耐久性のある炭素繊維タンクプロテクターによって、ライダーはより厳しい地形に冒険する自信が与えられます。

軽量、機敏、頑丈
軽量、機敏、頑丈

フレーム

KTM 790 ADVENTURE R RALLYの全体的な形状は、ストリートでの軽快でスポーティなハンドリング、長距離走行での快適性、驚くべきオフロード能力を実現するために開発されました。設計では強度を重視するため、鋼管CroMo鋼製フレームをエンジンと共に使用することで、補強部品として機能して重量および全体的なサイズを抑えています。すべての設計とエンジニアリングの革新が、コンパクトな寸法と軽量を確保することに集中しています。

軽量、機敏、頑丈

サブフレーム

フル装備のアドベンチャーでは、バイクが厳しい挑戦に耐える必要があります。鋼格子状サブフレームの設計はコンパクトかつ軽量で、さらに通常のアドベンチャーを上回るライドに予期される過酷な条件下でも乗客と荷物を搭載できる十分な強度があります。

スイングアーム

鋳造オープンラティス構造スイングアームはKTM ADVENTUREシリーズの代表的なエレメントです。これは最適な剛性と優れた柔軟性を持つように精密に製造されています。リアショックアブソーバーはスイングアームに直接連結することで、複雑さや部品点数を減らしながら、ライダーの走行動作フィーリングを高めています。比較的長めのスイングアームがトラクション、安定性、サスペンションのセットアップを補助します。

比類なきオフロードハンドリング
比類なきオフロードハンドリング

リアショック

WP PRO COMPONENTSのサスペンションはこのモーターサイクルの特徴です。このレベルのサスペンションを装備した市販のADVENTUREバイクは他にありません。個別の生産ラインで正確な規格に対応するように製造されたフォークとショックアブソーバーは卓越した機能を提供するだけでなく、機械加工された高精度の仕上げが特徴的です。サスペンションの前後移動量は270 mmで、KTM 790 ADVENTURE Rと比較してストロークが30 mm長くなります。これにより、ライダーはより高いレベルの快適さを維持しながら、障害物をより強く、より速く越えることができます。本質的に、ライダーは高速フープからタイトでテクニカルなシングルトラックまで、さまざまな状況でより多くのコントロールが可能です。

比類なきオフロードハンドリング

フロントフォーク

軽量WP XPLOR PRO 7548フォークはコーンバルブテクノロジーを使用することでほぼ無限のダンピング性能を可能にする、ユニークなバルブシステムです。これは優れた快適性とボトミング耐性を兼ね備えています。ライダーは外側の調整により、通常は内部のシムスタックを変更することで達成される設定を簡単に微調整できます。コーンバルブは無限に開けることができるので、サスペンションの荒さを低減し、閉じたカートリッジ構造が摩擦を低減し、長期間の一貫した性能と応答性の向上が実現します。

トリプルクランプ

軽量合金製のトリプルクランプは強固かつ頑丈なため安定性に優れている一方、シャシーの動きを正確に感じるのに程よい屈曲性があります。また、サイズやライドスタイルに関係なく、ライダーが最適なハンドルバーポジションを出すことができるように、幅広い調整機能を提供します。

ショックアブソーバー

プロ品質のKTM 790 ADVENTURE R RALLY用WP XPLOR PRO 6746ショックアブソーバーは、ラリー競技で長年勝利してきた経験を基に開発されました。最新の低摩擦コンポーネントのおかげで、ショックアブソーバーは最高レベルのダンピング性能を提供し、ライダーの身体的負担を低減します。プログレッシブダンピングシステム(PDS)を採用し、完全に調整可能です。高速および低速コンプレッションダンピング、リバウンドダンピング、スプリングプリロードはすべて、標準ツールを使用して外部から調整できます。 

頑丈に作られています
頑丈に作られています

ホイール

かつてないほど長く、困難なアドベンチャー!KTM 790 ADVENTURE R RALLYは高強度のDID DIRT STARリムを装備しています。ホイールサイズ21 x 2.15インチと18 x 4.00インチホイール。21インチのフロントおよび18インチリアスポークホイールは、ハードコアオフロードの探査に対応するために特別に開発されました。最も過酷なオフロードでの長年の経験と成功によって、ライダーは自信を持って最も遠く離れた荒野を突き進むことができます。最も過酷なライドでは、オプションのわずかに幅の狭いKTM PowerPartsホイールがあり、ムースタイヤで走るエンデューロ競技用ホイールに近いものです。

頑丈に作られています

タイヤ

KTM 790 ADVENTURE R RALLYには軽量・長寿命なMETZELER Karoo 3のアドベンチャータイヤとチューブが装着されています。チューブを使用しているため、オプションのTPMSは設置できなくなりました。

トップクラスの制動力
トップクラスの制動力

ブレーキ

KTM 790 ADVENTURE R RALLYの制動力は、直径320 mmのツインブレーキディスク、フロントのラジアルマウント4ピストンキャリパー、リアのダブルピストンフローティングキャリパーにより作動される直径260 mmのブレーキディスクによって強化されています。フロントとリアブレーキの組み合わせにより、あらゆる乗車条件で制御性と停止パワーが理想的なミックスで提供されます。

トップクラスの制動力
さらに遠くへ
さらに遠くへ

燃料タンク

このバイクの革新的な設計の中心となっているのは、20リットルの低位置に配置された燃料タンクです。タンクの主な容量をできるだけ低位置にすることで、重心を下げ、操作性を向上しました。また、オフロードでの乗車の制御性を高めるため、立ち上がった状態での膝の部分を細く保っています。スペースが追加されたことで、より直線的で低いシートを使用でき、自由な動きが可能になり、アクセス性が向上しました。その上で、一般道では約450 kmの優れた燃料範囲や、軽量で耐久性のある炭素繊維タンクプロテクターによって、ライダーはより厳しい地形に冒険する自信が与えられます。

さらに遠くへ

03. 人間工学と快適性

思い通りのハンドル操作
思い通りのハンドル操作

ハンドルバー

アルミニウム製テーパーハンドルバーは、快適な乗車位置を提供するものの、最大の制御性が得られます。このハンドルバーは6つの異なる位置で装着でき、調整範囲は30 ㎜のため、ライダーにフィットさせることができます。

走るために形作られた
走るために形作られた

シート

高い、レース特有の真っ直ぐなシートは、このバイクのラリー意図を明確に表しています。シングルピースシートは、オフロード走行のエルゴノミクスを強化し、座った状態から立ち上がった状態への移行が容易です。KTM 790 ADVENTUREおよびKTM 790 ADVENTURE R用に開発されたシートは、ライド高さを低くする、快適性を高める、純粋に個人の好みに合わせて取り付けできます。

グリップと安定性
グリップと安定性

フットペグ

ラリーフットベグはバイクで立ち上がるときに、グリップ力と広いプラットフォームを提供し、快適性が高まります。標準のKTM 790 ADVENTURE Rフットレストも取り付けできます。

お見逃しなく
お見逃しなく

ウィンドシールド

KTM 790 ADVENTURE R RALLYには短いウィンドシールドが装備されています。この低プロファイルによって、ライダーが立ち上がったときにバイクを自由に動かすことができ、スクリーンが泥だらけになっていても、バイク前面の視界を遮るものはありません。KTM 790 ADVENTUREのより高いスクリーンを設置して、防風性を高めることもできます。スクリーンとウィングレットはスモークではなく透明で、視認性と軽量感を高めています。

思い通りのハンドル操作
思い通りのハンドル操作

ハンドルバー

アルミニウム製テーパーハンドルバーは、快適な乗車位置を提供するものの、最大の制御性が得られます。このハンドルバーは6つの異なる位置で装着でき、調整範囲は30 ㎜のため、ライダーにフィットさせることができます。

思い通りのハンドル操作
走るために形作られた
走るために形作られた

シート

高い、レース特有の真っ直ぐなシートは、このバイクのラリー意図を明確に表しています。シングルピースシートは、オフロード走行のエルゴノミクスを強化し、座った状態から立ち上がった状態への移行が容易です。KTM 790 ADVENTUREおよびKTM 790 ADVENTURE R用に開発されたシートは、ライド高さを低くする、快適性を高める、純粋に個人の好みに合わせて取り付けできます。

走るために形作られた
グリップと安定性
グリップと安定性

フットペグ

ラリーフットベグはバイクで立ち上がるときに、グリップ力と広いプラットフォームを提供し、快適性が高まります。標準のKTM 790 ADVENTURE Rフットレストも取り付けできます。

グリップと安定性
お見逃しなく
お見逃しなく

ウィンドシールド

KTM 790 ADVENTURE R RALLYには短いウィンドシールドが装備されています。この低プロファイルによって、ライダーが立ち上がったときにバイクを自由に動かすことができ、スクリーンが泥だらけになっていても、バイク前面の視界を遮るものはありません。KTM 790 ADVENTUREのより高いスクリーンを設置して、防風性を高めることもできます。スクリーンとウィングレットはスモークではなく透明で、視認性と軽量感を高めています。

お見逃しなく

04. ボディワークとグラフィクス

長く、ハードに走る
長く、ハードに走る

Bodywork

KTM 790 ADVENTURE R RALLYのボディワークは最小限に留められています。頑丈なプラスチックは、傷が付いてもその外観を維持できる色で製造されています。タンクスポイラーとリアサイドのパネルはシートよりもわずかに広いため、制御性が改善され、シートの摩擦による損傷を抑制します。KTMのラリーバイクからデザインのヒントを得て、LEDヘッドライトマスクが小さくなり、フロントエンドがスリムで軽量になりました。

Graphics

KTMファクトリーレーシングの努力に同意するだけではなく、まったく新しく、ユニークな色、グラフィックスがADVENTUREバイクの限定エディションを装飾しています。 

長く、ハードに走る
長く、ハードに走る

Bodywork

KTM 790 ADVENTURE R RALLYのボディワークは最小限に留められています。頑丈なプラスチックは、傷が付いてもその外観を維持できる色で製造されています。タンクスポイラーとリアサイドのパネルはシートよりもわずかに広いため、制御性が改善され、シートの摩擦による損傷を抑制します。KTMのラリーバイクからデザインのヒントを得て、LEDヘッドライトマスクが小さくなり、フロントエンドがスリムで軽量になりました。

長く、ハードに走る

Graphics

KTMファクトリーレーシングの努力に同意するだけではなく、まったく新しく、ユニークな色、グラフィックスがADVENTUREバイクの限定エディションを装飾しています。 

05. ソフトウェアと電子機器

見たり、視認されるのに十分な光量
見たり、視認されるのに十分な光量

LEDヘッドライト

LEDライトは、KTM 790 ADVENTURE R RALLYのメインヘッドライトとして使用されています。これらは優れた照明と視認性を提供し、とてもコンパクトで、バイク全体の容量を減らすことに役立ちます。

シンプル、明快、情報豊富
シンプル、明快、情報豊富

TFTディスプレイ

5インチ、フルカラーの最先端TFTディスプレイでは、トリップメーター、走行距離、ABS設定およびライドモードなどの貴重な情報をその場で簡単に読み取れます。ライダーは、どの情報をスクリーン上のどこにその情報表示するかを選択できます。ディスプレイの設定は可変で、周囲光に合わせ自動的に調整されます。回転計はシフト時に点滅して知らせます。

アドベンチャーをレベルアップする
アドベンチャーをレベルアップする

ライダーエイド

ライダーの電子的補助機能により、あらゆる条件下でライダーの制御性およびパフォーマンスが向上し、より楽しい乗車が可能となります。最新のABSとモーターサイクルトラクションコントロール(MTC)技術、さらにさまざまなライドモードがライダーの乗車を強化します。これらの機能は各種ライドエイドを迅速かつ簡単に調整できるようにカスタマイズされており、選択、選択解除、利用することで、バイクの革新的な技術や装備を非常に広い範囲の地形や条件で最大限利用できるようになります。 

MTC(モーターサイクルトラクションコントロール)

MTC(モーターサイクルトラクションコントロール)傾斜角感知型トラクションコントロールシステムは、リアホイールの回転速度が運転状況と不釣り合いになった場合、直ちに反応します。MTCは、わずか1000分の1秒単位で、極めてスムーズに、ほとんど認識できないレベルでスロットルバルブに介入してエンジン出力を抑制。選択されたライドモードと現在のバンク角に応じて、最適な割合になるまでスリップ量を減らします。息を呑むような加速を楽しみたい意欲的なライダーは、このトラクションコントロールのスイッチをオフにすることもできます。

コーナリングABS

KTMのコーナリングABSシステムでは、ライダーはブレーキをフルパワーで使用できる一方、システムはモーターサイクルの傾斜角にマッチするブレーキ圧を調整し、広範な条件および状況下でより安全かつ予測可能なブレーキを実行できます。オフロード条件ではオフにすることが可能です。

オフロードABS

ブレーキの要求は予測可能なアスファルトと、砂、泥、砂利、岩ではまったく異なります。「オフロードABS」を選択すると、リアホイールのABS機能が無効になり、前輪のABS介入が減少し、傾斜角センサーデータが無視されて、移動面が変化する可能性があるオフロード(隆起、わだち、砂丘に向かって傾くなど)の多くの潜在的なコーナリング、ステアリング、コントロールシナリオに対応します。これにより、ライダーはリアホイールをロックし、コーナーへのステアリングに使用できるようになり、オフロードでのライディングエクスペリエンスを最大限に高めたいライダーに役立つスキルです。「オフロードABS」はゆるい路面でフロントホイールのABSの傾向を減少させることで適切な制動力とダートでの安全なブレーキ機能のバランスを取っています。これらの設定は、あらゆる状況において、電子機器による最小限の介入で最大のブレーキパワーを提供できるように開発されました。オフロードの場合、このモードを使用して最も冒険的な地形でKTM 790 ADVENTURE R RALLYのダイナミックなライディング可能性を最大限に解き放ちます。

オフロードライドモード

「オフロードライドモード」は、高度なセンサーを使用して、オフロード用にパワー供給を調整します。これは何を意味しますか?最適化されたホイールスリップレベルは、ゆるい路面で最大の推進力が得られます。機能の方法ピーク馬力は多少減少し、スロットル応答がスムーズになり、それに応じて電子的介入が調整される前に許容されるホイールスリップの量が調整されます。ゆるく低グリップ路面では、効果的な推進運動のために実際にはある程度のホイールスリップが必要です。この機能によって、ライダーはかなりの程度トラクションにブレーキが可能になり、オフロードスタイルのリアホイールステアリングが容易になります。このモードではアンチウイリーは使用されませんので、ライダーは、障害物があるとき容易にフロントホイールを持ち上げることが可能です。他のモードとは異なり、「オフロードライドモード」は傾斜角に敏感ではありません。つまりオフロードライドで隆起、砂丘、わだちを使って、カーブに傾いて入るときに、トラクションコントロールは介入しません。

ラリーモード

より高度な「ラリーモード」では、バイクのパワー伝達と応答特性をより自由に調節できます。「ラリーモード」はオフロードライドモードで提供されるスロットル応答レベルをよりスポーティにしたバージョンを提供します。リアホイールスリップ調整は9つのレベルで変更でき、レベル9の高い介入(「ストリート」モードの介入レベルに相当)から、ほとんど干渉のない極端なレベル1まで、そしてその中間に7段階の介入レベルがあります。これらの設定を使って、表面の条件、ライダーのスキルレベルおよび乗車の要件に合わせてスリップ調整を正確に適合できるようになりました。スリップレベルを下げることで、遠くまでのライドや長時間のライドで、タイヤやライダーエネルギーの消耗を抑えることにも役立ちます。

接続を常に維持
接続を常に維持

KTM MyRide

KTM MY RIDEシステムを使用すると、スマートフォンをバイクに接続でき、ライダーは電話に出たり、音楽を視聴したり、オプションでナビゲーションのアプリも使用したりすることができます(詳細情報はwww.ktm.com/my-rideを参照)。

見たり、視認されるのに十分な光量
見たり、視認されるのに十分な光量

LEDヘッドライト

LEDライトは、KTM 790 ADVENTURE R RALLYのメインヘッドライトとして使用されています。これらは優れた照明と視認性を提供し、とてもコンパクトで、バイク全体の容量を減らすことに役立ちます。

見たり、視認されるのに十分な光量
シンプル、明快、情報豊富
シンプル、明快、情報豊富

TFTディスプレイ

5インチ、フルカラーの最先端TFTディスプレイでは、トリップメーター、走行距離、ABS設定およびライドモードなどの貴重な情報をその場で簡単に読み取れます。ライダーは、どの情報をスクリーン上のどこにその情報表示するかを選択できます。ディスプレイの設定は可変で、周囲光に合わせ自動的に調整されます。回転計はシフト時に点滅して知らせます。

シンプル、明快、情報豊富
アドベンチャーをレベルアップする
アドベンチャーをレベルアップする

ライダーエイド

ライダーの電子的補助機能により、あらゆる条件下でライダーの制御性およびパフォーマンスが向上し、より楽しい乗車が可能となります。最新のABSとモーターサイクルトラクションコントロール(MTC)技術、さらにさまざまなライドモードがライダーの乗車を強化します。これらの機能は各種ライドエイドを迅速かつ簡単に調整できるようにカスタマイズされており、選択、選択解除、利用することで、バイクの革新的な技術や装備を非常に広い範囲の地形や条件で最大限利用できるようになります。 

アドベンチャーをレベルアップする

MTC(モーターサイクルトラクションコントロール)

MTC(モーターサイクルトラクションコントロール)傾斜角感知型トラクションコントロールシステムは、リアホイールの回転速度が運転状況と不釣り合いになった場合、直ちに反応します。MTCは、わずか1000分の1秒単位で、極めてスムーズに、ほとんど認識できないレベルでスロットルバルブに介入してエンジン出力を抑制。選択されたライドモードと現在のバンク角に応じて、最適な割合になるまでスリップ量を減らします。息を呑むような加速を楽しみたい意欲的なライダーは、このトラクションコントロールのスイッチをオフにすることもできます。

コーナリングABS

KTMのコーナリングABSシステムでは、ライダーはブレーキをフルパワーで使用できる一方、システムはモーターサイクルの傾斜角にマッチするブレーキ圧を調整し、広範な条件および状況下でより安全かつ予測可能なブレーキを実行できます。オフロード条件ではオフにすることが可能です。

オフロードABS

ブレーキの要求は予測可能なアスファルトと、砂、泥、砂利、岩ではまったく異なります。「オフロードABS」を選択すると、リアホイールのABS機能が無効になり、前輪のABS介入が減少し、傾斜角センサーデータが無視されて、移動面が変化する可能性があるオフロード(隆起、わだち、砂丘に向かって傾くなど)の多くの潜在的なコーナリング、ステアリング、コントロールシナリオに対応します。これにより、ライダーはリアホイールをロックし、コーナーへのステアリングに使用できるようになり、オフロードでのライディングエクスペリエンスを最大限に高めたいライダーに役立つスキルです。「オフロードABS」はゆるい路面でフロントホイールのABSの傾向を減少させることで適切な制動力とダートでの安全なブレーキ機能のバランスを取っています。これらの設定は、あらゆる状況において、電子機器による最小限の介入で最大のブレーキパワーを提供できるように開発されました。オフロードの場合、このモードを使用して最も冒険的な地形でKTM 790 ADVENTURE R RALLYのダイナミックなライディング可能性を最大限に解き放ちます。

オフロードライドモード

「オフロードライドモード」は、高度なセンサーを使用して、オフロード用にパワー供給を調整します。これは何を意味しますか?最適化されたホイールスリップレベルは、ゆるい路面で最大の推進力が得られます。機能の方法ピーク馬力は多少減少し、スロットル応答がスムーズになり、それに応じて電子的介入が調整される前に許容されるホイールスリップの量が調整されます。ゆるく低グリップ路面では、効果的な推進運動のために実際にはある程度のホイールスリップが必要です。この機能によって、ライダーはかなりの程度トラクションにブレーキが可能になり、オフロードスタイルのリアホイールステアリングが容易になります。このモードではアンチウイリーは使用されませんので、ライダーは、障害物があるとき容易にフロントホイールを持ち上げることが可能です。他のモードとは異なり、「オフロードライドモード」は傾斜角に敏感ではありません。つまりオフロードライドで隆起、砂丘、わだちを使って、カーブに傾いて入るときに、トラクションコントロールは介入しません。

ラリーモード

より高度な「ラリーモード」では、バイクのパワー伝達と応答特性をより自由に調節できます。「ラリーモード」はオフロードライドモードで提供されるスロットル応答レベルをよりスポーティにしたバージョンを提供します。リアホイールスリップ調整は9つのレベルで変更でき、レベル9の高い介入(「ストリート」モードの介入レベルに相当)から、ほとんど干渉のない極端なレベル1まで、そしてその中間に7段階の介入レベルがあります。これらの設定を使って、表面の条件、ライダーのスキルレベルおよび乗車の要件に合わせてスリップ調整を正確に適合できるようになりました。スリップレベルを下げることで、遠くまでのライドや長時間のライドで、タイヤやライダーエネルギーの消耗を抑えることにも役立ちます。

接続を常に維持
接続を常に維持

KTM MyRide

KTM MY RIDEシステムを使用すると、スマートフォンをバイクに接続でき、ライダーは電話に出たり、音楽を視聴したり、オプションでナビゲーションのアプリも使用したりすることができます(詳細情報はwww.ktm.com/my-rideを参照)。

接続を常に維持

技術仕様

エンジン

  • トルク 88 Nm
  • トランスミッション 6速
  • 冷却 水冷
  • Kw出力 70 kW
  • スターター セルスターター
  • ストローク 65.7 mm
  • ボア 88 mm
  • クラッチ PASC™ アンチホッピングクラッチ、機械操作式
  • CO<sub>2</sub> emissions 98 g/km
  • 排気量 799 cm³
  • EMS Bosch製 EMS ライドバイワイヤー
  • デザイン 2シリンダー、4ストローク、並列二気筒
  • 消費燃料 4.19 l/100 km
  • 潤滑 2ポンプ式オイル圧送潤滑

シャシー

  • 燃料タンク容量 (約) 20 l
  • ABS Bosch 9.1 MP (incl. Cornering-ABS and offroad mode, disengageable)
  • フロントブレーキディスク径 320 mm
  • リアブレーキディスク径 260 mm
  • フロントブレーキ 2x ラジアルマウント4ピストンキャリパー
  • リアブレーキ 2ピストンフローティングキャリパー
  • チェーン X-Ring 5/8 x 1/4"
  • 乾燥重量 189 kg
  • フレームデザイン 圧縮パーツであるエンジンを用いたクロムモリブデン鋼製フレーム、パウダーコーティング
  • フロントサスペンション WP XPLOR PRO 7548
  • 最低地上高 263 mm
  • リアサスペンション XPLOR PRO 6746
  • シート高 910 mm
  • キャスター角 63.7 °
  • サスペンションストローク (フロント) 270 mm
  • サスペンションストローク (リア) 270 mm