TAKE THE LONG WAY HOME

KTM 390 ADVENTURE

基本価格: 830,000 JPY*

KTM 390 ADVENTUREは、オールロードでの多用途性と確かな信頼性、そして実戦的なパフォーマンスを融合させ、さらなる探求の旅を続けます。KTM 390 ADVENTUREは、373ccのコンパクトな単気筒エンジン、高性能で軽量なシャシー、クラス最高レベルのエレクトロニクスを備え、KTM ADVENTUREに期待される比類ない性能と興奮で、新たな境地を切り開くことを後押ししてくれます。デザインを一新したKTM 390 ADVENTUREは、ダカール・ラリー活躍しているKTM FACTORY RALLYのビジュアルと調和しています。
  • PHO_BIKE_90_RE_390-adv-22-bl-90re_#SALL_#AEPI_#V1.png
    PHO_BIKE_90_LI_390-adv-22-bl-90li_#SALL_#AEPI_#V1.png
    PHO_BIKE_PERS_LIVO_390-adv-22-bl-livo_#SALL_#AEPI_#V1.png
    PHO_BIKE_PERS_REVO_390-adv-22-bl-revo_#SALL_#AEPI_#V1.png
  • PHO_BIKE_90_RE_390-adv-22-or-90re_#SALL_#AEPI_#V1.png
    PHO_BIKE_90_LI_390-adv-22-or-90li_#SALL_#AEPI_#V1.png
    PHO_BIKE_PERS_LIVO_390-adv-22-or-livo_#SALL_#AEPI_#V1.png
    PHO_BIKE_PERS_REVO_390-adv-22-or-revo_#SALL_#AEPI_#V1.png
KTM 390 ADVENTUREは、オールロードでの多用途性と確かな信頼性、そして実戦的なパフォーマンスを融合させ、さらなる探求の旅を続けます。KTM 390 ADVENTUREは、373ccのコンパクトな単気筒エンジン、高性能で軽量なシャシー、クラス最高レベルのエレクトロニクスを備え、KTM ADVENTUREに期待される比類ない性能と興奮で、新たな境地を切り開くことを後押ししてくれます。デザインを一新したKTM 390 ADVENTUREは、ダカール・ラリー活躍しているKTM FACTORY RALLYのビジュアルと調和しています。

 

Two real adventurers on the new KTM 390 ADVENTURE

  1. エンジンとエグゾースト
  2. シャシー
  3. 人間工学と快適性
  4. ボディワークとグラフィクス
  5. ソフトウェアと電子機器

01. エンジンとエグゾースト

エンジン

最新鋭の水冷単気筒4ストローク・最高出力32kW(43 PS)、最大トルク37 Nmのパンチの効いた373ccエンジンが、この俊敏なマシンがあなたをKTMのADVENTUREの世界へと完璧に導いています。ツインオーバーヘッドカムシャフト、4バルブ、電子制御燃料噴射装置が、KTM 390 ADVENTUREの優れたパワーと、バランサーシャフトとともに、最高レベルのスムーズさを実現しています。軽量かつコンパクトな構造は、直線的な吸気経路を容易にし、空気が燃焼室に流れ込む距離を短縮し、その先にある2つの触媒コンバーターへのガスフローを可能にする。空気とガスの移動が速くなることで、エンジンの暖機運転も速くなります。さらに、2つの触媒コンバーターと燃料タンク換気システム(EVAPシステム)は排ガス値を改善し、燃料蒸気が環境に放出されるのを防ぐため、KTM 390 ADVENTUREは非常に環境に優しく、厳しいEU5排ガス規制をクリアしています。

アンチホッピングクラッチ

スリッパークラッチは、エンジンのバックトルクが高くなると開き、急ブレーキや減速時の煩わしい後輪のチャタリングを防ぎ、後輪のスライドをコントロールするためにほんの少しホイールを制動することができます。また、スロットルを開けるとクラッチスプリングの力で閉じるので、小指でクラッチを引くことができ、ライディング時のエネルギーを節約することができます。

ピストン

ボア89mmのピストンには、耐久性を高めるためにDLCコーティングが施されています。60mmのストロークを行い、373.2ccの排気量と12.6:1の圧縮比を発生させる。クラウンの冷却にはオイルスプレーノズルを採用し、ピストンにはオープンデッキ設計の連続低摩擦ニカシルコーティングアルミニウム湿式ブッシュを採用した。

EMS/ライドバイワイヤー

390 ADVENTUREは、46mmスロットルボディを備えた最新の電子燃料噴射システムを搭載した、最先端のエンジンマネジメントシステムを装備しています。電子制御インジェクションシステムのスロットルバルブは、従来のスロットルケーブルで制御するのではなく、KTM 390 ADVENTUREではライドバイワイヤ方式を採用しています。電子センサーの助けを借りて、スロットルグリップをひねると、サーボモーターを使ってスロットルバルブが作動します。ライダーのスロットルコマンドを、現在のライディングシーンに最適なスロットルバルブ位置に電子的に変換し、最もリニアなパワーデリバリーを実現するのです。

シリンダーヘッド

最先端のDOHC(ダブルオーバーヘッドカムシャフト)技術。KTM 390 ADVENTUREのシリンダーヘッドの4つのバルブは、耐久性の高いフィンガーフォロワーを介して、2本のオーバーヘッドカムシャフトで作動します。この設計は、成功を収めたKTM 1290 SUPER ADVENTUREを含む、多くのオフロードモデルで好んで採用されているパフォーマンスソリューションのひとつです。また、フィンガーレバーに施された超硬質DLCコーティングにより、低フリクションを実現し、高回転での長時間駆動にも耐える信頼性の高いエンジンとなっています。

トランスミッション

KTM 390 ADVENTUREには、堅牢な6速シーケンシャルギアボックスが搭載されています。390ccエンジンのパワーバンドに最適なギア比を採用し、流れるようなストリートライドからチャレンジングなオフロード走行まで、スムーズに最適なギアを選択することができる。 

A2ライセンス

KTM 390 ADVENTUREはA2ドライバーのすべてのライセンス要件に適合しています。※A2ライセンスとはEU地域の二輪免許制度です。

エグゾースト

KTM 390 ADVENTUREには、堅牢な6速シーケンシャルギアボックスが搭載されています。390ccエンジンのパワーバンドに最適なギア比を採用し、流れるようなストリートライドからチャレンジングなオフロード走行まで、スムーズに最適なギアを選択することができる。 

エンジン

最新鋭の水冷単気筒4ストローク・最高出力32kW(43 PS)、最大トルク37 Nmのパンチの効いた373ccエンジンが、この俊敏なマシンがあなたをKTMのADVENTUREの世界へと完璧に導いています。ツインオーバーヘッドカムシャフト、4バルブ、電子制御燃料噴射装置が、KTM 390 ADVENTUREの優れたパワーと、バランサーシャフトとともに、最高レベルのスムーズさを実現しています。軽量かつコンパクトな構造は、直線的な吸気経路を容易にし、空気が燃焼室に流れ込む距離を短縮し、その先にある2つの触媒コンバーターへのガスフローを可能にする。空気とガスの移動が速くなることで、エンジンの暖機運転も速くなります。さらに、2つの触媒コンバーターと燃料タンク換気システム(EVAPシステム)は排ガス値を改善し、燃料蒸気が環境に放出されるのを防ぐため、KTM 390 ADVENTUREは非常に環境に優しく、厳しいEU5排ガス規制をクリアしています。

アンチホッピングクラッチ

スリッパークラッチは、エンジンのバックトルクが高くなると開き、急ブレーキや減速時の煩わしい後輪のチャタリングを防ぎ、後輪のスライドをコントロールするためにほんの少しホイールを制動することができます。また、スロットルを開けるとクラッチスプリングの力で閉じるので、小指でクラッチを引くことができ、ライディング時のエネルギーを節約することができます。

ピストン

ボア89mmのピストンには、耐久性を高めるためにDLCコーティングが施されています。60mmのストロークを行い、373.2ccの排気量と12.6:1の圧縮比を発生させる。クラウンの冷却にはオイルスプレーノズルを採用し、ピストンにはオープンデッキ設計の連続低摩擦ニカシルコーティングアルミニウム湿式ブッシュを採用した。

EMS/ライドバイワイヤー

390 ADVENTUREは、46mmスロットルボディを備えた最新の電子燃料噴射システムを搭載した、最先端のエンジンマネジメントシステムを装備しています。電子制御インジェクションシステムのスロットルバルブは、従来のスロットルケーブルで制御するのではなく、KTM 390 ADVENTUREではライドバイワイヤ方式を採用しています。電子センサーの助けを借りて、スロットルグリップをひねると、サーボモーターを使ってスロットルバルブが作動します。ライダーのスロットルコマンドを、現在のライディングシーンに最適なスロットルバルブ位置に電子的に変換し、最もリニアなパワーデリバリーを実現するのです。

シリンダーヘッド

最先端のDOHC(ダブルオーバーヘッドカムシャフト)技術。KTM 390 ADVENTUREのシリンダーヘッドの4つのバルブは、耐久性の高いフィンガーフォロワーを介して、2本のオーバーヘッドカムシャフトで作動します。この設計は、成功を収めたKTM 1290 SUPER ADVENTUREを含む、多くのオフロードモデルで好んで採用されているパフォーマンスソリューションのひとつです。また、フィンガーレバーに施された超硬質DLCコーティングにより、低フリクションを実現し、高回転での長時間駆動にも耐える信頼性の高いエンジンとなっています。

トランスミッション

KTM 390 ADVENTUREには、堅牢な6速シーケンシャルギアボックスが搭載されています。390ccエンジンのパワーバンドに最適なギア比を採用し、流れるようなストリートライドからチャレンジングなオフロード走行まで、スムーズに最適なギアを選択することができる。 

A2ライセンス

KTM 390 ADVENTUREはA2ドライバーのすべてのライセンス要件に適合しています。※A2ライセンスとはEU地域の二輪免許制度です。

エグゾースト

KTM 390 ADVENTUREには、堅牢な6速シーケンシャルギアボックスが搭載されています。390ccエンジンのパワーバンドに最適なギア比を採用し、流れるようなストリートライドからチャレンジングなオフロード走行まで、スムーズに最適なギアを選択することができる。 

02. シャシー

軽量で頑丈
軽量で頑丈

フレーム

レースで実績のあるKTM 450 RALLYフレームと同様、KTM 390 ADVENTUREは超軽量でありながら非常に安定した鋼格子状フレームが特徴です。これは安定と制御性のすべての要件を上回り、この敏捷で冒険を楽しめるバイクのバックボーンとなっています。1430 (+/-15.5 mm)のホイールベースと63.5度のキャスター角を組み合わせた柔軟性と剛性の寛容なバランスは、明白にオフロード指向のレイアウトを示唆しています。また、卓越した直線安定性と正確で俊敏なステアリング動作の基にもなっています。

サブフレーム

取り外し可能なスチール製鋼格子状サブフレームは、4本のネジでメインフレームに固定されています。これはコンパクトかつ軽量に設計され、さらにアドベンチャーライディングで予期される過酷な条件下でもライダーと荷物を搭載できる十分な強度があります。

スイングアーム

鋳造オープンラティス構造スイングアームはKTM ADVENTUREシリーズの代表的なエレメントです。これは最適な剛性と優れた柔軟性を持つように精密に製造されています。リアショックアブソーバーはスイングアームに直接連結することで、複雑さや部品点数を減らしながら、ライダーの走行動作フィーリングを高めています。比較的長いスイングアームは、適切なオフロードタイヤに十分なスペースを提供します。

万全の準備
万全の準備

リアショック

KTM 390 ADVENTUREは、過酷な地形で長年にわたり開発、そしてWPのレーシング経験をフィードバックして、より冒険に適した優れたハンドリングパッケージを提供します。フロントおよびリアの完全に調整可能なWP APEXサスペンションは、シャシーと完全に連携し、快適性、制御、より困難な道路を駆け抜けるクリアランスを提供します。 

フロントフォーク

WP APEX 43 mmの倒立フォークはもともとエンデューロライディング用に開発されたもので、このクラスのサスペンションで絶対的なリーダーです。両サイドにスプリングが装着され、各フォークレッグには個別の機能(コンプレッションダンピングは左側、ホワイトリバウンドは右側)を供給します。これはフォークの上部にあるダイヤルを回すことで、フォークを簡単に調整できることを意味します。高品質な素材と最先端の製造プロセスを採用したことにより、WP APEX 43 mmフォークは、約170 mmの移動量を実現し、卓越したレスポンスとダンピング特性を誇ります。

トリプルクランプ

トリプルクランプは63.5度のキャスター角用に開発されています。KTM PowerPartsカタログから入手できるさまざまなマウントでハンドルバーの高さを変更することもできます。

ショックアブソーバー

KTM 390 ADVENTUREの軽快なシャシーには、最新鋭のWP APEXショックアブソーバーが搭載されています。タフなコンディションでの長距離走行に最適なパフォーマンスを提供します。スプリングプリロードとリバウンドダンピングの調整により、様々な状況に応じて微調整が可能で、KTMらしいパフォーマンスと一日中快適なライディングを両立しています。

ホイール

新開発の5本スポークキャストホイールは、アドベンチャーライダーの過酷な地形に対応できるよう、特に頑丈に設計されています。フロント19インチ、リア17インチにはチューブレスタイヤCONTINENTAL TKC 70を装着し、ストリートでの優れた走行性能と、ダートでの十分なグリップ力とコントロール性能を両立しています。

高レベルの制動力
高レベルの制動力

ブレーキ

フロント320mm、リア230mmの大径ブレーキディスクと、4ピストンラジアルマウントフロントキャリパー、1ピストンフローティングリアキャリパーを組み合わせた高品質なバイブルブレーキは、コントロール性と制動力を理想的にバランスさせた。さらに、BOSCH製の2チャンネルABSシステムが、いざというときの最高水準の安全性を確保します。

14.5 Lのアドベンチャーの可能性
14.5 Lのアドベンチャーの可能性

燃料タンク

燃料タンクは、この390 ADVENTUREのデザインとエンジニアリングの卓越性の中心的な要素です。人間工学に基づいた優れた形状で、膝まわりスリムに、幅広いライダーにフィットし、優れたコントロール性を発揮する。 燃料タンクは約14.5リットルの大容量で、優れた燃費性能と合わせて、満タンで400km以上の航続距離も可能になります。(走行条件により異なります)

軽量で頑丈
軽量で頑丈

フレーム

レースで実績のあるKTM 450 RALLYフレームと同様、KTM 390 ADVENTUREは超軽量でありながら非常に安定した鋼格子状フレームが特徴です。これは安定と制御性のすべての要件を上回り、この敏捷で冒険を楽しめるバイクのバックボーンとなっています。1430 (+/-15.5 mm)のホイールベースと63.5度のキャスター角を組み合わせた柔軟性と剛性の寛容なバランスは、明白にオフロード指向のレイアウトを示唆しています。また、卓越した直線安定性と正確で俊敏なステアリング動作の基にもなっています。

軽量で頑丈

サブフレーム

取り外し可能なスチール製鋼格子状サブフレームは、4本のネジでメインフレームに固定されています。これはコンパクトかつ軽量に設計され、さらにアドベンチャーライディングで予期される過酷な条件下でもライダーと荷物を搭載できる十分な強度があります。

スイングアーム

鋳造オープンラティス構造スイングアームはKTM ADVENTUREシリーズの代表的なエレメントです。これは最適な剛性と優れた柔軟性を持つように精密に製造されています。リアショックアブソーバーはスイングアームに直接連結することで、複雑さや部品点数を減らしながら、ライダーの走行動作フィーリングを高めています。比較的長いスイングアームは、適切なオフロードタイヤに十分なスペースを提供します。

万全の準備
万全の準備

リアショック

KTM 390 ADVENTUREは、過酷な地形で長年にわたり開発、そしてWPのレーシング経験をフィードバックして、より冒険に適した優れたハンドリングパッケージを提供します。フロントおよびリアの完全に調整可能なWP APEXサスペンションは、シャシーと完全に連携し、快適性、制御、より困難な道路を駆け抜けるクリアランスを提供します。 

万全の準備

フロントフォーク

WP APEX 43 mmの倒立フォークはもともとエンデューロライディング用に開発されたもので、このクラスのサスペンションで絶対的なリーダーです。両サイドにスプリングが装着され、各フォークレッグには個別の機能(コンプレッションダンピングは左側、ホワイトリバウンドは右側)を供給します。これはフォークの上部にあるダイヤルを回すことで、フォークを簡単に調整できることを意味します。高品質な素材と最先端の製造プロセスを採用したことにより、WP APEX 43 mmフォークは、約170 mmの移動量を実現し、卓越したレスポンスとダンピング特性を誇ります。

トリプルクランプ

トリプルクランプは63.5度のキャスター角用に開発されています。KTM PowerPartsカタログから入手できるさまざまなマウントでハンドルバーの高さを変更することもできます。

ショックアブソーバー

KTM 390 ADVENTUREの軽快なシャシーには、最新鋭のWP APEXショックアブソーバーが搭載されています。タフなコンディションでの長距離走行に最適なパフォーマンスを提供します。スプリングプリロードとリバウンドダンピングの調整により、様々な状況に応じて微調整が可能で、KTMらしいパフォーマンスと一日中快適なライディングを両立しています。

ホイール

新開発の5本スポークキャストホイールは、アドベンチャーライダーの過酷な地形に対応できるよう、特に頑丈に設計されています。フロント19インチ、リア17インチにはチューブレスタイヤCONTINENTAL TKC 70を装着し、ストリートでの優れた走行性能と、ダートでの十分なグリップ力とコントロール性能を両立しています。

高レベルの制動力
高レベルの制動力

ブレーキ

フロント320mm、リア230mmの大径ブレーキディスクと、4ピストンラジアルマウントフロントキャリパー、1ピストンフローティングリアキャリパーを組み合わせた高品質なバイブルブレーキは、コントロール性と制動力を理想的にバランスさせた。さらに、BOSCH製の2チャンネルABSシステムが、いざというときの最高水準の安全性を確保します。

高レベルの制動力
14.5 Lのアドベンチャーの可能性
14.5 Lのアドベンチャーの可能性

燃料タンク

燃料タンクは、この390 ADVENTUREのデザインとエンジニアリングの卓越性の中心的な要素です。人間工学に基づいた優れた形状で、膝まわりスリムに、幅広いライダーにフィットし、優れたコントロール性を発揮する。 燃料タンクは約14.5リットルの大容量で、優れた燃費性能と合わせて、満タンで400km以上の航続距離も可能になります。(走行条件により異なります)

14.5 Lのアドベンチャーの可能性

03. 人間工学と快適性

ハンドルバー

目的にぴったりと合ったテーパーアルミニウムハンドルバーにより、指先でのスイッチコントロールが可能です。座っていても立っていても理想的なライディングポジションが得られるだけでなく、好みに合わせてカスタマイズできるTFTメニュースイッチの台座にもなっています。例えば、ABSやMTCの設定に簡単にアクセスでき、突然の路面切れに素早く対応できるように設定できます。

シート

KTM 390 ADVENTUREは、ロングツーリングライダーに比類ない快適性とライダーコントロールを提供する2分割式のシートを採用しています。フロント部分を狭くしたライダーズシートは、乗り降りがしやすいだけでなく、でこぼこ道などでもコントロールしやすくなっています。またシートは簡単に取り外すことができ、エアボックスや小さな収納スペースにアクセスすることができます。KTM PowerPartsチームが、快適性からライディングスタイルまで、お客様のニーズに合わせて様々なシートを開発しました。

走行との接続を維持
走行との接続を維持

フットペグ

ワイドで堅牢なフットペグは、オフロードモデルからフィードバックを受け、立ち乗りでも座り乗りでも、ストリートでもオフロードでも、1日中ライディングできるように開発されました。ラバーインサートが装着されており、ストリートではより快適に、オフロードではグリップ力を高めるために簡単に取り外すことができる。

ウィンドシールド

KTM 390 ADVENTUREのウィンドシールドは効率的なデフレクターです。ライダーがバイクを自由に動かすことができるプロファイルで、スクリーンが泥だらけになっていても、バイク前面の視界を遮るものはありません。また、ライダーのサイズやニーズに合わせて、低い位置/高い位置に取り付けることもできます。KTM PowerPartsカタログからは、長さの異なる2種類のウィンドシールドを注文できます。

ハンドルバー

目的にぴったりと合ったテーパーアルミニウムハンドルバーにより、指先でのスイッチコントロールが可能です。座っていても立っていても理想的なライディングポジションが得られるだけでなく、好みに合わせてカスタマイズできるTFTメニュースイッチの台座にもなっています。例えば、ABSやMTCの設定に簡単にアクセスでき、突然の路面切れに素早く対応できるように設定できます。

シート

KTM 390 ADVENTUREは、ロングツーリングライダーに比類ない快適性とライダーコントロールを提供する2分割式のシートを採用しています。フロント部分を狭くしたライダーズシートは、乗り降りがしやすいだけでなく、でこぼこ道などでもコントロールしやすくなっています。またシートは簡単に取り外すことができ、エアボックスや小さな収納スペースにアクセスすることができます。KTM PowerPartsチームが、快適性からライディングスタイルまで、お客様のニーズに合わせて様々なシートを開発しました。

走行との接続を維持
走行との接続を維持

フットペグ

ワイドで堅牢なフットペグは、オフロードモデルからフィードバックを受け、立ち乗りでも座り乗りでも、ストリートでもオフロードでも、1日中ライディングできるように開発されました。ラバーインサートが装着されており、ストリートではより快適に、オフロードではグリップ力を高めるために簡単に取り外すことができる。

走行との接続を維持

ウィンドシールド

KTM 390 ADVENTUREのウィンドシールドは効率的なデフレクターです。ライダーがバイクを自由に動かすことができるプロファイルで、スクリーンが泥だらけになっていても、バイク前面の視界を遮るものはありません。また、ライダーのサイズやニーズに合わせて、低い位置/高い位置に取り付けることもできます。KTM PowerPartsカタログからは、長さの異なる2種類のウィンドシールドを注文できます。

04. ボディワークとグラフィクス

長く、ハードに探検する
長く、ハードに探検する

ボディワーク

可能な限り最小に、必要な分だけ。 KTM 390 ADVENTUREは、優れたエルゴノミクスとラリーバイクからインスピレーションを得たアグレッシブな外観を持つ、KTMスタイルの特徴的なボディワークが特徴です。冒険のための準備として、ボディワークはカラーで生産され、傷がついてもその外観を新鮮に保つことができるようになっています。タンクスポイラーとリアサイドパネルは、シートよりわずかに幅広にすることで、良好なコントロール性を確保するとともに、シートの摩耗を軽減しています。燃料タンクの形状は、ライダーの自由な動きと最高のコントロール性を提供するために最適化されています。ヘッドライトマスクは、KTMのラリーバイク世代のデザインからヒントを得て、可能な限り縮小し、スリムで軽量なフロントエンドを実現した。フロントフェンダーを低くすることで空力特性を向上させ、路面からの水しぶきを最小限に抑えているほか、舗装路からダートへ飛び出す際には堅牢なエンジンガードがエンジンと排気管を保護する。

見る、そして視認される
見る、そして視認される

LEDヘッドライト

メインヘッドライト、テールライト、ウインカーに最新鋭のLEDライトを全面的に採用しました。LEDライトは照度や視認性に優れ、コンパクトなのでモーターサイクル全体をコンパクトにすることができます。

TFTディスプレイ

最先端のフルカラーTFTディスプレイがKTM 390 ADVENTUREの多機能表示板を彩ります。ディスプレイの設定は、周囲光に合わせ自動的に調整されます。パワーを最大限に活用するため、シフト時には回転数カウンターが点滅します。5インチディスプレイは読みやすく、主要な情報をすぐに確認できるように配置されています。ライダーはハンドルバーの多機能メニュースイッチを使用して、画面上で必要な情報を簡単に選択することもできます。

長く、ハードに探検する
長く、ハードに探検する

ボディワーク

可能な限り最小に、必要な分だけ。 KTM 390 ADVENTUREは、優れたエルゴノミクスとラリーバイクからインスピレーションを得たアグレッシブな外観を持つ、KTMスタイルの特徴的なボディワークが特徴です。冒険のための準備として、ボディワークはカラーで生産され、傷がついてもその外観を新鮮に保つことができるようになっています。タンクスポイラーとリアサイドパネルは、シートよりわずかに幅広にすることで、良好なコントロール性を確保するとともに、シートの摩耗を軽減しています。燃料タンクの形状は、ライダーの自由な動きと最高のコントロール性を提供するために最適化されています。ヘッドライトマスクは、KTMのラリーバイク世代のデザインからヒントを得て、可能な限り縮小し、スリムで軽量なフロントエンドを実現した。フロントフェンダーを低くすることで空力特性を向上させ、路面からの水しぶきを最小限に抑えているほか、舗装路からダートへ飛び出す際には堅牢なエンジンガードがエンジンと排気管を保護する。

長く、ハードに探検する
見る、そして視認される
見る、そして視認される

LEDヘッドライト

メインヘッドライト、テールライト、ウインカーに最新鋭のLEDライトを全面的に採用しました。LEDライトは照度や視認性に優れ、コンパクトなのでモーターサイクル全体をコンパクトにすることができます。

見る、そして視認される

TFTディスプレイ

最先端のフルカラーTFTディスプレイがKTM 390 ADVENTUREの多機能表示板を彩ります。ディスプレイの設定は、周囲光に合わせ自動的に調整されます。パワーを最大限に活用するため、シフト時には回転数カウンターが点滅します。5インチディスプレイは読みやすく、主要な情報をすぐに確認できるように配置されています。ライダーはハンドルバーの多機能メニュースイッチを使用して、画面上で必要な情報を簡単に選択することもできます。

05. ソフトウェアと電子機器

ライダーエイド

KTMはあらゆる条件下で楽しみを高めることを目的として、すべてのレベルのライダーに、より優れた制御と優れたパフォーマンスを提供する電子ライダーエイドを開発しています。

Offroad Mode

KTM 390 ADVENTUREのライダーは、舗装路が終わり、ダート路が始まったとき、OFFROAD MODEに切り替えるだけでいいのです。後輪のスリップをある程度許容するため、泥の水たまりや砂地も容易に走破することができます。さらに、エンジンストールしてもOFFROAD MTCが設定を維持するため、急な坂道で不意に停止しても、スターターを押すだけでMTCの設定をリセットせず、再び走り出すことが可能です。

オフロードABS

アドベンチャーバイクは、長距離を快適に移動しつつ、時に未知の世界に踏み込むこと挑戦をサポートします。そのため、KTM 390 ADVENTUREは、オフロードABSモードのように、不測の事態に対応するためのライダーエイドを多数搭載しています。 このモードでは、リアホイールのABSは完全に解除し、フロントのABSは介入度が減ります。つまりライダーはリアホイールをロックすることができ、コーナーでリアエンドを操ることができます。また、フロントブレーキの効きすぎを抑制し、ダート走行で最高の制動力を発揮します。 エンジンストール後の再スタートでも、ABS機能は記憶を保持し、スイッチを切ることなくオフロードモードで作動し続けます。

MTC(モーターサイクルトラクションコントロール)

KTM 390 ADVENTUREに搭載されたMTC(モーターサイクル・トラクション・コントロールシステム)は、後輪の瞬間回転速度がライディング状況に不釣り合いになった時に反応する、リーンアングル感応型のトラクションコントロールシステムです。わずか数ミリ秒の間に、MTCはスロットルバルブに極めて滑らかでほとんど感知できない介入を行い、選択したライドモードと現在のリーン角に対して最適な割合で滑りを低減させ、エンジン出力を低下させます。

コーナリングABS

KTMのコーナリングABSシステムは、ライダーが常にブレーキの力をフルに発揮できるようにするとともに、モーターサイクルの傾きに合わせてブレーキ圧を調整し、より幅広い状況や場面でより安全で予測可能なブレーキングを実現します。オフロード走行時にはオフにすることも可能です。

ライダーエイド

KTMはあらゆる条件下で楽しみを高めることを目的として、すべてのレベルのライダーに、より優れた制御と優れたパフォーマンスを提供する電子ライダーエイドを開発しています。

Offroad Mode

KTM 390 ADVENTUREのライダーは、舗装路が終わり、ダート路が始まったとき、OFFROAD MODEに切り替えるだけでいいのです。後輪のスリップをある程度許容するため、泥の水たまりや砂地も容易に走破することができます。さらに、エンジンストールしてもOFFROAD MTCが設定を維持するため、急な坂道で不意に停止しても、スターターを押すだけでMTCの設定をリセットせず、再び走り出すことが可能です。

オフロードABS

アドベンチャーバイクは、長距離を快適に移動しつつ、時に未知の世界に踏み込むこと挑戦をサポートします。そのため、KTM 390 ADVENTUREは、オフロードABSモードのように、不測の事態に対応するためのライダーエイドを多数搭載しています。 このモードでは、リアホイールのABSは完全に解除し、フロントのABSは介入度が減ります。つまりライダーはリアホイールをロックすることができ、コーナーでリアエンドを操ることができます。また、フロントブレーキの効きすぎを抑制し、ダート走行で最高の制動力を発揮します。 エンジンストール後の再スタートでも、ABS機能は記憶を保持し、スイッチを切ることなくオフロードモードで作動し続けます。

MTC(モーターサイクルトラクションコントロール)

KTM 390 ADVENTUREに搭載されたMTC(モーターサイクル・トラクション・コントロールシステム)は、後輪の瞬間回転速度がライディング状況に不釣り合いになった時に反応する、リーンアングル感応型のトラクションコントロールシステムです。わずか数ミリ秒の間に、MTCはスロットルバルブに極めて滑らかでほとんど感知できない介入を行い、選択したライドモードと現在のリーン角に対して最適な割合で滑りを低減させ、エンジン出力を低下させます。

コーナリングABS

KTMのコーナリングABSシステムは、ライダーが常にブレーキの力をフルに発揮できるようにするとともに、モーターサイクルの傾きに合わせてブレーキ圧を調整し、より幅広い状況や場面でより安全で予測可能なブレーキングを実現します。オフロード走行時にはオフにすることも可能です。

技術仕様

エンジン

  • トルク 37 Nm
  • トランスミッション 6速
  • 冷却 水冷
  • Kw出力 32 kW
  • スターター セルスターター
  • ストローク 60 mm
  • ボア 89 mm
  • クラッチ PASC™ アンチホッピングクラッチ、機械操作式
  • CO2 emissions 78 g/km
  • 排気量 373 cm³
  • EMS Bosch製 EMS ライドバイワイヤー
  • デザイン 単気筒、4ストロークエンジン
  • 消費燃料 3.37 l/100 km

シャシー

  • 燃料タンク容量 (約) 14.5 l
  • ABS Bosch 9.1MP Two Channel-ABS (incl. Cornering-ABS and offroad mode)
  • リアブレーキディスク径 230 mm
  • フロントブレーキ 4ピストンラジアルマウント固定式キャリパー
  • リアブレーキ 1ピストンフローティングキャリパー
  • チェーン 520 X-Ring
  • 乾燥重量 158 kg
  • フレームデザイン スチール製トレリスフレーム。パウダーコート塗装
  • フロントサスペンション WP APEX 43
  • 最低地上高 200 mm
  • リアサスペンション WP APEX - Monoshock
  • シート高 855 mm
  • キャスター角 63.5 °
  • サスペンションストローク (フロント) 170 mm
  • サスペンションストローク (リア) 177 mm