MORE ADVENTURE AWAITS YOU

KTM 390 Adventure

KTM 390 Adventure 2020

基本価格: 759,000.00 JPY*

新しいKTM 390 ADVENTUREでときめく心を満足させてください。このコンパクトな単シリンダートラベルエンデューロバイクはスポーティなデザインで、KTM ADVENTUREシリーズのさまざまな装備と実績のある性能証明書を備えています。汎用性の高いエルゴノミクス、スムーズなパワー供給、革新的な技術が1つになり、日常生活に冒険を求める人向けの快適で軽量な1台が作られました。
  • PHO_BIKE_90_RE_390ADVENTURE-MY20-White-PHO-BIKE-90-RE_#SALL_#AEPI_#V1.png
  • PHO_BIKE_90_RE_390ADVENTURE-MY20-Orange-PHO-BIKE-90-RE_#SALL_#AEPI_#V1.png
新しいKTM 390 ADVENTUREでときめく心を満足させてください。このコンパクトな単シリンダートラベルエンデューロバイクはスポーティなデザインで、KTM ADVENTUREシリーズのさまざまな装備と実績のある性能証明書を備えています。汎用性の高いエルゴノミクス、スムーズなパワー供給、革新的な技術が1つになり、日常生活に冒険を求める人向けの快適で軽量な1台が作られました。
  1. エンジンとエグゾースト
  2. シャシー
  3. 人間工学と快適性
  4. ボディワークとグラフィクス
  5. ソフトウェアと電子機器

01. エンジンとエグゾースト

トルクのあるクリーンなパワー
トルクのあるクリーンなパワー

エンジン

最先端の水冷単シリンダー4ストローク373 ccエンジンは、この機敏なバイクをKTMのADVENTUREの世界に案内します。エンジンにはセルスターターが装備され、とてつもなくパンチの効いた37 Nmのトルクで、32 kW(43馬力)のピークパワーを達成しています。ツインオーバーヘッドカムシャフト、4個のバルブ、電子燃料噴射は、KTM 390 ADVENTUREの卓越したパワーに不可欠であり、バランサーシャフトとともに、最高レベルの滑らかさを保証します。この軽量でコンパクトな構造により、ストレートな吸い込みチャンネルが容易に機能するようになり、空気が燃焼室に流れ、ガスの流れを超えて2つの触媒コンバーターに流れるまでの距離を短くすることができます。空気とガスの高速移動に加えて、エンジンのウォームアップも速くなります。これに加えて、2つの触媒コンバーターと燃料タンク換気システム(EVAPシステム)は排出値を改善し、燃料の蒸気が環境に放出されるのを防ぐことで、KTM 390 ADVENTUREは非常に環境に優しく、厳格なEU4排出ガス基準に準拠しています。

アンチホッピングクラッチ

アンチホッピングクラッチはパワーを節約し、スライドを助けるユニークな機能です。これはエンジンのバックトルクが高くなりすぎると開き、急激なブレーキングや減速時の、煩わしいリアホイールのチャターを防ぎ、制御されたリアホイールスライドのために、ホイールに少しブレーキを利かせます。また、スロットルを開くとクラッチスプリングの力で閉じるため、小指でクラッチを引くことができ、ライド中のエネルギーを節約できます。

ピストン

89 mmボアピストンは耐久性を高めるためにDLCコーティングされています。これは60 mmのストロークを実行し、373.2 ccmの排気量と、12.6:1の圧縮比を生成します。クラウンはオイルスプレーノズルで冷却され、ピストンはオープンデッキ設計の連続した低摩擦のニカジルメッキされたアルミニウムウェットブッシングを使用します。

EMS/ライドバイワイヤー

削除するようにクライアントより指示(390 ADVENTUREは46 mmのスロットルボディを備えた最新の電子燃料噴射システムを搭載した最新のエンジンマネージメントシステムが搭載されています)。KTM 390 ADVENTUREは従来のスロットルケーブルで制御する電子噴射システムのスロットルバルブの代わりに、ライドバイワイヤープロセスを採用しています。電子センサーの支援によって、スロットルグリップをねじると、サーボモーターを使用してスロットルバルブが作動します。これは電子的にライダーのスロットル操作を現在のライド状況に最適なスロットルバルブ位置に変換し、最もリニアなパワー供給を実現します。Without Ride-by-wire, features like MTC (Motorcycle Traction Control) and Quickshifter+ would not be possible.

シリンダーヘッド

最先端のDOHC(ダブルオーバーヘッドカムシャフト)テクノロジー。KTM 390 ADVENTUREのシリンダーヘッドにある4つのバルブは、耐久性のあるロッカーアームを介して、2つのオーバーヘッドカムシャフトによって作動します。このデザインは、成功したKTM 1290 SUPER ADVENTUREを含む多くのオフロードモデルの推奨パフォーマンスソリューションの1つです。過酷な信頼性が有名なだけでなく、フィンガーレバーの超硬質DLCコーティングのおかげで、低摩擦も実現しています。これは高RPMで長く走行した場合でも、このエンジンを非常に信頼できるソリューションにします。

トランスミッション

KTM 390 ADVENTUREには堅牢な6速シーケンシャルトランスミッションが装備されています。ギア比は390 ccエンジンのパワー帯に完全に適合し、流れるようなストリートライドでも、より困難なオフロードエスケープでも、完璧なギアをスムーズに選択できます。 

A2ライセンス

KTM 390 ADVENTUREはA2ドライバーのすべてのライセンス要件に適合しています。

心地よく、クリーンなエンジン音色
心地よく、クリーンなエンジン音色

エグゾースト

KTM 390 ADVENTUREは、排気ガスを細身のサイレンサーに誘導するステンレス鋼ヘッダーパイプとプリマフラーで構成される軽量で精密なエグゾーストシステムを備えています。サイレンサーはコンパクトかつ軽量のアルミ製スリーブで成形されており、バイク全体の重心の近くに配置され、バランスとハンドリングが向上しています。瞬時にスムーズなパワーを伝え、バイクの上のライダーの動きに影響しないように特別に設計されています。2触媒コンバーターがヘッダーパイプとプリマフラーにそれぞれ統合され、排気ガスを効果的にEuro 4レベルまで低下します。

トルクのあるクリーンなパワー
トルクのあるクリーンなパワー

エンジン

最先端の水冷単シリンダー4ストローク373 ccエンジンは、この機敏なバイクをKTMのADVENTUREの世界に案内します。エンジンにはセルスターターが装備され、とてつもなくパンチの効いた37 Nmのトルクで、32 kW(43馬力)のピークパワーを達成しています。ツインオーバーヘッドカムシャフト、4個のバルブ、電子燃料噴射は、KTM 390 ADVENTUREの卓越したパワーに不可欠であり、バランサーシャフトとともに、最高レベルの滑らかさを保証します。この軽量でコンパクトな構造により、ストレートな吸い込みチャンネルが容易に機能するようになり、空気が燃焼室に流れ、ガスの流れを超えて2つの触媒コンバーターに流れるまでの距離を短くすることができます。空気とガスの高速移動に加えて、エンジンのウォームアップも速くなります。これに加えて、2つの触媒コンバーターと燃料タンク換気システム(EVAPシステム)は排出値を改善し、燃料の蒸気が環境に放出されるのを防ぐことで、KTM 390 ADVENTUREは非常に環境に優しく、厳格なEU4排出ガス基準に準拠しています。

トルクのあるクリーンなパワー

アンチホッピングクラッチ

アンチホッピングクラッチはパワーを節約し、スライドを助けるユニークな機能です。これはエンジンのバックトルクが高くなりすぎると開き、急激なブレーキングや減速時の、煩わしいリアホイールのチャターを防ぎ、制御されたリアホイールスライドのために、ホイールに少しブレーキを利かせます。また、スロットルを開くとクラッチスプリングの力で閉じるため、小指でクラッチを引くことができ、ライド中のエネルギーを節約できます。

ピストン

89 mmボアピストンは耐久性を高めるためにDLCコーティングされています。これは60 mmのストロークを実行し、373.2 ccmの排気量と、12.6:1の圧縮比を生成します。クラウンはオイルスプレーノズルで冷却され、ピストンはオープンデッキ設計の連続した低摩擦のニカジルメッキされたアルミニウムウェットブッシングを使用します。

EMS/ライドバイワイヤー

削除するようにクライアントより指示(390 ADVENTUREは46 mmのスロットルボディを備えた最新の電子燃料噴射システムを搭載した最新のエンジンマネージメントシステムが搭載されています)。KTM 390 ADVENTUREは従来のスロットルケーブルで制御する電子噴射システムのスロットルバルブの代わりに、ライドバイワイヤープロセスを採用しています。電子センサーの支援によって、スロットルグリップをねじると、サーボモーターを使用してスロットルバルブが作動します。これは電子的にライダーのスロットル操作を現在のライド状況に最適なスロットルバルブ位置に変換し、最もリニアなパワー供給を実現します。Without Ride-by-wire, features like MTC (Motorcycle Traction Control) and Quickshifter+ would not be possible.

シリンダーヘッド

最先端のDOHC(ダブルオーバーヘッドカムシャフト)テクノロジー。KTM 390 ADVENTUREのシリンダーヘッドにある4つのバルブは、耐久性のあるロッカーアームを介して、2つのオーバーヘッドカムシャフトによって作動します。このデザインは、成功したKTM 1290 SUPER ADVENTUREを含む多くのオフロードモデルの推奨パフォーマンスソリューションの1つです。過酷な信頼性が有名なだけでなく、フィンガーレバーの超硬質DLCコーティングのおかげで、低摩擦も実現しています。これは高RPMで長く走行した場合でも、このエンジンを非常に信頼できるソリューションにします。

トランスミッション

KTM 390 ADVENTUREには堅牢な6速シーケンシャルトランスミッションが装備されています。ギア比は390 ccエンジンのパワー帯に完全に適合し、流れるようなストリートライドでも、より困難なオフロードエスケープでも、完璧なギアをスムーズに選択できます。 

A2ライセンス

KTM 390 ADVENTUREはA2ドライバーのすべてのライセンス要件に適合しています。

心地よく、クリーンなエンジン音色
心地よく、クリーンなエンジン音色

エグゾースト

KTM 390 ADVENTUREは、排気ガスを細身のサイレンサーに誘導するステンレス鋼ヘッダーパイプとプリマフラーで構成される軽量で精密なエグゾーストシステムを備えています。サイレンサーはコンパクトかつ軽量のアルミ製スリーブで成形されており、バイク全体の重心の近くに配置され、バランスとハンドリングが向上しています。瞬時にスムーズなパワーを伝え、バイクの上のライダーの動きに影響しないように特別に設計されています。2触媒コンバーターがヘッダーパイプとプリマフラーにそれぞれ統合され、排気ガスを効果的にEuro 4レベルまで低下します。

心地よく、クリーンなエンジン音色

02. シャシー

軽量で頑丈
軽量で頑丈

フレーム

レースで実績のあるKTM 450 RALLYフレームと同様、KTM 390 ADVENTUREは超軽量でありながら非常に安定した鋼格子状フレームが特徴です。これは安定と制御性のすべての要件を上回り、この敏捷で冒険を楽しめるバイクのバックボーンとなっています。1430 (+/-15.5 mm)のホイールベースと63.5度のキャスター角を組み合わせた柔軟性と剛性の寛容なバランスは、明白にオフロード指向のレイアウトを示唆しています。また、卓越した直線安定性と正確で俊敏なステアリング動作の基にもなっています。

サブフレーム

取り外し可能なスチール製鋼格子状サブフレームは、4本のネジでメインフレームに固定されています。これはコンパクトかつ軽量に設計され、さらにアドベンチャーライディングで予期される過酷な条件下でも乗客と荷物を搭載できる十分な強度があります。

スイングアーム

鋳造オープンラティス構造スイングアームはKTM ADVENTUREシリーズの代表的なエレメントです。これは最適な剛性と優れた柔軟性を持つように精密に製造されています。リアショックアブソーバーはスイングアームに直接連結することで、複雑さや部品点数を減らしながら、ライダーの走行動作フィーリングを高めています。比較的長いスイングアームは、適切なオフロードタイヤに十分なスペースを提供します。

万全の準備
万全の準備

リアショック

KTM 390 ADVENTUREは、過酷な地形で長年にわたり開発され、WPの有名なレーシング経験を活用して、より冒険に適した優れたハンドリングパッケージを提供します。フロントおよびリアの完全に調整可能なWP APEXサスペンションは、シャシーと完全に連携し、快適性、制御、より困難な道路を駆け抜けるクリアランスを提供します。 

フロントフォーク

WP APEX 43 mmの倒立フォークはもともとエンデューロライディング用に開発されたもので、このクラスのサスペンションで絶対的なリーダーです。両サイドにスプリングが装着され、各フォークレッグには個別の機能(コンプレッションダンピングは左側、ホワイトリバウンドは右側)を供給します。これはフォークの上部にあるダイヤルを回すことで、フォークを簡単に調整できることを意味します。高品質な素材と最先端の製造プロセスを採用したことにより、WP APEX 43 mmフォークは、約170 mmの移動量を実現し、卓越したレスポンスとダンピング特性を誇ります。

トリプルクランプ

トリプルクランプは63.5度のキャスター角用に開発されています。KTM PowerPartsカタログから入手できるさまざまなマウントでハンドルバーの高さを変更することもできます。

ショックアブソーバー

最先端のWP APEXショックアブソーバーは、KTM 390 ADVENTUREの機敏なシャシーに組み込まれています。177 mmの移動距離を提供し、厳しい条件で長距離を走るのに最適です。調節可能なスプリングプリロードとリバウンドダンピングのおかげで、さまざまな状況に合わせて調整できるため、典型的なKTMのパフォーマンスと長時間の乗り心地のバランスを兼ね備えています。

アドベンチャー走行を続ける
アドベンチャー走行を続ける

ホイール

KTM 390 ADVENTUREの難しい地形向けに特別に設計された、非常に堅牢なキャストホイール。19インチのフロントホイールと17インチのリアホイールの両方にチューブレスCONTINENTAL TKC 70タイヤを装着することで、ストリートで優れたパフォーマンスを発揮し、オフロードから帰宅する道でも、十分なグリップとコントロールを提供します。フロント:100/90-19チューブレスCONTINENTAL TKC 70、2.5インチリムリア:130/80-17チューブレスCONTINENTAL TKC 70、3.5インチリム

高レベルの制動力
高レベルの制動力

ブレーキ

大きな320 mmのフロントブレーキディスクと230 mmのリアディスクが特徴の高品質BYBRE製ブレーキは、放射状に取り付けられた4ピストンフロントキャリパーと1ピストンフローティングリアキャリパーと完全に連携し、制御力と停止力の理想的な組み合わせを提供します。さらに、BOSCH製の2チャンネルABSシステムは、条件が少し難しくなったときに最高の安全基準を保証します。

14.5 Lのアドベンチャーの可能性
14.5 Lのアドベンチャーの可能性

燃料タンク

燃料タンクは、冒険を楽しむライダーが毎日設計とエンジニアリング制御を行うための中心的な要素です。この形状は優れたエルゴノミクス性を提供し、この形状は背の高いライダーにもフィットする狭い膝領域を持ちます。印象的な14.5 Lの燃料タンク容量を持ち、優れた燃費と合わせて、満タンで400 km以上のノンストップ走行が可能です。

軽量で頑丈
軽量で頑丈

フレーム

レースで実績のあるKTM 450 RALLYフレームと同様、KTM 390 ADVENTUREは超軽量でありながら非常に安定した鋼格子状フレームが特徴です。これは安定と制御性のすべての要件を上回り、この敏捷で冒険を楽しめるバイクのバックボーンとなっています。1430 (+/-15.5 mm)のホイールベースと63.5度のキャスター角を組み合わせた柔軟性と剛性の寛容なバランスは、明白にオフロード指向のレイアウトを示唆しています。また、卓越した直線安定性と正確で俊敏なステアリング動作の基にもなっています。

軽量で頑丈

サブフレーム

取り外し可能なスチール製鋼格子状サブフレームは、4本のネジでメインフレームに固定されています。これはコンパクトかつ軽量に設計され、さらにアドベンチャーライディングで予期される過酷な条件下でも乗客と荷物を搭載できる十分な強度があります。

スイングアーム

鋳造オープンラティス構造スイングアームはKTM ADVENTUREシリーズの代表的なエレメントです。これは最適な剛性と優れた柔軟性を持つように精密に製造されています。リアショックアブソーバーはスイングアームに直接連結することで、複雑さや部品点数を減らしながら、ライダーの走行動作フィーリングを高めています。比較的長いスイングアームは、適切なオフロードタイヤに十分なスペースを提供します。

万全の準備
万全の準備

リアショック

KTM 390 ADVENTUREは、過酷な地形で長年にわたり開発され、WPの有名なレーシング経験を活用して、より冒険に適した優れたハンドリングパッケージを提供します。フロントおよびリアの完全に調整可能なWP APEXサスペンションは、シャシーと完全に連携し、快適性、制御、より困難な道路を駆け抜けるクリアランスを提供します。 

万全の準備

フロントフォーク

WP APEX 43 mmの倒立フォークはもともとエンデューロライディング用に開発されたもので、このクラスのサスペンションで絶対的なリーダーです。両サイドにスプリングが装着され、各フォークレッグには個別の機能(コンプレッションダンピングは左側、ホワイトリバウンドは右側)を供給します。これはフォークの上部にあるダイヤルを回すことで、フォークを簡単に調整できることを意味します。高品質な素材と最先端の製造プロセスを採用したことにより、WP APEX 43 mmフォークは、約170 mmの移動量を実現し、卓越したレスポンスとダンピング特性を誇ります。

トリプルクランプ

トリプルクランプは63.5度のキャスター角用に開発されています。KTM PowerPartsカタログから入手できるさまざまなマウントでハンドルバーの高さを変更することもできます。

ショックアブソーバー

最先端のWP APEXショックアブソーバーは、KTM 390 ADVENTUREの機敏なシャシーに組み込まれています。177 mmの移動距離を提供し、厳しい条件で長距離を走るのに最適です。調節可能なスプリングプリロードとリバウンドダンピングのおかげで、さまざまな状況に合わせて調整できるため、典型的なKTMのパフォーマンスと長時間の乗り心地のバランスを兼ね備えています。

アドベンチャー走行を続ける
アドベンチャー走行を続ける

ホイール

KTM 390 ADVENTUREの難しい地形向けに特別に設計された、非常に堅牢なキャストホイール。19インチのフロントホイールと17インチのリアホイールの両方にチューブレスCONTINENTAL TKC 70タイヤを装着することで、ストリートで優れたパフォーマンスを発揮し、オフロードから帰宅する道でも、十分なグリップとコントロールを提供します。フロント:100/90-19チューブレスCONTINENTAL TKC 70、2.5インチリムリア:130/80-17チューブレスCONTINENTAL TKC 70、3.5インチリム

アドベンチャー走行を続ける
高レベルの制動力
高レベルの制動力

ブレーキ

大きな320 mmのフロントブレーキディスクと230 mmのリアディスクが特徴の高品質BYBRE製ブレーキは、放射状に取り付けられた4ピストンフロントキャリパーと1ピストンフローティングリアキャリパーと完全に連携し、制御力と停止力の理想的な組み合わせを提供します。さらに、BOSCH製の2チャンネルABSシステムは、条件が少し難しくなったときに最高の安全基準を保証します。

高レベルの制動力
14.5 Lのアドベンチャーの可能性
14.5 Lのアドベンチャーの可能性

燃料タンク

燃料タンクは、冒険を楽しむライダーが毎日設計とエンジニアリング制御を行うための中心的な要素です。この形状は優れたエルゴノミクス性を提供し、この形状は背の高いライダーにもフィットする狭い膝領域を持ちます。印象的な<strong>14.5</strong> Lの燃料タンク容量を持ち、優れた燃費と合わせて、満タンで400 km以上のノンストップ走行が可能です。

14.5 Lのアドベンチャーの可能性

03. 人間工学と快適性

快適さとコントロールのための形状
快適さとコントロールのための形状

ハンドルバー

大排気量のKTM ADVENTUREバイクと同様に、KTM 390 ADVENTUREにはハイエンドのテーパードアルミ製ハンドルバーが付属しており、特に重要なことに、快適なライディングポジションと最大限のコントロールを提供します。左側にはTFTディスプレイおよびさまざまなモードと接続機能を選択するための簡単にアクセスできるメニュースイッチがあります。簡単な「アップ」および「ダウン」のメニュー選択から、右のボタンで希望の設定を選択するか、または左のボタンでステップを1つ戻ります。

走り続けるために形作られた
走り続けるために形作られた

シート

2パーツ構成のシートは、長距離ライドの快適性とコントロールを考慮して、855 mmのシート高にアクセスできます。ライダーのシートは前が狭く、地面に足を着けるのがさらに容易です。シートカバーは試験済みのグリップと簡単移動の組み合わせを提供し、フォームは快適なライドを提供することで、もっと走りたくなるモチベーションを維持できます。シートはエアボックスと小さな収納コンパートメントにアクセスするために簡単に取り外すことができます。 

走行との接続を維持
走行との接続を維持

フットペグ

広くて丈夫なフットペグは、オフロードモデルのものです。これらはストリートまたはオフロードブーツで立った状態または座った状態で1日中のライド用に開発されました。これにはゴム製インサートが付いており、ストリートでの乗り心地が向上し、整備された道路から離れる場合には簡単に取り外してグリップ力が高まります。

はっきりと視認する
はっきりと視認する

ウィンドシールド

KTM 390 ADVENTUREのウィンドシールドは効率的なデフレクターです。ライダーがバイクを自由に動かすことができるプロファイルで、スクリーンが泥だらけになっていても、バイク前面の視界を遮るものはありません。また、ライダーのサイズやニーズに合わせて、低い位置/高い位置に取り付けることもできます。KTM PowerPartsカタログからは、長さの異なる2種類のウィンドシールドを注文できます。

快適さとコントロールのための形状
快適さとコントロールのための形状

ハンドルバー

大排気量のKTM ADVENTUREバイクと同様に、KTM 390 ADVENTUREにはハイエンドのテーパードアルミ製ハンドルバーが付属しており、特に重要なことに、快適なライディングポジションと最大限のコントロールを提供します。左側にはTFTディスプレイおよびさまざまなモードと接続機能を選択するための簡単にアクセスできるメニュースイッチがあります。簡単な「アップ」および「ダウン」のメニュー選択から、右のボタンで希望の設定を選択するか、または左のボタンでステップを1つ戻ります。

快適さとコントロールのための形状
走り続けるために形作られた
走り続けるために形作られた

シート

2パーツ構成のシートは、長距離ライドの快適性とコントロールを考慮して、855 mmのシート高にアクセスできます。ライダーのシートは前が狭く、地面に足を着けるのがさらに容易です。シートカバーは試験済みのグリップと簡単移動の組み合わせを提供し、フォームは快適なライドを提供することで、もっと走りたくなるモチベーションを維持できます。シートはエアボックスと小さな収納コンパートメントにアクセスするために簡単に取り外すことができます。 

走り続けるために形作られた
走行との接続を維持
走行との接続を維持

フットペグ

広くて丈夫なフットペグは、オフロードモデルのものです。これらはストリートまたはオフロードブーツで立った状態または座った状態で1日中のライド用に開発されました。これにはゴム製インサートが付いており、ストリートでの乗り心地が向上し、整備された道路から離れる場合には簡単に取り外してグリップ力が高まります。

走行との接続を維持
はっきりと視認する
はっきりと視認する

ウィンドシールド

KTM 390 ADVENTUREのウィンドシールドは効率的なデフレクターです。ライダーがバイクを自由に動かすことができるプロファイルで、スクリーンが泥だらけになっていても、バイク前面の視界を遮るものはありません。また、ライダーのサイズやニーズに合わせて、低い位置/高い位置に取り付けることもできます。KTM PowerPartsカタログからは、長さの異なる2種類のウィンドシールドを注文できます。

はっきりと視認する

04. ボディワークとグラフィクス

長く、ハードに探検する
長く、ハードに探検する

ボディワーク

できるだけ少なく、必要な限り多く。KTM 390 ADVENTUREは、独自のKTMスタイルボディが特徴的で、優れた人間工学とラリーバイクにインスパイアされたアグレッシブな外観を持っています。ボディはカラフルに製造され、こすり傷ができた後でも外観は新鮮な見た目で、冒険の準備ができました。タンクスポイラーとリアサイドのパネルはシートよりもわずかに広いため、制御性が良好で、シートの摩擦による損傷も抑制します。燃料タンクの形状は、ライダーに移動の自由と最高のコントロールを提供するために最適化されています。KTMのラリーバイク世代からデザインのヒントを得て、ヘッドライトマスクは可能な限り小さくなり、フロントエンドがスリムで軽量になりました。低いフロントフェンダーが優れたエアロダイナミクスを支援し、道路を走行時の水跳ねを最小化します。また、堅牢なエンジンは舗装路からダートに出る際にエンジンとマフラーを保護します。

見る、そして視認される
見る、そして視認される

LEDヘッドライト

最先端のLEDライトは、メインヘッドライト、テールライト、インジケーターとして、あらゆる場所で使用されています。LEDライトは優れた照明と視認性を提供し、コンパクトで、バイク全体の容量を減らすことに役立ちます。

必要なすべてのものをフルカラー表示で
必要なすべてのものをフルカラー表示で

TFTディスプレイ

最先端のフルカラーTFTディスプレイがKTM 390 ADVENTUREの多機能表示板を飾ります。ディスプレイの設定は、周囲光に合わせ自動的に調整されます。パワーを最大限に活用するため、シフト時には回転数カウンターが点滅します。5インチディスプレイは読みやすく、主要な情報をすぐに確認できるように配置されています。ライダーはハンドルバーの多機能メニュースイッチを使用して、画面上で必要な情報を簡単に選択することもできます。

長く、ハードに探検する
長く、ハードに探検する

ボディワーク

できるだけ少なく、必要な限り多く。KTM 390 ADVENTUREは、独自のKTMスタイルボディが特徴的で、優れた人間工学とラリーバイクにインスパイアされたアグレッシブな外観を持っています。ボディはカラフルに製造され、こすり傷ができた後でも外観は新鮮な見た目で、冒険の準備ができました。タンクスポイラーとリアサイドのパネルはシートよりもわずかに広いため、制御性が良好で、シートの摩擦による損傷も抑制します。燃料タンクの形状は、ライダーに移動の自由と最高のコントロールを提供するために最適化されています。KTMのラリーバイク世代からデザインのヒントを得て、ヘッドライトマスクは可能な限り小さくなり、フロントエンドがスリムで軽量になりました。低いフロントフェンダーが優れたエアロダイナミクスを支援し、道路を走行時の水跳ねを最小化します。また、堅牢なエンジンは舗装路からダートに出る際にエンジンとマフラーを保護します。

長く、ハードに探検する
見る、そして視認される
見る、そして視認される

LEDヘッドライト

最先端のLEDライトは、メインヘッドライト、テールライト、インジケーターとして、あらゆる場所で使用されています。LEDライトは優れた照明と視認性を提供し、コンパクトで、バイク全体の容量を減らすことに役立ちます。

見る、そして視認される
必要なすべてのものをフルカラー表示で
必要なすべてのものをフルカラー表示で

TFTディスプレイ

最先端のフルカラーTFTディスプレイがKTM 390 ADVENTUREの多機能表示板を飾ります。ディスプレイの設定は、周囲光に合わせ自動的に調整されます。パワーを最大限に活用するため、シフト時には回転数カウンターが点滅します。5インチディスプレイは読みやすく、主要な情報をすぐに確認できるように配置されています。ライダーはハンドルバーの多機能メニュースイッチを使用して、画面上で必要な情報を簡単に選択することもできます。

必要なすべてのものをフルカラー表示で

05. ソフトウェアと電子機器

新しい限界を探る
新しい限界を探る

ライダーエイド

KTMはあらゆる条件下で楽しみを高めることを目的として、すべてのレベルのライダーに、より優れた制御と優れたパフォーマンスを提供する電子ライダーエイドを開発しています。

MTC(モーターサイクルトラクションコントロール)

MTC(モーターサイクルトラクションコントロール)傾斜角感知型トラクションコントロールシステムは、リアホイールの回転速度が運転状況と不釣り合いになった場合、直ちに反応します。MTCは、わずか1000分の1秒単位で、極めてスムーズに、ほとんど認識できないレベルでスロットルバルブに介入してエンジン出力を抑制。選択されたライドモードと現在のバンク角に応じて、最適な割合になるまでスリップ量を減らします。

オフロードABS

ライディングの冒険は、長距離を走行し、未知の行程を冒険することです。そのため、極限の状況でもライダーを支援するバイクが非常に重要です。通常のABSは特にストリート用に開発されているため、オフロード状況でのブレーキ制御を改善するためにオフロードABS機能が追加されています。このモードでは後輪のABSは無効になっており、前輪のABS動作は弱くなっています。つまり、ライダーは後輪をロックして、リアエンドをコーナーに向けることができます。これは前輪ブレーキの過剰な制御や、逆に前輪ブレーキ圧力が大きすぎることを防ぎ、ダートでの最高の制動力が得られます。

コーナリングABS

KTMのコーナリングABSシステムでは、ライダーはブレーキをフルパワーで使用できる一方、システムはモーターサイクルの傾斜角にマッチするブレーキ圧を調整し、広範な条件および状況下でより安全かつ予測可能なブレーキを実行できます。オフロード条件ではオフにすることが可能です。

マシンに接続
マシンに接続

KTM MY RIDE

KTM MY RIDEシステムを使用して、スマートフォンをバイクにテザリング、電話をかける、音楽を聴く、オプションのターンツーターンナビゲーションアプリを使用することができます。

新しい限界を探る
新しい限界を探る

ライダーエイド

KTMはあらゆる条件下で楽しみを高めることを目的として、すべてのレベルのライダーに、より優れた制御と優れたパフォーマンスを提供する電子ライダーエイドを開発しています。

新しい限界を探る

MTC(モーターサイクルトラクションコントロール)

MTC(モーターサイクルトラクションコントロール)傾斜角感知型トラクションコントロールシステムは、リアホイールの回転速度が運転状況と不釣り合いになった場合、直ちに反応します。MTCは、わずか1000分の1秒単位で、極めてスムーズに、ほとんど認識できないレベルでスロットルバルブに介入してエンジン出力を抑制。選択されたライドモードと現在のバンク角に応じて、最適な割合になるまでスリップ量を減らします。

オフロードABS

ライディングの冒険は、長距離を走行し、未知の行程を冒険することです。そのため、極限の状況でもライダーを支援するバイクが非常に重要です。通常のABSは特にストリート用に開発されているため、オフロード状況でのブレーキ制御を改善するためにオフロードABS機能が追加されています。このモードでは後輪のABSは無効になっており、前輪のABS動作は弱くなっています。つまり、ライダーは後輪をロックして、リアエンドをコーナーに向けることができます。これは前輪ブレーキの過剰な制御や、逆に前輪ブレーキ圧力が大きすぎることを防ぎ、ダートでの最高の制動力が得られます。

コーナリングABS

KTMのコーナリングABSシステムでは、ライダーはブレーキをフルパワーで使用できる一方、システムはモーターサイクルの傾斜角にマッチするブレーキ圧を調整し、広範な条件および状況下でより安全かつ予測可能なブレーキを実行できます。オフロード条件ではオフにすることが可能です。

マシンに接続
マシンに接続

KTM MY RIDE

KTM MY RIDEシステムを使用して、スマートフォンをバイクにテザリング、電話をかける、音楽を聴く、オプションのターンツーターンナビゲーションアプリを使用することができます。

マシンに接続

技術仕様

エンジン

  • トルク 37 Nm
  • トランスミッション 6速
  • 冷却 水冷
  • Kw出力 32 kW
  • スターター セルスターター
  • ストローク 60 mm
  • ボア 89 mm
  • クラッチ PASC™ アンチホッピングクラッチ、機械操作式
  • CO<sub>2</sub> emissions 78 g/km
  • 排気量 373 cm³
  • EMS Bosch製 EMS ライドバイワイヤー
  • デザイン 単気筒、4ストロークエンジン
  • 消費燃料 3.37 l/100 km
  • 潤滑 ウェットサンプ

シャシー

  • 燃料タンク容量 (約) 14.5 l
  • ABS Bosch 9.1MP Two Channel-ABS (incl. Cornering-ABS and offroad mode)
  • フロントブレーキディスク径 320 mm
  • リアブレーキディスク径 230 mm
  • フロントブレーキ 4ピストンラジアルマウント固定式キャリパー
  • リアブレーキ 1ピストンフローティングキャリパー
  • チェーン 520 X-Ring
  • 乾燥重量 158 kg
  • フレームデザイン スチール製トレリスフレーム。パウダーコート塗装
  • フロントサスペンション WP APEX 43
  • 最低地上高 200 mm
  • リアサスペンション WP APEX - Monoshock
  • シート高 855 mm
  • キャスター角 63.5 °
  • サスペンションストローク (フロント) 170 mm
  • サスペンションストローク (リア) 177 mm