STREET SLAYER

KTM 690 SMC R

KTM 690 SMC R 2021

基本価格: 1,520,000 JPY*

** Manufacturer's suggested retail price (MSRP, luxury tax not included), the actual sale prices can vary.

KTM 690 SMC Rはスーパーモト界の水準を引き上げています。これを可能にした一部の理由は、軽量のシャシー、伝説的な690 LC4エンジン、洗練された電子装置一式にあります。タールマカデムをすべるように駆け抜けるスキルを山道、またはお気に入りのトラックの頂点でアピールするとき、ライダーは最高の笑みを浮かべて未来へと滑走し、アドレナリンが血管を駆け巡ることでしょう。ハンドル操作は最新の調整可能なWP APEXサスペンションにより強化されたため、ライダーが集中すべきなのは目の前の道とスロットルとブレーキ操作のみです。
  • PHO_BIKE_90_RE_690smcr-21-90re_#SALL_#AEPI_#V1.jpg
    PHO_BIKE_90_LI_690smcr-21-90li_#SALL_#AEPI_#V1.jpg
    PHO_BIKE_PERS_LIHI_690smcr-21-lihi_#SALL_#AEPI_#V1.jpg
    PHO_BIKE_PERS_LIVO_690smcr-21-livo_#SALL_#AEPI_#V1.jpg
KTM 690 SMC Rはスーパーモト界の水準を引き上げています。これを可能にした一部の理由は、軽量のシャシー、伝説的な690 LC4エンジン、洗練された電子装置一式にあります。タールマカデムをすべるように駆け抜けるスキルを山道、またはお気に入りのトラックの頂点でアピールするとき、ライダーは最高の笑みを浮かべて未来へと滑走し、アドレナリンが血管を駆け巡ることでしょう。ハンドル操作は最新の調整可能なWP APEXサスペンションにより強化されたため、ライダーが集中すべきなのは目の前の道とスロットルとブレーキ操作のみです。

** Manufacturer's suggested retail price (MSRP, luxury tax not included), the actual sale prices can vary.

  1. エンジンとエグゾースト
  2. シャシー
  3. 人間工学と快適性
  4. ソフトウェアと電子機器

01. エンジンとエグゾースト

エンジン

LC4 690 ccの単シリンダーエンジンは、極低回転域からのパワフルな加速と傑出した高回転性能を組み合わせ、自然で洗練されたエンジンの動作を実現しました。もう1つの大きなメリットは、エンジンの燃料消費に非常に優れているだけではなく、サービス間隔が10,000 kmと長いため、維持費を抑えることができます。

シリンダーヘッド

軽量コンパクトなシリンダーヘッドには4つのバルブと単一のカムシャフトがインテークバルブの上に配置されており、補助的なバランサーシャフトはカムチェーンにより駆動されています。インテークバルブは複数のロッカーアーム、エグゾーストバルブは単一のロッカーアームにより作動されています。

レゾネーターチャンバー

レゾネーターチャンバーはインテークトラクトのパルスをバランス化し、振動を抑えてスロットルレスポンスを滑らかにします。

バランサーシャフト

ツインバランサーシャフトは、1つはクランクシャフトの前面、もう1つは、シリンダーヘッドにあり、振動を減らし、スムースな乗車を保証します。

ピストン

軽量かつ頑丈な鍛造ピストンは、往復重量を抑え、それによりエンジンのレスポンスを改善します。

コンロッド

コンロッドにプレーンベアリングを使用して往復重量を削減することで、エンジンの作動が滑らかになり、その強力なキャラクターが強調されます。 

PASCクラッチ

PASC(パワーアシストクラッチ)は、クラッチプレートに伝わるエンジントルクが低下したため、ライダーは最小限のインプットで操作が可能です。アンチホッピングクラッチは、アグレッシブなダウンシフト時にリアホイールのロックを回避し、急ブレーキやターンに入る減速時にタールマカダムでリアホイールがハネ回って不安定になるのを防止します。

トランスミッション

Quickshifter+ を備えたスムースな6速トランスミッションは、ターンを出入りするときにクラッチを使わずにシフトを上下することができます。そのため、ハンドルバーのグリップをしっかりと維持することでモーターサイクルの制御性が向上するだけではなく、リアホイールのトラクションも改善します。

ライドバイワイヤー

ライドバイワイヤーシステムにはKTM 690 SMC Rが装備され、電子センサーによってスロットルツイストグリップの動きを検出し、それに応じてスロットルバルブが作動され、スロットルの動作を制御します。これによりレスポンスが大幅に改善され、強力な単シリンダーのスロットル制御が向上し、ライダーにスムースな乗車を提供します。

インジェクション / エンジンマネジメント

電子制御式フューエルインジェクションとエンジンマネジメントシステムが乗車条件に合わせて完璧なパフォーマンスを提供します。その結果、さらにパワーアップし、コントロール性を高めながら、これまで以上の低燃費とローエミッションを果たしています。さらにMTC(モーターサイクルトラクションコントロール)、MSR(モータースリップ制御)、およびQuickshifter+などの機能も搭載されています。ライダーはエンジン特性に影響する2つの異なるマッピングから選択可能です。ツインプラグイグニッションシステムは、より効果的な燃焼と、滑らかかつ正確に制御された燃焼シーケンスがいつでも達成されるように、各シリンダーヘッドの2つの異なるサイズのスパークプラグを相互にコントロールします。

ステンレス鋼製のエグゾースト
ステンレス鋼製のエグゾースト

エグゾースト

エグゾーストシステムは高品質なステンレス鋼で製造されています。バイクのスリムな形状を維持するため可能な限り車体の近くに配置され、マフラーの形状は過酷なオフロード走行に最適化されています。2021年モデルでは、KTM 690 SMC Rにハードウェアが一部追加されました。具体的には、マフラーに新たな仕様の触媒コンバーターを装備されました。この追加により、KTM 690 SMC RはEURO 5規制を満たします。

アクセスが簡単なフィルター
アクセスが簡単なフィルター

エアボックス

エアボックスがシート下に配置されているため、メンテナンス時にエアフィルターに簡単にアクセスできます。これにより、長い1日の乗車の終わりに、バイクの点検をシンプルかつストレスフリーに行えます。 

エンジン

LC4 690 ccの単シリンダーエンジンは、極低回転域からのパワフルな加速と傑出した高回転性能を組み合わせ、自然で洗練されたエンジンの動作を実現しました。もう1つの大きなメリットは、エンジンの燃料消費に非常に優れているだけではなく、サービス間隔が10,000 kmと長いため、維持費を抑えることができます。

シリンダーヘッド

軽量コンパクトなシリンダーヘッドには4つのバルブと単一のカムシャフトがインテークバルブの上に配置されており、補助的なバランサーシャフトはカムチェーンにより駆動されています。インテークバルブは複数のロッカーアーム、エグゾーストバルブは単一のロッカーアームにより作動されています。

レゾネーターチャンバー

レゾネーターチャンバーはインテークトラクトのパルスをバランス化し、振動を抑えてスロットルレスポンスを滑らかにします。

バランサーシャフト

ツインバランサーシャフトは、1つはクランクシャフトの前面、もう1つは、シリンダーヘッドにあり、振動を減らし、スムースな乗車を保証します。

ピストン

軽量かつ頑丈な鍛造ピストンは、往復重量を抑え、それによりエンジンのレスポンスを改善します。

コンロッド

コンロッドにプレーンベアリングを使用して往復重量を削減することで、エンジンの作動が滑らかになり、その強力なキャラクターが強調されます。 

PASCクラッチ

PASC(パワーアシストクラッチ)は、クラッチプレートに伝わるエンジントルクが低下したため、ライダーは最小限のインプットで操作が可能です。アンチホッピングクラッチは、アグレッシブなダウンシフト時にリアホイールのロックを回避し、急ブレーキやターンに入る減速時にタールマカダムでリアホイールがハネ回って不安定になるのを防止します。

トランスミッション

Quickshifter+ を備えたスムースな6速トランスミッションは、ターンを出入りするときにクラッチを使わずにシフトを上下することができます。そのため、ハンドルバーのグリップをしっかりと維持することでモーターサイクルの制御性が向上するだけではなく、リアホイールのトラクションも改善します。

ライドバイワイヤー

ライドバイワイヤーシステムにはKTM 690 SMC Rが装備され、電子センサーによってスロットルツイストグリップの動きを検出し、それに応じてスロットルバルブが作動され、スロットルの動作を制御します。これによりレスポンスが大幅に改善され、強力な単シリンダーのスロットル制御が向上し、ライダーにスムースな乗車を提供します。

インジェクション / エンジンマネジメント

電子制御式フューエルインジェクションとエンジンマネジメントシステムが乗車条件に合わせて完璧なパフォーマンスを提供します。その結果、さらにパワーアップし、コントロール性を高めながら、これまで以上の低燃費とローエミッションを果たしています。さらにMTC(モーターサイクルトラクションコントロール)、MSR(モータースリップ制御)、およびQuickshifter+などの機能も搭載されています。ライダーはエンジン特性に影響する2つの異なるマッピングから選択可能です。ツインプラグイグニッションシステムは、より効果的な燃焼と、滑らかかつ正確に制御された燃焼シーケンスがいつでも達成されるように、各シリンダーヘッドの2つの異なるサイズのスパークプラグを相互にコントロールします。

ステンレス鋼製のエグゾースト
ステンレス鋼製のエグゾースト

エグゾースト

エグゾーストシステムは高品質なステンレス鋼で製造されています。バイクのスリムな形状を維持するため可能な限り車体の近くに配置され、マフラーの形状は過酷なオフロード走行に最適化されています。2021年モデルでは、KTM 690 SMC Rにハードウェアが一部追加されました。具体的には、マフラーに新たな仕様の触媒コンバーターを装備されました。この追加により、KTM 690 SMC RはEURO 5規制を満たします。

ステンレス鋼製のエグゾースト
アクセスが簡単なフィルター
アクセスが簡単なフィルター

エアボックス

エアボックスがシート下に配置されているため、メンテナンス時にエアフィルターに簡単にアクセスできます。これにより、長い1日の乗車の終わりに、バイクの点検をシンプルかつストレスフリーに行えます。 

アクセスが簡単なフィルター

02. シャシー

フレーム

格子状フレームは、厚みの異なる最高品質のクロームモリブデンンスチール管の最軽量素材で製造されています。バランスの取れたこのタイプのフレーム設計は、高度な曲げ剛性があり、最適なハンドル操作を提供する一方、特別に調整された縦方向の屈曲性により、ホイールの衝撃エネルギーが吸収されるため、サスペンションをサポートし、ライダーの疲労を緩和します。

サブフレーム

定評の高い方法、つまり後部の燃料タンクをサブフレームの主な構造上の要素として使用する効率的な使用により、軽量化を実現し、デザインから複雑性を排除しました。

スイングアーム

このスイングアームの設計により、ショックアブソーバーを最適な位置に装着できるため、高い進行率を保証します。単一成分による鋳造処理のため、溶接されたスイングアームには不均衡や弱点がありません。

トリプルクランプ

非常に頑丈な鍛造トリプルクランプがオフセット24 mm(22 mmに調整可能)で装備されており、フォークの着実なグリップを提供し、正確な操作が可能になります。これらはハンドルバーを4つの異なる位置で、ライダーの人間工学的形状に合わせて最適に調節できます。

フロントフォーク

WP APEX 48倒立フォークにより、スーパーモトの制御性が最大限まで強化されました。スプリットフォーク設計はWPとKTMが協力して開発し、KTM 690 SMC Rに採用されました。両サイドにスプリングが装着されており、左側にはコンプレッション、右側にはリバウンドの個別のダンピング機能があります。それらが互いに悪影響を及ぼしません。そのため、ダンピングは両アウターチューブ上にあるダイアル(それぞれ30クリック)で簡単に調整できます。

ショックアブソーバー

WP XPLORショックアブソーバーはスーパーモト向けに特別に調整されており、リンケージシステムでスイングアームに接続されています。これによりプログレッシブなサスペンション特性と優れたボトミングアウト耐性が保証されます。高速および低速コンプレッションを含め、完全に調節可能なため、ショックアブソーバーはあらゆる状況やライダーの好みに合わせて設定できます。

ホイールとタイヤ

KTMホイールは軽量のCNC加工ハブおよび高級な黒の17インチのリムを装備しており、最小限の重量で最大の強度を実現します。これらのホイールにはBRIDGESTONE S21タイヤが装着され、ストリートでは最大のパフォーマンスを発揮し、レーストラックでは優れたグリップを実現します。

ブレーキ

最新世代のBREMBO製M 4.32 Monoblockキャリパーがフロントに装着されています。クラス最高のブレーキ力を提供するこのキャリパーと軽量のウェーブディスク(フロントホイール直径320 mm、リアホイール直径240 mm)が停止力と一定したブレーキ感覚の絶妙な組み合わせを提供します。

燃料タンク

KTM 690 SMC Rには13.5リットルの燃料タンクが装備されています。これはシャシーの耐荷重性部分として機能するため、剛性が向上し、より最適なフィーリングが得られます。

フレーム

格子状フレームは、厚みの異なる最高品質のクロームモリブデンンスチール管の最軽量素材で製造されています。バランスの取れたこのタイプのフレーム設計は、高度な曲げ剛性があり、最適なハンドル操作を提供する一方、特別に調整された縦方向の屈曲性により、ホイールの衝撃エネルギーが吸収されるため、サスペンションをサポートし、ライダーの疲労を緩和します。

サブフレーム

定評の高い方法、つまり後部の燃料タンクをサブフレームの主な構造上の要素として使用する効率的な使用により、軽量化を実現し、デザインから複雑性を排除しました。

スイングアーム

このスイングアームの設計により、ショックアブソーバーを最適な位置に装着できるため、高い進行率を保証します。単一成分による鋳造処理のため、溶接されたスイングアームには不均衡や弱点がありません。

トリプルクランプ

非常に頑丈な鍛造トリプルクランプがオフセット24 mm(22 mmに調整可能)で装備されており、フォークの着実なグリップを提供し、正確な操作が可能になります。これらはハンドルバーを4つの異なる位置で、ライダーの人間工学的形状に合わせて最適に調節できます。

フロントフォーク

WP APEX 48倒立フォークにより、スーパーモトの制御性が最大限まで強化されました。スプリットフォーク設計はWPとKTMが協力して開発し、KTM 690 SMC Rに採用されました。両サイドにスプリングが装着されており、左側にはコンプレッション、右側にはリバウンドの個別のダンピング機能があります。それらが互いに悪影響を及ぼしません。そのため、ダンピングは両アウターチューブ上にあるダイアル(それぞれ30クリック)で簡単に調整できます。

ショックアブソーバー

WP XPLORショックアブソーバーはスーパーモト向けに特別に調整されており、リンケージシステムでスイングアームに接続されています。これによりプログレッシブなサスペンション特性と優れたボトミングアウト耐性が保証されます。高速および低速コンプレッションを含め、完全に調節可能なため、ショックアブソーバーはあらゆる状況やライダーの好みに合わせて設定できます。

ホイールとタイヤ

KTMホイールは軽量のCNC加工ハブおよび高級な黒の17インチのリムを装備しており、最小限の重量で最大の強度を実現します。これらのホイールにはBRIDGESTONE S21タイヤが装着され、ストリートでは最大のパフォーマンスを発揮し、レーストラックでは優れたグリップを実現します。

ブレーキ

最新世代のBREMBO製M 4.32 Monoblockキャリパーがフロントに装着されています。クラス最高のブレーキ力を提供するこのキャリパーと軽量のウェーブディスク(フロントホイール直径320 mm、リアホイール直径240 mm)が停止力と一定したブレーキ感覚の絶妙な組み合わせを提供します。

燃料タンク

KTM 690 SMC Rには13.5リットルの燃料タンクが装備されています。これはシャシーの耐荷重性部分として機能するため、剛性が向上し、より最適なフィーリングが得られます。

03. 人間工学と快適性

ハンドルバー

軽量で幅広のテーパード808 mmハンドルバーがゴムで装着されているため、振動を減らします。その幅と形状はあらゆる状況で最適な制御性を提供するために設計されました。

フットペグ

フットレストが短いため、最大傾斜角に必要なスリムな形状となっている一方、取り外し可能なゴム製のインサートがストリート用ブーツでの快適性を保証します。

シート

KTM 690 SMC Rのシート高は890 mmのためアクセスが容易で、傾斜角を妥協することもありません。一方、シートの素材は木目細かく、レザースーツでのグリップを高めています。

ハンドルバー

軽量で幅広のテーパード808 mmハンドルバーがゴムで装着されているため、振動を減らします。その幅と形状はあらゆる状況で最適な制御性を提供するために設計されました。

フットペグ

フットレストが短いため、最大傾斜角に必要なスリムな形状となっている一方、取り外し可能なゴム製のインサートがストリート用ブーツでの快適性を保証します。

シート

KTM 690 SMC Rのシート高は890 mmのためアクセスが容易で、傾斜角を妥協することもありません。一方、シートの素材は木目細かく、レザースーツでのグリップを高めています。

04. ソフトウェアと電子機器

ライダーエイド

電子制御式フューエルインジェクション、ライドバイワイヤーおよびエンジンマネジメントシステム(EMS)は、革新的でありながらも使いやすい電子的補助機能をライダーに提供します。これらの機能を選択、選択解除、利用することで、強力な新世代LC4エンジンをより広範なストリートや路面、および条件で有効に活用することができます。

ライドモード

2つの乗車モード(1)ストリートモード(2)スーパーモトモード:「ストリートモード」は、スポーティなスロットルレスポンスが必要な場合で、ホイールのスリップとウィリーを最小限に抑え最適なストリートパフォーマンスを提供します。2チャネルABS機能はフロントホイールとリアホイールでABSがアクティブ化されており、これはストリートモードのABSで標準設定となっています。「スーパーモトモード」は、逆にスーパーモトトラクションコントロールで滑らかなスロットルレスポンスを生成し、パフォーマンスを損なうことなくホイールのスリップとフロントホイールのリフトを可能にします。これらのモードはハンドルバーを使って簡単に切り替えられるため、エンジン特性をその場で調整できます。トラクションコントロールは必要に応じて無効にできます。スーパーモトモードでは、この設定により重要なリアブレーキの感覚またはこうしたスーパーモトのスライドを楽しむため、リアホイールのABSが無効になります。

MTC(モーターサイクルトラクションコントロール)

MTC(モーターサイクルトラクションコントロール)傾斜角感知型トラクションコントロールシステムは、リアホイールの回転速度が運転状況と不釣り合いになった場合、直ちに反応します。MTCは、わずか1000分の1秒単位で、極めてスムーズに、ほとんど認識できないレベルでスロットルバルブに介入してエンジン出力を抑制。選択されたライドモードと現在のバンク角に応じて、最適な割合になるまでスリップ量を減らします。息を呑むような加速を楽しみたい意欲的なライダーは、このトラクションコントロールのスイッチをオフにすることもできます。

クイックシフター +

Quickshifter+ は2つのセンサーを使用します。1つはシフトアームにあり、ライダーがアップシフトしてシステムが瞬時に点火をカットする際にシフトレバーロッドの動きを検出します。2つ目のセンサーがギア係合を検出すると同時に、インジェクションを再度かけてバタフライ弁を開くことで、あらゆるスロットル開度とエンジン速度で高速かつスムーズな動作を実現します。ダウンシフト時、システムは、エンジン速度をより低いギヤの速度に合わせます。

コーナリングABS

KTMのコーナリングABSモードは、あらゆる状況下でモーターサイクルの傾斜角を考慮しつつ、ライダーに最大のブレーキ力を常に提供します。スーパーモトABSモードでは、ABSはフロントホイールのみで有効となり、コーナリング感知は無効になっています。2021年モデルのKTM 690 SMC Rには、新たなABSモジュレーターが搭載され、ブレーキ性能が向上しています。

Supermoto-ABS

スーパーモトABSはリアホイールのロックを可能にし、フロントホイールのABSを低減するため、ターンで限界をさらに攻め込むときに、モーターサイクルをもっと自分で制御したいと望むファンに適しています。

傾斜角センサー

傾斜角センサーがバイクの角度のトラックを維持し、その情報をECUと関連する制御ユニットに送信します。それらはこのデータを利用してトラクションコントロールとABSの作動を調整します。

ライダーエイド

電子制御式フューエルインジェクション、ライドバイワイヤーおよびエンジンマネジメントシステム(EMS)は、革新的でありながらも使いやすい電子的補助機能をライダーに提供します。これらの機能を選択、選択解除、利用することで、強力な新世代LC4エンジンをより広範なストリートや路面、および条件で有効に活用することができます。

ライドモード

2つの乗車モード(1)ストリートモード(2)スーパーモトモード:「ストリートモード」は、スポーティなスロットルレスポンスが必要な場合で、ホイールのスリップとウィリーを最小限に抑え最適なストリートパフォーマンスを提供します。2チャネルABS機能はフロントホイールとリアホイールでABSがアクティブ化されており、これはストリートモードのABSで標準設定となっています。「スーパーモトモード」は、逆にスーパーモトトラクションコントロールで滑らかなスロットルレスポンスを生成し、パフォーマンスを損なうことなくホイールのスリップとフロントホイールのリフトを可能にします。これらのモードはハンドルバーを使って簡単に切り替えられるため、エンジン特性をその場で調整できます。トラクションコントロールは必要に応じて無効にできます。スーパーモトモードでは、この設定により重要なリアブレーキの感覚またはこうしたスーパーモトのスライドを楽しむため、リアホイールのABSが無効になります。

MTC(モーターサイクルトラクションコントロール)

MTC(モーターサイクルトラクションコントロール)傾斜角感知型トラクションコントロールシステムは、リアホイールの回転速度が運転状況と不釣り合いになった場合、直ちに反応します。MTCは、わずか1000分の1秒単位で、極めてスムーズに、ほとんど認識できないレベルでスロットルバルブに介入してエンジン出力を抑制。選択されたライドモードと現在のバンク角に応じて、最適な割合になるまでスリップ量を減らします。息を呑むような加速を楽しみたい意欲的なライダーは、このトラクションコントロールのスイッチをオフにすることもできます。

クイックシフター +

Quickshifter+ は2つのセンサーを使用します。1つはシフトアームにあり、ライダーがアップシフトしてシステムが瞬時に点火をカットする際にシフトレバーロッドの動きを検出します。2つ目のセンサーがギア係合を検出すると同時に、インジェクションを再度かけてバタフライ弁を開くことで、あらゆるスロットル開度とエンジン速度で高速かつスムーズな動作を実現します。ダウンシフト時、システムは、エンジン速度をより低いギヤの速度に合わせます。

コーナリングABS

KTMのコーナリングABSモードは、あらゆる状況下でモーターサイクルの傾斜角を考慮しつつ、ライダーに最大のブレーキ力を常に提供します。スーパーモトABSモードでは、ABSはフロントホイールのみで有効となり、コーナリング感知は無効になっています。2021年モデルのKTM 690 SMC Rには、新たなABSモジュレーターが搭載され、ブレーキ性能が向上しています。

Supermoto-ABS

スーパーモトABSはリアホイールのロックを可能にし、フロントホイールのABSを低減するため、ターンで限界をさらに攻め込むときに、モーターサイクルをもっと自分で制御したいと望むファンに適しています。

傾斜角センサー

傾斜角センサーがバイクの角度のトラックを維持し、その情報をECUと関連する制御ユニットに送信します。それらはこのデータを利用してトラクションコントロールとABSの作動を調整します。

技術仕様

エンジン

  • トルク 73.5 Nm
  • トランスミッション 6速
  • 冷却 水冷
  • Kw出力 55 kW
  • スターター セルスターター
  • ストローク 80 mm
  • ボア 105 mm
  • クラッチ APTC(TM) スリッパークラッチ、油圧操作式
  • CO2 emissions 96 g/km
  • 排気量 692.7 cm³
  • EMS Keihin製 EMS ライドバイワイヤー、ツインイグニッション
  • デザイン 単気筒、4ストロークエンジン
  • 消費燃料 4.1 l/100 km
  • 潤滑 2ポンプ式オイル圧送潤滑

シャシー

  • 燃料タンク容量 (約) 13.5 l
  • ABS BOSCH製デュアル・チャンネル 9.1 MP ABS(作動解除可能の、コーナリング ABSとSupermotoモード搭載)
  • フロントブレーキディスク径 320 mm
  • リアブレーキディスク径 240 mm
  • フロントブレーキ Brembo製 4ピストンラジアルマウント固定式キャリパー、ブレーキディスク
  • リアブレーキ 1ピストンフローティングキャリパー
  • チェーン X-Ring 5/8 x 1/4"
  • 乾燥重量 147 kg
  • フレームデザイン クロモリ鋼管製スペースフレーム。パウダーコート塗装
  • フロントサスペンション WP APEX 48
  • 最低地上高 237 mm
  • リアサスペンション WP APEX with Pro-Lever linkage
  • シート高 892 mm
  • キャスター角 63 °
  • サスペンションストローク (フロント) 215 mm
  • サスペンションストローク (リア) 240 mm