KTM 790 Duke 2020

Base Price: 1,227,000.00 JPY*

KTM 790 DUKEは驚くべき精度を誇ります。シングルに期待する能力とツインの力強さを組み合わせたバイク。このバイクは、799 cc LC8cパラレルツインエンジンを軽量かつ非常にコンパクトなシャシーに格納し、コーナーをピンポイントの精度で曲がります。KTM 790 DUKEは重要なコーナリングの速度でその実力を発揮します。1つのコーナーから次のコーナーへとダイナミックに移動し、ライダーはサイドライン上ではなくアクションの中心でバイクを操作します。
  • PHO_BIKE_90_RE_790DUKE-MY20-Orange-PHO-BIKE-90-RE_#SALL_#AEPI_#V1.png
  • PHO_BIKE_90_RE_790DUKE-MY20-Black-PHO-BIKE-90-RE_#SALL_#AEPI_#V1.png
KTM 790 DUKEは驚くべき精度を誇ります。シングルに期待する能力とツインの力強さを組み合わせたバイク。このバイクは、799 cc LC8cパラレルツインエンジンを軽量かつ非常にコンパクトなシャシーに格納し、コーナーをピンポイントの精度で曲がります。KTM 790 DUKEは重要なコーナリングの速度でその実力を発揮します。1つのコーナーから次のコーナーへとダイナミックに移動し、ライダーはサイドライン上ではなくアクションの中心でバイクを操作します。
  1. エンジンとエグゾースト
  2. シャシー
  3. 人間工学と快適性
  4. ボディワークとグラフィクス
  5. ソフトウェアと電子機器

01. エンジンとエグゾースト

それ自身の、そして並ぶ者のいないクラス
それ自身の、そして並ぶ者のいないクラス

エンジン

トルクフルさを実現するためにつくられた、この水冷8バルブDOHCユニットでは、105馬力のフィナーレを唸らせればすぐに、8,000 rpmで87 Nmに到達できます。また、高度なライドバイワイヤーシステムは、洗練された機能性と、低燃費そして低排気ガスが保証されます。

シリンダーヘッド

8バルブDOHCシリンダーヘッドには、ツインチェーン駆動のカムシャフトと、各シリンダーごとに1つのスパークプラグが含まれています。さらに790 DUKEのカムシャフトは組み立てられているため、鍛造タイプのカムシャフトより軽量です。シリンダーヘッドは、ダイヤモンド・ライク・カーボンのロッカーアーム、スチール製バルブおよび油圧チェーンテンショナで構成されています。

カウンターバランサーシャフト

不快な振動が好きな人などいません。そのため、KTM 790 DUKEではクランクシャフトの前部とシリンダーヘッドに配置されたカウンターバランサーシャフトを使って非常にスムースなパワー供給と最小限の振動を実現しています。

シリンダー

めっきアルミニウムシリンダーは、この799 ccパラレルツインのスリーブレスエンジンキャスティング設計の重要な部分です。このオープンデッキシリンダー構造により、最適な冷却が実現され、製造のばらつきと信頼性が改善されています。 

ピストン

3つのピストンリングの付いた鍛造ピストンと、DLC(ダイヤモンド・ライク・カーボン)ピストンピンを組み合わせることにより、ピストン構造の軽量化が実現されています。これにより、往復重量が最低限に抑えられ、回転質量が低減し、エンジンの全体的な制御性が向上して回転が最大化されます。

クランクケース

KTM 790 DUKEには水平に分列したクランクケースが装備され、これは高圧力鋳造アルミ製であるため、壁厚が削減され、軽量化に成功しています。

PASCクラッチ

アンチホッピングクラッチを使うと、ライダーは急激な減速またはダウンシフトを行うときに、リアホイールをロックすることなく、自身を持ってコーナリングに望める一方、クラッチの指にかかる負担は羽根のように軽いままです。

オイル循環

エンジンにはコンパクトなセミドライサンプシステムが採用され、オイルはクランクケース、クラッチハウジング、およびトランスミッションからアクティブに送り出されます。これにより、エンジンからの不要なオイルのフローを防ぎ、摩擦によるパワーロスを低減します。オイルを冷却するために、エンジンにはより大型のLC8エンジンと同等のオイルクーラーが装備されています。

ライドバイワイヤー

ケーブルでコントロールされる電子制御式インジェクションシステムのスロットルバルブに代えて、ライドバイワイヤーでは電子センサーによってスロットルグリップの動きを検出し、それに応じてサーボモーターがスロットルバルブを作動させます。KTM 790 DUKEのライドバイワイヤーは、さらに長い距離の走行が可能です。それは電子的にライダーのスロットル操作を読み取り、スロットルバルブの位置を現在の走行状況に合わせて最適化します。息つきや振動、意図しないウイリーは過去のものとなりました。意図的に行うものも、将来的には容易になるかもしれません。

完璧なノイズ
完璧なノイズ

エグゾースト

ステンレス鋼の美学。中間ダンパーは重量を集中化し、比較的小型のマフラーでもドラマチックなサウンドトラックを奏でられます。何百回ものベンチテストと複雑なシミュレーションにより、新しい排気バルブを使ったエグゾーストシステムが、扱いやすいトルクカーブおよび優れたエミッション性能に大きく貢献することを保証します。

深い息遣い
深い息遣い

エアボックス

エアボックスはサブフレームの内面にぴったりと装着されています。側面にはエアーインテークが装備され、エンジンを全快にしてもバイクの冷却機能が機能します。

それ自身の、そして並ぶ者のいないクラス
それ自身の、そして並ぶ者のいないクラス

エンジン

トルクフルさを実現するためにつくられた、この水冷8バルブDOHCユニットでは、105馬力のフィナーレを唸らせればすぐに、8,000 rpmで87 Nmに到達できます。また、高度なライドバイワイヤーシステムは、洗練された機能性と、低燃費そして低排気ガスが保証されます。

それ自身の、そして並ぶ者のいないクラス

シリンダーヘッド

8バルブDOHCシリンダーヘッドには、ツインチェーン駆動のカムシャフトと、各シリンダーごとに1つのスパークプラグが含まれています。さらに790 DUKEのカムシャフトは組み立てられているため、鍛造タイプのカムシャフトより軽量です。シリンダーヘッドは、ダイヤモンド・ライク・カーボンのロッカーアーム、スチール製バルブおよび油圧チェーンテンショナで構成されています。

カウンターバランサーシャフト

不快な振動が好きな人などいません。そのため、KTM 790 DUKEではクランクシャフトの前部とシリンダーヘッドに配置されたカウンターバランサーシャフトを使って非常にスムースなパワー供給と最小限の振動を実現しています。

シリンダー

めっきアルミニウムシリンダーは、この799 ccパラレルツインのスリーブレスエンジンキャスティング設計の重要な部分です。このオープンデッキシリンダー構造により、最適な冷却が実現され、製造のばらつきと信頼性が改善されています。 

ピストン

3つのピストンリングの付いた鍛造ピストンと、DLC(ダイヤモンド・ライク・カーボン)ピストンピンを組み合わせることにより、ピストン構造の軽量化が実現されています。これにより、往復重量が最低限に抑えられ、回転質量が低減し、エンジンの全体的な制御性が向上して回転が最大化されます。

クランクケース

KTM 790 DUKEには水平に分列したクランクケースが装備され、これは高圧力鋳造アルミ製であるため、壁厚が削減され、軽量化に成功しています。

PASCクラッチ

アンチホッピングクラッチを使うと、ライダーは急激な減速またはダウンシフトを行うときに、リアホイールをロックすることなく、自身を持ってコーナリングに望める一方、クラッチの指にかかる負担は羽根のように軽いままです。

オイル循環

エンジンにはコンパクトなセミドライサンプシステムが採用され、オイルはクランクケース、クラッチハウジング、およびトランスミッションからアクティブに送り出されます。これにより、エンジンからの不要なオイルのフローを防ぎ、摩擦によるパワーロスを低減します。オイルを冷却するために、エンジンにはより大型のLC8エンジンと同等のオイルクーラーが装備されています。

ライドバイワイヤー

ケーブルでコントロールされる電子制御式インジェクションシステムのスロットルバルブに代えて、ライドバイワイヤーでは電子センサーによってスロットルグリップの動きを検出し、それに応じてサーボモーターがスロットルバルブを作動させます。KTM 790 DUKEのライドバイワイヤーは、さらに長い距離の走行が可能です。それは電子的にライダーのスロットル操作を読み取り、スロットルバルブの位置を現在の走行状況に合わせて最適化します。息つきや振動、意図しないウイリーは過去のものとなりました。意図的に行うものも、将来的には容易になるかもしれません。

完璧なノイズ
完璧なノイズ

エグゾースト

ステンレス鋼の美学。中間ダンパーは重量を集中化し、比較的小型のマフラーでもドラマチックなサウンドトラックを奏でられます。何百回ものベンチテストと複雑なシミュレーションにより、新しい排気バルブを使ったエグゾーストシステムが、扱いやすいトルクカーブおよび優れたエミッション性能に大きく貢献することを保証します。

完璧なノイズ
深い息遣い
深い息遣い

エアボックス

エアボックスはサブフレームの内面にぴったりと装着されています。側面にはエアーインテークが装備され、エンジンを全快にしてもバイクの冷却機能が機能します。

深い息遣い

02. シャシー

コアの強度
コアの強度

フレーム

KTM 790 DUKEの驚くべき操作特性は、鋼管シャシーのダイナミックかつ耐荷重性デザインに見ることができます。エンジニアたちには1つの目的がありました。それは、よりシャープなターンと大きな傾斜角を実現するため、シャシーを高剛性かつコンパクトに維持し、究極のレスポンスでターンに食い込むということでした。

サブフレーム

サブフレームは鋳造アルミニウム製で、エアボックスを備えています。プラスチックカバーや余分なブラケットはありません。すべては2つの接続されたピースに収められており、複雑性と重量を低減させています。サブフレームの三角形は、強力かつシンプルな構造を実現できるため、KTMのの格子のサブフレームの影響を受けています。

スイングアーム

ダイキャストオープンラティススイングアームは慎重に製造されており、エンジン型式は剛性と安定性に最適化しながらも、優れた柔軟性を提供します。ショックアブソーバの直リンクを使用することで、簡素化され、パーツ数が抑えられています。

タールマカダムを制覇するパワー
タールマカダムを制覇するパワー

ホイール

KTM 790 DUKEには、低圧鋳造製法によって作られた超軽量の軽合金製ホイールが装着されています。その軽量のホイールは、バイク全体を軽量化するだけでなく、バネ下重量と慣性モーメントを最小限に抑え、ハンドリングと運動性能に好影響を与えます。

タイヤ

KTM 790 DUKEは、このバイク専用に特別に開発されたMAXXIS Supermaxx STタイヤが装備されています。特別な素材のため、このタイヤは、ウェットとドライの両方においてグリップ力に優れ、スポーツ感と日々の乗りやすさのバランスを確立しており、安定したライディングと優れたタイヤ摩耗を提供しています。

READY TO RACE
READY TO RACE

リアショック

この信頼性が高く、高感度のWPステアリングダンパーは、ライダーにハンドルバーを通して究極のフィードバックを与える一方、起伏のあるタールマカダムでもフロントホイールを妥協することなく維持します。これは、コーナーの中心から、やや複雑な道にさしかかるまでは気づきもしないことでしょう。

フロントフォーク

WP Suspensionの43 mmのオープンカートリッジの到立フォークでは、このクラスでは見られないようなセットアップをライダーに提供します。フォークはスプリットファンクションテクノロジーを採用しているため、コンプレッションおよびリバウンドダンピングが個別のフォークレッグが発生し、フォークの挙動のより優れたチューニングが可能になります。フォークスプリングは前進的なため、フォークストローク全体を通してスムーズな駆動が可能になります。イニシャルストロークはソフトで、ストロークのはるか下では、よりハードになり、ボトミングアウトを防止します。

ショックアブソーバー

リアエンドを安定させるのは、最先端のプログレッシブストリングおよびプリロード調整付きガスアシストWPショックです。曲がりくねったリボン状のタールマカダムを攻め込むときに、最大のトラクションが保証されます。

ステアリングダンパー

この信頼性が高く、高感度のWPステアリングダンパーは、ライダーにハンドルバーを通して究極のフィードバックを与える一方、起伏のあるタールマカダムでもフロントホイールを妥協することなく維持します。これは、コーナーの中心から、やや複雑な道にさしかかるまでは気づきもしないことでしょう。

トリプルクランプ

鋳造アルミニウムトリプルクランプの固さは、フォークの屈曲性に合わせてチューニングされており、スポーティなハンドリングと優れたフィードバックに貢献しています。トリプルクランプおよびハンドルバークランプのスマートな設計により、完璧な乗車位置を求めてハンドルバーの位置を4か所から選択できます。

制止するものは何もない
制止するものは何もない

ブレーキ

KTM 790 DUKEのフロントホイールは、2つのラジアルマウント4ピストン固定キャリパーと2つの300 ㎜ディスクにより、最大限の減速を確実に行います。ブレーキレバーとハンドルバーとの間隔は調整可能です。そのため、すべてのライダーの手が容易にレバーに届きます。フロントブレーキは、単一ディスクと単一ピストン浮動キャリパーを組み合わせた、リアホイールのディスクブレーキから効率的なサポートを受けます。このストッピングパワーは、KTMのコーナリングABSによってサポートされています。

コアの強度
コアの強度

フレーム

KTM 790 DUKEの驚くべき操作特性は、鋼管シャシーのダイナミックかつ耐荷重性デザインに見ることができます。エンジニアたちには1つの目的がありました。それは、よりシャープなターンと大きな傾斜角を実現するため、シャシーを高剛性かつコンパクトに維持し、究極のレスポンスでターンに食い込むということでした。

コアの強度

サブフレーム

サブフレームは鋳造アルミニウム製で、エアボックスを備えています。プラスチックカバーや余分なブラケットはありません。すべては2つの接続されたピースに収められており、複雑性と重量を低減させています。サブフレームの三角形は、強力かつシンプルな構造を実現できるため、KTMのの格子のサブフレームの影響を受けています。

スイングアーム

ダイキャストオープンラティススイングアームは慎重に製造されており、エンジン型式は剛性と安定性に最適化しながらも、優れた柔軟性を提供します。ショックアブソーバの直リンクを使用することで、簡素化され、パーツ数が抑えられています。

タールマカダムを制覇するパワー
タールマカダムを制覇するパワー

ホイール

KTM 790 DUKEには、低圧鋳造製法によって作られた超軽量の軽合金製ホイールが装着されています。その軽量のホイールは、バイク全体を軽量化するだけでなく、バネ下重量と慣性モーメントを最小限に抑え、ハンドリングと運動性能に好影響を与えます。

タールマカダムを制覇するパワー

タイヤ

KTM 790 DUKEは、このバイク専用に特別に開発されたMAXXIS Supermaxx STタイヤが装備されています。特別な素材のため、このタイヤは、ウェットとドライの両方においてグリップ力に優れ、スポーツ感と日々の乗りやすさのバランスを確立しており、安定したライディングと優れたタイヤ摩耗を提供しています。

READY TO RACE
READY TO RACE

リアショック

この信頼性が高く、高感度のWPステアリングダンパーは、ライダーにハンドルバーを通して究極のフィードバックを与える一方、起伏のあるタールマカダムでもフロントホイールを妥協することなく維持します。これは、コーナーの中心から、やや複雑な道にさしかかるまでは気づきもしないことでしょう。

READY TO RACE

フロントフォーク

WP Suspensionの43 mmのオープンカートリッジの到立フォークでは、このクラスでは見られないようなセットアップをライダーに提供します。フォークはスプリットファンクションテクノロジーを採用しているため、コンプレッションおよびリバウンドダンピングが個別のフォークレッグが発生し、フォークの挙動のより優れたチューニングが可能になります。フォークスプリングは前進的なため、フォークストローク全体を通してスムーズな駆動が可能になります。イニシャルストロークはソフトで、ストロークのはるか下では、よりハードになり、ボトミングアウトを防止します。

ショックアブソーバー

リアエンドを安定させるのは、最先端のプログレッシブストリングおよびプリロード調整付きガスアシストWPショックです。曲がりくねったリボン状のタールマカダムを攻め込むときに、最大のトラクションが保証されます。

ステアリングダンパー

この信頼性が高く、高感度のWPステアリングダンパーは、ライダーにハンドルバーを通して究極のフィードバックを与える一方、起伏のあるタールマカダムでもフロントホイールを妥協することなく維持します。これは、コーナーの中心から、やや複雑な道にさしかかるまでは気づきもしないことでしょう。

トリプルクランプ

鋳造アルミニウムトリプルクランプの固さは、フォークの屈曲性に合わせてチューニングされており、スポーティなハンドリングと優れたフィードバックに貢献しています。トリプルクランプおよびハンドルバークランプのスマートな設計により、完璧な乗車位置を求めてハンドルバーの位置を4か所から選択できます。

制止するものは何もない
制止するものは何もない

ブレーキ

KTM 790 DUKEのフロントホイールは、2つのラジアルマウント4ピストン固定キャリパーと2つの300 ㎜ディスクにより、最大限の減速を確実に行います。ブレーキレバーとハンドルバーとの間隔は調整可能です。そのため、すべてのライダーの手が容易にレバーに届きます。フロントブレーキは、単一ディスクと単一ピストン浮動キャリパーを組み合わせた、リアホイールのディスクブレーキから効率的なサポートを受けます。このストッピングパワーは、KTMのコーナリングABSによってサポートされています。

制止するものは何もない

03. 人間工学と快適性

手綱を握れ
手綱を握れ

ハンドルバー

テーパーアルミニウムの幅760mmのハンドルバーで完全な制御が可能になります。完璧な乗車位置を実現するため、トリプルクランプ上で4つの位置から調整でき、さらに3つの位置で回転できます。

優れた安定性
優れた安定性

フットペグ

KTM 790 DUKEには、アルミニウムから鋳造されたフットペグが装着されており、快適なライディングポジションが実現されています。また、最大限の地上高を生み出すことで、驚くべき傾斜角度が可能になります。追加パーツなしで、リバース(レース)シフティングが可能です。調整可能なペグもまた、全開で走りたいライダーのためのKTM PowerPartsオプションとして利用できます。

シートに乗車
シートに乗車

シート

825mmのシート高は、ライダーの身長にかかわらず、全力でバイクを楽しむことができ、日常利用での視界も損なわれません。シートカバーは、非常に高いグリップ力がありますが、ライダーはバイク回りを容易に動作でいます。幅広い範囲のライダーやライディングスタイルに合うように、織物やレザーで使えるように開発されています。パッセンジャーシートカバーは、同じ素材を使用し、パッセンジャーの快適さに加え、スタイリッシュな外観を演出しています。805mmは、KTMのPowerPartsでより低いシートを選択する場合可能です。

手綱を握れ
手綱を握れ

ハンドルバー

テーパーアルミニウムの幅760mmのハンドルバーで完全な制御が可能になります。完璧な乗車位置を実現するため、トリプルクランプ上で4つの位置から調整でき、さらに3つの位置で回転できます。

手綱を握れ
優れた安定性
優れた安定性

フットペグ

KTM 790 DUKEには、アルミニウムから鋳造されたフットペグが装着されており、快適なライディングポジションが実現されています。また、最大限の地上高を生み出すことで、驚くべき傾斜角度が可能になります。追加パーツなしで、リバース(レース)シフティングが可能です。調整可能なペグもまた、全開で走りたいライダーのためのKTM PowerPartsオプションとして利用できます。

優れた安定性
シートに乗車
シートに乗車

シート

825mmのシート高は、ライダーの身長にかかわらず、全力でバイクを楽しむことができ、日常利用での視界も損なわれません。シートカバーは、非常に高いグリップ力がありますが、ライダーはバイク回りを容易に動作でいます。幅広い範囲のライダーやライディングスタイルに合うように、織物やレザーで使えるように開発されています。パッセンジャーシートカバーは、同じ素材を使用し、パッセンジャーの快適さに加え、スタイリッシュな外観を演出しています。805mmは、KTMのPowerPartsでより低いシートを選択する場合可能です。

シートに乗車

04. ボディワークとグラフィクス

情報ステーション
情報ステーション

TFT多機能コックピット

関連情報のマルチカラーコンビネーションは、分かりやすい表示になっています。エンジンの回転数を上げるとディスプレイバーの色が変わり、さらに回転数を上げるように促すか、エンジンがまだ冷えていることを警告します。ディスプレイは、環境光に合わせて自動的に輝度を変更し、トラックモードを選択する際に独自性が得られます。

行く先を照らすライト
行く先を照らすライト

LEDライト

形式と機能がシームレスにKTM 790 DUKEのデザインに統合されています。例えば、このバイクの特長であるLEDヘッドライトをご覧ください。近場での最適な照明と最大光の出力を合わせ持っています。両側にある日中走行用ライトにより、バイクの認識性が良好になり、他のドライバーから差別化されやすいので、安全上の多大なメリットを提供します。LEDテールライトは、ナンバープレートホルダーに取り付けられており、簡単に取り外してトラックデイでの利用やカスタマイズが可能です。

情報ステーション
情報ステーション

TFT多機能コックピット

関連情報のマルチカラーコンビネーションは、分かりやすい表示になっています。エンジンの回転数を上げるとディスプレイバーの色が変わり、さらに回転数を上げるように促すか、エンジンがまだ冷えていることを警告します。ディスプレイは、環境光に合わせて自動的に輝度を変更し、トラックモードを選択する際に独自性が得られます。

情報ステーション
行く先を照らすライト
行く先を照らすライト

LEDライト

形式と機能がシームレスにKTM 790 DUKEのデザインに統合されています。例えば、このバイクの特長であるLEDヘッドライトをご覧ください。近場での最適な照明と最大光の出力を合わせ持っています。両側にある日中走行用ライトにより、バイクの認識性が良好になり、他のドライバーから差別化されやすいので、安全上の多大なメリットを提供します。LEDテールライトは、ナンバープレートホルダーに取り付けられており、簡単に取り外してトラックデイでの利用やカスタマイズが可能です。

行く先を照らすライト

05. ソフトウェアと電子機器

ハイレベルな電子装置
ハイレベルな電子装置

ライダーエイド

突然限界に達したとき、科学が味方してくれることを知っていると安心です。KTM 790 DUKEは最適な機械的フィードバックを提供するだけではなく、最高の電子的補助機能も提供します。

トラックモード

トラックモードはその名が示す通り、無限のスリルと「READY TO RACE」の体験を提供します。素早い出発を可能にするローンチコントロール、可変スリップ調整、スロットルレスポンスの向上、アンティウィリー解除による大きなウイリーを引く機能を特徴としています。

モーターサイクルトラクションコントロール(MTC)

モーターサイクルトラクションコントロール(MTC)は長い名称ですが、KTM 790 DUKEの重要な部分です。MTCは傾斜感知型トラクションコントロールシステムであり、極めてスムーズに、ほとんど認識できないレベルでエンジン出力を低下させます。モーターサイクルトラクションコントロールは、選択されたライドモードに応じて、リアホイールのトラクションスリップを複数の異なるレベルに調整できます。これだけではありません。大胆にもオフスイッチが搭載されています。

クイックシフター +

KTM 790 DUKEは、KTM独自のQuickshifter+システムを搭載したことで、滑らかなクラッチ不要のアップ/ダウンシフトを可能にしました。あらゆる荷重においてライティングを理解し応答するので、操作時のシフト動作はライダー同様に高速です。ダウンシフト時、システムは、エンジン速度をより低いギヤの速度に合わせます。

モータースリップレギュレーション(MSR)

KTM 790 DUKEには、MTCの反対方向で動作する標準のMSR(モータースリップレギュレーション)が搭載されています。そのため、シフトダウンや急激なスロットルオフのとき、誤ってリアホイールがロックすることはありません。MSRはフルトラクションを維持し、アンチホッピングクラッチを補完します。これはグリップ力の低い状況で特に効果を発揮します。

スーパーモトモード

経験豊富な熱狂的ライダーは、スーパーモトモードを使うとリアホイールをロックすることができます。このモードでは、故意にスライドを発生させ、スーパーモトらしい走りを約束します。ABSはリアホイールでは無効になっていますが、フロントホイールのABS機能は維持されています。

コーナリングABS搭載MSC(モーターサイクルスタビリティコントロール)

傾斜角感知型コーナリングABSは、包括的なBOSCH製MSCアシスタンスパッケージの重要な要素です。簡単に言うと、ライダーは極限の傾斜角で、自信をもって強くブレーキをかけることができます。

ハイレベルな電子装置
ハイレベルな電子装置

ライドモード

ライダーは、より攻めの乗車の「スポーツ」モード、快適な都会での乗車向けの「ストリート」モード、滑りやすい路上での「レイン」モード、そして究極のアタックモードである「トラック」モードの4つの乗車モードから選択できます。これにより、KTM 790 DUKEのライダーはフルパワーの出力、トラクションコントロールの低減、スロットルの円滑化、リアホイールのアンチウイリーのオフが可能になります。

ハイレベルな電子装置
ハイレベルな電子装置

ライダーエイド

突然限界に達したとき、科学が味方してくれることを知っていると安心です。KTM 790 DUKEは最適な機械的フィードバックを提供するだけではなく、最高の電子的補助機能も提供します。

ハイレベルな電子装置

トラックモード

トラックモードはその名が示す通り、無限のスリルと「READY TO RACE」の体験を提供します。素早い出発を可能にするローンチコントロール、可変スリップ調整、スロットルレスポンスの向上、アンティウィリー解除による大きなウイリーを引く機能を特徴としています。

モーターサイクルトラクションコントロール(MTC)

モーターサイクルトラクションコントロール(MTC)は長い名称ですが、KTM 790 DUKEの重要な部分です。MTCは傾斜感知型トラクションコントロールシステムであり、極めてスムーズに、ほとんど認識できないレベルでエンジン出力を低下させます。モーターサイクルトラクションコントロールは、選択されたライドモードに応じて、リアホイールのトラクションスリップを複数の異なるレベルに調整できます。これだけではありません。大胆にもオフスイッチが搭載されています。

クイックシフター +

KTM 790 DUKEは、KTM独自のQuickshifter+システムを搭載したことで、滑らかなクラッチ不要のアップ/ダウンシフトを可能にしました。あらゆる荷重においてライティングを理解し応答するので、操作時のシフト動作はライダー同様に高速です。ダウンシフト時、システムは、エンジン速度をより低いギヤの速度に合わせます。

モータースリップレギュレーション(MSR)

KTM 790 DUKEには、MTCの反対方向で動作する標準のMSR(モータースリップレギュレーション)が搭載されています。そのため、シフトダウンや急激なスロットルオフのとき、誤ってリアホイールがロックすることはありません。MSRはフルトラクションを維持し、アンチホッピングクラッチを補完します。これはグリップ力の低い状況で特に効果を発揮します。

スーパーモトモード

経験豊富な熱狂的ライダーは、スーパーモトモードを使うとリアホイールをロックすることができます。このモードでは、故意にスライドを発生させ、スーパーモトらしい走りを約束します。ABSはリアホイールでは無効になっていますが、フロントホイールのABS機能は維持されています。

コーナリングABS搭載MSC(モーターサイクルスタビリティコントロール)

傾斜角感知型コーナリングABSは、包括的なBOSCH製MSCアシスタンスパッケージの重要な要素です。簡単に言うと、ライダーは極限の傾斜角で、自信をもって強くブレーキをかけることができます。

ハイレベルな電子装置
ハイレベルな電子装置

ライドモード

ライダーは、より攻めの乗車の「スポーツ」モード、快適な都会での乗車向けの「ストリート」モード、滑りやすい路上での「レイン」モード、そして究極のアタックモードである「トラック」モードの4つの乗車モードから選択できます。これにより、KTM 790 DUKEのライダーはフルパワーの出力、トラクションコントロールの低減、スロットルの円滑化、リアホイールのアンチウイリーのオフが可能になります。

ハイレベルな電子装置

Technical Details

Engine

  • トルク 87 Nm
  • トランスミッション 6速
  • 冷却 水冷
  • Kw出力 77 kW
  • スターター セルスターター
  • ストローク 65.7 mm
  • ボア 88 mm
  • クラッチ PASC™ アンチホッピングクラッチ、機械操作式
  • CO2排出量(バイク) 103 g/km
  • 排気量 799 cm³
  • EMS Bosch製 EMS ライドバイワイヤー
  • デザイン 2シリンダー、4ストローク、並列二気筒
  • 燃料消費量(バイク) 4.4 l/100 km
  • 潤滑 2ポンプ式オイル圧送潤滑

Chassis

  • 燃料タンク容量 (約) 14 l
  • ABS BOSCH製デュアル・チャンネル 9.1 MP ABS(作動解除可能の、コーナリング ABSとSupermotoモード搭載)
  • フロントブレーキディスク径 300 mm
  • リアブレーキディスク径 240 mm
  • フロントブレーキ 2x ラジアルマウント4ピストンキャリパー
  • リアブレーキ 2ピストンキャリパー、ブレーキディスク
  • チェーン 520 X-Ring
  • 乾燥重量 169 kg
  • フレームデザイン 圧縮パーツであるエンジンを用いたクロムモリブデン鋼製フレーム、パウダーコーティング
  • フロントサスペンション WP APEX 43
  • 最低地上高 186 mm
  • リアサスペンション WP APEX - Monoshock
  • シート高 825 mm
  • キャスター角 66 °
  • サスペンションストローク (フロント) 140 mm
  • サスペンションストローク (リア) 150 mm