HARD-HITTING ACCURACY

KTM 500 EXC-F

KTM 500 EXC-F 2022

基本価格: 1,590,000 JPY*

2022年モデルのKTM 500 EXC-Fは、スレッジハンマーのようなものです。つまり強烈なパンチで、効果的で、圧倒的な破壊力を秘めているということです。しかし、軽快なシャーシと、さらにコンパクトになった高性能エンジンのおかげで、この大排気量パワーマシンは驚くほど軽く、乗りやすくなっています。このため、510 ccのSOHCのシングルシリンダーエンジンは驚くべきパワーウェイトレシオを達成し、最高にダイナミックなデュアルスポーツ体験を提供してくれます。
  • PHO_BIKE_90_RE_500-excf-22-90re_#SALL_#AEPI_#V1.png
    PHO_BIKE_PERS_LIVO_500-excf-22-livo_#SALL_#AEPI_#V1.png
    PHO_BIKE_PERS_REHI_500-excf-22-rehi_#SALL_#AEPI_#V1.png
2022年モデルのKTM 500 EXC-Fは、スレッジハンマーのようなものです。つまり強烈なパンチで、効果的で、圧倒的な破壊力を秘めているということです。しかし、軽快なシャーシと、さらにコンパクトになった高性能エンジンのおかげで、この大排気量パワーマシンは驚くほど軽く、乗りやすくなっています。このため、510 ccのSOHCのシングルシリンダーエンジンは驚くべきパワーウェイトレシオを達成し、最高にダイナミックなデュアルスポーツ体験を提供してくれます。
  1. エンジンとエグゾースト
  2. シャシー
  3. 人間工学と快適性
  4. ボディワークとグラフィクス
  5. ソフトウェアと電子機器

01. エンジンとエグゾースト

エンジン

コンパクトなサイズで強大なパワーを供給する510 cc燃料噴射SOHCエンジンは、市場で最もパワフルかつ洗練されたエンジンです。業界トップクラスのパワー供給は全回転域で実現され、重量はわずか29.2 kgです。これは市場で最も軽量な半リットルエンジンです。

シリンダーヘッド

KTM 500 EXC-Fエンジンには、最適なマス集中化を実現するためにコンパクトなSOHCシリンダーヘッドが搭載されています。ヘッド構成により、効率的なパワー供給と卓越したパフォーマンスを保証します。単一オーバーヘッドカムシャフトが燃料量を最適化し、低摩擦ロッカーアームとチェーンガイドにより、全回転域でより安定したパフォーマンスが保証されます。

クランクシャフト

KTM 500 EXC-F のクランクシャフトは重心に近い理想的な位置にあり、操作が簡単です。コンロッドが短くなり、エンジンは軽量コンパクト化されています。エンジンの圧力潤滑システムにより、このクランクピン軸受に必要なオイル量が供給されます。この設計には、クランクシャフトの点検間隔を長くできるという直接的なメリットがあります。このため一日中使うことができます。

クランクケースとエンジンカバー

エンジンケースの軽量設計によりシャフトの配置を集中させ、効率的なマス集中化を実現しました。更にエンジンカバーはライダーのブーツによる摩耗を低減するスマートな表面構造となっており、出荷時のフレッシュな外観を維持します。クラッチカバーとエンジンガードの補強により、エンジンケースは更に頑丈になりました。

トランスミッション

KTM 500 EXC-Fには堅牢なPANKL Racing Systems製の6速トランスミッションが装備されています。ギアはより頑丈な鍛造の原料で形成されているため、高い耐久性と信頼性を保証します。すべての4ストロークエンジンには、ギアセンサーが装備されており、各ギアに合わせて異なるエンジン特性を設定できます。

エンジンマネジメントシステム

最新のKeihin製エンジンマネジメントシステムは電子燃料噴射式で、新型の42 mmスロットルボディにコールドスタートとアイドル調整用の個別のシステムが搭載されています。また、スロットルケーブル装着によるケーブルへのアクセスの簡易化とスムーズな配線により、毎回迅速なスロットルレスポンスが得られます。

シリンダーとピストン

口径95 mmのショートシリンダーには、König製のボックスインボックスタイプの超軽量ピストンが格納されています。軽量かつ耐久性に優れたピストンピンとの連動が、エンジンの高性能、低振動、高RPMのとなっている大きな要因です。12.75:1の圧縮比により卓越したエンジン性能を実現し、エンジンノックのリスクを軽減しました。更に、ピストン上部は燃焼効率が上がるように最適化されています。

バランサーシャフト

側面に装着された多機能カウンターバランサーシャフトは、あらゆる振動を巧みにバランス化する一方、ウォーターポンプも駆動します。エンジンの振動を効率的に最小化し、最高のエンジン速度でもスムーズな乗車を実現します。

クラッチ

KTM 500 EXC-Fは、KTMが開発した非常に耐久性に優れたDDSクラッチ(減衰ダイヤフラムプレート)を搭載しています。また、耐摩耗性の高いスチール製ハウジングと、耐熱性の高いクラッチプレートを採用しています。この設計は、通常のコイルスプリングの代わりにダイヤフラムスプリングを採用しており、非常に容易にクラッチを作動させることができます。さらにBrembo製油圧式クラッチシステムにより、あらゆる動作温度で容易かつ正確な調整が可能です。

E-Starter

KTM 500 EXC-Fに標準搭載されているセルスターターは、実証済みのスタータードライブとMitsuba製の強力なスターターエンジンを使用します。長年にわたって実証されてきたとおり、迅速で信頼性の高い始動を可能とし、最も必要なときに貴重な時間と電力を節約します。

冷却

重心近くに設置された2つのラジエータが、過酷な状況でもエンジンの冷却を維持します。これらは、CFD技術(計算流体力学)と巧みな冷媒回路の配線により、あらゆる状況下で最高のパフォーマンスを発揮するための最適なエンジン温度を実現しています。

エグゾースト

パンチの効いたエンジン音が特徴の全4ストロークKTM EXCモデルでは、リアショックにアクセスするために簡単に分解できる2ピースのヘッダーパイプが装備されています。アルミニウム製のマフラースリーブは短くコンパクトな形状です。

エンジン

コンパクトなサイズで強大なパワーを供給する510 cc燃料噴射SOHCエンジンは、市場で最もパワフルかつ洗練されたエンジンです。業界トップクラスのパワー供給は全回転域で実現され、重量はわずか29.2 kgです。これは市場で最も軽量な半リットルエンジンです。

シリンダーヘッド

KTM 500 EXC-Fエンジンには、最適なマス集中化を実現するためにコンパクトなSOHCシリンダーヘッドが搭載されています。ヘッド構成により、効率的なパワー供給と卓越したパフォーマンスを保証します。単一オーバーヘッドカムシャフトが燃料量を最適化し、低摩擦ロッカーアームとチェーンガイドにより、全回転域でより安定したパフォーマンスが保証されます。

クランクシャフト

KTM 500 EXC-F のクランクシャフトは重心に近い理想的な位置にあり、操作が簡単です。コンロッドが短くなり、エンジンは軽量コンパクト化されています。エンジンの圧力潤滑システムにより、このクランクピン軸受に必要なオイル量が供給されます。この設計には、クランクシャフトの点検間隔を長くできるという直接的なメリットがあります。このため一日中使うことができます。

クランクケースとエンジンカバー

エンジンケースの軽量設計によりシャフトの配置を集中させ、効率的なマス集中化を実現しました。更にエンジンカバーはライダーのブーツによる摩耗を低減するスマートな表面構造となっており、出荷時のフレッシュな外観を維持します。クラッチカバーとエンジンガードの補強により、エンジンケースは更に頑丈になりました。

トランスミッション

KTM 500 EXC-Fには堅牢なPANKL Racing Systems製の6速トランスミッションが装備されています。ギアはより頑丈な鍛造の原料で形成されているため、高い耐久性と信頼性を保証します。すべての4ストロークエンジンには、ギアセンサーが装備されており、各ギアに合わせて異なるエンジン特性を設定できます。

エンジンマネジメントシステム

最新のKeihin製エンジンマネジメントシステムは電子燃料噴射式で、新型の42 mmスロットルボディにコールドスタートとアイドル調整用の個別のシステムが搭載されています。また、スロットルケーブル装着によるケーブルへのアクセスの簡易化とスムーズな配線により、毎回迅速なスロットルレスポンスが得られます。

シリンダーとピストン

口径95 mmのショートシリンダーには、König製のボックスインボックスタイプの超軽量ピストンが格納されています。軽量かつ耐久性に優れたピストンピンとの連動が、エンジンの高性能、低振動、高RPMのとなっている大きな要因です。12.75:1の圧縮比により卓越したエンジン性能を実現し、エンジンノックのリスクを軽減しました。更に、ピストン上部は燃焼効率が上がるように最適化されています。

バランサーシャフト

側面に装着された多機能カウンターバランサーシャフトは、あらゆる振動を巧みにバランス化する一方、ウォーターポンプも駆動します。エンジンの振動を効率的に最小化し、最高のエンジン速度でもスムーズな乗車を実現します。

クラッチ

KTM 500 EXC-Fは、KTMが開発した非常に耐久性に優れたDDSクラッチ(減衰ダイヤフラムプレート)を搭載しています。また、耐摩耗性の高いスチール製ハウジングと、耐熱性の高いクラッチプレートを採用しています。この設計は、通常のコイルスプリングの代わりにダイヤフラムスプリングを採用しており、非常に容易にクラッチを作動させることができます。さらにBrembo製油圧式クラッチシステムにより、あらゆる動作温度で容易かつ正確な調整が可能です。

E-Starter

KTM 500 EXC-Fに標準搭載されているセルスターターは、実証済みのスタータードライブとMitsuba製の強力なスターターエンジンを使用します。長年にわたって実証されてきたとおり、迅速で信頼性の高い始動を可能とし、最も必要なときに貴重な時間と電力を節約します。

冷却

重心近くに設置された2つのラジエータが、過酷な状況でもエンジンの冷却を維持します。これらは、CFD技術(計算流体力学)と巧みな冷媒回路の配線により、あらゆる状況下で最高のパフォーマンスを発揮するための最適なエンジン温度を実現しています。

エグゾースト

パンチの効いたエンジン音が特徴の全4ストロークKTM EXCモデルでは、リアショックにアクセスするために簡単に分解できる2ピースのヘッダーパイプが装備されています。アルミニウム製のマフラースリーブは短くコンパクトな形状です。

02. シャシー

フレーム

全KTM EXCモデルは、ハイテクで軽量なChromoly鋼製フレームを採用し、レースに適した形状、最適な剛性、ライダーのための優れたフィードバックを実現しています。これにより、遊び心のあるハンドリング特性と、高速走行時の優れた安定性を提供しています。重量900 g未満のサブフレームは安定性に優れた超軽量アルミニウムサッシ製で、リアフェンダーの安定性とループアウト時の耐久性を保証します。

スイングアーム

KTM 500 EXC-Fでは、重力ダイキャスト製法によるアルミ製一体型スイングアームを採用しています。この結果、可能な限り低い重量で優れた強度を実現し、完璧なフレックス動作を実現しました。

ホイール

KTMは、全EXCモデルでCNC加工の軽量ハブとおよびハイエンドのGIANT製リムを採用しています。これにより、最高レベルの安定性と必要最低限までの重量を保証し、アルミ製スポークニップルではスポークを締める頻度を減らせる画期的な設計を採用しています。

タイヤ

レース仕様で耐パンク性に優れた新製品MAXXIS MaxxEnduroは、1日中快適な乗り心地を維持できるように設計されており、どんな地形でも高いグリップ力とパフォーマンスを発揮します。

サスペンション

2022年に向け、KTM EXCの全モデルにおいてサスペンションのアップデートを施し、様々な地形でのパフォーマンスと安定性の向上のために工場出荷時の設定を強化しています。

フロントサスペンション

外側のフォークチューブに新しいスロットが設けられたことで、直径48 mmのWP製XPLOR倒立フォークはブッシュへのオイル供給量が増え、摩擦や熱の蓄積が軽減されています。また、フォークスプリングの表面を研磨仕上げにして安定性を高め、新しいバルブ設計により伸側減衰性能を向上させています。フォークは左が圧縮減衰、右が伸展減衰の調整機能を維持しています。

リアサスペンション

レースで実証されたフル調整式WP XPLORショックアブソーバは、工場出荷時の設定によりピストン間に新しい円錐形ブッシュを採用して底付き防止機能を強化しています。この結果フェードや摩耗が軽減され、PDSのリアサスペンションの設計は更に進化しました。

ブレーキ

停止時には、高性能のBrembo製ブレーキキャリパーと軽量のWAVEブレーキディスクいい仕事をしてくれます。また、長年にわたるレーシング競技を考慮した理想的なパッド密度とスチール品質により、長寿命で安定した使用感を実現しています。

燃料タンク

全KTM Enduroモデルには、軽量なポリエチレン製タンクが装備されており、1/4回転のバヨネット式フィラーキャップで素早く簡単に操作できます。燃料ポンプが内蔵されているのでインジェクターへに直接供給でき、90°コネクタが損傷を防ぎます。また、タンクはシースループラスチック製なので、ライダーは外先でも一目で燃料の量を確認できます。

エアボックス

KTM 500 EXC-Fのエアボックスには簡単にアクセスでき、専用設計のインテークシュノーケルにより最適な流動力学を確保します。これにより、モーターに空気が強制的に送り込まれ、パワーとスロットルレスポンスの絶妙なバランスを実現しています。空気をきれいに保つために、大型のTwin-Airエアフィルターが最適な位置に配置された頑丈なケージに取り付けられています。

フレーム

全KTM EXCモデルは、ハイテクで軽量なChromoly鋼製フレームを採用し、レースに適した形状、最適な剛性、ライダーのための優れたフィードバックを実現しています。これにより、遊び心のあるハンドリング特性と、高速走行時の優れた安定性を提供しています。重量900 g未満のサブフレームは安定性に優れた超軽量アルミニウムサッシ製で、リアフェンダーの安定性とループアウト時の耐久性を保証します。

スイングアーム

KTM 500 EXC-Fでは、重力ダイキャスト製法によるアルミ製一体型スイングアームを採用しています。この結果、可能な限り低い重量で優れた強度を実現し、完璧なフレックス動作を実現しました。

ホイール

KTMは、全EXCモデルでCNC加工の軽量ハブとおよびハイエンドのGIANT製リムを採用しています。これにより、最高レベルの安定性と必要最低限までの重量を保証し、アルミ製スポークニップルではスポークを締める頻度を減らせる画期的な設計を採用しています。

タイヤ

レース仕様で耐パンク性に優れた新製品MAXXIS MaxxEnduroは、1日中快適な乗り心地を維持できるように設計されており、どんな地形でも高いグリップ力とパフォーマンスを発揮します。

サスペンション

2022年に向け、KTM EXCの全モデルにおいてサスペンションのアップデートを施し、様々な地形でのパフォーマンスと安定性の向上のために工場出荷時の設定を強化しています。

フロントサスペンション

外側のフォークチューブに新しいスロットが設けられたことで、直径48 mmのWP製XPLOR倒立フォークはブッシュへのオイル供給量が増え、摩擦や熱の蓄積が軽減されています。また、フォークスプリングの表面を研磨仕上げにして安定性を高め、新しいバルブ設計により伸側減衰性能を向上させています。フォークは左が圧縮減衰、右が伸展減衰の調整機能を維持しています。

リアサスペンション

レースで実証されたフル調整式WP XPLORショックアブソーバは、工場出荷時の設定によりピストン間に新しい円錐形ブッシュを採用して底付き防止機能を強化しています。この結果フェードや摩耗が軽減され、PDSのリアサスペンションの設計は更に進化しました。

ブレーキ

停止時には、高性能のBrembo製ブレーキキャリパーと軽量のWAVEブレーキディスクいい仕事をしてくれます。また、長年にわたるレーシング競技を考慮した理想的なパッド密度とスチール品質により、長寿命で安定した使用感を実現しています。

燃料タンク

全KTM Enduroモデルには、軽量なポリエチレン製タンクが装備されており、1/4回転のバヨネット式フィラーキャップで素早く簡単に操作できます。燃料ポンプが内蔵されているのでインジェクターへに直接供給でき、90°コネクタが損傷を防ぎます。また、タンクはシースループラスチック製なので、ライダーは外先でも一目で燃料の量を確認できます。

エアボックス

KTM 500 EXC-Fのエアボックスには簡単にアクセスでき、専用設計のインテークシュノーケルにより最適な流動力学を確保します。これにより、モーターに空気が強制的に送り込まれ、パワーとスロットルレスポンスの絶妙なバランスを実現しています。空気をきれいに保つために、大型のTwin-Airエアフィルターが最適な位置に配置された頑丈なケージに取り付けられています。

03. 人間工学と快適性

ハンドルバー

全KTM EXCモデルには、NEKEN製の調節式高強度アルミ製テーパーハンドルバーが装備されています。このハンドルバーは、4つの異なる位置に取り付けられます。右側にはODI加硫処理グリップ、左側には快適なODIロックオングリップが標準装備されているので、ぶら下がって取れることのないように注意するだけです。

フットペグ

セルフクリーニング機能付きフットペグは、深いわだちの走行中でもペグに泥が詰まることを防ぎます。これにより、ブーツのグリップ力が維持され、コースに集中できます。

シート

シートはフレキシブルで快適な設計です。2022年モデルのKTM 500 EXC-Fのシートはライダーが自由に動ける絶妙な形状でありながら長時間サドルに座っていても疲れない快適性を備えていて、滑りにくいfactory風のブルービニールで覆われています。

ハンドルバー

全KTM EXCモデルには、NEKEN製の調節式高強度アルミ製テーパーハンドルバーが装備されています。このハンドルバーは、4つの異なる位置に取り付けられます。右側にはODI加硫処理グリップ、左側には快適なODIロックオングリップが標準装備されているので、ぶら下がって取れることのないように注意するだけです。

フットペグ

セルフクリーニング機能付きフットペグは、深いわだちの走行中でもペグに泥が詰まることを防ぎます。これにより、ブーツのグリップ力が維持され、コースに集中できます。

シート

シートはフレキシブルで快適な設計です。2022年モデルのKTM 500 EXC-Fのシートはライダーが自由に動ける絶妙な形状でありながら長時間サドルに座っていても疲れない快適性を備えていて、滑りにくいfactory風のブルービニールで覆われています。

04. ボディワークとグラフィクス

デカル

レッドブルKTMファクトリーレーシングチームからインスピレーションを得て、2022年のKTM EXCシリーズはオレンジとブルーの大胆なコントラストと、factory風のブルーを採用しています。摩擦や色褪せに強いインモールドグラフィックスを採用することで、コースでの過酷な使用後でも工場出荷時のフレッシュな外観を保ちます。

デカル

レッドブルKTMファクトリーレーシングチームからインスピレーションを得て、2022年のKTM EXCシリーズはオレンジとブルーの大胆なコントラストと、factory風のブルーを採用しています。摩擦や色褪せに強いインモールドグラフィックスを採用することで、コースでの過酷な使用後でも工場出荷時のフレッシュな外観を保ちます。

05. ソフトウェアと電子機器

バッテリーとワイヤーハーネス

巨体の510 ccバイクのエンジンを始動させるのはたいへんです。このため、KTM 500 EXC-Fでは、超軽量の2 Ahリチウムイオンスターターバッテリーで作動する電気システムを採用しています。ワイヤーハーネスでは、電気部品の大半をシート下の共通部分に集中させたため、簡単にアクセスできるようになりました。

バッテリーとワイヤーハーネス

巨体の510 ccバイクのエンジンを始動させるのはたいへんです。このため、KTM 500 EXC-Fでは、超軽量の2 Ahリチウムイオンスターターバッテリーで作動する電気システムを採用しています。ワイヤーハーネスでは、電気部品の大半をシート下の共通部分に集中させたため、簡単にアクセスできるようになりました。

技術仕様

エンジン

  • トランスミッション 6速
  • スターター セルスターター
  • ストローク 72 mm
  • ボア 95 mm
  • クラッチ 湿式、DDS多板クラッチ、Brembo製油圧式
  • 排気量 510.9 cm³
  • EMS Keihin製 EMS
  • デザイン 単気筒、4ストロークエンジン

シャシー

  • 重量 (燃料なし) 105.6 kg
  • 燃料タンク容量 (約) 9.2 l
  • フロントブレーキディスク径 260 mm
  • リアブレーキディスク径 220 mm
  • フロントブレーキ ディスクブレーキ
  • リアブレーキ ディスクブレーキ
  • チェーン X-Ring 5/8 x 1/4"
  • フレームデザイン セントラルダブルクレードルタイプ 25CrMo4 スチール
  • フロントサスペンション WP XPLOR-USD, Ø 48 mm
  • 最低地上高 355 mm
  • リアサスペンション WP Xplor PDS ショックアブソーバー
  • シート高 960 mm
  • キャスター角 63.5 °
  • サスペンションストローク (フロント) 300 mm
  • サスペンションストローク (リア) 310 mm