THE STARTING GATE

KTM 125 SX

KTM 125 SX 2022

基本価格: 1,005,000 JPY*

KTM 125 SXはフルサイズKTMモトクロスARSENALの中で最もコンパクトで軽量なモデルであり、新進気鋭のレーサーに優勝のためのパフォーマンスを提供します。KTM 125 SXは信頼のパフォーマンス、軽量シャシー、総合的な俊敏性により、クラスで最も競争力のある125 cc 2ストロークエンジンを搭載しています。2022年では、この2ストロークバイクは、プロランクへの究極のエントリーモデルであり、多くのトロフィーを獲得するための確実な選択肢です。
  • PHO_BIKE_90_RE_125-sx-22-90re_#SALL_#AEPI_#V1.png
    PHO_BIKE_90_LI_125-sx-22-90li_#SALL_#AEPI_#V1.png
    PHO_BIKE_PERS_LIVO_125-sx-22-livo_#SALL_#AEPI_#V1.png
    PHO_BIKE_PERS_REVO_125-sx-22-revo_#SALL_#AEPI_#V1.png
KTM 125 SXはフルサイズKTMモトクロスARSENALの中で最もコンパクトで軽量なモデルであり、新進気鋭のレーサーに優勝のためのパフォーマンスを提供します。KTM 125 SXは信頼のパフォーマンス、軽量シャシー、総合的な俊敏性により、クラスで最も競争力のある125 cc 2ストロークエンジンを搭載しています。2022年では、この2ストロークバイクは、プロランクへの究極のエントリーモデルであり、多くのトロフィーを獲得するための確実な選択肢です。
  1. エンジンとエグゾースト
  2. シャシー
  3. 人間工学と快適性
  4. ボディワークとグラフィクス

01. エンジンとエグゾースト

エンジン

2022年モデルのKTM 125 SXは、間違いなくクラスで最も競争のあるパワフルなエンジンを搭載しています。際立ったパワーウェイトレシオ、低コスト、全体的なシンプルさを備えたこの17.2 kgの2ストロークエンジンが、これからもKTMモータースポーツで成功を続けることは明らかです。

シリンダー

125 ccエンジンの中心には口径54 mmのシリンダーが内蔵されています。これは、精巧なメカニズムにより水平なエグゾーストポートを実現したパワーバルブユニットを備えています。エグゾーストポートのレイアウトによりエンジン性能が向上し、エグゾーストポート上部の外形はより正確なポートタイミングとなるように加工されています。ツインコンポーネント式のシリンダーヘッドと共に、これはKTM 125 SXが全回転域で際立ったパフォーマンスを実現する鍵となっています。

クランクケースとエンジンカバー

軽量のクランクケースは高圧ダイキャスト製造プロセスで製造されているため、壁厚を最小限に留めつつ、強度と耐久性を維持しています。この設計により、クランクシャフトの位置を高めに設定し、重心に近づけられたため、理想的なマスの集中化と卓越した乗り心地を実現しました。エンジン全体が非常にコンパクトになり、エンジン重量の削減に大きく貢献しています。

トランスミッション

KTM 125 SXには堅牢な6速トランスミッションが装着されています。改良かつ補強されたギアレシオは前モデルから引き継いでいます。他にも125 SXのトランスミッションには防泥ギアシフターという注目すべき機能があります。フットペグのデザインと同様に、泥の堆積を防止し、条件にかかわらずいつでも次のギアに切り替えられます。

キャブレター

シリンダーへの燃料供給は、MIKUNI TMXキャリブレーターを採用しています。38 mmフラットスライドキャブレターはエアボックスとエグゾーストシステムのデザインに完璧にマッチするように設定され、スムーズかつ制御可能なパワーを全回転域で提供します。

イグニション

KTMのすべての2ストロークモトクロスモデルには、エンジン始動時の挙動を改善する高度なハードウェアを搭載したCDI制御ユニットが装備されています。これにより、常に完璧なエンジン始動が可能です。

非常に効果的な冷却機能
非常に効果的な冷却機能

冷却

低重心化のために理想的に配置されたラジエターが、過酷な状況でも冷却を維持します。この革新的なシステムは、計算流体力学技術とスマートな冷却液の循環によりエンジン温度を調整することで、最高のパフォーマンスを保証します。

パワーを感じるサウンド
パワーを感じるサウンド

エグゾースト

それは単なる「排気音」ではありません。マフラーは2ストロークならではのパンチ力を発揮する上で重要な役割を果たします。KTM 125 SX 専用に開発されたマフラーは、パワー伝達と性能の面で、パンチを効かす重要な役割を果たします。さらに、よりスリムで人間工学に適した特別な形状になり、レースの騒音制限内で安全な運転を行うことも可能です。

エンジン

2022年モデルのKTM 125 SXは、間違いなくクラスで最も競争のあるパワフルなエンジンを搭載しています。際立ったパワーウェイトレシオ、低コスト、全体的なシンプルさを備えたこの17.2 kgの2ストロークエンジンが、これからもKTMモータースポーツで成功を続けることは明らかです。

シリンダー

125 ccエンジンの中心には口径54 mmのシリンダーが内蔵されています。これは、精巧なメカニズムにより水平なエグゾーストポートを実現したパワーバルブユニットを備えています。エグゾーストポートのレイアウトによりエンジン性能が向上し、エグゾーストポート上部の外形はより正確なポートタイミングとなるように加工されています。ツインコンポーネント式のシリンダーヘッドと共に、これはKTM 125 SXが全回転域で際立ったパフォーマンスを実現する鍵となっています。

クランクケースとエンジンカバー

軽量のクランクケースは高圧ダイキャスト製造プロセスで製造されているため、壁厚を最小限に留めつつ、強度と耐久性を維持しています。この設計により、クランクシャフトの位置を高めに設定し、重心に近づけられたため、理想的なマスの集中化と卓越した乗り心地を実現しました。エンジン全体が非常にコンパクトになり、エンジン重量の削減に大きく貢献しています。

トランスミッション

KTM 125 SXには堅牢な6速トランスミッションが装着されています。改良かつ補強されたギアレシオは前モデルから引き継いでいます。他にも125 SXのトランスミッションには防泥ギアシフターという注目すべき機能があります。フットペグのデザインと同様に、泥の堆積を防止し、条件にかかわらずいつでも次のギアに切り替えられます。

キャブレター

シリンダーへの燃料供給は、MIKUNI TMXキャリブレーターを採用しています。38 mmフラットスライドキャブレターはエアボックスとエグゾーストシステムのデザインに完璧にマッチするように設定され、スムーズかつ制御可能なパワーを全回転域で提供します。

イグニション

KTMのすべての2ストロークモトクロスモデルには、エンジン始動時の挙動を改善する高度なハードウェアを搭載したCDI制御ユニットが装備されています。これにより、常に完璧なエンジン始動が可能です。

非常に効果的な冷却機能
非常に効果的な冷却機能

冷却

低重心化のために理想的に配置されたラジエターが、過酷な状況でも冷却を維持します。この革新的なシステムは、計算流体力学技術とスマートな冷却液の循環によりエンジン温度を調整することで、最高のパフォーマンスを保証します。

非常に効果的な冷却機能
パワーを感じるサウンド
パワーを感じるサウンド

エグゾースト

それは単なる「排気音」ではありません。マフラーは2ストロークならではのパンチ力を発揮する上で重要な役割を果たします。KTM 125 SX 専用に開発されたマフラーは、パワー伝達と性能の面で、パンチを効かす重要な役割を果たします。さらに、よりスリムで人間工学に適した特別な形状になり、レースの騒音制限内で安全な運転を行うことも可能です。

パワーを感じるサウンド

02. シャシー

フレーム

KTM 125 SXには、ピンポイントで正確にハイドロフォーミングされたクロモリ製フレームが使われています。これをロボット溶接することで、最高レベルの安定した品質、剛性、応答性の高いハンドリングを実現しています。また、WP PRO COMPONENTサスペンションとの組み合わせにより、優れた俊敏性と高速安定性を提供します。2022年モデルのすべてのKTM SXフレームには、フルfactoryオレンジの粉体塗装が施され、フレームプロテクターが標準装着されています。サブフレームは軽量アルミニウム製で、ライダーに優れた感覚を提供し、シートの移動もスムーズに行えます。

スイングアーム

KTM SXシリーズでは、一体型、重力ダイキャストスイングアームを採用しています。この製造プロセスにより、実現可能な最軽量でありながら、優れた強度を確保しています。そしてリアホイールの広範な調整が可能なため、狭くて湾曲しているトラックの場合は短いホイールベース、長い直線コースの場合はより安定性の優れた長いホイールベースを選択できます。さらに、スイングアームのチェーン測定マークは上から見えるようになっており、調整が容易です。

ホイール

フルサイズKTM SXマシンは、軽量、CNC加工ハブとハイエンドExcelリムを使用し、最新のダンロップGeomax-MX33タイヤを履いています。アルミニウム製のスポークニップルは、スポークを締め付ける必要のある頻度を削減できるため、便利になりました。

フロントサスペンション

KTM 125 SXは、AERテクノロジーを採用した軽量48 mm USD WP XACTフロントフォークを採用しています。これらのエアスプリングフロントフォークは各フォークレッグに個別の機能を提供します。右側がダンピング機能で左側がエアスプリングです。左レッグにはカプセル化されたエアカートリッジのある2チャンバーシステムが搭載され、空気圧の減少を防ぎます。基本的には、特に稀なケースではありますが、外側のシールが漏洩した場合、内部カートリッジ圧が標準位置を維持します。エアスプリングは使いやすく、単一のエアバルブと付属のエアポンプを使ってライダーの体重に合わせて調節できます。右フロントフォークには、単体で減衰機能を発揮するフォークに必要なダンピングカートリッジを内蔵し、トラック条件やライダーの好みに合わせた調整が可能です。さらに、フォークの上部キャップは、上からは圧縮、下からは跳ね返りが簡単に調整できるようになっています。

リアサスペンション

すべてのKTM SXモデルにはWP製XACTモノショックアブソーバーが搭載されています。これは、フレーム全体、スイングアーム構造、リンケージシステムが連動するように開発されています。このセットアップはWP XACTフォークと見事に調和し、バランスの取れたハンドリング性能を実現しています。高品質機械加工とアルマイト処理された部品を使用して、高速および低速コンプレッションを含め、完全に調節可能なため、あらゆるトラックおよびライダーの好みに合わせて正確にショックを設定できます。

トリプルクランプ

高品質CNC加工のトリプルクランプはKTMのトレードマークとなりました。フレームとフォークの屈曲特性に合わせて精密に計算された剛性と22 mmのオフセットにより、非常に優れたハンドリングと安定性を実現しています。すべてのSXモデルには上部トリプルクランプに時間計が標準装着されており、レース走行時間や次のサービス時期についてライダーに情報を提供します。

非常に効果的なブレーキ
非常に効果的なブレーキ

ブレーキ

KTM SXシリーズは、減速時に最高性能を発揮します。ハイテクBrembo製ブレーキがフロントとリア前後を制御し、ライダーのフィーリングを最大限に引き出し、ブレーキフェードを抑え、高い品質を実現しています。このレースで実証されたシステムは、軽量ウェーブディスクと組み合わせることで最高レベルのブレーキ効率を実現し、優れた制動力を発揮します。

動きやすさを高めた形状
動きやすさを高めた形状

燃料タンク

高回転マシンの下には軽量ポリエチレン製の7L燃料タンクがあり、常に燃料の供給が途切れることはありません。燃料タンクの形状は、燃料タンク容量を損なうことなく、バイク全体のスリムなエルゴノミクスを実現しています。

最大の通気性
最大の通気性

エアボックス

KTM 125 SXのエアボックスは、流動力学が最適化され、吸入スノーケルと一緒に使用することで、最大のパワーとスロットルの迅速なレスポンスが得られます。パフォーマンスのメリットは言うまでもありませんが、このデザインは、エアフィルターを汚れから最大限保護します。大型のTwin Air製エアフィルターがスマートなデザインの剛性の高いケージに装着されており、誤って設置するリスクが最小限になりました。従来型同様、フィルターのメンテナンスは工具不要で短時間で容易にできます。これは、KTM独自の標準機能です。

フレーム

KTM 125 SXには、ピンポイントで正確にハイドロフォーミングされたクロモリ製フレームが使われています。これをロボット溶接することで、最高レベルの安定した品質、剛性、応答性の高いハンドリングを実現しています。また、WP PRO COMPONENTサスペンションとの組み合わせにより、優れた俊敏性と高速安定性を提供します。2022年モデルのすべてのKTM SXフレームには、フルfactoryオレンジの粉体塗装が施され、フレームプロテクターが標準装着されています。サブフレームは軽量アルミニウム製で、ライダーに優れた感覚を提供し、シートの移動もスムーズに行えます。

スイングアーム

KTM SXシリーズでは、一体型、重力ダイキャストスイングアームを採用しています。この製造プロセスにより、実現可能な最軽量でありながら、優れた強度を確保しています。そしてリアホイールの広範な調整が可能なため、狭くて湾曲しているトラックの場合は短いホイールベース、長い直線コースの場合はより安定性の優れた長いホイールベースを選択できます。さらに、スイングアームのチェーン測定マークは上から見えるようになっており、調整が容易です。

ホイール

フルサイズKTM SXマシンは、軽量、CNC加工ハブとハイエンドExcelリムを使用し、最新のダンロップGeomax-MX33タイヤを履いています。アルミニウム製のスポークニップルは、スポークを締め付ける必要のある頻度を削減できるため、便利になりました。

フロントサスペンション

KTM 125 SXは、AERテクノロジーを採用した軽量48 mm USD WP XACTフロントフォークを採用しています。これらのエアスプリングフロントフォークは各フォークレッグに個別の機能を提供します。右側がダンピング機能で左側がエアスプリングです。左レッグにはカプセル化されたエアカートリッジのある2チャンバーシステムが搭載され、空気圧の減少を防ぎます。基本的には、特に稀なケースではありますが、外側のシールが漏洩した場合、内部カートリッジ圧が標準位置を維持します。エアスプリングは使いやすく、単一のエアバルブと付属のエアポンプを使ってライダーの体重に合わせて調節できます。右フロントフォークには、単体で減衰機能を発揮するフォークに必要なダンピングカートリッジを内蔵し、トラック条件やライダーの好みに合わせた調整が可能です。さらに、フォークの上部キャップは、上からは圧縮、下からは跳ね返りが簡単に調整できるようになっています。

リアサスペンション

すべてのKTM SXモデルにはWP製XACTモノショックアブソーバーが搭載されています。これは、フレーム全体、スイングアーム構造、リンケージシステムが連動するように開発されています。このセットアップはWP XACTフォークと見事に調和し、バランスの取れたハンドリング性能を実現しています。高品質機械加工とアルマイト処理された部品を使用して、高速および低速コンプレッションを含め、完全に調節可能なため、あらゆるトラックおよびライダーの好みに合わせて正確にショックを設定できます。

トリプルクランプ

高品質CNC加工のトリプルクランプはKTMのトレードマークとなりました。フレームとフォークの屈曲特性に合わせて精密に計算された剛性と22 mmのオフセットにより、非常に優れたハンドリングと安定性を実現しています。すべてのSXモデルには上部トリプルクランプに時間計が標準装着されており、レース走行時間や次のサービス時期についてライダーに情報を提供します。

非常に効果的なブレーキ
非常に効果的なブレーキ

ブレーキ

KTM SXシリーズは、減速時に最高性能を発揮します。ハイテクBrembo製ブレーキがフロントとリア前後を制御し、ライダーのフィーリングを最大限に引き出し、ブレーキフェードを抑え、高い品質を実現しています。このレースで実証されたシステムは、軽量ウェーブディスクと組み合わせることで最高レベルのブレーキ効率を実現し、優れた制動力を発揮します。

非常に効果的なブレーキ
動きやすさを高めた形状
動きやすさを高めた形状

燃料タンク

高回転マシンの下には軽量ポリエチレン製の7L燃料タンクがあり、常に燃料の供給が途切れることはありません。燃料タンクの形状は、燃料タンク容量を損なうことなく、バイク全体のスリムなエルゴノミクスを実現しています。

動きやすさを高めた形状
最大の通気性
最大の通気性

エアボックス

KTM 125 SXのエアボックスは、流動力学が最適化され、吸入スノーケルと一緒に使用することで、最大のパワーとスロットルの迅速なレスポンスが得られます。パフォーマンスのメリットは言うまでもありませんが、このデザインは、エアフィルターを汚れから最大限保護します。大型のTwin Air製エアフィルターがスマートなデザインの剛性の高いケージに装着されており、誤って設置するリスクが最小限になりました。従来型同様、フィルターのメンテナンスは工具不要で短時間で容易にできます。これは、KTM独自の標準機能です。

最大の通気性

03. 人間工学と快適性

シート

すべてのKTM SXモデルのシートは、ダイナミックな性能を志向したエルゴノミクスと、横方向に配置されたシリコンストリップによるグリップを兼ね備えています。シートの取外しも、横方向にある1本の長いネジおかげで簡単に行うことができ、安全で扱いやすくなっています。2022年モデルには、シートは工場風の青色を採用します。

ライダーによる究極の制御性
ライダーによる究極の制御性

ハンドルバー

すべてのフルサイズのKTM SXモデルには、同じNEKEN製の高強度アルミニウムテーパーハンドルバーが使用されています。このハンドルバーはゴム製の減衰装着具に固定され、2つの異なる位置があります。ハンドルバーの右側はODI加硫処理グリップ、左側はワイヤーやグルーなどで固定する必要のない快適なODIロックオングリップが標準で装備されています。また、設計されたカバーは着脱が容易なカバーの付いたバーパッドも装着されています。

フットペグ

洗練されたセルフクリーニング「防泥」フットペグは、深いわだちの走行中でも旋回軸に泥が詰まるのを防ぎます。これにより、常に完璧なグリップを維持できます。これで、集団を牽引する際の懸念が1つ減りました。

シート

すべてのKTM SXモデルのシートは、ダイナミックな性能を志向したエルゴノミクスと、横方向に配置されたシリコンストリップによるグリップを兼ね備えています。シートの取外しも、横方向にある1本の長いネジおかげで簡単に行うことができ、安全で扱いやすくなっています。2022年モデルには、シートは工場風の青色を採用します。

ライダーによる究極の制御性
ライダーによる究極の制御性

ハンドルバー

すべてのフルサイズのKTM SXモデルには、同じNEKEN製の高強度アルミニウムテーパーハンドルバーが使用されています。このハンドルバーはゴム製の減衰装着具に固定され、2つの異なる位置があります。ハンドルバーの右側はODI加硫処理グリップ、左側はワイヤーやグルーなどで固定する必要のない快適なODIロックオングリップが標準で装備されています。また、設計されたカバーは着脱が容易なカバーの付いたバーパッドも装着されています。

ライダーによる究極の制御性

フットペグ

洗練されたセルフクリーニング「防泥」フットペグは、深いわだちの走行中でも旋回軸に泥が詰まるのを防ぎます。これにより、常に完璧なグリップを維持できます。これで、集団を牽引する際の懸念が1つ減りました。

04. ボディワークとグラフィクス

デカル

モトクロス界におけるKTMの輝かしい歴史に敬意を表して、KTM 2022 SXシリーズはノスタルジックなイメージチェンジによって、Red Bull KTM Factory Racingの特徴的なカラーとオールドスクール風のデザインを融合しています。新しい青色のシートとオレンジ色のフレームを採用し、このような視覚的にインパクトのあるパッケージが完成しています。

デカル

モトクロス界におけるKTMの輝かしい歴史に敬意を表して、KTM 2022 SXシリーズはノスタルジックなイメージチェンジによって、Red Bull KTM Factory Racingの特徴的なカラーとオールドスクール風のデザインを融合しています。新しい青色のシートとオレンジ色のフレームを採用し、このような視覚的にインパクトのあるパッケージが完成しています。

技術仕様

エンジン

  • トランスミッション 6速
  • スターター キックスターター
  • ストローク 54.5 mm
  • ボア 54 mm
  • クラッチ Wet multi-disc DS clutch, Brembo hydraulics
  • 排気量 124.8 cm³
  • EMS Kokusan製
  • デザイン 単気筒、2ストロークエンジン

シャシー

  • 重量 (燃料なし) 87.5 kg
  • 燃料タンク容量 (約) 7.5 l
  • フロントブレーキディスク径 260 mm
  • リアブレーキディスク径 220 mm
  • フロントブレーキ ディスクブレーキ
  • リアブレーキ ディスクブレーキ
  • チェーン 5/8 x 1/4
  • フレームデザイン セントラルダブルクレードルタイプ 25CrMo4 スチール
  • フロントサスペンション WP XACT-USD、Ø 48 mm
  • 最低地上高 375 mm
  • リアサスペンション WP XACT リンケージを伴うモノショック
  • シート高 950 mm
  • キャスター角 63.9 °
  • サスペンションストローク (フロント) 310 mm
  • サスペンションストローク (リア) 300 mm