THE FIGHTER IN THE ORANGE CORNER

2025 KTM 250 SX-F

2025 KTM 250 SX-F

  • 色を選択
  • メーカー希望小売価格: 1,339,000 JPY*

2025 KTM 250 SX-Fはまさにユーザーフレンドリーパッケージであり、初心者からプロまですべてのライダーが満足できる設計になっています。とはいえ、妥協する必要があるとは一瞬たりとも思わないでください。これはあらゆるレベルにおいて紛れもないREADY TO RACEな一台です。47 hpを上回る強烈なパワーを炸裂させ、優れた電子制御の予備オプションを装備した2025 KTM 250 SX-Fは、250 cm³クラスに挑戦し、ノックアウト勝利を収める準備ができています。
  • PHO_BIKE_90_RE_MY25-KTM-250-SX--f-90-right-Studio_#SALL_#AEPI_#V1.png
    PHO_BIKE_90_LI_MY25-KTM-250-SX-F-90-Left-Studio_#SALL_#AEPI_#V1.png
    PHO_BIKE_90_LIVO_MY25-KTM-250-SX-F-90-front-right-Studio_#SALL_#AEPI_#V1.png
2025 KTM 250 SX-Fはまさにユーザーフレンドリーパッケージであり、初心者からプロまですべてのライダーが満足できる設計になっています。とはいえ、妥協する必要があるとは一瞬たりとも思わないでください。これはあらゆるレベルにおいて紛れもないREADY TO RACEな一台です。47 hpを上回る強烈なパワーを炸裂させ、優れた電子制御の予備オプションを装備した2025 KTM 250 SX-Fは、250 cm³クラスに挑戦し、ノックアウト勝利を収める準備ができています。
  1. ゲートの前で
  2. 力強くスタートを切る
  3. 闘志の中の落ち着き
  4. 勝利を目指せ
  5. モーメンタムを維持
ゲートの前で

01. ゲートの前で

機敏な立ち上がり
機敏な立ち上がり

サスペンションの調整が簡単

いつものようにサスペンションは両端でツールを使わずセットアップ可能で、車両を完璧にコントロールしながら表彰台を目指すことができます。リアには、手で調整可能なデュアル・コンプレッション・コントロールが装備され、ライダーは簡単に高速と低速の設定を調整することができます。フロントフォークも、フォークシューの底部とトップキャップにある手で調整可能なクリッカーを使って簡単に調整することができます。

安心感
安心感

エアボックス

新しいフィルターボックスは、最大の空気流を提供する設計となっており、正確に配置されたインレットダクトは、空気流の変形を防ぎ、フィルターの保護を維持します。Twin Air製フィルターとエアフィルターサポートは、安全かつ正確なフィルターの取り付けを実現するシンプルなミス防止装着システムとなっています。そのため、エアフィルターは工具を使用せずに簡単にアクセスできます。左側のパネルを外すだけで、簡単かつ迅速に整備できます。すべてのSXおよびSX-Fモデルでは、パック別に通気口のあるエアフィルターボックスも含まれています。

ツールを心配することなくトラックに集中
ツールを心配することなくトラックに集中

保守性

2025 KTM SXおよびSX-F製品ラインでは、ライダーがサービスパーツに簡単にアクセスでき、サスペンションの調整を容易に行えるように設計されています。そのため、トラックに戻る時間を短縮し、オフシーズン中のメンテナンスも容易になるだけでなく、初心者のライダーでもピットクルーなしでモトクロスをより身近に楽しむことができます。

ゲートの前で
機敏な立ち上がり
機敏な立ち上がり

サスペンションの調整が簡単

いつものようにサスペンションは両端でツールを使わずセットアップ可能で、車両を完璧にコントロールしながら表彰台を目指すことができます。リアには、手で調整可能なデュアル・コンプレッション・コントロールが装備され、ライダーは簡単に高速と低速の設定を調整することができます。フロントフォークも、フォークシューの底部とトップキャップにある手で調整可能なクリッカーを使って簡単に調整することができます。
機敏な立ち上がり
ゲートの前で
安心感
安心感

エアボックス

新しいフィルターボックスは、最大の空気流を提供する設計となっており、正確に配置されたインレットダクトは、空気流の変形を防ぎ、フィルターの保護を維持します。Twin Air製フィルターとエアフィルターサポートは、安全かつ正確なフィルターの取り付けを実現するシンプルなミス防止装着システムとなっています。そのため、エアフィルターは工具を使用せずに簡単にアクセスできます。左側のパネルを外すだけで、簡単かつ迅速に整備できます。すべてのSXおよびSX-Fモデルでは、パック別に通気口のあるエアフィルターボックスも含まれています。
安心感
ゲートの前で
ツールを心配することなくトラックに集中
ツールを心配することなくトラックに集中

保守性

2025 KTM SXおよびSX-F製品ラインでは、ライダーがサービスパーツに簡単にアクセスでき、サスペンションの調整を容易に行えるように設計されています。そのため、トラックに戻る時間を短縮し、オフシーズン中のメンテナンスも容易になるだけでなく、初心者のライダーでもピットクルーなしでモトクロスをより身近に楽しむことができます。
ツールを心配することなくトラックに集中
力強くスタートを切る

02. 力強くスタートを切る

比類ないパフォーマンス
比類ないパフォーマンス

使用可能なパワーの増加

26.11 kgと軽量のこのミッドウェイトのエンジンは、爆発的な47 hpという卓越したパワーを生み出し、250 cm³ の4ストローククラスで紛れもないトップレベルのパフォーマンスを発揮します。2025 KTM 250 SX-Fのエンジンもまた、全体的なパッケージのパフォーマンスと操作性にぴったりと合うように注意して設計、調整されており、ミッドレンジおよびトップエンドのパワーを押し上げています。

クラッチを下ろせ
クラッチを下ろせ

ローンチコントロール & クイックシフター

ローンチコントロール、オン!ホールショットを奪うために設計された2025 KTM SX-F製品ラインはには標準でローンチコントロールと新しいクイックシフター機能が搭載されており、クラッチを使わずに迅速なアップシフトへの切り替えが可能です。ローンチコントロールはトラクションコントロールとクイックシフターボタンを同時に押すだけで簡単に起動でき、リアホイールへのパワーを制限することでトラクションを向上します。これで強く加速したときにコントロールを失ってしまうこともありません。一方、クイックシフター機能を使うと、2速から5速まで切り替えられるため、目の前のコーナーを攻めることだけに集中できます。

最高のトラクション
最高のトラクション

選択可能なマップ + TC

2025 KTM SXモデルのマップセレクトスイッチはシンプルなデザインとなっており、ライダーは2つのエンジンマップから選択することができます。マップ1は、より直線的なパワー曲線を提供する一方、マップ2はアグレッシブなスロットルと爆発的なパワーを生み出します。幸い、トラクションコントロールは同じスイッチでオン・オフ位置をトグル切り替えできるため、濡れた泥の条件下でも最大のトラクションが得られ、際立ったメリットを提供します。

力強くスタートを切る
比類ないパフォーマンス
比類ないパフォーマンス

使用可能なパワーの増加

26.11 kgと軽量のこのミッドウェイトのエンジンは、爆発的な47 hpという卓越したパワーを生み出し、250 cm³ の4ストローククラスで紛れもないトップレベルのパフォーマンスを発揮します。2025 KTM 250 SX-Fのエンジンもまた、全体的なパッケージのパフォーマンスと操作性にぴったりと合うように注意して設計、調整されており、ミッドレンジおよびトップエンドのパワーを押し上げています。
比類ないパフォーマンス
力強くスタートを切る
クラッチを下ろせ
クラッチを下ろせ

ローンチコントロール & クイックシフター

ローンチコントロール、オン!ホールショットを奪うために設計された2025 KTM SX-F製品ラインはには標準でローンチコントロールと新しいクイックシフター機能が搭載されており、クラッチを使わずに迅速なアップシフトへの切り替えが可能です。ローンチコントロールはトラクションコントロールとクイックシフターボタンを同時に押すだけで簡単に起動でき、リアホイールへのパワーを制限することでトラクションを向上します。これで強く加速したときにコントロールを失ってしまうこともありません。一方、クイックシフター機能を使うと、2速から5速まで切り替えられるため、目の前のコーナーを攻めることだけに集中できます。
クラッチを下ろせ
力強くスタートを切る
最高のトラクション
最高のトラクション

選択可能なマップ + TC

2025 KTM SXモデルのマップセレクトスイッチはシンプルなデザインとなっており、ライダーは2つのエンジンマップから選択することができます。マップ1は、より直線的なパワー曲線を提供する一方、マップ2はアグレッシブなスロットルと爆発的なパワーを生み出します。幸い、トラクションコントロールは同じスイッチでオン・オフ位置をトグル切り替えできるため、濡れた泥の条件下でも最大のトラクションが得られ、際立ったメリットを提供します。
最高のトラクション
闘志の中の落ち着き

03. 闘志の中の落ち着き

クリーンでスリークな外観
クリーンでスリークな外観

絶対的なコントロール

障害物を乗り越える準備を整えてください。2025 KTM SXとSX-FマシンにはFactory Racingの実績から直接応用されたフレームのメジャーアップデートが行われています。まず、改良されたリアショックマウント周りのフレーム部は流線型のデザインが強調され、新たなエンジンマウントとカットアウトによりシャーシのフレックス特性が向上しています。フレームのフロントエリアも同じく見直され、壁の肉厚が前年モデルとは異なり、エンジンマウントが一新されています。これにより300 gの軽量化が実現し、コーナリング時のフレックス特性が向上しています。

流線的なライダーの動き
流線的なライダーの動き

人間工学

新しいフューエルタンクロールによってよりタイトかつ安全な装着感が実現し、フレームの擦れを低減し、耐久性を劇的に改善する一方、複合プラスチックの採用しアップグレードされたタンクシュラウドにより空気がより効率的にラジエターに導かれます。これらすべてが特別開発されたライダートライアングルと組み合わさることで、特にペグに立った場合に非常に優れた膝の接触面とグリップ面を提供します。

比類ないパフォーマンス
比類ないパフォーマンス

パフォーマンス

2025 KTM 250 SX-Fのエンジンは、2度後方に傾斜し、フロントスポケットの位置が3 mm低くなりましたエンジン高さも8 mm低めに設定されています。つまりマスの集中化が大幅に改善され、全体重量が削減されたため、ハンドル操作とアンチスクアット挙動の改善につながりました。新しいマフラーはマッピングスイッチとの組み合わせにより反応特性を改善し、排気音がやや静か目に抑えられています。

闘志の中の落ち着き
クリーンでスリークな外観
クリーンでスリークな外観

絶対的なコントロール

障害物を乗り越える準備を整えてください。2025 KTM SXとSX-FマシンにはFactory Racingの実績から直接応用されたフレームのメジャーアップデートが行われています。まず、改良されたリアショックマウント周りのフレーム部は流線型のデザインが強調され、新たなエンジンマウントとカットアウトによりシャーシのフレックス特性が向上しています。フレームのフロントエリアも同じく見直され、壁の肉厚が前年モデルとは異なり、エンジンマウントが一新されています。これにより300 gの軽量化が実現し、コーナリング時のフレックス特性が向上しています。
クリーンでスリークな外観
闘志の中の落ち着き
流線的なライダーの動き
流線的なライダーの動き

人間工学

新しいフューエルタンクロールによってよりタイトかつ安全な装着感が実現し、フレームの擦れを低減し、耐久性を劇的に改善する一方、複合プラスチックの採用しアップグレードされたタンクシュラウドにより空気がより効率的にラジエターに導かれます。これらすべてが特別開発されたライダートライアングルと組み合わさることで、特にペグに立った場合に非常に優れた膝の接触面とグリップ面を提供します。
流線的なライダーの動き
闘志の中の落ち着き
比類ないパフォーマンス
比類ないパフォーマンス

パフォーマンス

2025 KTM 250 SX-Fのエンジンは、2度後方に傾斜し、フロントスポケットの位置が3 mm低くなりましたエンジン高さも8 mm低めに設定されています。つまりマスの集中化が大幅に改善され、全体重量が削減されたため、ハンドル操作とアンチスクアット挙動の改善につながりました。新しいマフラーはマッピングスイッチとの組み合わせにより反応特性を改善し、排気音がやや静か目に抑えられています。
比類ないパフォーマンス
勝利を目指せ

04. 勝利を目指せ

改良されたサスペンション設定

2025 KTM SXとSX-FシリーズではWP XACT AERフォークとWP XACTリアショックが改良されています。これは、セッティングが再調整され、重量が抑えられ、重量配分が改善され、全体的な反応特性が向上した状態でゲートに並ぶことを意味します。

安定したフロントエンド
安定したフロントエンド

WP XACTフォーク

まずは技術部品についてご紹介しましょう。2025 KTM SXとSX-Fラインナップに装備された48 mmのWP XACT AERフォークは、革新的で安定したダンピングを実現するカプセル型エアスプリングと加圧オイル室を備え、オイルと空気のバイパスは圧力ピークを抑えています。ミッドバルブのダンピングシステムと合わさり、これらはすべて卓越したフィードバックと快適性をライダーに提供します。フォークは、改良されたフレームとリアリンケージを補完するだけでなく、あらゆるレベルで優れたパフォーマンスを約束する新たな設定も備えています。セッティングについては、シングルエアプレッシャープリロードバルブとコンプレッションおよびリバウンド用の簡易アクセスクリッカーを使って簡単に調整できます。加えて、バイパックにはフォークの空気圧の調整に必要なエアポンプも標準提供されています。

WP XACTショック

リアをご覧いただくと、2025モデルのWP XACTリアショックにもKTM Factory Racingチームの設定を直接応用した変更がいくつか行われています。フレームとショック形状が改良されたことにより、リンケージの地上高が高まり、ボトムアウトが起こりにくくなっています。この話題を続けますが、リンケージボルトの直径が小さいため重量が節約され、新しいリンケージシールによりリアショックのレスポンスと高度なダンピング特性が向上しています。

レール上でのレース
レール上でのレース

安定性

改良されたリアブレーキペダルを装備した2025 KTMモトクロスシリーズは、これまで以上の剛性、曲げ抵抗、ブレーキングフィールをパッケージ全体に追加しています。その反対側では、鍛造ステアリングヘッドの接続部とCNC加工トリプルクランプにより、フォークチューブが完璧にアライメントされています。フォーククランプの形状が正確であるため、反応性およびフォーク動作が非常に優れ、当然のことながら表彰台に向かってわだちを走破している間も揺るぎない安定性を確保します。

重力の活用
重力の活用

マスの集中化

さあ腕を思いっきり広げて走る準備はできましたか?マスの集中化と総重量の削減というメリットに加え、スチールフレームコンセプトのバッグボーンを変更することで、シャシーのアンチスクワット挙動が大幅に改善されました。分かりやすく言うと、2025 KTM 250 SX-Fは、コーナーを攻めるとき、パワーの低下を完璧に制御できます。

タイヤ

ダートの中でパワーを得るのは非常に困難なことです。しかしながら、長時間にわたる研究と試験によって2025 KTMモトクロスシリーズはDunlop GEOMAX MX35にその答えを見つけました。最高水準の比類ない安定性とコントロールを約束するこれらのラバーフープには新たなカーカスとラバーコンパウンドが採用され、ダンピング性能と吸収性が向上し、パフォーマンスが最大30%長く維持されます。新しいプログレッシブコーナリングブロックテクノロジーも障害物上でのグリップを向上させ、リアのセンターブロックパターンは従来よりも11%高め、44%ワイドになり、あらゆる路面でトラクションとコントロール性が高まっています。最後に、このユニークなブロック配列は付着した泥を排出する働きがあり、トラック上の泥がいかなる程度であっても確かなトラクションを約束します。

勝利を目指せ

改良されたサスペンション設定

2025 KTM SXとSX-FシリーズではWP XACT AERフォークとWP XACTリアショックが改良されています。これは、セッティングが再調整され、重量が抑えられ、重量配分が改善され、全体的な反応特性が向上した状態でゲートに並ぶことを意味します。
勝利を目指せ
安定したフロントエンド
安定したフロントエンド

WP XACTフォーク

まずは技術部品についてご紹介しましょう。2025 KTM SXとSX-Fラインナップに装備された48 mmのWP XACT AERフォークは、革新的で安定したダンピングを実現するカプセル型エアスプリングと加圧オイル室を備え、オイルと空気のバイパスは圧力ピークを抑えています。ミッドバルブのダンピングシステムと合わさり、これらはすべて卓越したフィードバックと快適性をライダーに提供します。フォークは、改良されたフレームとリアリンケージを補完するだけでなく、あらゆるレベルで優れたパフォーマンスを約束する新たな設定も備えています。セッティングについては、シングルエアプレッシャープリロードバルブとコンプレッションおよびリバウンド用の簡易アクセスクリッカーを使って簡単に調整できます。加えて、バイパックにはフォークの空気圧の調整に必要なエアポンプも標準提供されています。
安定したフロントエンド
勝利を目指せ

WP XACTショック

リアをご覧いただくと、2025モデルのWP XACTリアショックにもKTM Factory Racingチームの設定を直接応用した変更がいくつか行われています。フレームとショック形状が改良されたことにより、リンケージの地上高が高まり、ボトムアウトが起こりにくくなっています。この話題を続けますが、リンケージボルトの直径が小さいため重量が節約され、新しいリンケージシールによりリアショックのレスポンスと高度なダンピング特性が向上しています。
勝利を目指せ
レール上でのレース
レール上でのレース

安定性

改良されたリアブレーキペダルを装備した2025 KTMモトクロスシリーズは、これまで以上の剛性、曲げ抵抗、ブレーキングフィールをパッケージ全体に追加しています。その反対側では、鍛造ステアリングヘッドの接続部とCNC加工トリプルクランプにより、フォークチューブが完璧にアライメントされています。フォーククランプの形状が正確であるため、反応性およびフォーク動作が非常に優れ、当然のことながら表彰台に向かってわだちを走破している間も揺るぎない安定性を確保します。
レール上でのレース
勝利を目指せ
重力の活用
重力の活用

マスの集中化

さあ腕を思いっきり広げて走る準備はできましたか?マスの集中化と総重量の削減というメリットに加え、スチールフレームコンセプトのバッグボーンを変更することで、シャシーのアンチスクワット挙動が大幅に改善されました。分かりやすく言うと、2025 KTM 250 SX-Fは、コーナーを攻めるとき、パワーの低下を完璧に制御できます。
重力の活用
勝利を目指せ

タイヤ

ダートの中でパワーを得るのは非常に困難なことです。しかしながら、長時間にわたる研究と試験によって2025 KTMモトクロスシリーズはDunlop GEOMAX MX35にその答えを見つけました。最高水準の比類ない安定性とコントロールを約束するこれらのラバーフープには新たなカーカスとラバーコンパウンドが採用され、ダンピング性能と吸収性が向上し、パフォーマンスが最大30%長く維持されます。新しいプログレッシブコーナリングブロックテクノロジーも障害物上でのグリップを向上させ、リアのセンターブロックパターンは従来よりも11%高め、44%ワイドになり、あらゆる路面でトラクションとコントロール性が高まっています。最後に、このユニークなブロック配列は付着した泥を排出する働きがあり、トラック上の泥がいかなる程度であっても確かなトラクションを約束します。
モーメンタムを維持

05. モーメンタムを維持

コネクティビティユニットオフロード

KTM SX-FシリーズのPowerpartsとしてご利用いただけるコネクティビティユニットオフロード(CUO)は、KTMconnectアプリを介して幅広い機能ならびに調整オプションを提供します。CUOは、あなたのライディングに新たな洞察を提供し、エンジンの挙動に変化を与え、さらには人それぞれの好みと走行状況に応じて最適化されたサスペンション設定も可能にします。次のレベルのMOTOにようこそ。

ためらうことはない
ためらうことはない

地上高

フックアップが悪いと楽しくありません。幸い、2025 KTM 250 SX-Fでは、ショックアブゾーバーの形状により、リンケージシステムの地上高が改善されました。また、トポロジーが最適化された鋳造フットペグは、深いわだちで、またはスクラブ時のテイクオフでフックアップしにくくなっています。

いつまでも正確な操作
いつまでも正確な操作

一貫性

新しいチェーンガイドとチェーンガードにより耐久性が改善するとともに外部の物体の引っ掛かりを低減し、特に非常にぬかるみの多い条件下におけるスイングアームとリアスプロケット周りへの汚れの付着を抑えます。

控えめなインパクト
控えめなインパクト

エネルギー吸収

ハイドロフォーム、レーザーカット、さらにロボット溶接されたフレームは、巧妙に製作されているため、ライダーに卓越したフィードバックと直線での安定性を提供します。また、特別に計算された縦剛性とねじり剛性のパラメーターで構成されています。つまり、フレームが「ショックアブソーバー」のような役割を果たし、過酷な乗車を緩和するため、ハードなラップを繰り返すときにライダーの疲労が軽減されます。

モーメンタムを維持

コネクティビティユニットオフロード

KTM SX-FシリーズのPowerpartsとしてご利用いただけるコネクティビティユニットオフロード(CUO)は、KTMconnectアプリを介して幅広い機能ならびに調整オプションを提供します。CUOは、あなたのライディングに新たな洞察を提供し、エンジンの挙動に変化を与え、さらには人それぞれの好みと走行状況に応じて最適化されたサスペンション設定も可能にします。次のレベルのMOTOにようこそ。
モーメンタムを維持
ためらうことはない
ためらうことはない

地上高

フックアップが悪いと楽しくありません。幸い、2025 KTM 250 SX-Fでは、ショックアブゾーバーの形状により、リンケージシステムの地上高が改善されました。また、トポロジーが最適化された鋳造フットペグは、深いわだちで、またはスクラブ時のテイクオフでフックアップしにくくなっています。
ためらうことはない
モーメンタムを維持
いつまでも正確な操作
いつまでも正確な操作

一貫性

新しいチェーンガイドとチェーンガードにより耐久性が改善するとともに外部の物体の引っ掛かりを低減し、特に非常にぬかるみの多い条件下におけるスイングアームとリアスプロケット周りへの汚れの付着を抑えます。
いつまでも正確な操作
モーメンタムを維持
控えめなインパクト
控えめなインパクト

エネルギー吸収

ハイドロフォーム、レーザーカット、さらにロボット溶接されたフレームは、巧妙に製作されているため、ライダーに卓越したフィードバックと直線での安定性を提供します。また、特別に計算された縦剛性とねじり剛性のパラメーターで構成されています。つまり、フレームが「ショックアブソーバー」のような役割を果たし、過酷な乗車を緩和するため、ハードなラップを繰り返すときにライダーの疲労が軽減されます。
控えめなインパクト

技術仕様

エンジン

  • トランスミッション 5速
  • スターター セルスターター
  • ストローク 48.5 mm
  • ボア 81 mm
  • クラッチ Wet multi-disc DS clutch, Brembo hydraulics
  • 圧縮比 14.5
  • 排気量 249.9 cm³
  • EMS Keihin EMS
  • デザイン 単気筒、4ストロークエンジン
  • 燃料混合生成 Keihin製 EFI、スロットルボディ 44 mm

シャシー

  • 重量 (燃料なし) 101 kg
  • 燃料タンク容量 (約) 7.2 l
  • ホイールベース 1493 mm
  • フロントブレーキディスク径 260 mm
  • リアブレーキディスク径 220 mm
  • フロントブレーキ ディスクブレーキ
  • リアブレーキ ディスクブレーキ
  • チェーン 520, Non-sealed
  • フレームデザイン セントラルダブルクレードルタイプ 25CrMo4 スチール
  • フロントサスペンション WP XACT-USD (AER), Ø 48 mm
  • 最低地上高 343 mm
  • ハンドルバー Neken製 アルミニウム Ø 28/22 mm
  • リアサスペンション WP XACT リンケージを伴うモノショック
  • シート高 958 mm
  • サイレンサー アルミニウム
  • キャスター角 63.9 °
  • リアサブフレームデザイン Aluminum-reinforced polyamide
  • サスペンションストローク (フロント) 310 mm
  • サスペンションストローク (リア) 300 mm
  • ホイール スポークホイール(アルミニウム製リム)