• KTMモトクロス製品ラインナップ2022

    疑う余地なし



  • 栄光への闘い

    377910_battle-for-glory-new

    2022 KTMモトクロス製品ラインナップは、非常に完成度が高く、最先端の技術を搭載したモトクロスおよびスーパークロスバイクです。これにより、KTMの量産バイクは、Red Bull KTM Factory Racingライダーたちが選手権で勝利を獲得したマシンに限りなく近づきました。

    これを証明するため、FIMモトクロス世界選手権王者のJeffrey HerlingsとTom Vialleに2022バイクに乗車して何周か走行してもらい、結果は非常に素晴らしいものとなりました。*

    378712_mx22-4-stroke-v3

     

    4ストローク

    伝説が基準となる

    チャンピオンマシンKTM SX-F製品ラインナップは、FIMモトクロス世界選手権、AMAスーパークロスシリーズ、およびAMAプロナショナルモトクロス選手権で長年支配的な立場を維持してきました。Red Bull KTM Factory Racingのライダーによる近年の素晴らしい成績から、KTMのエンジニアたちは、最新の2022 SX製品ラインを設計する際に明確な目標がありました。それは、オーストリアのマッティヒホーフェンの工場で、軽量かつ操作性に優れ、非常にパワフルで最先端の技術を搭載したモトクロスモデルを作成することでした。

     

    2ストローク

    優れたバランスとパワー

    378716_mx22-2-stroke-v3

    モトクロスセグメントの瞬時のスロットルレスポンスと最高のパワーウェイトレシオは、2ストロークファンにとって長年必要とされるものでした。2022モデルでは、KTMは再び3つの際立ったフルサイズの2ストロークバイクを提供します。言うまでもなく、KTMは国際舞台でほとんど無敵です。2020 EMX125欧州選手権で上位12のうち7つのスポットをKTM 125 SXが取得しています。

    若いレーサーにとって、キャリアを速く構築するには、最高のバイクに乗る必要があります。そのため、KTM Sportminicycle製品ラインは、フルサイズのSX製品の開発と同じ基礎を念頭に製造されました。大型マシンと同じ開発力を持ってKTM 85 SX、KTM 65 SXおよびKTM 50 SXを製造することにより、KTM Sportminicycle製品ラインは、ジュニアモトクロス界のリーダー的位置付けを維持しています。

    2 ストロークエンジン

    289531_mx22-e-mini-v3

     

    E-MINI

    プラグを抜いてレースへ

    2022 KTM SX-E 5は、ジュニアライダーが真のREADY TO RACEを体験するために設計された全電動式ミニレーサーですが、レースで闘うミニレーサーにとって現実的なオプションでもあります。排気量ゼロ、低騒音、容易な操作性および最小限のメンテナンスなど、KTM SX-E 5はモトクロススポーツの今後のビジョンを形成するバイクです。

    Electric

    377911_mx22-powerwear-v3

    KTM POWERWEAR

    レース仕様

    レプリカチームウェアは、KTM Factoryライダーやスタッフと全く同じオレンジをベースとしたウェアを提供していますが、KTM PowerWearコレクションはアパレル商品だけではありません。KTMファンは、新たに購入したKTM SXに各種実用的かつ機能的なギアや保護具を装着することもできます。KTM PowerWearのラインナップには、Alpinestars、Airoh、Shoei、Scott、Leattなど、モトクロス界で有名なスペシャリストによる様々なアクセサリが含まれます。

     

    PowerWearを参照

    KTM POWERPARTS

    乗車体験の強化

    KTMでは、あらゆる場面に対応する装備を常に提供するように取り組んでいます。また、当社は、ライダーやレーサーがほんの少しだけ「追加」が必要な場合や、KTM SXをさらにカスタム化したいと望んでいることを理解しています。そのため、KTM PowerPartsカタログで提供された豊富なオプションを見逃すことはできません。

     

    PowerPartsを参照
    mx22-powerparts3

    mx22-powerparts3

    KTM POWERPARTS

    乗車体験の強化

    KTMでは、あらゆる場面に対応する装備を常に提供するように取り組んでいます。また、当社は、ライダーやレーサーがほんの少しだけ「追加」が必要な場合や、KTM SXをさらにカスタム化したいと望んでいることを理解しています。そのため、KTM PowerPartsカタログで提供された豊富なオプションを見逃すことはできません。

     

    POWERPARTSを参照
    379643_gallery-1

    379662_gallery-2

    379646_gallery-3

    379658_gallery-4

    *Jeffrey HerlingsとTom Vialleは、KTM PowerPartsシリーズから追加料金で購入できるオプションアイテムを装備した2022 KTM SXモデルに乗車しました。シャーシやサスペンションといったハードウェアを改造せず、少ない数のKTM PowerPartsを装備した2022 KTM 450 SX-Fに乗車したJeffrey Herlingsは、35分間のモトクロスの最後に最速ラップタイム1:45.991を達成しました。