DYNAMIC IN EVERY WAY

KTM 250 SX-F

KTM 250 SX-F 2021

基本価格: 1,134,000.00 JPY*

KTM 250 SX-Fは、世界を制する有力なバイクであり、2021モデルでもその支配的立場を維持しています。クラス最軽量のバイクであるだけではなく、信頼性が高く、比類ないパワー供給により、アマチュアライダーにもプロのライダーにも最適な一台となっています。パワーを効率的に伝えることが高速ラップタイムの秘訣であり、この有力なパッケージには最も重要な使命、つまりチェッカーフラグを真っ先に振らせるのに必要な要素がすべて詰まっています。
  • PHO_BIKE_90_RE_250-SX-F-MY21_#SALL_#AEPI_#V1.png
KTM 250 SX-Fは、世界を制する有力なバイクであり、2021モデルでもその支配的立場を維持しています。クラス最軽量のバイクであるだけではなく、信頼性が高く、比類ないパワー供給により、アマチュアライダーにもプロのライダーにも最適な一台となっています。パワーを効率的に伝えることが高速ラップタイムの秘訣であり、この有力なパッケージには最も重要な使命、つまりチェッカーフラグを真っ先に振らせるのに必要な要素がすべて詰まっています。
  1. エンジンとエグゾースト
  2. シャシー
  3. 人間工学と快適性
  4. ボディワークとグラフィクス
  5. ソフトウェアと電子機器
エンジンとエグゾースト

01. エンジンとエグゾースト

比類ないパワー
比類ないパワー

エンジン

MX2レースで最強のエンジンとして有名なエンジンが2021バージョンでもその圧倒的な強さを維持しています。そのコンパクトな構造が優れたマスの集中化に貢献し、バイクの容易な乗車性を実現します。2021モデルでは、さらに信頼性を向上するため、小さくも重要な改良が施されました。このエンジンはわずか25.9 kgという軽量さに加え、コンパクトなレイアウトと比類ないパワーにより、KTM 250 SX-Fは定評のある強力なバイクとなっているものの、アマチュアでもプロでも容易な乗車が可能です。

シリンダーヘッド

クラスをリードするパワー供給の重要な役割を担うのは、最先端のDOHC(ダブルオーバーヘッドカムシャフト)シリンダーヘッドです。2つのオーバーヘッドカムシャフトを装備し、DLCコーティングを施された超軽量ロッカーアームにより、チタン製バルブ(吸気側32.5 mm、排気側26.5 mm)を有効化します。カムシャフトは、摩擦を軽減した超平滑な表面となっており、タイミングは驚くほど洗練されたパワーを提供します。

クランクシャフト

KTM 250 SX-Fには剛性の高いクランクシャフトと、2つのベアリングシェルを有し、クランクピン上をダイレクトに移動するプレーンビッグエンドベアリングの付いたコンロッドが装着されています。この設計は、極めて高回転型で比類ない最大パワーを発揮する250 ccの4ストロークのエンジンに必須でした。この設計により、エンジンの耐久性が増し、クランクシャフトのメンテナンス間隔も長くなり、時間、労力、費用の面で非常に大きなメリットがあります。

クランクケースとエンジンカバー

コンパクトなクランクケースは高圧ダイキャスト製造プロセスで製造されているため、重量を削減しつつ、強度と耐久性を維持しています。この設計により、シャフト配置を重心に近い最適な位置にすることができ、パーフェクトな重量の集中化と卓越した乗り心地を実現しました。エンジンカバーは、ライダーのブーツによる摩耗を削減するスマートな表面構造となっており、購入時のフレッシュな見た目を維持します。

トランスミッション

KTM 250 SX-Fには堅牢な5速トランスミッションが装備されています。ギアレシオは前のモデルから引き継ぎ、MXトラックに最適となっています。他にもトランスミッションには「防泥」ギアシフターという注目すべき機能があります。フットペグのデザインと同様に、泥の堆積を防止し、条件にかかわらずいつでも次のギアに切り替えられます。

エンジンマネジメントシステム

フューエルインジェクション機能を内蔵した最先端のKeihin製エンジンマネージメントシステムは、44 mmスロットルボディを備えています。インジェクター位置により、燃料と空気が燃焼室までの過程で最適に噴霧化されることが保証されるため、スロットルを開いたときに瞬時のレスポンスと最大のパフォーマンスを確保することが可能です。また、コールドスタートとアイドル調整用の個別のシステムも搭載されています。ECUには、エグゾーストシステムとシリンダーヘッドに完璧にマッチするように開発されたマップが搭載され、トラクションとローンチコントロールを調節するオプションがあります。また、ギアセンサーから受け取った情報をもとに、各ギアに異なるマップを提供し、ギアの切り替え時に最高のパワーを提供するようにします。

シリンダーとピストン

口径78mmのシリンダーには、CPの最高水準で製造されたボックスタイプの軽量鋳造ピストンが格納されています。非常に堅牢な構造で、高圧燃焼室に適した独自のクラウン形状となっています。コンプレッション率14.4:1で、振動を抑えたことにより、エンジンは非常にハイレスポンスな特性となっています。

バランサーシャフト

KTM 250 SX-Fが生み出すこの慣性力を打ち消すため、エンジンには多機能カウンターバランサーシャフトが装着されています。効率的に振動を抑えつつ、ウォーターポンプとカムチェーンを駆動します。

クラッチ

DS(ダイヤフラムプレート)クラッチは文字通りライダーの手にバイクの制御力を戻します。高強度ビレットスチール製の耐久性の高いワンピースのクラッチドラムとプライマリギアにより、比類ない信頼性を保証しています。耐熱性に非常に優れたスチールキャリア摩擦ディスクが装着されています。このディスクはダイヤフラムスプリングによってプレテンションされることで、クラッチの効率的な解放を保証します。この設計によってクラッチを引くのに必要な力が大幅に削減され、Brembo S.p.A製の油圧システムではさらにそれが容易になります。

E-Starter

レースが過熱する中で時間は極めて重要です。セルスターターを使うと、すぐに始動し、できるだけ早くレースに戻ることができます。セルスターターはKTM 250 SX-Fに標準搭載されており、MITSUBA製の強力なスターターエンジンを使用します。実証済みのスタータードライブは必要な時に最も効率的かつ信頼性の高いスタートを保証します。

ハンドルバーマップセレクトスイッチ

すべての4ストロークモデルでは、左グリップの届きやすい位置に多機能ハンドルバーマップスイッチが設置されており、トラクションコントロール、ローンチコントロールおよび出力カーブ選択(標準 - 高度)などの革新的な制御機能を利用できます。トラクションコントロールは、特に過酷なトラック条件のとき、バイクの加速時により効率的なトラクションと高い制御性を保証する独自の機能です。乗車中にハンドルバーのマップスイッチで有効にできます。アイドル速度で2つのボタンを押すだけで、ライダーはローンチコントロールも有効にでき、最も効率的なローンチがゲートから可能となります。また、マップスイッチを使って、ライダーは標準設定以外の出力マップを選択することができ、レース中にオプションが提供されます。

効果的な熱制御
効果的な熱制御

冷却

運転中に馬力を一定させるには、最適なエンジン温度を維持することが必須です。KTM 250 SX-Fのラジエターは重心を低くする位置に配置されています。この設計はシュラウドと完璧にマッチし、非常にスリムな人間工学的形状となっています。この革新的なシステムは、CFD技術(計算流体力学)とスマートな冷却回路の配線により、条件にかかわらず、最高のパフォーマンスをもたらすエンジン温度を保証します。ラジエターにも特別なプロテクターを装着し、飛来する小石や破片から保護するだけではなく、衝撃時にラジエター周囲にエネルギーを分散するブレースとしての役割も果たします。

パワーのための調整
パワーのための調整

エグゾースト

すべての4ストロークモデルに搭載されたエグゾーストシステムは、パワー供給とパフォーマンスにおいて重要な役割を担い、他に負けない威力があります。モデル独自のヘッダーパイプには、FDH(フローデザインヘッダー)と呼ばれる高度なリゾネーター、つまりパイプ周りの小型チャンバーが装着されています。このデザインにより、ショックアブソーバーを取り外さなくてもエグゾーストシステムを解体でき、ショックへのアクセスも向上しています。アルミニウム製のスリーブ、エンドキャップおよびマフラーの内部設計により、よりスリムな人間工学的形状となり、規制による騒音規制を守りつつもより細いバイクの車体感覚が得られています。

エンジンとエグゾースト
比類ないパワー
比類ないパワー

エンジン

MX2レースで最強のエンジンとして有名なエンジンが2021バージョンでもその圧倒的な強さを維持しています。そのコンパクトな構造が優れたマスの集中化に貢献し、バイクの容易な乗車性を実現します。2021モデルでは、さらに信頼性を向上するため、小さくも重要な改良が施されました。このエンジンはわずか25.9 kgという軽量さに加え、コンパクトなレイアウトと比類ないパワーにより、KTM 250 SX-Fは定評のある強力なバイクとなっているものの、アマチュアでもプロでも容易な乗車が可能です。

比類ないパワー
エンジンとエグゾースト

シリンダーヘッド

クラスをリードするパワー供給の重要な役割を担うのは、最先端のDOHC(ダブルオーバーヘッドカムシャフト)シリンダーヘッドです。2つのオーバーヘッドカムシャフトを装備し、DLCコーティングを施された超軽量ロッカーアームにより、チタン製バルブ(吸気側32.5 mm、排気側26.5 mm)を有効化します。カムシャフトは、摩擦を軽減した超平滑な表面となっており、タイミングは驚くほど洗練されたパワーを提供します。

エンジンとエグゾースト

クランクシャフト

KTM 250 SX-Fには剛性の高いクランクシャフトと、2つのベアリングシェルを有し、クランクピン上をダイレクトに移動するプレーンビッグエンドベアリングの付いたコンロッドが装着されています。この設計は、極めて高回転型で比類ない最大パワーを発揮する250 ccの4ストロークのエンジンに必須でした。この設計により、エンジンの耐久性が増し、クランクシャフトのメンテナンス間隔も長くなり、時間、労力、費用の面で非常に大きなメリットがあります。

エンジンとエグゾースト

クランクケースとエンジンカバー

コンパクトなクランクケースは高圧ダイキャスト製造プロセスで製造されているため、重量を削減しつつ、強度と耐久性を維持しています。この設計により、シャフト配置を重心に近い最適な位置にすることができ、パーフェクトな重量の集中化と卓越した乗り心地を実現しました。エンジンカバーは、ライダーのブーツによる摩耗を削減するスマートな表面構造となっており、購入時のフレッシュな見た目を維持します。

エンジンとエグゾースト

トランスミッション

KTM 250 SX-Fには堅牢な5速トランスミッションが装備されています。ギアレシオは前のモデルから引き継ぎ、MXトラックに最適となっています。他にもトランスミッションには「防泥」ギアシフターという注目すべき機能があります。フットペグのデザインと同様に、泥の堆積を防止し、条件にかかわらずいつでも次のギアに切り替えられます。

エンジンとエグゾースト

エンジンマネジメントシステム

フューエルインジェクション機能を内蔵した最先端のKeihin製エンジンマネージメントシステムは、44 mmスロットルボディを備えています。インジェクター位置により、燃料と空気が燃焼室までの過程で最適に噴霧化されることが保証されるため、スロットルを開いたときに瞬時のレスポンスと最大のパフォーマンスを確保することが可能です。また、コールドスタートとアイドル調整用の個別のシステムも搭載されています。ECUには、エグゾーストシステムとシリンダーヘッドに完璧にマッチするように開発されたマップが搭載され、トラクションとローンチコントロールを調節するオプションがあります。また、ギアセンサーから受け取った情報をもとに、各ギアに異なるマップを提供し、ギアの切り替え時に最高のパワーを提供するようにします。

エンジンとエグゾースト

シリンダーとピストン

口径78mmのシリンダーには、CPの最高水準で製造されたボックスタイプの軽量鋳造ピストンが格納されています。非常に堅牢な構造で、高圧燃焼室に適した独自のクラウン形状となっています。コンプレッション率14.4:1で、振動を抑えたことにより、エンジンは非常にハイレスポンスな特性となっています。

エンジンとエグゾースト

バランサーシャフト

KTM 250 SX-Fが生み出すこの慣性力を打ち消すため、エンジンには多機能カウンターバランサーシャフトが装着されています。効率的に振動を抑えつつ、ウォーターポンプとカムチェーンを駆動します。

エンジンとエグゾースト

クラッチ

DS(ダイヤフラムプレート)クラッチは文字通りライダーの手にバイクの制御力を戻します。高強度ビレットスチール製の耐久性の高いワンピースのクラッチドラムとプライマリギアにより、比類ない信頼性を保証しています。耐熱性に非常に優れたスチールキャリア摩擦ディスクが装着されています。このディスクはダイヤフラムスプリングによってプレテンションされることで、クラッチの効率的な解放を保証します。この設計によってクラッチを引くのに必要な力が大幅に削減され、Brembo S.p.A製の油圧システムではさらにそれが容易になります。

エンジンとエグゾースト

E-Starter

レースが過熱する中で時間は極めて重要です。セルスターターを使うと、すぐに始動し、できるだけ早くレースに戻ることができます。セルスターターはKTM 250 SX-Fに標準搭載されており、MITSUBA製の強力なスターターエンジンを使用します。実証済みのスタータードライブは必要な時に最も効率的かつ信頼性の高いスタートを保証します。

エンジンとエグゾースト

ハンドルバーマップセレクトスイッチ

すべての4ストロークモデルでは、左グリップの届きやすい位置に多機能ハンドルバーマップスイッチが設置されており、トラクションコントロール、ローンチコントロールおよび出力カーブ選択(標準 - 高度)などの革新的な制御機能を利用できます。トラクションコントロールは、特に過酷なトラック条件のとき、バイクの加速時により効率的なトラクションと高い制御性を保証する独自の機能です。乗車中にハンドルバーのマップスイッチで有効にできます。アイドル速度で2つのボタンを押すだけで、ライダーはローンチコントロールも有効にでき、最も効率的なローンチがゲートから可能となります。また、マップスイッチを使って、ライダーは標準設定以外の出力マップを選択することができ、レース中にオプションが提供されます。

エンジンとエグゾースト
効果的な熱制御
効果的な熱制御

冷却

運転中に馬力を一定させるには、最適なエンジン温度を維持することが必須です。KTM 250 SX-Fのラジエターは重心を低くする位置に配置されています。この設計はシュラウドと完璧にマッチし、非常にスリムな人間工学的形状となっています。この革新的なシステムは、CFD技術(計算流体力学)とスマートな冷却回路の配線により、条件にかかわらず、最高のパフォーマンスをもたらすエンジン温度を保証します。ラジエターにも特別なプロテクターを装着し、飛来する小石や破片から保護するだけではなく、衝撃時にラジエター周囲にエネルギーを分散するブレースとしての役割も果たします。

効果的な熱制御
エンジンとエグゾースト
パワーのための調整
パワーのための調整

エグゾースト

すべての4ストロークモデルに搭載されたエグゾーストシステムは、パワー供給とパフォーマンスにおいて重要な役割を担い、他に負けない威力があります。モデル独自のヘッダーパイプには、FDH(フローデザインヘッダー)と呼ばれる高度なリゾネーター、つまりパイプ周りの小型チャンバーが装着されています。このデザインにより、ショックアブソーバーを取り外さなくてもエグゾーストシステムを解体でき、ショックへのアクセスも向上しています。アルミニウム製のスリーブ、エンドキャップおよびマフラーの内部設計により、よりスリムな人間工学的形状となり、規制による騒音規制を守りつつもより細いバイクの車体感覚が得られています。

パワーのための調整

02. シャシー

優れたコアの安定性
優れたコアの安定性

フレーム

KTM 250 SX-Fのフレームは、このクラスでは一般的なダイナミックな乗車スタイルにも対応する必要があります。SX製品群と同様に、このフレームは、ロボット溶接されたハイドロフォーミング成形クロームモリブデンスチール管から専門家によって制作され、一定したハイレベルな品質を保証します。慎重に計算されたフレーム剛性により、レスポンスの高い操作性が得られ、サスペンションとの完璧な連動により、優れた俊敏性と高速運転時の安定性がもたらされます。すべての2021 KTM SXのフレームには、高耐久性パウダー塗装が施され、フレームプロテクターが標準で装備されています。サブフレームは軽量アルミニウム製で、ライダーに優れた感覚を提供し、シートの移動もスムースに行えます。

スイングアーム

KTM 250 SX-Fのワンピーススイングアームは、重力ダイカスト生産処理によって製造されているため、卓越した強度を最小限の重量で実現します。リアホイールの広範な調整が可能なため、狭くて湾曲しているトラックの場合は短いホイールベース、長くて不安定なトラックの場合はより安定性の優れた長いホイールベースを選択できます。スイングアームのチェーン測定マークは上から見やすく、チェーン調整を容易かつ正確に行えます。

ホイール

KTMは軽量のCNCハブおよびハイエンドのExcel製リムをすべてのSXモデルに装備しており、最小限の重量で最大の安定性を実現することを保証します。アルミニウム製のスポークニップルは、スポークを締め付ける必要のある頻度を削減できるため、便利になりました。ホイールには最新のDunlop製Geomax-MX33タイヤが装着されており、最大のグリップと安定性を提供し、すべてのパワーを地上に効率的に転送します。

フロントサスペンション

すべてのフルサイズのKTM SXモデルには、AER技術を搭載した超軽量WP XACT フォークが装着されており、設定は2021モデル向けに更新されました。48 mm倒立式エアースプリングフロントフォークは各フォークレッグに個別の機能を提供します。右側がダンピング機能で左側がエアースプリングです。左レッグにはカプセル化されたエアカートリッジのある2チャンバーシステムが搭載され、気圧の減少を防ぎます。特にまれなケースではありますが、外側のシールが漏洩した場合、内部カートリッジ圧がバイクを通常位置に維持します。このエアースプリングは非常に使いやすく、単一のエアバルブとバイクに付属のエアポンプを使ってあらゆるライダーの体重に合わせて調節できます。右フロントフォークには、単体で減衰機能を発揮するフォークに必要なダンピングカートリッジを内蔵し、トラック条件やライダーの好みに合わせた調整が可能です。さらに、フォークのトップキャップのデザインが新しくなり、より簡単で改良されたコンプレッションができるようになりました(上からのコンプレッション、下からのリバウンド、各30クリック)。

リアサスペンション

すべてのKTM SXモデルにはWP製XACTショックアブソーバーが搭載されています。これは、フレーム全体とスイングアーム、さらにリンケージシステムやWP製XACT AERフォークと一体的なユニットとして機能するように開発されています。高品質な加工済みの陽極酸化コンポーネントは品格を与え、必要な機能だけではない魅力を加えています。高速および低速コンプレッションを含め、完全に調節可能なため、あらゆるトラックおよびライダーの好みに合わせて正確にショックを設定できます。

トリプルクランプ

すべてのKTM SXモデルには最高品質のCNCトリプルクランプが装備され、KTMのトレードマークとなっています。トリプルクランプの剛性とオフセット(すべてのモデルでオフセットが22 mm)は、フレームとフォークの屈曲特性に合致するよう正確に計算されました。その結果、フロントエンドがすべてと完璧に調和して機能するため、全体的な操作性と安定性が向上しています。ゴム製の減衰ハンドルバー固定具は振動を削減し、2つの異なる装着位置で多少の調整が可能となりました。すべてのSXモデルには上部トリプルクランプに時間計が標準搭載されており、レース走行時間や次のサービス時期についてライダーに情報を提供します。

非常に効果的なブレーキ
非常に効果的なブレーキ

ブレーキ

ハイテクのBrembo S.p.A製ブレーキはKTMモトクロスバイクすべてに標準搭載されています。軽量のウェーブディスクと組み合わせることで、この評判の高いシステムは、最高レベルのブレーキ効率を提供し、レースで最高のパフォーマンスを発揮できるようにします。

動きやすさを高めた形状
動きやすさを高めた形状

燃料タンク

KTM SX製品群のすべてのモデルには軽量のポリエチレン製燃料タンクが装備されています。燃料タンクはスリムな人間工学に基づく形状となったものの、7 Lという燃料タンク容量は妥協していません。タンクキャップは内側に溝が設けられ、容易かつ確実に閉めることが可能です。

最大の通気性
最大の通気性

エアボックス

KTM 250 SX-Fのエアボックスは、流動力学が最適化され、吸入スノーケルと一緒に使用することで、最大のパワーとスロットルの迅速なレスポンスが得られます。パフォーマンスのメリットは言うまでもありませんが、このデザインは、エアフィルターを汚れから最大限保護します。大型のTwin Air製エアフィルターがスマートなデザインの強固なケージに装着されており、誤って設置するリスクを最小限になりました。従来型同様、フィルターのメンテナンスは工具不要で短時間で容易にできます。これは、KTM独自の標準機能です。

優れたコアの安定性
優れたコアの安定性

フレーム

KTM 250 SX-Fのフレームは、このクラスでは一般的なダイナミックな乗車スタイルにも対応する必要があります。SX製品群と同様に、このフレームは、ロボット溶接されたハイドロフォーミング成形クロームモリブデンスチール管から専門家によって制作され、一定したハイレベルな品質を保証します。慎重に計算されたフレーム剛性により、レスポンスの高い操作性が得られ、サスペンションとの完璧な連動により、優れた俊敏性と高速運転時の安定性がもたらされます。すべての2021 KTM SXのフレームには、高耐久性パウダー塗装が施され、フレームプロテクターが標準で装備されています。サブフレームは軽量アルミニウム製で、ライダーに優れた感覚を提供し、シートの移動もスムースに行えます。

優れたコアの安定性

スイングアーム

KTM 250 SX-Fのワンピーススイングアームは、重力ダイカスト生産処理によって製造されているため、卓越した強度を最小限の重量で実現します。リアホイールの広範な調整が可能なため、狭くて湾曲しているトラックの場合は短いホイールベース、長くて不安定なトラックの場合はより安定性の優れた長いホイールベースを選択できます。スイングアームのチェーン測定マークは上から見やすく、チェーン調整を容易かつ正確に行えます。

ホイール

KTMは軽量のCNCハブおよびハイエンドのExcel製リムをすべてのSXモデルに装備しており、最小限の重量で最大の安定性を実現することを保証します。アルミニウム製のスポークニップルは、スポークを締め付ける必要のある頻度を削減できるため、便利になりました。ホイールには最新のDunlop製Geomax-MX33タイヤが装着されており、最大のグリップと安定性を提供し、すべてのパワーを地上に効率的に転送します。

フロントサスペンション

すべてのフルサイズのKTM SXモデルには、AER技術を搭載した超軽量WP XACT フォークが装着されており、設定は2021モデル向けに更新されました。48 mm倒立式エアースプリングフロントフォークは各フォークレッグに個別の機能を提供します。右側がダンピング機能で左側がエアースプリングです。左レッグにはカプセル化されたエアカートリッジのある2チャンバーシステムが搭載され、気圧の減少を防ぎます。特にまれなケースではありますが、外側のシールが漏洩した場合、内部カートリッジ圧がバイクを通常位置に維持します。このエアースプリングは非常に使いやすく、単一のエアバルブとバイクに付属のエアポンプを使ってあらゆるライダーの体重に合わせて調節できます。右フロントフォークには、単体で減衰機能を発揮するフォークに必要なダンピングカートリッジを内蔵し、トラック条件やライダーの好みに合わせた調整が可能です。さらに、フォークのトップキャップのデザインが新しくなり、より簡単で改良されたコンプレッションができるようになりました(上からのコンプレッション、下からのリバウンド、各30クリック)。

リアサスペンション

すべてのKTM SXモデルにはWP製XACTショックアブソーバーが搭載されています。これは、フレーム全体とスイングアーム、さらにリンケージシステムやWP製XACT AERフォークと一体的なユニットとして機能するように開発されています。高品質な加工済みの陽極酸化コンポーネントは品格を与え、必要な機能だけではない魅力を加えています。高速および低速コンプレッションを含め、完全に調節可能なため、あらゆるトラックおよびライダーの好みに合わせて正確にショックを設定できます。

トリプルクランプ

すべてのKTM SXモデルには最高品質のCNCトリプルクランプが装備され、KTMのトレードマークとなっています。トリプルクランプの剛性とオフセット(すべてのモデルでオフセットが22 mm)は、フレームとフォークの屈曲特性に合致するよう正確に計算されました。その結果、フロントエンドがすべてと完璧に調和して機能するため、全体的な操作性と安定性が向上しています。ゴム製の減衰ハンドルバー固定具は振動を削減し、2つの異なる装着位置で多少の調整が可能となりました。すべてのSXモデルには上部トリプルクランプに時間計が標準搭載されており、レース走行時間や次のサービス時期についてライダーに情報を提供します。

非常に効果的なブレーキ
非常に効果的なブレーキ

ブレーキ

ハイテクのBrembo S.p.A製ブレーキはKTMモトクロスバイクすべてに標準搭載されています。軽量のウェーブディスクと組み合わせることで、この評判の高いシステムは、最高レベルのブレーキ効率を提供し、レースで最高のパフォーマンスを発揮できるようにします。

非常に効果的なブレーキ
動きやすさを高めた形状
動きやすさを高めた形状

燃料タンク

KTM SX製品群のすべてのモデルには軽量のポリエチレン製燃料タンクが装備されています。燃料タンクはスリムな人間工学に基づく形状となったものの、7 Lという燃料タンク容量は妥協していません。タンクキャップは内側に溝が設けられ、容易かつ確実に閉めることが可能です。

動きやすさを高めた形状
最大の通気性
最大の通気性

エアボックス

KTM 250 SX-Fのエアボックスは、流動力学が最適化され、吸入スノーケルと一緒に使用することで、最大のパワーとスロットルの迅速なレスポンスが得られます。パフォーマンスのメリットは言うまでもありませんが、このデザインは、エアフィルターを汚れから最大限保護します。大型のTwin Air製エアフィルターがスマートなデザインの強固なケージに装着されており、誤って設置するリスクを最小限になりました。従来型同様、フィルターのメンテナンスは工具不要で短時間で容易にできます。これは、KTM独自の標準機能です。

最大の通気性
人間工学と快適性

03. 人間工学と快適性

機動性を高めた設計
機動性を高めた設計

シート

すべてのKTM SXモデルのシートは、ダイナミックなパフォーマンス志向の人間工学に基づく完璧な形状となっています。シートカバーにはシリコン製ストリップが採用され、ライダーに優れた感覚とグリップを提供します。このシートは長い横ねじ1本で固定でき、安全かつ扱いが容易です。

思い通りのハンドル操作
思い通りのハンドル操作

ハンドルバー

すべてのフルサイズのKTM SXモデルには、同じNEKEN製の高強度アルミニウムテーパーハンドルバーが使用されています。このハンドルバーはゴム製の減衰装着具に固定され、2つの異なる位置があります。ハンドルバーの右側はODI加硫処理グリップ、左側はワイヤーやグルーなどで固定する必要のない快適なODIロックオングリップが標準で装備されています。

つながりを常に維持
つながりを常に維持

フットペグ

洗練された「防泥」フットペグは、深いわだちの走行中でも旋回軸の詰まりを防ぎます。高いライディング位置をお求めですか? MY2019 EXCモデルのフットペグを装着すると、SXバージョンより6 mm高くなります

人間工学と快適性
機動性を高めた設計
機動性を高めた設計

シート

すべてのKTM SXモデルのシートは、ダイナミックなパフォーマンス志向の人間工学に基づく完璧な形状となっています。シートカバーにはシリコン製ストリップが採用され、ライダーに優れた感覚とグリップを提供します。このシートは長い横ねじ1本で固定でき、安全かつ扱いが容易です。

機動性を高めた設計
人間工学と快適性
思い通りのハンドル操作
思い通りのハンドル操作

ハンドルバー

すべてのフルサイズのKTM SXモデルには、同じNEKEN製の高強度アルミニウムテーパーハンドルバーが使用されています。このハンドルバーはゴム製の減衰装着具に固定され、2つの異なる位置があります。ハンドルバーの右側はODI加硫処理グリップ、左側はワイヤーやグルーなどで固定する必要のない快適なODIロックオングリップが標準で装備されています。

思い通りのハンドル操作
人間工学と快適性
つながりを常に維持
つながりを常に維持

フットペグ

洗練された「防泥」フットペグは、深いわだちの走行中でも旋回軸の詰まりを防ぎます。高いライディング位置をお求めですか? MY2019 EXCモデルのフットペグを装着すると、SXバージョンより6 mm高くなります

つながりを常に維持

04. ボディワークとグラフィクス

勝利の外観
勝利の外観

デカル

新しくなったインレーグラフィックスは、バイクに高速かつアグレッシブな外観を追加し、勝利への進化を追い求めるKTMの終わりなき探求心を強調しています。

勝利の外観
勝利の外観

デカル

新しくなったインレーグラフィックスは、バイクに高速かつアグレッシブな外観を追加し、勝利への進化を追い求めるKTMの終わりなき探求心を強調しています。

勝利の外観

05. ソフトウェアと電子機器

常に準備は万端
常に準備は万端

バッテリー

すべてのSX-Fモデルには、高容量で超軽量の2 Ahリチウムイオンスターター電池が搭載され、特に寒い気象条件でエンジンをより迅速かつ効果的に始動できるようになりました。電圧レギュレーターとコンデンサーおよびすべての電気部品がシート下の共通のエリアに集中的に配置され、システム全体がコンパクトになり、信頼性が向上しました。

トラクションコントロール

トラクションコントロールは、濡れた表面または滑りやすいハードパックの表面でアクセルを踏むとき、より効率的なトラクションと優れたバイクの制御性を保証する非常にメリットの高い機能です。乗車中にハンドルバーのマップスイッチで有効にできます。

ローンチコントロール

マップスイッチの2つのボタンを押すだけで、ライダーはローンチコントロールも有効にでき、スタート時から最も効率的なローンチが確実となります。スタートの瞬間にエンジンの最大速度を低下することでより優れた制御性が得られます。機能が選択されると、アッパートリプルクランプに設置されているEFIインジケーターランプが点滅します。

ハンドルバーのマップセレクトスイッチ

ボタンを1度タッチするだけで、ライダーは、標準のマップ設定とローム質のグリップの高いダートの条件に合わせたよりアグレッシブな設定から選択することができます。これは、トラック条件が変化する場合や、ライダーが疲労を感じたときにより制御性の高い乗車を必要とする場合に特に役立ちます。

常に準備は万端
常に準備は万端

バッテリー

すべてのSX-Fモデルには、高容量で超軽量の2 Ahリチウムイオンスターター電池が搭載され、特に寒い気象条件でエンジンをより迅速かつ効果的に始動できるようになりました。電圧レギュレーターとコンデンサーおよびすべての電気部品がシート下の共通のエリアに集中的に配置され、システム全体がコンパクトになり、信頼性が向上しました。

常に準備は万端

トラクションコントロール

トラクションコントロールは、濡れた表面または滑りやすいハードパックの表面でアクセルを踏むとき、より効率的なトラクションと優れたバイクの制御性を保証する非常にメリットの高い機能です。乗車中にハンドルバーのマップスイッチで有効にできます。

ローンチコントロール

マップスイッチの2つのボタンを押すだけで、ライダーはローンチコントロールも有効にでき、スタート時から最も効率的なローンチが確実となります。スタートの瞬間にエンジンの最大速度を低下することでより優れた制御性が得られます。機能が選択されると、アッパートリプルクランプに設置されているEFIインジケーターランプが点滅します。

ハンドルバーのマップセレクトスイッチ

ボタンを1度タッチするだけで、ライダーは、標準のマップ設定とローム質のグリップの高いダートの条件に合わせたよりアグレッシブな設定から選択することができます。これは、トラック条件が変化する場合や、ライダーが疲労を感じたときにより制御性の高い乗車を必要とする場合に特に役立ちます。

技術仕様

エンジン

  • トランスミッション 5速
  • スターター セルスターター
  • ストローク 52.3 mm
  • ボア 78 mm
  • クラッチ 湿式多板クラッチ/Brembo 油圧
  • 排気量 249.9 cm³
  • EMS Keihin製 EMS
  • デザイン 単気筒、4ストロークエンジン

シャシー

  • 重量 (燃料なし) 99 kg
  • 燃料タンク容量 (約) 7 l
  • フロントブレーキディスク径 260 mm
  • リアブレーキディスク径 220 mm
  • フロントブレーキ ディスクブレーキ
  • リアブレーキ ディスクブレーキ
  • チェーン 5/8 x 1/4
  • フレームデザイン セントラルダブルクレードルタイプ 25CrMo4 スチール
  • フロントサスペンション WP XACT-USD、Ø 48 mm
  • 最低地上高 370 mm
  • リアサスペンション WP XACT リンケージを伴うモノショック
  • シート高 950 mm
  • キャスター角 63.9 °
  • サスペンションストローク (フロント) 310 mm
  • サスペンションストローク (リア) 300 mm