THE GATE DROPS HERE

KTM 85 SX 19/16

KTM 85 SX 19/16

このバイクが本格的なものだと考えて間違いありません。大型バイクの構成部品を詰め込んだ2023 KTM 85 SXはトップレベルへと足を踏み入れる最初のステップです。軽量でパワフル、そして信頼性の高いKTM 85 SXは、小型の85 ccのボディに本格的な大型バイクの構成部品を搭載し、レース経験の少ないライダーは究極のスタートダッシュを提供します。

  • PHO_BIKE_90_RE_SX-85-big-MY23-90-right_#SALL_#AEPI_#V1.png
    PHO_BIKE_90_LI_SX-85-big-MY23-90-left_#SALL_#AEPI_#V1.png

このバイクが本格的なものだと考えて間違いありません。大型バイクの構成部品を詰め込んだ2023 KTM 85 SXはトップレベルへと足を踏み入れる最初のステップです。軽量でパワフル、そして信頼性の高いKTM 85 SXは、小型の85 ccのボディに本格的な大型バイクの構成部品を搭載し、レース経験の少ないライダーは究極のスタートダッシュを提供します。

  1. エンジンとエグゾースト
  2. シャシー
  3. 人間工学と快適性
  4. ボディワークとグラフィクス

01. エンジンとエグゾースト

エンジン

究極的な創意工夫により、レースに勝利実績のあるKTMのより大型の2ストロークモデルの方程式をコンパクトな85 ccエンジンに適用しました。この超軽量エンジンには6速トランスミッションが装着され、全回転域にわたってトップクラスの出力と信頼性を提供します。トラック条件やライダーの能力に合わせてパワー伝達をカスタマイズする上で重要なパワーバルブは、その優れたパフォーマンスにより、レース中にライバルライダーを驚かせることでしょう。

シリンダー

KTM 85 SXのシリンダーのボアとストロークはそれぞれ47 mmと48.95 mmです。エグゾーストバルブとサブエグゾーストポートを制御する洗練されたパワーバルブシステムを装備し、バイクに優れたトルクとパワー伝達を提供します。これにより、ローム質または砂質のロード条件でクラッチを多用する必要が減り、ミッドレンジでのパフォーマンスが大幅に向上します。調節ネジを回して、パワーバルブの開時間をライダーの好みやトラック条件に合わせて調整できます。

クランクケースとエンジンカバー

クランクケースは高圧ダイキャスト製造プロセスで製造されているため、壁厚を最小限に留めつつ、強度と耐久性を維持しています。ケースの設計は非常にコンパクトでありながら、シャフト配置を重心に可能な限り近づけてハンドル操作性を向上します。

トランスミッション

KTM 85 SXは軽量6速トランスミッションを搭載し、勝つために設計されています。ギアレシオはエンジン特性とパーフェクトにマッチするように開発されています。また、シフト切り替えが容易で迅速なため、ライダーは次のギアを迅速に自信を持って入れることができます。トランスミッションはまた、フロントスプロケットを固定するためにネジを使用するドライブシャフトと、フロントスプロケットをしっかりと所定の位置に固定するために、サークリップの代わりにダイヤフラムスプリングを採用しています。すべてのKTM SXモデルと同様、KTM 85 SXトランスミッションにはフットペグデザインと同様に、泥の堆積を防止する「防泥」ギアシフターが採用されています。

クラッチ

2023 KTM 85 SXは、クラッチコンポーネントが変更され、非常に高い耐久性が実現されたため、FORMULA油圧システムにより遊びが常に補正され、ライダーは簡単にクラッチレベルを操作することができます。つまり、クラッチの「噛み合わせ」ポイントが走行中およびすべての条件で一貫していることを意味します。

クランクシャフト

KTM 85 SXには、バランスを最適化することで振動と振動質量を抑えた軽量のクランクシャフトが装備されています。クランクシャフトの軽量化と同様に、回転慣性も妥協せず、最大のトルクと回転数、そして容易な乗車性を実現しました。

キャブレター

KTM 85 SXにはレースで実証された38 mmのフラットスライドを備えたMIKUNI TMXキャブレターが装着されています。このキャブレターは、インテークマニホールドの角度によって燃料のオーバーフローを抑えながら、レブリミッターまで、バターのように滑らかで制御しやすいパワーを伝えます。また、高度や気温の変化に強いため、いつでもどこにでも固定できます。

冷却

運転中に馬力を一定させるには、最適なエンジン温度を維持することが必須です。KTM 85 SXのラジエターは重心を低くする位置に配置されています。この設計はシュラウドと完璧にマッチし、非常にスリムな人間工学的形状となっています。この革新的なシステムは、CFD技術(計算流体力学)とスマートな冷却回路の配線により、条件にかかわらず、最高のパフォーマンスをもたらすエンジン温度を保証します。ラジエターにも特別なプロテクターが装着され、飛来する小石や破片から保護するだけではなく、衝撃時にラジエター周囲にエネルギーを分散するブレースとしての役割も果たします。

エグゾースト

新しいエグゾーストシステムは、エンジンの出力特性にパーフェクトにマッチするように設計されており、際立ったパフォーマンスと乗り心地をあらゆる状況で実現します。ヘッダーパイプは3次元スタンピング処理で製造されています。構成部品は成形後に、最高レベルの品質、整合性、耐久性を確保するためロボット溶接されています。軽量かつコンパクトなサイレンサーは、心地よい2ストロークのサウンドを生み出しながらも、レースでの騒音規制をクリアしています。

エンジン

究極的な創意工夫により、レースに勝利実績のあるKTMのより大型の2ストロークモデルの方程式をコンパクトな85 ccエンジンに適用しました。この超軽量エンジンには6速トランスミッションが装着され、全回転域にわたってトップクラスの出力と信頼性を提供します。トラック条件やライダーの能力に合わせてパワー伝達をカスタマイズする上で重要なパワーバルブは、その優れたパフォーマンスにより、レース中にライバルライダーを驚かせることでしょう。

シリンダー

KTM 85 SXのシリンダーのボアとストロークはそれぞれ47 mmと48.95 mmです。エグゾーストバルブとサブエグゾーストポートを制御する洗練されたパワーバルブシステムを装備し、バイクに優れたトルクとパワー伝達を提供します。これにより、ローム質または砂質のロード条件でクラッチを多用する必要が減り、ミッドレンジでのパフォーマンスが大幅に向上します。調節ネジを回して、パワーバルブの開時間をライダーの好みやトラック条件に合わせて調整できます。

クランクケースとエンジンカバー

クランクケースは高圧ダイキャスト製造プロセスで製造されているため、壁厚を最小限に留めつつ、強度と耐久性を維持しています。ケースの設計は非常にコンパクトでありながら、シャフト配置を重心に可能な限り近づけてハンドル操作性を向上します。

トランスミッション

KTM 85 SXは軽量6速トランスミッションを搭載し、勝つために設計されています。ギアレシオはエンジン特性とパーフェクトにマッチするように開発されています。また、シフト切り替えが容易で迅速なため、ライダーは次のギアを迅速に自信を持って入れることができます。トランスミッションはまた、フロントスプロケットを固定するためにネジを使用するドライブシャフトと、フロントスプロケットをしっかりと所定の位置に固定するために、サークリップの代わりにダイヤフラムスプリングを採用しています。すべてのKTM SXモデルと同様、KTM 85 SXトランスミッションにはフットペグデザインと同様に、泥の堆積を防止する「防泥」ギアシフターが採用されています。

クラッチ

2023 KTM 85 SXは、クラッチコンポーネントが変更され、非常に高い耐久性が実現されたため、FORMULA油圧システムにより遊びが常に補正され、ライダーは簡単にクラッチレベルを操作することができます。つまり、クラッチの「噛み合わせ」ポイントが走行中およびすべての条件で一貫していることを意味します。

クランクシャフト

KTM 85 SXには、バランスを最適化することで振動と振動質量を抑えた軽量のクランクシャフトが装備されています。クランクシャフトの軽量化と同様に、回転慣性も妥協せず、最大のトルクと回転数、そして容易な乗車性を実現しました。

キャブレター

KTM 85 SXにはレースで実証された38 mmのフラットスライドを備えたMIKUNI TMXキャブレターが装着されています。このキャブレターは、インテークマニホールドの角度によって燃料のオーバーフローを抑えながら、レブリミッターまで、バターのように滑らかで制御しやすいパワーを伝えます。また、高度や気温の変化に強いため、いつでもどこにでも固定できます。

冷却

運転中に馬力を一定させるには、最適なエンジン温度を維持することが必須です。KTM 85 SXのラジエターは重心を低くする位置に配置されています。この設計はシュラウドと完璧にマッチし、非常にスリムな人間工学的形状となっています。この革新的なシステムは、CFD技術(計算流体力学)とスマートな冷却回路の配線により、条件にかかわらず、最高のパフォーマンスをもたらすエンジン温度を保証します。ラジエターにも特別なプロテクターが装着され、飛来する小石や破片から保護するだけではなく、衝撃時にラジエター周囲にエネルギーを分散するブレースとしての役割も果たします。

エグゾースト

新しいエグゾーストシステムは、エンジンの出力特性にパーフェクトにマッチするように設計されており、際立ったパフォーマンスと乗り心地をあらゆる状況で実現します。ヘッダーパイプは3次元スタンピング処理で製造されています。構成部品は成形後に、最高レベルの品質、整合性、耐久性を確保するためロボット溶接されています。軽量かつコンパクトなサイレンサーは、心地よい2ストロークのサウンドを生み出しながらも、レースでの騒音規制をクリアしています。

02. シャシー

フレーム

KTM 85 SXのフレームは、レースで数々の勝利を獲得したフルサイズフレームをサイズダウンしたものです。ハイドロフォーミングされたクロモリ鋼のチューブをロボット溶接して作成されたフレームは、ピンポイントで正確であり、最高レベルの一貫した品質と屈曲特性を実現しています。

スイングアーム

ワンピーススイングアームは、重力ダイカスト生産処理によって製造されているため、卓越した強度を最小限の重量で実現します。リアホイールの広範な調整が可能なため、狭くて湾曲しているトラックの場合は短いホイールベース、長くて不安定なトラックの場合はより安定性の優れた長いホイールベースを選択できます。スイングアームのチェーン測定マークは上から見やすく、チェーン調整を容易かつ正確に行えます。

サブフレーム

この軽量アルミサブフレームは、リアフェンダーの安定性と強力なサポートを提供するだけでなく、KTM 85 SX全体の剛性とハンドリングを向上させています。

ホイール

2023 KTM 85 SXは、クラッチコンポーネントが変更され、非常に高い耐久性が実現されたため、FORMULA油圧システムにより遊びが常に補正され、ライダーは簡単にクラッチレベルを操作することができます。つまり、クラッチの「噛み合わせ」ポイントが走行中およびすべての条件で一貫していることを意味します。

フロントサスペンション

KTM 85 SXのフロントフォークには、フルサイズのモトクロス製品と同じサスペンション技術を使用しています。AERテクノロジーを採用したWP XACTフォークは、スプリットフォーク設計で構成されており、左レッグにはカプセル化されたエアスプリング、右レッグには信頼性の高いオイルダンピングシステムを装備しています。プリロード調整は非常に簡単で、空気圧バルブ1台と付属のエアポンプで調整できます。この設計により、コンプレッションおよびリバウンドクリッカーへのアクセスも容易になります。

リアサスペンション

KTM 85 SXは、洗練されたPDSリアサスペンション(プログレッシブダンピングシステム)の付いたWP XACTリアショックアブソーバーを装備しています。この設計は、大型バイクと同じように、高いプログレッション率とオフロードでの優れた反応を実現します。また、リアホイールの移動距離は驚くべきことに305mmで、プリロード、コンプレッション、リバウンドの自由な調節が可能です。

ブレーキ

軽量のウェーブブレーキディスクを採用したラジアルキャリパー(フロントに4個、リアに2個のピストン)を備えたFormulaブレーキシステムがこの小さなバイクを制動します。このシステムは制御されたアクションとブレーキ性能の点でベンチマークであり、パワフルかつ信頼性の高いブレーキ動作を保証します。

エアボックス

KTM 85 SXエアボックスは設計のマスタークラスであり、利用可能な小さな空間を最適化し、最高のパフォーマンスを提供するにもかかわらず、最高レベルのフィルター保護を維持します。エアフィルターには左側のパネルを外すと、ツール不要で簡単にアクセスできます。Twin Airフィルターとフィルターケージの設計はシンプルで安全な取り付けシステムが特徴で、フィルターの素早く簡単なメンテナンスが可能です。これはピットでの作業時間を短縮し、レースの勝利につながります。

燃料タンク

プリミックス容量が約5.2 Lのこのタンクは、小型かつスリムな形状に完璧に成形され、ライダーの動きを邪魔しません。一方、スロットル全開でフルレースを走行するのに十分な燃料を格納できます。

フレーム

KTM 85 SXのフレームは、レースで数々の勝利を獲得したフルサイズフレームをサイズダウンしたものです。ハイドロフォーミングされたクロモリ鋼のチューブをロボット溶接して作成されたフレームは、ピンポイントで正確であり、最高レベルの一貫した品質と屈曲特性を実現しています。

スイングアーム

ワンピーススイングアームは、重力ダイカスト生産処理によって製造されているため、卓越した強度を最小限の重量で実現します。リアホイールの広範な調整が可能なため、狭くて湾曲しているトラックの場合は短いホイールベース、長くて不安定なトラックの場合はより安定性の優れた長いホイールベースを選択できます。スイングアームのチェーン測定マークは上から見やすく、チェーン調整を容易かつ正確に行えます。

サブフレーム

この軽量アルミサブフレームは、リアフェンダーの安定性と強力なサポートを提供するだけでなく、KTM 85 SX全体の剛性とハンドリングを向上させています。

ホイール

2023 KTM 85 SXは、クラッチコンポーネントが変更され、非常に高い耐久性が実現されたため、FORMULA油圧システムにより遊びが常に補正され、ライダーは簡単にクラッチレベルを操作することができます。つまり、クラッチの「噛み合わせ」ポイントが走行中およびすべての条件で一貫していることを意味します。

フロントサスペンション

KTM 85 SXのフロントフォークには、フルサイズのモトクロス製品と同じサスペンション技術を使用しています。AERテクノロジーを採用したWP XACTフォークは、スプリットフォーク設計で構成されており、左レッグにはカプセル化されたエアスプリング、右レッグには信頼性の高いオイルダンピングシステムを装備しています。プリロード調整は非常に簡単で、空気圧バルブ1台と付属のエアポンプで調整できます。この設計により、コンプレッションおよびリバウンドクリッカーへのアクセスも容易になります。

リアサスペンション

KTM 85 SXは、洗練されたPDSリアサスペンション(プログレッシブダンピングシステム)の付いたWP XACTリアショックアブソーバーを装備しています。この設計は、大型バイクと同じように、高いプログレッション率とオフロードでの優れた反応を実現します。また、リアホイールの移動距離は驚くべきことに305mmで、プリロード、コンプレッション、リバウンドの自由な調節が可能です。

ブレーキ

軽量のウェーブブレーキディスクを採用したラジアルキャリパー(フロントに4個、リアに2個のピストン)を備えたFormulaブレーキシステムがこの小さなバイクを制動します。このシステムは制御されたアクションとブレーキ性能の点でベンチマークであり、パワフルかつ信頼性の高いブレーキ動作を保証します。

エアボックス

KTM 85 SXエアボックスは設計のマスタークラスであり、利用可能な小さな空間を最適化し、最高のパフォーマンスを提供するにもかかわらず、最高レベルのフィルター保護を維持します。エアフィルターには左側のパネルを外すと、ツール不要で簡単にアクセスできます。Twin Airフィルターとフィルターケージの設計はシンプルで安全な取り付けシステムが特徴で、フィルターの素早く簡単なメンテナンスが可能です。これはピットでの作業時間を短縮し、レースの勝利につながります。

燃料タンク

プリミックス容量が約5.2 Lのこのタンクは、小型かつスリムな形状に完璧に成形され、ライダーの動きを邪魔しません。一方、スロットル全開でフルレースを走行するのに十分な燃料を格納できます。

03. 人間工学と快適性

ハンドルバー

しっかりと握る - KTM 85 SXには、全体的な人間工学的形状にマッチするように特別に屈曲形成された高強度テーパーアルミニウム製ハンドルバーが装備されています。さらに、右側に加硫処理グリップ、左側にロックオングリップを含むODIロックオングリップを標準装着しているため、装着にグルーやワイヤーが不要です。

フットペグ

また、KTM 85 SXには「防泥」フットペグが装備され、シンプルかつ効果的な自動洗浄システムにより、フットペグは元の位置に戻り、あらゆる条件下で完璧な制御性をもたらします。

Seat

Providing the perfect blend of grip, durability and comfort, the 2023 KTM 85 SX seat does everything you'd expect it to, while showing off it's its undeniable READY TO RACE and 'orange' heritage.

ハンドルバー

しっかりと握る - KTM 85 SXには、全体的な人間工学的形状にマッチするように特別に屈曲形成された高強度テーパーアルミニウム製ハンドルバーが装備されています。さらに、右側に加硫処理グリップ、左側にロックオングリップを含むODIロックオングリップを標準装着しているため、装着にグルーやワイヤーが不要です。

フットペグ

また、KTM 85 SXには「防泥」フットペグが装備され、シンプルかつ効果的な自動洗浄システムにより、フットペグは元の位置に戻り、あらゆる条件下で完璧な制御性をもたらします。

Seat

Providing the perfect blend of grip, durability and comfort, the 2023 KTM 85 SX seat does everything you'd expect it to, while showing off it's its undeniable READY TO RACE and 'orange' heritage.

04. ボディワークとグラフィクス

デカル

一新されたホワイトとオレンジのプラスチックの組み合わせとオレンジのシートカバー、そして言うまでもなく大胆なブラック、オレンジそしてパープルのグラフィックから、2023 KTM 85 SXは、ゲートの前で勝利を目指す揺るぎない意図を明確に誇示しています。

デカル

一新されたホワイトとオレンジのプラスチックの組み合わせとオレンジのシートカバー、そして言うまでもなく大胆なブラック、オレンジそしてパープルのグラフィックから、2023 KTM 85 SXは、ゲートの前で勝利を目指す揺るぎない意図を明確に誇示しています。

技術仕様

エンジン

  • トランスミッション 6速
  • スターター キックスターター
  • ストローク 40.8 mm
  • ボア 47 mm
  • クラッチ 湿式、多板クラッチ、Formula製油圧式
  • 排気量 84.9 cm³
  • EMS MEDJ digital
  • デザイン 単気筒、2ストロークエンジン

シャシー

  • 重量 (燃料なし) 68 kg
  • 燃料タンク容量 (約) 5.2 l
  • フロントブレーキディスク径 240 mm
  • リアブレーキディスク径 220 mm
  • フロントブレーキ ディスクブレーキ
  • リアブレーキ ディスクブレーキ
  • チェーン 1/2 x 5/16
  • フレームデザイン セントラルダブルクレードルタイプ 25CrMo4 スチール
  • フロントサスペンション XACT 43 WP Upside-Down fork, Ø 43 mm
  • 最低地上高 362 mm
  • リアサスペンション XACT WP PDS mono shock
  • シート高 875 mm
  • キャスター角 66 °
  • サスペンションストローク (フロント) 278 mm
  • サスペンションストローク (リア) 305 mm