KICKSTART YOUR RACING CAREER

KTM 125 SX

KTM 125 SX 2021

基本価格: 901,000.00 JPY*

KTM 125 SXは、フルサイズバイクの中で最もコンパクトかつ軽量ですが、ライダーは他にはない強い自信をもって乗車することができます。軽量シャシーは、クラスで最も競争力の高い125 ccの2ストロークエンジンと連携し、若い活発なライダーの要求を満たす優れた俊敏性とパワーを提供します。この2ストロークバイクは、プロランクへの究極のエントリーモデルであり、多くのトロフィーを獲得するための確実な選択です。
  • PHO_BIKE_90_RE_125-SX-MY21_#SALL_#AEPI_#V1.png
KTM 125 SXは、フルサイズバイクの中で最もコンパクトかつ軽量ですが、ライダーは他にはない強い自信をもって乗車することができます。軽量シャシーは、クラスで最も競争力の高い125 ccの2ストロークエンジンと連携し、若い活発なライダーの要求を満たす優れた俊敏性とパワーを提供します。この2ストロークバイクは、プロランクへの究極のエントリーモデルであり、多くのトロフィーを獲得するための確実な選択です。
  1. エンジンとエグゾースト
  2. シャシー
  3. 人間工学と快適性
  4. ボディワークとグラフィクス

01. エンジンとエグゾースト

パワフルな前進
パワフルな前進

エンジン

KTM 125 SXエンジンは、間違いなくクラスで最も競争のあるパワフルなエンジンです。際立ったパワーウェイトレシオ、低コスト、全体的なシンプルさを備えた2ストロークは、今後もKTMの優れた製品に貢献することは明らかです。コンパクトで耐久性のある17.2 kgのエンジンは、最新のKTMのエンジニアリング知識を基に開発され、全回転域で幅広いパワーを提供します。容易な乗車性と際立ったパフォーマンスは、高速のラップタイムと優れた結果と同様に、このバイクのメリットです。

シリンダー

125 ccエンジンの中心には口径54 mmのシリンダーが内蔵されています。精巧なメカニズムにより水平なエグゾーストポートを実現した改良パワーバルブユニットを備えています。エグゾーストポートのレイアウトによりエンジン性能が向上し、エグゾーストポート上部の外形はより正確なポートタイミングとなるように加工されました。ツインコンポーネント式のシリンダーヘッドは、シリンダーと完璧に調和して連動するため、全回転域で際立ったパフォーマンスを提供します。

クランクケースとエンジンカバー

軽量のクランクケースは高圧ダイキャスト製造プロセスで製造されているため、壁厚を最小限に留めつつ、強度と耐久性を維持しています。この設計により、クランクシャフトの位置を高めに設定し、重心に近づけられたため、理想的なマスの集中化と卓越した乗り心地を実現しました。エンジン全体が非常にコンパクトになり、エンジン重量の削減に大きく貢献しています。

トランスミッション

KTM 125 SXには堅牢な6速トランスミッションが装備されています。改良かつ補強されたギアレシオは前モデルから引き継いでいます。トランスミッションの新たなカウンターシャフトは、サークリップではなくフロントスプロケット固定とダイヤフラムスプリングを使用するため、より最適なフロントスプロケット固定が可能になりました。他にも125 SXのトランスミッションには防泥ギアシフターという注目すべき機能があります。フットペグのデザインと同様に、泥の堆積を防止し、条件にかかわらずいつでも次のギアに切り替えられます。

キャブレター

KTM 125 SXにはMIKUNI TMX製の38 mmフラットスライドキャブレターが装備されており、2021モデルでは、ローラー駆動の新たなスロットルアセンブリとマッチしています。リードブロックのリードが改良されたことにより、機能、シーリングおよび信頼性が向上し、システム全体では常にスムースで制御性の高いパワーをすべての回転域で提供できるようになりました。

イグニション

すべての2ストロークモデルには、エンジン始動時の挙動を改善する高度なハードウェアを搭載したCDI制御ユニットが装備されています。イグニッションカーブは変わりません。

非常に効果的な冷却機能
非常に効果的な冷却機能

冷却

運転中に馬力を一定させるには、最適なエンジン温度を維持することが必須です。KTM 125 SXにはラジエターが前のモデルよりも12 mm低く装着されています。これにより重心が下がり、新しいシュラウドのデザインに完璧にマッチし、優れた人間工学的形状となっています。この革新的なシステムは、CFD技術(計算流体力学)とスマートな冷却回路の配線により、条件にかかわらず、最高のパフォーマンスをもたらすエンジン温度を保証します。ラジエターにも特別なプロテクターが装着され、飛来する小石や破片から保護するだけではなく、衝撃時にラジエター周囲にエネルギーを分散するブレースとしての役割も果たします。

パワーを感じるサウンド
パワーを感じるサウンド

エグゾースト

このバイク用に特別に開発されたエグゾーストシステムは、パワー供給とパフォーマンスにおいて重要な役割を担い、他に負けない威力があります。さらに、よりスリムで人間工学に適した特別な形状になり、レースの騒音制限内で安全な運転を行うことも可能です。

パワフルな前進
パワフルな前進

エンジン

KTM 125 SXエンジンは、間違いなくクラスで最も競争のあるパワフルなエンジンです。際立ったパワーウェイトレシオ、低コスト、全体的なシンプルさを備えた2ストロークは、今後もKTMの優れた製品に貢献することは明らかです。コンパクトで耐久性のある17.2 kgのエンジンは、最新のKTMのエンジニアリング知識を基に開発され、全回転域で幅広いパワーを提供します。容易な乗車性と際立ったパフォーマンスは、高速のラップタイムと優れた結果と同様に、このバイクのメリットです。

パワフルな前進

シリンダー

125 ccエンジンの中心には口径54 mmのシリンダーが内蔵されています。精巧なメカニズムにより水平なエグゾーストポートを実現した改良パワーバルブユニットを備えています。エグゾーストポートのレイアウトによりエンジン性能が向上し、エグゾーストポート上部の外形はより正確なポートタイミングとなるように加工されました。ツインコンポーネント式のシリンダーヘッドは、シリンダーと完璧に調和して連動するため、全回転域で際立ったパフォーマンスを提供します。

クランクケースとエンジンカバー

軽量のクランクケースは高圧ダイキャスト製造プロセスで製造されているため、壁厚を最小限に留めつつ、強度と耐久性を維持しています。この設計により、クランクシャフトの位置を高めに設定し、重心に近づけられたため、理想的なマスの集中化と卓越した乗り心地を実現しました。エンジン全体が非常にコンパクトになり、エンジン重量の削減に大きく貢献しています。

トランスミッション

KTM 125 SXには堅牢な6速トランスミッションが装備されています。改良かつ補強されたギアレシオは前モデルから引き継いでいます。トランスミッションの新たなカウンターシャフトは、サークリップではなくフロントスプロケット固定とダイヤフラムスプリングを使用するため、より最適なフロントスプロケット固定が可能になりました。他にも125 SXのトランスミッションには防泥ギアシフターという注目すべき機能があります。フットペグのデザインと同様に、泥の堆積を防止し、条件にかかわらずいつでも次のギアに切り替えられます。

キャブレター

KTM 125 SXにはMIKUNI TMX製の38 mmフラットスライドキャブレターが装備されており、2021モデルでは、ローラー駆動の新たなスロットルアセンブリとマッチしています。リードブロックのリードが改良されたことにより、機能、シーリングおよび信頼性が向上し、システム全体では常にスムースで制御性の高いパワーをすべての回転域で提供できるようになりました。

イグニション

すべての2ストロークモデルには、エンジン始動時の挙動を改善する高度なハードウェアを搭載したCDI制御ユニットが装備されています。イグニッションカーブは変わりません。

非常に効果的な冷却機能
非常に効果的な冷却機能

冷却

運転中に馬力を一定させるには、最適なエンジン温度を維持することが必須です。KTM 125 SXにはラジエターが前のモデルよりも12 mm低く装着されています。これにより重心が下がり、新しいシュラウドのデザインに完璧にマッチし、優れた人間工学的形状となっています。この革新的なシステムは、CFD技術(計算流体力学)とスマートな冷却回路の配線により、条件にかかわらず、最高のパフォーマンスをもたらすエンジン温度を保証します。ラジエターにも特別なプロテクターが装着され、飛来する小石や破片から保護するだけではなく、衝撃時にラジエター周囲にエネルギーを分散するブレースとしての役割も果たします。

非常に効果的な冷却機能
パワーを感じるサウンド
パワーを感じるサウンド

エグゾースト

このバイク用に特別に開発されたエグゾーストシステムは、パワー供給とパフォーマンスにおいて重要な役割を担い、他に負けない威力があります。さらに、よりスリムで人間工学に適した特別な形状になり、レースの騒音制限内で安全な運転を行うことも可能です。

パワーを感じるサウンド

02. シャシー

コア部分での制御
コア部分での制御

フレーム

KTM 125 SXに採用されたフレームとサブフレームは、125 ccレースでのダイナミックなライディングスタイルにも対応します。フレーム自体はロボット溶接されたハイドロフォーミング成形クロームモリブデンスチール管から専門家によって制作され、一定したハイレベルな品質を保証します。剛性を正確に調整することで非常にダイナミックな操作性が実現し、サスペンションとの完璧に調和した連動により、高速運転時の安定性を損なうことなく俊敏な動きを可能にします。また、フレームには「防泥」フットペグが装備され、シンプルかつ効果的な自動洗浄システムにより、フットペグは元の位置に戻り、あらゆる条件下で完璧な制御性をもたらします。すべてのSXのフレームには、KTM Factoryマシンと同じ高耐久性パウダー塗装が施され、フレームプロテクターが標準装備されています。サブフレームは軽量アルミニウム製のため、フェンダーが安定し、わずかな追加重量のみでライダーに強力なサポートを提供します。

スイングアーム

ワンピーススイングアームは、重力ダイカスト生産処理によって製造されているため、卓越した強度を最小限の重量で実現します。リアホイールの広範な調整が可能なため、狭くて湾曲しているトラックの場合は短いホイールベース、長くて不安定なトラックの場合はより安定性の優れた長いホイールベースを選択できます。スイングアームのチェーン測定マークは上から見やすく、チェーン調整を容易かつ正確に行えます。

ホイール

KTMは軽量のCNCハブおよびハイエンドのExcel製リムをすべてのSXモデルに装備しており、最小限の重量で最大の安定性を実現することを保証します。アルミニウム製のスポークニップルは、スポークを締め付ける必要のある頻度を削減できるため、便利になりました。ホイールには最新のDunlop製Geomax-MX33タイヤが装着されており、最大のグリップと安定性を提供し、すべてのパワーを地上に効率的に転送します。

フロントサスペンション

すべてのフルサイズのKTM SXモデルには、AER技術を搭載した超軽量WP製 XACTフォークが装着されています。48 mm倒立式エアースプリングフロントフォークは各フォークレッグに個別の機能を提供します。右側がダンピング機能で左側がエアースプリングです。左レッグにはカプセル化されたエアカートリッジのある2チャンバーシステムが搭載され、気圧の減少を防ぎます。特にまれなケースではありますが、外側のシールが漏洩した場合、内部カートリッジ圧がバイクを通常位置に維持します。このエアースプリングは非常に使いやすく、単一のエアバルブとバイクに付属のエアポンプを使ってあらゆるライダーの体重に合わせて調節できます。右フロントフォークには、単体で減衰機能を発揮するフォークに必要なダンピングカートリッジを内蔵し、トラック条件やライダーの好みに合わせた調整が可能です。さらに、フォークのトップキャップのデザインが新しくなり、より簡単で改良されたコンプレッションができるようになりました(上からのコンプレッション、下からのリバウンド、各30クリック)。

リアサスペンション

すべてのKTM SXモデルにはWP製XACTショックアブソーバーが搭載されています。これは、フレーム全体とスイングアーム、さらにリンケージシステムやWP製XACTフォークと一体的なユニットとして機能するように開発されています。高品質な加工済みの陽極酸化コンポーネントは品格を与え、必要な機能だけではない魅力を加えています。高速および低速コンプレッションを含め、完全に調節可能なため、あらゆるトラックおよびライダーの好みに合わせて正確にショックを設定できます。

トリプルクランプ

すべてのKTM SXモデルには最高品質のCNCトリプルクランプが装備され、KTMのトレードマークとなっています。トリプルクランプの剛性とオフセット(すべてのモデルでオフセットが22 mm)は、フレームとフォークの屈曲特性に合致するよう正確に計算されました。その結果、フロントエンドがすべてと完璧に調和して機能するため、全体的な操作性と安定性が向上しています。ゴム製の減衰ハンドルバー固定具により、振動が削減され、2つの異なる装着位置で多少の調整をすることも可能となりました。すべてのSXモデルには上部トリプルクランプに時間計が標準搭載されており、レース走行時間や次のサービス時期についてライダーに情報を提供します。

非常に効果的なブレーキ
非常に効果的なブレーキ

ブレーキ

ハイテクのBrembo S.p.A製ブレーキはKTMモトクロスバイクすべてに標準搭載されています。軽量のウェーブディスクと組み合わせることで、この評判の高いシステムは、最高レベルのブレーキ効率を提供し、レースで最高のパフォーマンスを発揮できるようにします。

動きやすさを高めた形状
動きやすさを高めた形状

燃料タンク

KTM SX製品群のすべてのモデルには軽量のポリエチレン製燃料タンクが装備されています。燃料タンクはスリムな人間工学に基づく形状となったものの、7 Lという燃料タンク容量は妥協していません。タンクキャップは内側に溝が設けられ、容易かつ確実に閉めることが可能です。

最大の通気性
最大の通気性

エアボックス

KTM 125 SXのエアボックスは、流動力学が最適化され、吸入スノーケルと一緒に使用することで、最大のパワーとスロットルの迅速なレスポンスが得られます。パフォーマンスのメリットは言うまでもありませんが、このデザインは、エアフィルターを汚れから最大限保護します。大型のTwin Air製エアフィルターがスマートなデザインの強固なケージに装着されており、誤って設置するリスクを最小限になりました。従来型同様、フィルターのメンテナンスは工具不要で短時間で容易にできます。これは、KTM独自の標準機能です。

コア部分での制御
コア部分での制御

フレーム

KTM 125 SXに採用されたフレームとサブフレームは、125 ccレースでのダイナミックなライディングスタイルにも対応します。フレーム自体はロボット溶接されたハイドロフォーミング成形クロームモリブデンスチール管から専門家によって制作され、一定したハイレベルな品質を保証します。剛性を正確に調整することで非常にダイナミックな操作性が実現し、サスペンションとの完璧に調和した連動により、高速運転時の安定性を損なうことなく俊敏な動きを可能にします。また、フレームには「防泥」フットペグが装備され、シンプルかつ効果的な自動洗浄システムにより、フットペグは元の位置に戻り、あらゆる条件下で完璧な制御性をもたらします。すべてのSXのフレームには、KTM Factoryマシンと同じ高耐久性パウダー塗装が施され、フレームプロテクターが標準装備されています。サブフレームは軽量アルミニウム製のため、フェンダーが安定し、わずかな追加重量のみでライダーに強力なサポートを提供します。

コア部分での制御

スイングアーム

ワンピーススイングアームは、重力ダイカスト生産処理によって製造されているため、卓越した強度を最小限の重量で実現します。リアホイールの広範な調整が可能なため、狭くて湾曲しているトラックの場合は短いホイールベース、長くて不安定なトラックの場合はより安定性の優れた長いホイールベースを選択できます。スイングアームのチェーン測定マークは上から見やすく、チェーン調整を容易かつ正確に行えます。

ホイール

KTMは軽量のCNCハブおよびハイエンドのExcel製リムをすべてのSXモデルに装備しており、最小限の重量で最大の安定性を実現することを保証します。アルミニウム製のスポークニップルは、スポークを締め付ける必要のある頻度を削減できるため、便利になりました。ホイールには最新のDunlop製Geomax-MX33タイヤが装着されており、最大のグリップと安定性を提供し、すべてのパワーを地上に効率的に転送します。

フロントサスペンション

すべてのフルサイズのKTM SXモデルには、AER技術を搭載した超軽量WP製 XACTフォークが装着されています。48 mm倒立式エアースプリングフロントフォークは各フォークレッグに個別の機能を提供します。右側がダンピング機能で左側がエアースプリングです。左レッグにはカプセル化されたエアカートリッジのある2チャンバーシステムが搭載され、気圧の減少を防ぎます。特にまれなケースではありますが、外側のシールが漏洩した場合、内部カートリッジ圧がバイクを通常位置に維持します。このエアースプリングは非常に使いやすく、単一のエアバルブとバイクに付属のエアポンプを使ってあらゆるライダーの体重に合わせて調節できます。右フロントフォークには、単体で減衰機能を発揮するフォークに必要なダンピングカートリッジを内蔵し、トラック条件やライダーの好みに合わせた調整が可能です。さらに、フォークのトップキャップのデザインが新しくなり、より簡単で改良されたコンプレッションができるようになりました(上からのコンプレッション、下からのリバウンド、各30クリック)。

リアサスペンション

すべてのKTM SXモデルにはWP製XACTショックアブソーバーが搭載されています。これは、フレーム全体とスイングアーム、さらにリンケージシステムやWP製XACTフォークと一体的なユニットとして機能するように開発されています。高品質な加工済みの陽極酸化コンポーネントは品格を与え、必要な機能だけではない魅力を加えています。高速および低速コンプレッションを含め、完全に調節可能なため、あらゆるトラックおよびライダーの好みに合わせて正確にショックを設定できます。

トリプルクランプ

すべてのKTM SXモデルには最高品質のCNCトリプルクランプが装備され、KTMのトレードマークとなっています。トリプルクランプの剛性とオフセット(すべてのモデルでオフセットが22 mm)は、フレームとフォークの屈曲特性に合致するよう正確に計算されました。その結果、フロントエンドがすべてと完璧に調和して機能するため、全体的な操作性と安定性が向上しています。ゴム製の減衰ハンドルバー固定具により、振動が削減され、2つの異なる装着位置で多少の調整をすることも可能となりました。すべてのSXモデルには上部トリプルクランプに時間計が標準搭載されており、レース走行時間や次のサービス時期についてライダーに情報を提供します。

非常に効果的なブレーキ
非常に効果的なブレーキ

ブレーキ

ハイテクのBrembo S.p.A製ブレーキはKTMモトクロスバイクすべてに標準搭載されています。軽量のウェーブディスクと組み合わせることで、この評判の高いシステムは、最高レベルのブレーキ効率を提供し、レースで最高のパフォーマンスを発揮できるようにします。

非常に効果的なブレーキ
動きやすさを高めた形状
動きやすさを高めた形状

燃料タンク

KTM SX製品群のすべてのモデルには軽量のポリエチレン製燃料タンクが装備されています。燃料タンクはスリムな人間工学に基づく形状となったものの、7 Lという燃料タンク容量は妥協していません。タンクキャップは内側に溝が設けられ、容易かつ確実に閉めることが可能です。

動きやすさを高めた形状
最大の通気性
最大の通気性

エアボックス

KTM 125 SXのエアボックスは、流動力学が最適化され、吸入スノーケルと一緒に使用することで、最大のパワーとスロットルの迅速なレスポンスが得られます。パフォーマンスのメリットは言うまでもありませんが、このデザインは、エアフィルターを汚れから最大限保護します。大型のTwin Air製エアフィルターがスマートなデザインの強固なケージに装着されており、誤って設置するリスクを最小限になりました。従来型同様、フィルターのメンテナンスは工具不要で短時間で容易にできます。これは、KTM独自の標準機能です。

最大の通気性

03. 人間工学と快適性

快適性とパフォーマンスのバランス
快適性とパフォーマンスのバランス

シート

すべてのKTM SXモデルのシートは、ダイナミックなパフォーマンス志向の人間工学に基づく完璧な形状となっています。シートカバーにはシリコン製ストリップが採用され、ライダーに優れた感覚とグリップを提供します。このシートは長い横ねじ1本で固定でき、扱いが容易です。

ライダーによる究極の制御性
ライダーによる究極の制御性

ハンドルバー

すべてのフルサイズのKTM SXモデルには、同じNEKEN製の高強度アルミニウムテーパーハンドルバーが使用されています。このハンドルバーはゴム製の減衰装着具に固定され、2つの異なる位置があります。ハンドルバーの右側はODI加硫処理グリップ、左側はワイヤーやグルーなどで固定する必要のない快適なODIロックオングリップが標準で装備されています。また、設計されたカバーは着脱が容易なカバーの付いたバーパッドも装着されています。

つながりを常に維持
つながりを常に維持

フットペグ

洗練された「防泥」フットペグは、深いわだちの走行中でもペグに泥が堆積するのを防ぎます。高いライディング位置をお求めですか? KTM 2018 EXCモデルのフットペグを装着すると、SXバージョンより6 mm高くなります。

快適性とパフォーマンスのバランス
快適性とパフォーマンスのバランス

シート

すべてのKTM SXモデルのシートは、ダイナミックなパフォーマンス志向の人間工学に基づく完璧な形状となっています。シートカバーにはシリコン製ストリップが採用され、ライダーに優れた感覚とグリップを提供します。このシートは長い横ねじ1本で固定でき、扱いが容易です。

快適性とパフォーマンスのバランス
ライダーによる究極の制御性
ライダーによる究極の制御性

ハンドルバー

すべてのフルサイズのKTM SXモデルには、同じNEKEN製の高強度アルミニウムテーパーハンドルバーが使用されています。このハンドルバーはゴム製の減衰装着具に固定され、2つの異なる位置があります。ハンドルバーの右側はODI加硫処理グリップ、左側はワイヤーやグルーなどで固定する必要のない快適なODIロックオングリップが標準で装備されています。また、設計されたカバーは着脱が容易なカバーの付いたバーパッドも装着されています。

ライダーによる究極の制御性
つながりを常に維持
つながりを常に維持

フットペグ

洗練された「防泥」フットペグは、深いわだちの走行中でもペグに泥が堆積するのを防ぎます。高いライディング位置をお求めですか? KTM 2018 EXCモデルのフットペグを装着すると、SXバージョンより6 mm高くなります。

つながりを常に維持

04. ボディワークとグラフィクス

期待通りの外観
期待通りの外観

デカル

新しい近代的なグラフィックスは、驚くほど高速でアグレッシブな見た目でライバルたちの注目を集めます。

期待通りの外観
期待通りの外観

デカル

新しい近代的なグラフィックスは、驚くほど高速でアグレッシブな見た目でライバルたちの注目を集めます。

期待通りの外観

技術仕様

エンジン

  • トランスミッション 6速
  • スターター キックスターター
  • ストローク 54.5 mm
  • ボア 54 mm
  • クラッチ 多板クラッチ、Brembo製油圧式
  • 排気量 124.8 cm³
  • EMS Kokusan製

シャシー

  • 重量 (燃料なし) 87.5 kg
  • 燃料タンク容量 (約) 7.5 l
  • フロントブレーキディスク径 260 mm
  • リアブレーキディスク径 220 mm
  • フロントブレーキ ディスクブレーキ
  • リアブレーキ ディスクブレーキ
  • チェーン 5/8 x 1/4
  • フレームデザイン セントラルダブルクレードルタイプ 25CrMo4 スチール
  • フロントサスペンション WP XACT-USD、Ø 48 mm
  • 最低地上高 375 mm
  • リアサスペンション WP XACT リンケージを伴うモノショック
  • シート高 850 mm
  • キャスター角 63.9 °
  • サスペンションストローク (フロント) 310 mm
  • サスペンションストローク (リア) 300 mm