FULL-SCREAM AHEAD

2025 KTM 125 SX

2025 KTM 125 SX

  • 色を選択
  • メーカー希望小売価格: 1,163,000 JPY*

打ち負かすことのできないサウンドはほぼありません。猛暑日に破裂するソーダの缶。ゴルフの完璧なショットから鳴り響くサウンド。そして、高速ストレートを切り裂く125 cm³の2ストロークエンジンサウンドです。Factory Racingチームから直に手がかりを得た2025 KTM 125 SXは、それを他に類の見ない方法で体現しています。そこから放たれるサウンド同様、打ち負かすことは不可能です。
  • PHO_BIKE_90_RE_MY25-KTM-125-SX-90-right-Studio_#SALL_#AEPI_#V1.png
    PHO_BIKE_90_LI_MY25-KTM-125-SX-90-left-Studio_#SALL_#AEPI_#V1.png
    PHO_BIKE_90_REVO_MY25-KTM-125-SX-90-front-right-Studio_#SALL_#AEPI_#V1.png
打ち負かすことのできないサウンドはほぼありません。猛暑日に破裂するソーダの缶。ゴルフの完璧なショットから鳴り響くサウンド。そして、高速ストレートを切り裂く125 cm³の2ストロークエンジンサウンドです。Factory Racingチームから直に手がかりを得た2025 KTM 125 SXは、それを他に類の見ない方法で体現しています。そこから放たれるサウンド同様、打ち負かすことは不可能です。
  1. ゲートの前で
  2. 力強くスタートを切る
  3. 闘志の中の落ち着き
  4. 勝利を目指せ
  5. モーメンタムを維持
ゲートの前で

01. ゲートの前で

これはジェットじゃない、ロケット船だ
これはジェットじゃない、ロケット船だ

電子燃料噴射

2ストローのKTM SX製品ラインでは、プレミックス設計が巧みにアップグレードさます。高度な電子燃料噴射システムでパフォーマンスの標準も確立されました。レース前に面倒な噴射セットアップをする必要はもうありません。また、一新されたKeihin電子燃料噴射とリードバルブケース設計により、高度にかかわらずいつでも最適なパワーを確実に利用できます。

シューシュー、バンバンバン!
シューシュー、バンバンバン!

電気スタート

たとえば、7周目でレースの最高潮へと達しています。そこでラインを外れ、深いわだちにはまります。でも焦ることはありません。スターターボタンを押すだけで、最終フラッグまで再び走り抜けることができます。2025 KTM 125 SXならこれが可能です。ライダーのシートの下に搭載された12.8V 2 Ahリチウムイオン電池、新しい高品質な固定子、そして加速力のある超堅牢な設計により、トップを狙うことだけに集中できます。

機敏な立ち上がり
機敏な立ち上がり

サスペンションの調整が簡単

いつものようにサスペンションは両端でツールを使わずセットアップ可能で、車両を完璧にコントロールしながら表彰台を目指すことができます。リアには、手で調整可能なデュアル・コンプレッション・コントロールが装備され、ライダーは簡単に高速と低速の設定を調整することができます。フロントフォークも、フォークシューの底部とトップキャップにある手で調整可能なクリッカーを使って簡単に調整することができます。

ゲートの前で
これはジェットじゃない、ロケット船だ
これはジェットじゃない、ロケット船だ

電子燃料噴射

2ストローのKTM SX製品ラインでは、プレミックス設計が巧みにアップグレードさます。高度な電子燃料噴射システムでパフォーマンスの標準も確立されました。レース前に面倒な噴射セットアップをする必要はもうありません。また、一新されたKeihin電子燃料噴射とリードバルブケース設計により、高度にかかわらずいつでも最適なパワーを確実に利用できます。
これはジェットじゃない、ロケット船だ
ゲートの前で
シューシュー、バンバンバン!
シューシュー、バンバンバン!

電気スタート

たとえば、7周目でレースの最高潮へと達しています。そこでラインを外れ、深いわだちにはまります。でも焦ることはありません。スターターボタンを押すだけで、最終フラッグまで再び走り抜けることができます。2025 KTM 125 SXならこれが可能です。ライダーのシートの下に搭載された12.8V 2 Ahリチウムイオン電池、新しい高品質な固定子、そして加速力のある超堅牢な設計により、トップを狙うことだけに集中できます。
シューシュー、バンバンバン!
ゲートの前で
機敏な立ち上がり
機敏な立ち上がり

サスペンションの調整が簡単

いつものようにサスペンションは両端でツールを使わずセットアップ可能で、車両を完璧にコントロールしながら表彰台を目指すことができます。リアには、手で調整可能なデュアル・コンプレッション・コントロールが装備され、ライダーは簡単に高速と低速の設定を調整することができます。フロントフォークも、フォークシューの底部とトップキャップにある手で調整可能なクリッカーを使って簡単に調整することができます。
機敏な立ち上がり
力強くスタートを切る

02. 力強くスタートを切る

ファクトリーパフォーマンスキット

ファクトリーパフォーマンスキットを使ってあなたのKTM 125 SXにさらに刺激を与えてください。改良されたエンジン部品、ファクトリーエクスパンションチャンバー、特別なエンジンマッピングから構成されるこのキットは、馬力をさらに2.5 hp高め、標準装備の排気部品に比べ15%の軽量化が図られています。

滑らかなパワー供給
滑らかなパワー供給

EFI + パワーバルブ

EFIで優れた乗車性を実現。電子燃料噴射に加え、KTM 125 SXには新たなパワーバルブも装着されており、全回転域で使用可能なパワーを提供します。パワー供給が滑らかなため、トラクションが向上します。トラクションの向上によりホールショットを確実に奪うことができます!

比類ないパフォーマンス
比類ないパフォーマンス

パフォーマンス

他のどの125 cm³ 2ストロークエンジンよりも強力なトルクを生成するため、2025 KTM 125 SXは、その容赦ない前進力により、常にクラスのトップの座を維持しています。エンジンの総重量はわずか17.86 kgでありながら圧巻の馬力を提供。この軽量のエンジンは典型的な高回転の特性を持ちつつ、必要なときはその唸りを鎮めることも可能です。

パワー全開
パワー全開

選択可能なマップ

最先端技術を搭載した125 cm³クラスの2025 KTM 125 SXには、マップセレクトスイッチも搭載され、ライダーは2つのエンジンマップから選択することができます。白いマップであるマップ1は、直線的で予測可能な出力を提供するハードパックダート用に理想的なリーンマップです。もう一つの緑色のマップであるマップ2は、ルーズな深い砂道を走行するために調整されたリッチマップです。

力強くスタートを切る

ファクトリーパフォーマンスキット

ファクトリーパフォーマンスキットを使ってあなたのKTM 125 SXにさらに刺激を与えてください。改良されたエンジン部品、ファクトリーエクスパンションチャンバー、特別なエンジンマッピングから構成されるこのキットは、馬力をさらに2.5 hp高め、標準装備の排気部品に比べ15%の軽量化が図られています。
力強くスタートを切る
滑らかなパワー供給
滑らかなパワー供給

EFI + パワーバルブ

EFIで優れた乗車性を実現。電子燃料噴射に加え、KTM 125 SXには新たなパワーバルブも装着されており、全回転域で使用可能なパワーを提供します。パワー供給が滑らかなため、トラクションが向上します。トラクションの向上によりホールショットを確実に奪うことができます!
滑らかなパワー供給
力強くスタートを切る
比類ないパフォーマンス
比類ないパフォーマンス

パフォーマンス

他のどの125 cm³ 2ストロークエンジンよりも強力なトルクを生成するため、2025 KTM 125 SXは、その容赦ない前進力により、常にクラスのトップの座を維持しています。エンジンの総重量はわずか17.86 kgでありながら圧巻の馬力を提供。この軽量のエンジンは典型的な高回転の特性を持ちつつ、必要なときはその唸りを鎮めることも可能です。
比類ないパフォーマンス
力強くスタートを切る
パワー全開
パワー全開

選択可能なマップ

最先端技術を搭載した125 cm³クラスの2025 KTM 125 SXには、マップセレクトスイッチも搭載され、ライダーは2つのエンジンマップから選択することができます。白いマップであるマップ1は、直線的で予測可能な出力を提供するハードパックダート用に理想的なリーンマップです。もう一つの緑色のマップであるマップ2は、ルーズな深い砂道を走行するために調整されたリッチマップです。
パワー全開
闘志の中の落ち着き

03. 闘志の中の落ち着き

クリーンでスリークな外観
クリーンでスリークな外観

絶対的なコントロール

障害物を乗り越える準備を整えてください。2025 KTM SXとSX-FマシンにはFactory Racingの実績から直接応用されたフレームのメジャーアップデートが行われています。まず、改良されたリアショックマウント周りのフレーム部は流線型のデザインが強調され、新たなエンジンマウントとカットアウトによりシャーシのフレックス特性が向上しています。フレームのフロントエリアも同じく見直され、壁の肉厚が前年モデルとは異なり、エンジンマウントが一新されています。これにより300 gの軽量化が実現し、コーナリング時のフレックス特性が向上しています。

流線的なライダーの動き
流線的なライダーの動き

人間工学

新しいフューエルタンクロールによってよりタイトかつ安全な装着感が実現し、フレームの擦れを低減し、耐久性を劇的に改善する一方、複合プラスチックの採用しアップグレードされたタンクシュラウドにより空気がより効率的にラジエーターに導かれます。これらすべてが特別開発されたライダートライアングルと組み合わさることで、特にペグに立った場合に非常に優れた膝の接触面とグリップ面を提供します。

重力の活用
重力の活用

マスの集中化

マスの集中化を特に強化した2025 KTM 150 SXのエンジンは、回転マスを集中するように設計されており、シャシーで最適な操作を実現します。その結果、より軽く、俊敏なハンドル操作が可能となり、これに強力なトルクと滑らかなパワー供給が合わさり、最も競争力の高い150 cm³モトクロスとなっています。

闘志の中の落ち着き
クリーンでスリークな外観
クリーンでスリークな外観

絶対的なコントロール

障害物を乗り越える準備を整えてください。2025 KTM SXとSX-FマシンにはFactory Racingの実績から直接応用されたフレームのメジャーアップデートが行われています。まず、改良されたリアショックマウント周りのフレーム部は流線型のデザインが強調され、新たなエンジンマウントとカットアウトによりシャーシのフレックス特性が向上しています。フレームのフロントエリアも同じく見直され、壁の肉厚が前年モデルとは異なり、エンジンマウントが一新されています。これにより300 gの軽量化が実現し、コーナリング時のフレックス特性が向上しています。
クリーンでスリークな外観
闘志の中の落ち着き
流線的なライダーの動き
流線的なライダーの動き

人間工学

新しいフューエルタンクロールによってよりタイトかつ安全な装着感が実現し、フレームの擦れを低減し、耐久性を劇的に改善する一方、複合プラスチックの採用しアップグレードされたタンクシュラウドにより空気がより効率的にラジエーターに導かれます。これらすべてが特別開発されたライダートライアングルと組み合わさることで、特にペグに立った場合に非常に優れた膝の接触面とグリップ面を提供します。
流線的なライダーの動き
闘志の中の落ち着き
重力の活用
重力の活用

マスの集中化

マスの集中化を特に強化した2025 KTM 150 SXのエンジンは、回転マスを集中するように設計されており、シャシーで最適な操作を実現します。その結果、より軽く、俊敏なハンドル操作が可能となり、これに強力なトルクと滑らかなパワー供給が合わさり、最も競争力の高い150 cm³モトクロスとなっています。
重力の活用
勝利を目指せ

04. 勝利を目指せ

改良されたサスペンション設定

2025 KTM SXとSX-FシリーズではWP XACT AERフォークとWP XACTリアショックが改良されています。これは、セッティングが再調整され、重量が抑えられ、重量配分が改善され、全体的な反応特性が向上した状態でゲートに並ぶことを意味します。

安定したフロントエンド
安定したフロントエンド

WP XACTフォーク

まずは技術部品についてご紹介しましょう。2025 KTM SXとSX-Fラインナップに装備された48 mmのWP XACT AERフォークは、革新的で安定したダンピングを実現するカプセル型エアスプリングと加圧オイル室を備え、オイルと空気のバイパスは圧力ピークを抑えています。ミッドバルブのダンピングシステムと合わさり、これらはすべて卓越したフィードバックと快適性をライダーに提供します。フォークは、改良されたフレームとリアリンケージを補完するだけでなく、あらゆるレベルで優れたパフォーマンスを約束する新たな設定も備えています。セッティングについては、シングルエアプレッシャープリロードバルブとコンプレッションおよびリバウンド用の簡易アクセスクリッカーを使って簡単に調整できます。加えて、バイパックにはフォークの空気圧の調整に必要なエアポンプも標準提供されています。

WP XACTショック

リアをご覧いただくと、2025モデルのWP XACTリアショックにもKTM Factory Racingチームの設定を直接応用した変更がいくつか行われています。フレームとショック形状が改良されたことにより、リンケージの地上高が高まり、ボトムアウトが起こりにくくなっています。この話題を続けますが、リンケージボルトの直径が小さいため重量が節約され、新しいリンケージシールによりリアショックのレスポンスと高度なダンピング特性が向上しています。

レール上でのレース
レール上でのレース

安定性

改良されたリアブレーキペダルを装備した2025 KTMモトクロスシリーズは、これまで以上の剛性、曲げ抵抗、ブレーキングフィールをパッケージ全体に追加しています。その反対側では、鍛造ステアリングヘッドの接続部とCNC加工トリプルクランプにより、フォークチューブが完璧にアライメントされています。フォーククランプの形状が正確であるため、反応性およびフォーク動作が非常に優れ、当然のことながら表彰台に向かってわだちを走破している間も揺るぎない安定性を確保します。

タイヤ

ダートの中でパワーを得るのは非常に困難なことです。しかしながら、長時間にわたる研究と試験によって2025 KTMモトクロスシリーズはDunlop GEOMAX MX35にその答えを見つけました。最高水準の比類ない安定性とコントロールを約束するこれらのラバーフープには新たなカーカスとラバーコンパウンドが採用され、ダンピング性能と吸収性が向上し、パフォーマンスが最大30%長く維持されます。新しいプログレッシブコーナリングブロックテクノロジーも障害物上でのグリップを向上させ、リアのセンターブロックパターンは従来よりも11%高め、44%ワイドになり、あらゆる路面でトラクションとコントロール性が高まっています。最後に、このユニークなブロック配列は付着した泥を排出する働きがあり、トラック上の泥がいかなる程度であっても確かなトラクションを約束します。

勝利を目指せ

改良されたサスペンション設定

2025 KTM SXとSX-FシリーズではWP XACT AERフォークとWP XACTリアショックが改良されています。これは、セッティングが再調整され、重量が抑えられ、重量配分が改善され、全体的な反応特性が向上した状態でゲートに並ぶことを意味します。
勝利を目指せ
安定したフロントエンド
安定したフロントエンド

WP XACTフォーク

まずは技術部品についてご紹介しましょう。2025 KTM SXとSX-Fラインナップに装備された48 mmのWP XACT AERフォークは、革新的で安定したダンピングを実現するカプセル型エアスプリングと加圧オイル室を備え、オイルと空気のバイパスは圧力ピークを抑えています。ミッドバルブのダンピングシステムと合わさり、これらはすべて卓越したフィードバックと快適性をライダーに提供します。フォークは、改良されたフレームとリアリンケージを補完するだけでなく、あらゆるレベルで優れたパフォーマンスを約束する新たな設定も備えています。セッティングについては、シングルエアプレッシャープリロードバルブとコンプレッションおよびリバウンド用の簡易アクセスクリッカーを使って簡単に調整できます。加えて、バイパックにはフォークの空気圧の調整に必要なエアポンプも標準提供されています。
安定したフロントエンド
勝利を目指せ

WP XACTショック

リアをご覧いただくと、2025モデルのWP XACTリアショックにもKTM Factory Racingチームの設定を直接応用した変更がいくつか行われています。フレームとショック形状が改良されたことにより、リンケージの地上高が高まり、ボトムアウトが起こりにくくなっています。この話題を続けますが、リンケージボルトの直径が小さいため重量が節約され、新しいリンケージシールによりリアショックのレスポンスと高度なダンピング特性が向上しています。
勝利を目指せ
レール上でのレース
レール上でのレース

安定性

改良されたリアブレーキペダルを装備した2025 KTMモトクロスシリーズは、これまで以上の剛性、曲げ抵抗、ブレーキングフィールをパッケージ全体に追加しています。その反対側では、鍛造ステアリングヘッドの接続部とCNC加工トリプルクランプにより、フォークチューブが完璧にアライメントされています。フォーククランプの形状が正確であるため、反応性およびフォーク動作が非常に優れ、当然のことながら表彰台に向かってわだちを走破している間も揺るぎない安定性を確保します。
レール上でのレース
勝利を目指せ

タイヤ

ダートの中でパワーを得るのは非常に困難なことです。しかしながら、長時間にわたる研究と試験によって2025 KTMモトクロスシリーズはDunlop GEOMAX MX35にその答えを見つけました。最高水準の比類ない安定性とコントロールを約束するこれらのラバーフープには新たなカーカスとラバーコンパウンドが採用され、ダンピング性能と吸収性が向上し、パフォーマンスが最大30%長く維持されます。新しいプログレッシブコーナリングブロックテクノロジーも障害物上でのグリップを向上させ、リアのセンターブロックパターンは従来よりも11%高め、44%ワイドになり、あらゆる路面でトラクションとコントロール性が高まっています。最後に、このユニークなブロック配列は付着した泥を排出する働きがあり、トラック上の泥がいかなる程度であっても確かなトラクションを約束します。

05. モーメンタムを維持

いつまでも正確な操作
いつまでも正確な操作

一貫性

新しいチェーンガイドとチェーンガードにより耐久性が改善するとともに外部の物体の引っ掛かりを低減し、特に非常にぬかるみの多い条件下におけるスイングアームとリアスプロケット周りへの汚れの付着を抑えます。

控えめなインパクト
控えめなインパクト

エネルギー吸収

ハイドロフォーム、レーザーカット、さらにロボット溶接されたフレームは、巧妙に製作されているため、ライダーに卓越したフィードバックと直線での安定性を提供します。また、特別に計算された縦剛性とねじり剛性のパラメーターで構成されています。つまり、フレームが「ショックアブソーバー」のような役割を果たし、過酷な乗車を緩和するため、ハードなラップを繰り返すときにライダーの疲労が軽減されます。

ためらうことはない
ためらうことはない

地上高

フックアップが悪いと楽しくありません。幸い、2025 KTM 250 SXでは、ショックアブゾーバーの形状により、リンケージシステムの地上高が改善されました。また、トポロジーが最適化された鋳造フットペグは、深いわだちで、またはスクラブ時のテイクオフでフックアップしにくくなっています。

いつまでも正確な操作
いつまでも正確な操作

一貫性

新しいチェーンガイドとチェーンガードにより耐久性が改善するとともに外部の物体の引っ掛かりを低減し、特に非常にぬかるみの多い条件下におけるスイングアームとリアスプロケット周りへの汚れの付着を抑えます。
いつまでも正確な操作
控えめなインパクト
控えめなインパクト

エネルギー吸収

ハイドロフォーム、レーザーカット、さらにロボット溶接されたフレームは、巧妙に製作されているため、ライダーに卓越したフィードバックと直線での安定性を提供します。また、特別に計算された縦剛性とねじり剛性のパラメーターで構成されています。つまり、フレームが「ショックアブソーバー」のような役割を果たし、過酷な乗車を緩和するため、ハードなラップを繰り返すときにライダーの疲労が軽減されます。
控えめなインパクト
ためらうことはない
ためらうことはない

地上高

フックアップが悪いと楽しくありません。幸い、2025 KTM 250 SXでは、ショックアブゾーバーの形状により、リンケージシステムの地上高が改善されました。また、トポロジーが最適化された鋳造フットペグは、深いわだちで、またはスクラブ時のテイクオフでフックアップしにくくなっています。
ためらうことはない

技術仕様

エンジン

  • トランスミッション 6速
  • スターター セルスターター
  • ストローク 54.5 mm
  • ボア 54 mm
  • クラッチ Wet multi-disc DS clutch, Brembo hydraulics
  • 排気量 124.8 cm³
  • EMS Vitesco Technologies EMS
  • デザイン 単気筒、2ストロークエンジン
  • 燃料混合生成 Keihin EFI, throttle body 39 mm

シャシー

  • 重量 (燃料なし) 92.4 kg
  • 燃料タンク容量 (約) 7.2 l
  • ホイールベース 1493 mm
  • フロントブレーキディスク径 260 mm
  • リアブレーキディスク径 220 mm
  • フロントブレーキ ディスクブレーキ
  • リアブレーキ ディスクブレーキ
  • チェーン 520, Non-sealed
  • フレームデザイン セントラルダブルクレードルタイプ 25CrMo4 スチール
  • フロントサスペンション WP XACT-USD (AER), Ø 48 mm
  • 最低地上高 359 mm
  • ハンドルバー Neken製 アルミニウム Ø 28/22 mm
  • リアサスペンション WP XACT リンケージを伴うモノショック
  • シート高 958 mm
  • サイレンサー アルミニウム
  • キャスター角 63.9 °
  • リアサブフレームデザイン Aluminum-reinforced polyamide
  • サスペンションストローク (フロント) 310 mm
  • サスペンションストローク (リア) 300 mm
  • ホイール スポークホイール(アルミニウム製リム)