CONQUER THE GREAT OUTDOORS

KTM 450 EXC-F

KTM 450 EXC-F 2020

Bad news for the competition, we've taken take a proven trail conqueror and developed it even further. The KTM 450 EXC-F is the industry benchmark and for 2020, has been intensified through input from KTM's factory racers. With enhanced and more efficient performance, a reworked frame and subframe, new, refined bodywork and ergonomics, an innovative new exhaust system and even better cooling and suspension, it is sure to remain the standard for all others to follow. Its new graphics and colors stand out as a reminder of its race-proven pedigree.
  • PHO_BIKE_90_RE_KTM-EXC450F-90-Grad-WEB_#SALL_#AEPI_#V1.png
Bad news for the competition, we've taken take a proven trail conqueror and developed it even further. The KTM 450 EXC-F is the industry benchmark and for 2020, has been intensified through input from KTM's factory racers. With enhanced and more efficient performance, a reworked frame and subframe, new, refined bodywork and ergonomics, an innovative new exhaust system and even better cooling and suspension, it is sure to remain the standard for all others to follow. Its new graphics and colors stand out as a reminder of its race-proven pedigree.
  1. エンジンとエグゾースト
  2. シャシー
  3. 人間工学と快適性
  4. ボディワークとグラフィクス
  5. ソフトウェアと電子機器
  6. アクセサリとキャリア

01. エンジンとエグゾースト

パワーとトルク
パワーとトルク

エンジン

コンパクトなサイズで恐るべき馬力を発揮。KTM 450 EXC-Fの燃料噴射式SOHCは450市場で最小、最軽量のエンジンでありながら、革新的なパフォーマンスを全回転域で発揮します。クラス最高かつ最先端でありながらEuro IV規制にも適合し、環境に優しいだけではなく、ライバルたちの顔は羨ましさで青ざめさせることでしょう。

シリンダーヘッド

シングルオーバーヘッドカムシャフトは、最適なポートからインテークとマフラーを制御し、最先端の燃焼チャンバーとウォータージャケットは熱量を管理しつつ驚くべきパワーを発揮します。このエンジンの4つのバルブには堅固なロッカーアームが採用されています。2つの側面ブラケットがエンジンをフレームに固定し振動を抑制してくれます。

クランクシャフト

KTM 450 EXC-Fのクランクシャフトはコンロッドが短くなり、エンジンの軽量コンパクト化とハイレスポンスな出力特性をもたらします。プレーンビッグ(底部)エンドベアリングは、2つのベアリングシェルを有し、クランクピン上をダイレクトに移動します。このベアリングに必要なオイルは、エンジンの圧力潤滑によって供給されます。クランクシャフトのサービス間隔は、プレーンベアリングを採用したことで長期化できるようになりました。これはこの設計における最大の利点です。だから一日中使うことができます。

クランクケースとエンジンカバー

ダイキャストクランクケースの設計により、最小限の重量とシャフト形状の高い集中化が可能となりました。これらの開発により、エンジンは短くコンパクトになると同時に、重量の効率的な集中化に寄与しています。新設計のマグネシウム製エンジンカバーは、ライダーのブーツによる摩耗を防止するため、高度な表面構造を備えています。そのため、EXC-Fは美しい外観をより長く維持できるのです。

トランスミッション

信頼性の高い6速トランスミッションでは、2速、3速、4速の各ギアで表面処理を施すことにより、安定した信頼性を実現します。先進の「No Dirt」ギアシフトレバー設計により、レバーの接合部に泥が堆積するのを防ぎ、泥深い条件下でも正確なシフティングが可能です。すべての4ストロークEXC-Fエンジンには、ギア位置センサーが装備されており、各ギアにエンジンマッピングをカスタマイズできます。

エンジンマネジメントシステム

電気燃料噴射機能を内蔵した最先端のKeihin製エンジン・マネージメント・システムは、42 mmスロットルボディを備えています。このエンジンは、独自のインジェクター位置により、レスポンスが文字通り「瞬間的」です。コールドスタートとアイドリング用の個別の回路は現場で簡単に調整できます。エンジンが温まってからスロットルを後方に押すと、コールドスタートモードになります。

シリンダーとピストン

口径95 mmのシリンダーには、超軽量ピストンピンを備えた鍛造ボックスタイプピストンがあります。そのクラウン形状は、新しい縮燃焼室に最適化されており、軽量かつ極めて高硬度な構造となっています。振動を抑えたため、エンジンはスムースかつパワフルです。

バランサーシャフト

慣性力を相殺するため、KTM 450 EXC-Fのエンジンにはカウンターバランサーシャフトを装備し、これが多機能シャフトとして、同時にウォーターポンプを駆動します。パーフェクトにバランス化されているため、エンジンを全開にしても振動レベルは最小限に留められています。

クラッチ

KTM 450 EXC-Fは、KTMが開発したDDSクラッチ(減衰ダイヤフラムプレート)を搭載。耐摩耗性の高いスチール製ハウジング、耐熱性が極めて高いクラッチプレート、そしてニトロ化スチールライナーを採用しています。この設計は、通常のコイルスプリングの代わりに、非常に容易にクラッチを作動させるダイヤフラムスプリングを採用していることが特徴です。ダイヤフラムスプリングには、ダンピングシステムをクラッチハブに内蔵するのに十分なスペースがあります。トラクションの向上が目標ですが、耐久性も重要です。Brembo製油圧式クラッチは、軽い操作とテレパシーのような制御性を常に提供します。

E-Starter

KTM 450 EXC-Fに標準装備されているセルスターターは、熱いバトル中のいざという時に役立つことでよく知られ、明らかに利点となります。強力なスターターモーターと信頼性の高いリチウムイオン電池はボタンを押すだけで何度も450を繰り返し駆動します。重量を最小限に留めるため、キックスターターシステムは装備されていません。おそらく必要になることはありません。しかし万一必要になった場合でも、KTM PowerParts交換キットをレトロフィットすることで、キックスターターを装備できます。

常に最適
常に最適

冷却

定評あるKTMの冷却システムは、クーラントをシリンダーヘッドからトライアングルフレームを経由させ、直接、WP製新型アルミラジエターに循環させています。流量を最適化した通気路とCFD計算された気流により、システムは極めて効率的です。さらに、ラジエタープロテクターにより放熱性が向上します。特に泥の走行中に有効です。また、シュラウドの前方に格納されているため、ラジエーターを衝突から保護します。

細部まで調整
細部まで調整

エグゾースト

騒音制限はどのメーカーにとっても大きな課題です。KTMでは、エグゾーストシステムの開発に多大な労力を費やしました。すべての4ストロークには短いマフラーを可能な限りエンジンの近くに装着しました。これにより、パワーが増加し、重量の集中化と乗り心地が向上します。高度な内部設計により、騒音制限を十分下回るレベルにまで騒音を低下させつつ、KTMが求めるエンジンのレスポンスとパフォーマンスを提供することが可能になりました。

高強度と高精度

CNCパーツ

パワーとトルク
パワーとトルク

エンジン

コンパクトなサイズで恐るべき馬力を発揮。KTM 450 EXC-Fの燃料噴射式SOHCは450市場で最小、最軽量のエンジンでありながら、革新的なパフォーマンスを全回転域で発揮します。クラス最高かつ最先端でありながらEuro IV規制にも適合し、環境に優しいだけではなく、ライバルたちの顔は羨ましさで青ざめさせることでしょう。

パワーとトルク

シリンダーヘッド

シングルオーバーヘッドカムシャフトは、最適なポートからインテークとマフラーを制御し、最先端の燃焼チャンバーとウォータージャケットは熱量を管理しつつ驚くべきパワーを発揮します。このエンジンの4つのバルブには堅固なロッカーアームが採用されています。2つの側面ブラケットがエンジンをフレームに固定し振動を抑制してくれます。

クランクシャフト

KTM 450 EXC-Fのクランクシャフトはコンロッドが短くなり、エンジンの軽量コンパクト化とハイレスポンスな出力特性をもたらします。プレーンビッグ(底部)エンドベアリングは、2つのベアリングシェルを有し、クランクピン上をダイレクトに移動します。このベアリングに必要なオイルは、エンジンの圧力潤滑によって供給されます。クランクシャフトのサービス間隔は、プレーンベアリングを採用したことで長期化できるようになりました。これはこの設計における最大の利点です。だから一日中使うことができます。

クランクケースとエンジンカバー

ダイキャストクランクケースの設計により、最小限の重量とシャフト形状の高い集中化が可能となりました。これらの開発により、エンジンは短くコンパクトになると同時に、重量の効率的な集中化に寄与しています。新設計のマグネシウム製エンジンカバーは、ライダーのブーツによる摩耗を防止するため、高度な表面構造を備えています。そのため、EXC-Fは美しい外観をより長く維持できるのです。

トランスミッション

信頼性の高い6速トランスミッションでは、2速、3速、4速の各ギアで表面処理を施すことにより、安定した信頼性を実現します。先進の「No Dirt」ギアシフトレバー設計により、レバーの接合部に泥が堆積するのを防ぎ、泥深い条件下でも正確なシフティングが可能です。すべての4ストロークEXC-Fエンジンには、ギア位置センサーが装備されており、各ギアにエンジンマッピングをカスタマイズできます。

エンジンマネジメントシステム

電気燃料噴射機能を内蔵した最先端のKeihin製エンジン・マネージメント・システムは、42 mmスロットルボディを備えています。このエンジンは、独自のインジェクター位置により、レスポンスが文字通り「瞬間的」です。コールドスタートとアイドリング用の個別の回路は現場で簡単に調整できます。エンジンが温まってからスロットルを後方に押すと、コールドスタートモードになります。

シリンダーとピストン

口径95 mmのシリンダーには、超軽量ピストンピンを備えた鍛造ボックスタイプピストンがあります。そのクラウン形状は、新しい縮燃焼室に最適化されており、軽量かつ極めて高硬度な構造となっています。振動を抑えたため、エンジンはスムースかつパワフルです。

バランサーシャフト

慣性力を相殺するため、KTM 450 EXC-Fのエンジンにはカウンターバランサーシャフトを装備し、これが多機能シャフトとして、同時にウォーターポンプを駆動します。パーフェクトにバランス化されているため、エンジンを全開にしても振動レベルは最小限に留められています。

クラッチ

KTM 450 EXC-Fは、KTMが開発したDDSクラッチ(減衰ダイヤフラムプレート)を搭載。耐摩耗性の高いスチール製ハウジング、耐熱性が極めて高いクラッチプレート、そしてニトロ化スチールライナーを採用しています。この設計は、通常のコイルスプリングの代わりに、非常に容易にクラッチを作動させるダイヤフラムスプリングを採用していることが特徴です。ダイヤフラムスプリングには、ダンピングシステムをクラッチハブに内蔵するのに十分なスペースがあります。トラクションの向上が目標ですが、耐久性も重要です。Brembo製油圧式クラッチは、軽い操作とテレパシーのような制御性を常に提供します。

E-Starter

KTM 450 EXC-Fに標準装備されているセルスターターは、熱いバトル中のいざという時に役立つことでよく知られ、明らかに利点となります。強力なスターターモーターと信頼性の高いリチウムイオン電池はボタンを押すだけで何度も450を繰り返し駆動します。重量を最小限に留めるため、キックスターターシステムは装備されていません。おそらく必要になることはありません。しかし万一必要になった場合でも、KTM PowerParts交換キットをレトロフィットすることで、キックスターターを装備できます。

常に最適
常に最適

冷却

定評あるKTMの冷却システムは、クーラントをシリンダーヘッドからトライアングルフレームを経由させ、直接、WP製新型アルミラジエターに循環させています。流量を最適化した通気路とCFD計算された気流により、システムは極めて効率的です。さらに、ラジエタープロテクターにより放熱性が向上します。特に泥の走行中に有効です。また、シュラウドの前方に格納されているため、ラジエーターを衝突から保護します。

常に最適
細部まで調整
細部まで調整

エグゾースト

騒音制限はどのメーカーにとっても大きな課題です。KTMでは、エグゾーストシステムの開発に多大な労力を費やしました。すべての4ストロークには短いマフラーを可能な限りエンジンの近くに装着しました。これにより、パワーが増加し、重量の集中化と乗り心地が向上します。高度な内部設計により、騒音制限を十分下回るレベルにまで騒音を低下させつつ、KTMが求めるエンジンのレスポンスとパフォーマンスを提供することが可能になりました。

細部まで調整
高強度と高精度

CNCパーツ

02. シャシー

最適な屈曲特性
最適な屈曲特性

フレーム

高性能かつ軽量のクロムモリブデン鋼のフレームは、簡単な操作の技巧、特別な乗り心地、正確なコーナリング、そして優れた安定性を提供します。また高いねじれ剛性と低い縦剛性も期待できます。その結果、前後輪にかかる荷重の吸収性が向上し、ジャンプや凹凸の衝撃を軽減します。つまり、快適性が向上し、ライダーの疲労が和らぎます。側面に装着された軽量のアルミニウム製エンジンヘッドステー(シリンダーヘッドとフレームの接続部)により正確なコーナリングが可能となり、振動レベルが低下しました。当社のエンジニアはこれらすべてに対応しつつ、市場にある最軽量の競合製品よりも1 kg以上軽いフレームに維持することに成功しました。さらに、メンテナンスが容易で扱いやすく、タンクや他の構成部品により多くのスペースを提供することができます。このバイクは、安定したアルミニウムプロファイルで形成された、わずか900 g未満という超軽量のサブフレームを搭載しています。

スイングアーム

この最新のスイングアームにより、PDSショックアブソーバーを最適な位置に装着できるため、より高度なアクションが可能です。さらに鋳造アルミニウム設計により軽量化と完璧な屈曲挙動が保証されます。鋳造処理が単一成分で行われることにより、不均衡や弱点が解消されます。

ホイール

EXC-Fのホイールは軽量のCNC加工ハブおよび高級なGiant製リムを装備しており、最小限の重量で最大の安定性を実現します。ホイールにはMAXXISタイヤが装着されているため、オフロードで着実なパフォーマンスを、オンロードで優れた安定性を提供します。

フロントサスペンション

WP XPlor 48倒立フォークは、WPがKTMと密に協力して開発したスプリットフォークです。両側にスプリングが付いていますが、フォークレッグごとに機能が分離されています。左側にはコンプレッションダンピング、右側はリバウンドが付いています。そのため、フォーク上部のダイアルを回せば、コンプレッションとリバウンドを簡単に変更できます。さらにシールドハイドロストップにより優れたボトミングアウト耐性が保証されます。高品質な素材と最先端の製造プロセスを採用したことにより、WP XPlor 48フォークは、約300 mmのトラベルを実現し、卓越したレスポンスとダンピング特性を誇ります。快適なプリロードアジャスターをレトロフィットできるため、工具を使わなくても簡単にスプリングのプリロード設定(標準、+3 mm、+6 mmの3段階)が可能です。

リアサスペンション

PDSはKTMのトレードマークと言えます。ショックアブソーバーは直接スイングアーム上部に接続されています。このセットアップにより最善の装着形状が実現され、驚くほど高度なダンピングが提供されます。さらに、ショックアブソーバーはセンターライン近くにマウントされ、スイングアームとフレームの負荷はほぼ均等、エグゾーストシステムのスペースが拡大しました。セカンドピストンはクローズドカップ(ニードルでなく)と連携し、ストロークエンドに向かい、高度なショックスプリングが支持して、卓越したボトミング耐性を実現しています。各種マシニングおよび陽極酸化コンポーネントとアイキャッチーなWPカラートリムにより、競合製品の粗塗りのショックアブソーバー群と比べ、当社のハイエンド製品が燦然と光を放ちます。

ストッピングパワー
ストッピングパワー

ブレーキ

これ以上に高硬度、高品質、高速そして高強度の製品は他にありません。高性能のBrembo製キャリパーと軽量のウェーブブレ-キディスクを組み合わせました。スチール屈曲性の前面ブレーキホースは効率的な保護を提供し、スピードメーターケーブルには内蔵チャネルがあります。優れた走行およびブレーキ性能でライバルの先を行きます。

見事なデザイン
見事なデザイン

燃料タンク

軽量ポリエチレンタンクの容積は8.5リットルです。シースループラスチック製のため、燃料の残量が一目でわかります。タンクキャップ中央にあるオレンジ色のリリースボタンを押すと、バヨネット機構により給油を迅速かつ容易に行えます。フューエルポンプシステムが内蔵されています。さらに、燃料ラインにはタンクに向けて90°コネクターが装備されているため、損傷に対してより高い保護を提供します。

簡単かつ効果的
簡単かつ効果的

エアボックス

エアボックスはエアフィルターを汚れから最大限保護する一方、静音で最大気流を実現します。大型のTwin Airのエアフィルターが強固なケージに装備され、そこにはシステムも格納されています。この設計は非常にシンプルなため、表面が泥だらけでも新しいフィルターを格納できます。ツールも不要で数秒で行えます。

高品質な保護

CNCパーツ

長期持続するパフォーマンス
長期持続するパフォーマンス

チェーン/スプロケット

最適な屈曲特性
最適な屈曲特性

フレーム

高性能かつ軽量のクロムモリブデン鋼のフレームは、簡単な操作の技巧、特別な乗り心地、正確なコーナリング、そして優れた安定性を提供します。また高いねじれ剛性と低い縦剛性も期待できます。その結果、前後輪にかかる荷重の吸収性が向上し、ジャンプや凹凸の衝撃を軽減します。つまり、快適性が向上し、ライダーの疲労が和らぎます。側面に装着された軽量のアルミニウム製エンジンヘッドステー(シリンダーヘッドとフレームの接続部)により正確なコーナリングが可能となり、振動レベルが低下しました。当社のエンジニアはこれらすべてに対応しつつ、市場にある最軽量の競合製品よりも1 kg以上軽いフレームに維持することに成功しました。さらに、メンテナンスが容易で扱いやすく、タンクや他の構成部品により多くのスペースを提供することができます。このバイクは、安定したアルミニウムプロファイルで形成された、わずか900 g未満という超軽量のサブフレームを搭載しています。

最適な屈曲特性

スイングアーム

この最新のスイングアームにより、PDSショックアブソーバーを最適な位置に装着できるため、より高度なアクションが可能です。さらに鋳造アルミニウム設計により軽量化と完璧な屈曲挙動が保証されます。鋳造処理が単一成分で行われることにより、不均衡や弱点が解消されます。

ホイール

EXC-Fのホイールは軽量のCNC加工ハブおよび高級なGiant製リムを装備しており、最小限の重量で最大の安定性を実現します。ホイールにはMAXXISタイヤが装着されているため、オフロードで着実なパフォーマンスを、オンロードで優れた安定性を提供します。

フロントサスペンション

WP XPlor 48倒立フォークは、WPがKTMと密に協力して開発したスプリットフォークです。両側にスプリングが付いていますが、フォークレッグごとに機能が分離されています。左側にはコンプレッションダンピング、右側はリバウンドが付いています。そのため、フォーク上部のダイアルを回せば、コンプレッションとリバウンドを簡単に変更できます。さらにシールドハイドロストップにより優れたボトミングアウト耐性が保証されます。高品質な素材と最先端の製造プロセスを採用したことにより、WP XPlor 48フォークは、約300 mmのトラベルを実現し、卓越したレスポンスとダンピング特性を誇ります。快適なプリロードアジャスターをレトロフィットできるため、工具を使わなくても簡単にスプリングのプリロード設定(標準、+3 mm、+6 mmの3段階)が可能です。

リアサスペンション

PDSはKTMのトレードマークと言えます。ショックアブソーバーは直接スイングアーム上部に接続されています。このセットアップにより最善の装着形状が実現され、驚くほど高度なダンピングが提供されます。さらに、ショックアブソーバーはセンターライン近くにマウントされ、スイングアームとフレームの負荷はほぼ均等、エグゾーストシステムのスペースが拡大しました。セカンドピストンはクローズドカップ(ニードルでなく)と連携し、ストロークエンドに向かい、高度なショックスプリングが支持して、卓越したボトミング耐性を実現しています。各種マシニングおよび陽極酸化コンポーネントとアイキャッチーなWPカラートリムにより、競合製品の粗塗りのショックアブソーバー群と比べ、当社のハイエンド製品が燦然と光を放ちます。

ストッピングパワー
ストッピングパワー

ブレーキ

これ以上に高硬度、高品質、高速そして高強度の製品は他にありません。高性能のBrembo製キャリパーと軽量のウェーブブレ-キディスクを組み合わせました。スチール屈曲性の前面ブレーキホースは効率的な保護を提供し、スピードメーターケーブルには内蔵チャネルがあります。優れた走行およびブレーキ性能でライバルの先を行きます。

ストッピングパワー
見事なデザイン
見事なデザイン

燃料タンク

軽量ポリエチレンタンクの容積は8.5リットルです。シースループラスチック製のため、燃料の残量が一目でわかります。タンクキャップ中央にあるオレンジ色のリリースボタンを押すと、バヨネット機構により給油を迅速かつ容易に行えます。フューエルポンプシステムが内蔵されています。さらに、燃料ラインにはタンクに向けて90°コネクターが装備されているため、損傷に対してより高い保護を提供します。

見事なデザイン
簡単かつ効果的
簡単かつ効果的

エアボックス

エアボックスはエアフィルターを汚れから最大限保護する一方、静音で最大気流を実現します。大型のTwin Airのエアフィルターが強固なケージに装備され、そこにはシステムも格納されています。この設計は非常にシンプルなため、表面が泥だらけでも新しいフィルターを格納できます。ツールも不要で数秒で行えます。

簡単かつ効果的
高品質な保護

CNCパーツ

長期持続するパフォーマンス
長期持続するパフォーマンス

チェーン/スプロケット

長期持続するパフォーマンス

03. 人間工学と快適性

制御性を高めた形状
制御性を高めた形状

ハンドルバー

KTMのエンジニアはハンドルバーの扱いを熟知しています。NEKEN製の高強度アルミニウムを素材としたこのテーパーユニットは、堅牢なアルミニウムボディと容易なフリープレイ調整のあるスロットルアセンブリを装備しています。バーの右側はODI加硫処理グリップ、左側は快適なODIロックオングリップで、グルーやワイヤーなどで固定する必要はありません。2つの交換可能なスロットルカムをレトロフィットし、ライダーの特定のニーズに応じて異なるレスポンス特性を提供することが可能です。オプションのマップ・セレクト・スイッチを使うと、別のパワー特性を選択し、独自のトラクションコントロールを有効にできます。これは、雨の乗車時に大きなメリットとなります。

革新的な強さ
革新的な強さ

フットペグ

洗練された「防泥」フットペグは、深いわだちの走行中でもペグに泥が堆積するのを防ぎます。EXCモデルのペグはSXモデルのペグよりも6 mm高いため、より高い地上高が得られます。ただし、ご希望に応じて交換も可能です。

パフォーマンスと快適性
パフォーマンスと快適性

シート

制御性を高めた形状
制御性を高めた形状

ハンドルバー

KTMのエンジニアはハンドルバーの扱いを熟知しています。NEKEN製の高強度アルミニウムを素材としたこのテーパーユニットは、堅牢なアルミニウムボディと容易なフリープレイ調整のあるスロットルアセンブリを装備しています。バーの右側はODI加硫処理グリップ、左側は快適なODIロックオングリップで、グルーやワイヤーなどで固定する必要はありません。2つの交換可能なスロットルカムをレトロフィットし、ライダーの特定のニーズに応じて異なるレスポンス特性を提供することが可能です。オプションのマップ・セレクト・スイッチを使うと、別のパワー特性を選択し、独自のトラクションコントロールを有効にできます。これは、雨の乗車時に大きなメリットとなります。

制御性を高めた形状
革新的な強さ
革新的な強さ

フットペグ

洗練された「防泥」フットペグは、深いわだちの走行中でもペグに泥が堆積するのを防ぎます。EXCモデルのペグはSXモデルのペグよりも6 mm高いため、より高い地上高が得られます。ただし、ご希望に応じて交換も可能です。

革新的な強さ
パフォーマンスと快適性
パフォーマンスと快適性

シート

パフォーマンスと快適性

04. ボディワークとグラフィクス

スタイリッシュな個性
スタイリッシュな個性

デカル

軽量の保護

カーボン

スタイリッシュな個性
スタイリッシュな個性

デカル

スタイリッシュな個性
軽量の保護

カーボン

05. ソフトウェアと電子機器

卓越した信頼性
卓越した信頼性

バッテリーとワイヤーハーネス

エンジンに命を吹き込むパワフルなリチウムイオン電池は、車両の軽量化にも寄与しています。軽量の電池とワイヤーハーネスをエアボックス上部のコンパートメントに集中することで、メカニックは電子機器に触れることなくサブフレームを外すことができます。メカニックは作業しやすい環境で技術を発揮できます。

卓越した信頼性
卓越した信頼性

バッテリーとワイヤーハーネス

エンジンに命を吹き込むパワフルなリチウムイオン電池は、車両の軽量化にも寄与しています。軽量の電池とワイヤーハーネスをエアボックス上部のコンパートメントに集中することで、メカニックは電子機器に触れることなくサブフレームを外すことができます。メカニックは作業しやすい環境で技術を発揮できます。

卓越した信頼性

06. アクセサリとキャリア

Technical Details

Engine

  • トランスミッション 6速
  • スターター セルスターター
  • ストローク 63.4 mm
  • ボア 95 mm
  • クラッチ 湿式、DDS多板クラッチ、Brembo製油圧式
  • CO2排出量(バイク) 86 g/km
  • 排気量 449.9 cm³
  • EMS Keihin製 EMS
  • デザイン 単気筒、4ストロークエンジン
  • 燃料消費量(バイク) 3.68 l/100 km

Chassis

  • 重量 (燃料なし) 105.5 kg
  • 燃料タンク容量 (約) 9.2 l
  • フロントブレーキディスク径 260 mm
  • リアブレーキディスク径 220 mm
  • フロントブレーキ Brembo製 2ピストンフローティングキャリパー、ブレーキディスク
  • リアブレーキ Brembo製 1ピストンフローティングキャリパー、ブレーキディスク
  • チェーン X-Ring 5/8 x 1/4"
  • フレームデザイン ダブルクレードル型セントラルチューブフレーム
  • フロントサスペンション WP XPLOR-USD, Ø 48 mm
  • 最低地上高 355 mm
  • リアサスペンション WP Xplor PDS ショックアブソーバー
  • シート高 960 mm
  • キャスター角 63.5 °
  • サスペンションストローク (フロント) 300 mm
  • サスペンションストローク (リア) 310 mm