Back to news

第40回ダカールラリー:Red Bull KTM Factory Racing Teamのマティアス・ウォークナーが総合優勝、KTMは17連覇達成

2018年ダカールラリーを制したのはRed Bull KTM Factory Racingのライダー、マティアス・ウォークナーとなりました。 最終ステージ(ステージ14)は2位との差を完全にコントロールし8位でフィニッシュ。見事、総合優勝を獲得し、KTMとしては17年連続の二輪部門総合優勝を果たしました。一方、前回勝者のトビー・プライスは最終ステージで猛追した結果、ステージ14は2位、総合では堂々たる3位まで登りつめました。


Red Bull KTM Factory Racingのマティアス・ウォークナーは2位のケビン・ベナバイズ(Honda)と22分の差をつけて最終ステージに突入し、コルドバの120kmをミスのないよう完走することに集中しました。2位との差を完璧にコントロールし見事KTM 450 RALLYをフィニッシュラインに導きました。今回の総合優勝は二輪部門ではオーストリア人初であり、KTMにとっては17連続での優勝となり、さらにKTMは2009年にダカールラリーが南アフリカに移管されて以来すべての大会で優勝を果たしています。




マティアス・ウォークナーは、第40回となる今回のダカールラリーにおいてチャンピオンに相応しいパフォーマンスを見せました。FIMクロスカントリーラリーの世界王者であったマティアス・ウォークナーは、最初のステージから高度な戦略で挑み、実にバランスの取れたライディングで速度を維持、ミスのないナビゲーションを実行し、特にステージ10では2位と 30分近い差をたたき出すことに成功しました。
最終ステージを8位で無事完走したウォークナーは肩を撫で下ろし、栄冠の喜びを全身で示すことができました。

マティアス・ウォークナー
「本当に信じられない…この気持ちは言葉では言い表せないですね。今年のダカールは非常に難しく、間違いなく私が出場した中で最も難しいものでした。毎日のようにナビゲーションはトリッキーだったし、序盤ではトップの集団が少ないタイム差でひしめきあっていて、とにかく毎日ミスをしないように心がけていました。毎回のステージはフィニッシュするまでギリギリな状態のままで、なんとか自分のアドバンテージを損なわないようゴールを目指して安全に走ってきました。幸いにもこのやり方が功を奏したためか、今、私はここで勝者となっていて、いまだに信じられません。本当にチームの皆や、私をサポートしてくれた人に感謝しています。私たちは勝った!」



ステージ14で2位に入賞を果たしたトビー・プライスは前を行くライダーとの差を縮めるためにあらゆる戦略を実行に移していた。序盤でナビゲーション・ミスの追い上げをしつつ、最終ステージでのプライスの追い上げは並外れたものがありました。今回の最終ステージの結果は、彼に総合3位をもたらしました。2017年シーズンを怪我のため棒に振り、2018年ダカールが復帰後の初戦という状況で、ここまでの結果を出したのはまさに偉業と言えるでしょう。

トビー・プライス
「最終ステージを走破して、本当にうまくいったと思う。ゴールまでたどり着けたのは本当に嬉しく、スタートしたときからゴールを意識していたよ。特に今回は2位のケビンに追いつくようにプッシュしてきたが、中間地点で5分の差は大きすぎると判断して、安全にゴールすることに専念した。ダカールを走破すること自体が偉業ともいえる中、今回ポディウムに立てたのは本当に自分でも信じられない。特に昨年の私の状況を鑑みるとなおさらだ。チーム全体が一丸となって大いに努力した結果だ。誰一人とも欠けていては達成できなかっただろう。私はこれから2018年シーズンに専念し更に強くなってから来年のダカールで優勝を目指そうと思う。」



チームメイトであるトビー・プライスと同様に、アントワン・メオも負傷により2017年シーズンは災難を迎えていました。そのため、ダカールではゴールすることだけを目標としてきました。2つのステージで勝利を挙げたあとのステージでもうまく行っていたメオは、総合4位というポジションを獲得、今年の難易度を考慮した結果、欧州のエンデューロチャンピオンは特に印象深い偉業を成し遂げました。

アントワン・メオ
「事故を起こさずにレースを走破できたのはとても嬉しい。 今回は非常に難しいコースだった。ステージの長さのせいで、我々のチームは少し待たされる羽目になり、集中力を保つのが難しかった。前半でなるべくプッシュしようとしたが、ミスをしたせいでコースの厄介なエリアでトラックにつかまってしまい、その後ろで身動きが取れなくなって時間をロストしてしまった。今年は数回クラッシュもしているが、さほど大きなものではない。結果的には成り行きに満足していて、今年を切り抜けたチームに感謝したい。」

ライア・サンツからは感動が途切れないとはよくいったもので、ステージ終盤で複数回クラッシュしているにもかかわらず、彼女は歯を食いしばって走り続けました。常にトップ10に近い位置を確保し、サンツは結果的に総合12位でダカールを走破しました。複数のタイトルを持つ世界チャンピオンは今回の結果に大喜びです。

ライア・サンツ
「走破できて本当に嬉しく、今回のポジションにも満足しています。非常に厳しいラリーでした。2回の大きなクラッシュをしてしまったものの、不幸中の幸いで私にもマシンにも大きなダメージはありませんでした。今はとにかく疲れているけど、同時に今ゴール地点で問題なく立っていることがすごくいい 気分です。チームの皆には本当に感謝していて、今からリラックスできます。」



最終的に9,000km近くの距離をカバーした歴史的にも最も厳しいラリーのひとつと言える「ダカールラリー2018」は終幕を迎えました。KTM 450 RALLYは大きな変更を受けた初年度にも関わらず早くもその性能と耐久性を証明した形となり、マティアス・ウォークナーを初優勝に、KTMをダカールラリー17連覇へと導きました。


総合リザルト
1. マティアス・ウォークナー(オーストリア)KTM 43:06:01
2. ケビン・ベナバイズ(アルゼンチン)HONDA 43:22:54 +16:53
3. トビー・プライス(オーストラリア)KTM 43:29:02 +23:01
4. アントワン・メオ(フランス)KTM 43:53:29 +47:28
5. ジェラルド・ファーレス(スペイン)KTM 44:07:05 +1:01:04
その他のKTM
9. ダニエル・カレラス(スペイン)KTM 45:43:21 +2:37:20
12. ライア・サンツ(スペイン)KTM 46:02:03 +2:56:02