KTM X-Bow

革新的なスポーツカーコンセプト

X-Bow バトル 2014

昨シーズンのレースのハイライト

X-Bowテクノロジー

革新的 純粋主義 急進的

KTM X-BOEの生産は、21世紀に向けてのスーパースポーツカーのKTMの解釈です。 KTM史上初の4輪モデルについて、KTMのCEOであるStefan Piererは 「我々は、要点を最小限に絞り込んだ、質実剛健な軽量スポーツカーについて、Colin Chapmanの理念を取り入れ、– できる限り多くの技術革新を持って、新しい世紀に送り込んだ」と語りました

世界初のフルカーボンコンポジットモノコックを持つ量産車。 カーボンファイバーの専門家であるWethjeにより生産されたモノコックは、わずか80 kgでありながら並外れた安全レベルを備えています。 KTM TechnologiesとDallaraとの共同開発によって、オープンホイールレースから得られた空気力学は、200 km/hで100 kgのダウンフォースを生み出し、– 他のどの公道走行車よりも優れた、最大2 Gの横加速度を可能にしています。

おそらく現在最もエキサイティングなスーパースポーツカーは、わずか18ヵ月で作り出されました。 KTM X-BOWは、その非凡なスタイリングから独自性の大部分を引き出しています。 Gerald KiskaとKISKAのチームにはこれに対する責任があり、そのデザインによって象徴的なモダンスポーツカーを作り出しました。 形と機能をシームレスに組み合わせたもの。

KTM X-Bowの隅々にまで行き渡る純粋なレースの方針。 300馬力
2.0リッターAudi TFSIエンジンは、ターボチャージャーに極めて効果的な給気冷却を組み合わせた、ダイレクトインジェクションを使用しています。 レースの典型的なモジュールコンセプトにより、素早く、容易に、そして比較的安価に修復できます。 衝突時にモノコックが無傷であれば、その他の損傷部品は素早く交換できるよう、簡単に外せます。 フォーミュラから派生したタイヤとサスペンション技術は、MichelinおよびWP Suspensionによるもの。リバウンドダンピングと同様、高速と低速でセッティングを変更でき、– 卓越したハンドリングを実現しています。

オーストリアのスーパースポーツカーの新しいGTバージョンは、よりワイドで低く、さらにコンパクトでパワフルな印象を生み出しています。 ウィンドシールドやソフトトップを持つバージョンでも、100%純粋で、急進的で、レースによって育てられています。 そして、21世紀のスポーツカーテクノロジーをヘルメットなしでご自身で体験することができます。 最新モデルには、KTM X-BOWのドライビング体験をとても特別なものにする、同じレースのDNAとともに埋め込まれています。 あなた自身で試し、常に「Ready to Race」であることを感じてください。

熱いバトルの中で 2014年レースシーズンの画像

X-BOW Powerparts and PowerWear 2017

Read the catalog

THE KTM X-BOW GT4 – WORLDWIDE "READY TO RACE"

X-BOW GT4